川辺と海の釣り日誌13・・2004年




    勝浦沖,ヤリイカ,昨年より早く群がるが,出船の機会が荒天と重なり,その都度逃す。型は良い。
        秋,イワシを追いカツオと共に油乗る大サバが沖より入る。
    フナ,静岡地域全滅で黒部に各会が集中。今年は乗っ込みも計算出来ず,各会1月より0が多く不調が続いた。
    白ギス,竿頭なれず,5位, 一年に一度では。
    ハゼ,7,8月の猛暑で,ハゼは良く湧き良く育つ,早い時期,初めて子安で型良く5束でた。
       子安,横浜で新しいポイントを開拓するも,ハゼのシーズンは11月で終わる。
       利根川,ハゼ21.5cmでる。
    道路交通法が改正され,宴会釣行がなくなる。

1月18日



 
鮒釣り  小見川町,黒部川, 細雪後快晴,                                          若波,帽釣会合同,



   雪散らつくも風なく,以外と底冷えはなかった。それでも町を流れる黒部川,土手下は深く,陽差しは遅い。
     一時,手かじかむも10時,陽が差し込むと同時,体に温篭もりが伝わってきた。

   正月の試釣では,人数入れぬものの小掘川,堰(2間半)と中央大橋,下流がポイント,
     尺級大ブナ各々4~6匹釣る。竿3間から3間半,マス針6,ネリ,
     各橋は改築中,特に中央大橋より上流は工事激しく,仲橋より遠方は護岸含め浅く釣りとならず。
                                             若一中潮,満潮12:31,

   下流,上大橋を望む
    写真左,中央から竿を出しているも,対面より他会の釣人に攻められた。


      上大橋と中央大橋,便所の左岸中間地点,

   潮に関係なく流れは殆どない。水位は2.5m,ヘチのコンクリート棚は一日中,10cm程,水に漬からしていた。
     折原,沢田,私,栗原,各氏が並び,水箱を基点に石とで置き竿にした。


   朝方の食いチャンスを逃す。練りのバラケが早過ぎた。グルテン不足,

     水深2mを越す為,底まで練りエサは持たなかった。それを知らず繰り返し打っていた。
     沢田氏は闇の中でも,コマセ代りに投げて置いた竿2本にフナが食っている。型は小さい。

   赤虫はマルタハヤの稚魚のようで,ワカサギに似た魚が絶える事なく食い付いた。10cm前後,
     エサがなくなるまでクチボソの如く付き,引きが強い。
     9時半,手前浅場で待望のフナ7寸が赤虫に掛かる。

   後半,漸く練りのバランス悪きを知り,沢田氏より練りを分けて貰い,1匹を追加する。
アルファー21入れ,
     朝方から分かれば,もう少し追加できたと思う。 


   竿3間2本,道糸2,マス6×2,ウキの
ハゼ仕掛け,オモリ05,練り(イモグルテンとアルファー1),
     竿3間半が良い。3間で,ぎりぎり
道糸少し長めに。2間半届かず。

   
10cm前後,20cm延ばすと仕掛け投げずらくなる。
     山田氏の遺品,玉はすこぶる使い易い。竿は
3間半が一番良い。
 
   練り2本針の場合,上鈎は少しバラケるよう,別の練りを使用する。
     
ヘラと半ヘラの違いは,ウロコ27に対し30。竿は全て置き竿で。

   別2つが入会,釣り人多くマナーは悪い。小掘川及び出合付近のワインドは釣りにならなかった。
     T沢田氏4.070k,私の下,2栗原氏,私の上,3斎藤氏,大橋上脇,
細キジの房掛けで良く食う。
     今日最高の20匹を。対岸では他会だが,小さいながら50とダントツを示した。深く竿3間,
 
  
橋下,柱元,竿2間もポイント,ただ3人入れるも流せず。逃げ道に。
     油屋旅館から上大橋は,右岸がポイントとなる,
                                       フナ2匹,535g,総合14/31位,若波13位,9人0匹,

   2月8日,黒部川,寒波,朝方水物は全てを凍らし体を冷やす。ポイントはやはり第1と2便所の橋間,
     左岸に入れぬ程,釣人が入る。福重,斎藤,沢田,栗原,久郷氏と。第1の橋下が2人1桁だが食う。
     沢田氏外れ,前回の私の場所で栗原氏,上位に。久郷氏は1匹に留まる。 浅草釣寿会,


 
   二度とも大橋前後を攻める。赤が1月18日地点,草が2月22日地点,
     ポイントは良かったが型悪し,


    28日フナ,土浦新川,浅草釣友会,税務署前で上位独占,0匹半分を越す。練りと赤虫合わせ仕掛け
2月28日  鮒  第3回若波本会休会,
  フナ土浦新川,1村上2465g,2坪谷,3三橋1500g,4山田,大型33cm藤本,0匹12/31,
    中流,最下流,アタリなし。
税務署付近,乗っ込み前は練り,後は赤虫, 2/3回,トータル順位,22/33位,

   4月11日,浅草釣友会, 新川,ハタキ終わり食い悪くT1.5k,1,2匹が多く0匹5名,

   15日,黒部,帽釣会相変わらず食い悪く,ポイントは2番目,上大橋前後,
       T7匹藤本氏,0匹10人,
   18日,4月に町主催の釣り大会の為,10トンのヘラ(高知)を放流。それを受けての釣行となる。
       今回も町の中の釣り。水深あり,足元を水に漬けて釣る事となる。
   20日より生暖かい日が続く,放流ヘラが食えばと思うが。
                                               大ー中潮,満潮6:30,

   上流より中央大橋工事現場

      中央大橋
   右岸に入り,橋工事中の杭,一番上にポイントを取る。
     竿2間竿,ヤマメ7×2,キジ, 2間半竿は細袖7×2,キジとネリのウキ仕掛けを置き竿とし,
     3間竿,<,細袖7×2,キジとネリで釣る。
   初めてアルミ三脚ミニ,(¥2000)を使用した。
     
ネリはファイブ5+激ニンニクグルテン+アルァー21は,初めて前日に調合し釣りに備えた。

   強風の予報を押さえ釣るもアタリなし。工事坑内に入り込むよう打つ。
     夜が明け8時,4寸がネリにきた。小ブに等しい釣果,暫らくして7寸がでる。

   だが,後がなかった。9時に5寸,全て残りグルテンにくる。置き竿は0,
     下流の1匹分にもならず。焦るも上流は何処も同じようだった。

   10時水門が開き,流れが強くオモリを足すも,風に煽られだした。水位は下げにも関らず揚がってきた。
     アタリ解らなくなり移動する。左岸工事抗下の陽辺りに場所を求めた。

   風を幾らか遮られる場所。斎藤氏,
2間竿,シモリ,ネリとキジで1時間に小中5匹釣り上げる。
     私はウキ仕掛けで坑内に打ち込むが,ウキでなかなかポイントに入らず。

   水深2.6mの為,
超硬調が良い。シモリ,チョウチン竿(10cm)が必要だった。
     外道が居なければ
赤虫が良い。キジは細目,
     結局,中央大橋上,両岸で一日中釣り,3匹のみで納竿した。


   T山田氏3匹,1.5k,斎藤氏2位で7匹1.1k,
     ヘラ放流の恵みはなく0匹9人でる。私は3匹で重量的に最低を記した。

   坂森氏は12時に1匹を釣り,16人をゴボウ抜き1人喜んでいる。
     他会だが小掘川で朝方まとまって上がったようだ。


   帰路,春の嵐は黄砂を呼び,凄まじい風が吹き付けていた。
     確か一昨年の春,与田浦から黒部,試釣の折も黄砂に見舞われたと思う。
     当時は風強く竿を出さなかった。

                      T山田2,匹1.415g,大型鮒36cm, フナ3,(10匹検量),420g,13/25位,9人0匹

   21日,黒部,浅草帽釣会,更に釣れずT真木氏,4匹1.3k,前回と同じ場所,
       2位斎藤氏,工事終わり,その上流で,0匹半分を越す。(試釣,新川釣れず)
 
2月29    鵜原中止
  スルメイカ,大サバ釣り,勝浦沖水深160~180m, 前日,pm2時には早くも南西の風強く中止となる。

    日本海に発達した低気圧996,が東進,4月中旬の陽気となる。波高4,
3月07日    鵜原中止, スルメ,底でヤリ,鯵混ざるが,波高く中止。 水深は170~200に深まる,18cmプラツノ,
3月14日  岩魚  芦安,釜無川水系御勅使川, 快晴
                                                           美濃羽,星野,松村,



   第1回南アルプス市芦安渓流釣祭り
     集合時間が早まり10時,東京をでる。今回は初めての日帰り釣行である。
     新道が開通し中央道甲府南ICで下りるが道標の整備が不備で苦労し,駐在所で聞く破目になる。

   2時現地,芦安でポイントを模索した。アルプス市合併により左岸は護岸され,確りした駐車場ができている。
     前回のポイントは水量が乏しく,
堰下の流れが良さそうにも思える。

     朝方6時,気温0℃,風もなく暖かいが11時に陽が差すも手はかじかんでいた。

      今回はバカを忘れる,
   上流,明け方の夜叉神方面



   下流,古屋敷橋方面,右手前にホソ有り

   今年は例年と異なり雪が少ない。
     異常な暖かさが1週間続き,東京でも先日11日に最高20℃,最大風速35mの暴風になった。

   山肌に雪は消え,沢は渇水となる。減水でポイントが絞り切れず。
     下弦の星空は谷を閉ざし,闇深く偵察できず前年のポイントへ。


   初竿,15分が勝負。イクラ2個を付け振り込むがイワナ2匹のみ,後続かず。
     諦めも早く
直ぐ下の渕へ。堰下中央から手前,左岸寄りに底溝が入っていた。

   大きな浮石手前で食いだした。1時間過ぎてもアタリは良い。美濃羽氏は堰で数を伸ばしている。
     竿4.5m,道糸1,ハリス08×27cm,ヤマメ鈎8,

   熱燗で昼食後,上流日中橋へ。昨年の宿,[なとりや」前から下流の中央橋までがポイント,
     水深は下流より少ないが,それぞれ流す場所があり,魚も多い。
     竿4.5,仕掛け作れずチョウチン気味で,道糸0.8,ヤマメ7,


   減水し過ぎて魚が下流に下れぬとの事,また谷自体が岩盤状で長く留まるポイントが少なかった。
     釣人は多い,ただ竿は上がらず。
   今年は全体的に型が小さい。ニジマスは姿見ず,アマゴは少々いる。
     餌はイクラよりダントツに
ブドウ虫が良かったようだ。星野氏はでキジで1匹を釣り上げた。

   一ケ所の釣り場では,
フナの玉網,魚網,竿掛けが非常に良い,又楽に取り込む事ができる。
     仕掛けは初竿では前回を見習いハリス1,鈎8に補強し大物を狙った


   後の立ち込みはハリス0.6,
鈎6で十分であるが,バカを自宅に忘れるヘマをする。
     後半,地元の釣人
,ルァーで30を獲る。小型魚型6cm,薄ブルーで,

   3時納竿,少し休ませた沢で魚が動き始めていた
     美濃羽氏,飛び賞で竿ケース,入漁料¥4000,弁当付き,日帰り釣行も私には良くも思えた。

                                        イワナ(29.5cm含め11),ヤマメ(サビ極端に残る5),アマゴ2,


               
   今年も山渓園で入浴後,帰宅した。 左,気の回る星野氏と美濃羽氏,        右はガードの途切れより丹後沢が入る,


    翌日食べたイワナ,魚皮が全ての旨いさを語っていた。妻が魚皮まで食べたのには驚く。
      1週間経ち,天候は荒れ狂う。連日の寒波で関東は雪景色となる。
      桜満開,上野は26日が伸び4月となる。芦安では当然,雪の谷間が5月まで残る事となる。

    28日フナ,土浦新川,浅草釣友会,税務署前で上位独占,0匹半分を越す。
練と赤虫合わせの仕掛け,                        
3月28日    第3回若波本会休会
  フナ土浦新川,1村上2465g,2坪谷,3三橋1500g,4山田,大型33cm藤本,0匹12/31,
    中流,最下流,アタリなし。
税務署付近,乗っ込み前は練り,後は赤虫, 2/3回,トータル順位,22/33位,

  4月11日,浅草釣友会, 新川,ハタキ終わり食い悪くT1.5k,1,2匹が多く0匹5名
  ヤリイカ  鵜原,まさえい丸, 曇後快晴,北東の風,微風,水温18℃,朝方は少しウネリ残る。
                                             左舷松村,阿部,友江, 右舷宮腰,船頭,折原,



   月に一度か二度の荒食いが先週24,25日の2日間続き,それも束釣りとなる。26日より急激に落ち込んだ。
     船頭より珍しく2度連絡あり。ヤリ型小さく数も出ず,他の釣魚を探すと。
     結局マサバは漁場が遠方過ぎ,イサキは不シ漁,ヤリ1本で通す。
   昨年11月以来の鵜原となる。今年は荒天で出船できぬ日が続いていた。

                                         小一小潮,満潮7:41,干潮15:24,
      勝浦沖(行川沖)15分,水深100~130,
   協定で竿出しは5:30となる。船頭のポイントへは15分前に着く。
     両ミヨシは11cmプラツノ,玉型で挑む。掛かり悪し,私はお祭りを含め釣果でず。

   両トモでは入れ掛かりが続いている。
プラツノは目付き魚型
     友江氏は地底に着いた途端,パーフクトとの5杯を上げ,折原氏は4杯掛け,3杯と威勢がよい。

   魚型に変えアタリだす。底に着いた途端アタリも全てが1杯止まり。赤と薄ブルーに,
     船頭は釣れない者は仕掛けを変えるよう助言するが,如何しても1杯のみ。

   1流しが勝負となった。潮の変りと陽差しが全てを変える。
     初竿から1時間,その後は全員に惨めな状態が待っていた。

   2流し3流し漁探に反応あるもアタリなし。左舷側は祭り多くなる。
     同じ太さの道糸とオモリ,それで祭る。私の糸が新しいせいか?

   後半,
頭からの赤白,目付き布スッテでアタリだす。替えて1発目,底より5m上でくる。ただ後続かず。
     空の流しが続いては,置き竿に変えようとするとスッテにくる。
     最後はバレた。又もやスッテに足が残っていた。腕は棒となる。11時半納竿,

     ヤリ島影2.7,シマノ3000xh,PE6,オモリ150,中オモリ付け,ツノ6本各種,
     浅場の為,竿幾らか硬いかも,小型電動もよい,
                                       外道なし,スルメイカ2,ヤリイカ23~50cmを18
4月04日    亘理荒浜港,大漁丸中止
  黒メバル,前日は上野桜満開だが風雨強し,外房波高4,ウネリ残り出船せず。
 4月11日 鮒  側高水路と与田浦, 快晴微風,
                                                若波会試釣

                                                       干場,堀江,斎藤,松村(車),


       夜半9℃,最高20℃,昼頃風強まる。穏やかな風と陽差しで釣り日和となるが。

   側高水路, 初竿5:30,水位20~30cmと少なく,まだフナ入り込まず?
      線路寄りを釣るが全員アタリなし。我々には何処もクチボソのみに終わる。
      会入り4,5本の置き竿するも食いなし,納竿時,干場氏脇で1人3匹上げるのみ。

   ヘラを除きマブナのみの釣会に出会う。ネリ禁止の会が,まだあった。
      竿2.5間,シモリ,ソデ6×2,赤虫, 干場氏ネリ,
      4月25日,浅草釣遊会,今年はタイミングが悪いのか,食い悪く最悪,0匹は3人で留まる。

   小掘川,又ホソ, 7:00,相変わらず環境は抜群だが,アタリなし。別会入いる,
      アタリない割りに釣人多い,一度ハタいたかも知れない。
      田は水を引き
除草剤を撒いていた。

   富田新田,記念碑タテホソ, 8:00,水良く竿を出すが全員アタリなし。斎藤氏,ワタカ1匹のみ。
      絶対居そうなホソだが期待に添えなかった。竿2.5間,赤虫,

   三ノ分ホソ,会入るも竿上がらず,
   泪川, 9;00,水門開き流れは緩やかだが,全員アタリなし。釣人2人,
      附洲大橋,右岸前後,先日の黒部の仕掛けを使用,3間,ソデ7+6,赤虫,
常に引き窒セと会話の合間に実況中継し始めていた。
      側高で竿を出していた藤本会長,フナで全くアタリなしとのこと。



   
更に100m下流トロ,アタリ多くスッポ抜ける。袖3に変え,心地良い引きを暫らく堪能した。

      腹も膨らむ大型ヤマべ

   オスもメスも大きく弓を描き,1人で釣ればかなりの釣果を得られよう。
     13時納竿,竿2間半,シモリ,紅サシと栗虫3個,バカ使用せず。

   陽差しは時間が経つにつれ暖まり,食いも良くなった。ポイントは陽溜りで釣り場,定められず。
     全体的に形はすこぶる良い。1,2月に釣会が入渓しているとの事。

   その頃はネリで小ヤマベ釣りと思われる。ヤマベは藤原川では濃くなっている。

     沢田橋,左岸に計量場所を決め,看板に導かれる間,ここは異常な程,釣人多い。
   一度ハタいたと思われる。橋脇,学校側がポイント7寸4匹,
     今日最大の銀ブナフナ5寸を上げ14:30納竿した。竿2間半,


   
与田浦周辺は水量あり釣人多い,この一週間で何処も1度ハタいたと思われる。
      小型のみで銀フナは少ない。乗っ込みまで1週間,この1,2週間が最後の山と思われる。

   今年は田植えも早そうだ。陽差しだけは心地良かった。
      チャンスを逃したのか,今日は土浦を含め何処も釣れず。25日,本会は与田浦に決定する。

   又4月の例会も参加出来ず,鵜原に出向く予定で試釣した。
      今年は前年以上,殆どが会と重なる為,工夫が必要かも批判もでよう
 
 4月25日   第4回若波本会休会
  フナ与田浦,T沢田中州で3匹2710gネリ,鬼高で貧血倒れる。
境島水路,2坪谷,5折原,アカムシ,2匹10/31,0匹2人 
 4月25日   鵜原,まさえい丸, 晴後曇,北西風,白波立つがウネリなし,
                                             左舷友江,松村,栗原, 右舷宮腰,船頭,折原,



     羽毛のチョッキにジャンバー,カッパを着るも肌寒さを覚える。
       痺れる程でもないが冬型となり前日の陽気が嘘のようだった。岳や東北は雪に被われる。

                                         長潮一若潮,干潮8:05,満潮11:58,
   久し振り車に酔う。船に乗れるか心配するも,港に出て船を見て安心した。
     前日は
ツノ14cmが良かった。11cmはサバに出会うと,全てを呑み,これを外すにも一苦労させられた。
     ヤリイカは超大型34cmでも入れ掛かりとの事。

      御宿沖110~160m,
   4時10分出船,航程40分,夜明けを眼前に迎え御宿沖に向かう。釣り場は既に多くの船団に囲まれていた。
     初投5時,130m前後,アタリあるも小マサバの群に会い底に届かず。

   底に着けば掛かる気配はあるが,1時間通しても,遂に底まで届かなかった。50m,70m,90mと。
     最後は120を越えたが底には恵まれなかった。足切れとサバでの落しあり,2杯,
       ツノ14cm目付き玉形×6,オモリ150,

   2流し,アタリ弱く電動中速にも関らず抜けや足掛かり多い。14cm三角ツノ×7,
   3を流しサバ薄れ底に着きだした。1m上げ一荷,更に同じ場所でもきた。
     ツノは万別にアタる。弱いアタリが多いが。

   初めての
中通し竿,感覚分からず,強引にアタリを確認すると,ゲソが付く。
   中盤,潮強くなり,3,4度誘っては底を取り直した。11cm三角ツノに変えるがアタリなし。
     11cm半透明ツノ+赤白スッテ×6,に変え,忘れた頃アタリがきた。

   終盤,余りにも掛からず,感覚を忘れる。

     底に落とした途端,来たのは一度, 二枚潮で絡みも多く,諦めの釣行となっていた。
     船頭も投げだしている。11:10納竿, 
                                         ヤリイカ50cm以上8,スルメイカ4,マサバ38~28cm15,











釣りを終え,半ばうつろに眠る仲間達
      帰港時は波を避け,常にトモに全員陣取る仲間。

4月4日,
6日,
22日,
23日,
24日,
5月2日,
勝浦,ヤリイカ釣り,釣れず6~22杯,一時の入れ掛かり,
勝浦,各船平均30~60杯,翌日にはキリ1桁に戻る。
各船,束釣りを占める。
ウネリ強く波浪がでる。
鵜原,まさえい丸,御宿沖,正味1時間で平均30杯,マサバかなり混ざる。早揚がり,
勝浦,50~1束
 4月29日 ヤマベ  藤原川, 快晴
                                              若波,帽釣会合同試釣
                                                      久郷,幡谷,坂森,松村(当番),


   強風警報解除されるも,少し風にあおられが次第に風は治まった。
     薄濁り,水量は今の時期として間々ある。
     数年前,ここ藤原川で何度か釣りをした事がある。それは全て新別所橋上流であり,今回初めて下流に入ってみた。
                                                         3:00出,

   新別所橋,6:00~7:00,左岸二股下,形見ず。竿2間半,1本鈎,金袖4,
     上流吐出し,左岸より竿出すも1匹のみ,ヤマベは冷たかった。

   小学校前,赤い橋の下流トロ,1匹のみでアタリあるも後続かず。
     下流鉄橋へと歩む。地元の人が1人でフナ釣りを楽しんでいたが今日は食い悪いとの事。

   鵜を時折見かけ,カラスも石上より水面を狙っている。?
     バイパスに面した学校より通路の向かいがバス停になる。


   湯長谷川(湯元川)出合,常磐線鉄橋,フナのポイントのようだ。
   
湯長谷川出合奥右岸,水深あり幡谷氏型良く6匹,私も誘い受けオス1匹ゲット。何処も1匹のみとなる。


   
白鳥変電所手前堰,型の良いヤマベが遡上している。小さくとも堰の滝を空を切り登る姿は圧巻させられた。
     滝口に落とし込むと婚色濃いオスが掛かり,型良いメスがきた。もっと大きな獲物をと念じたら
ニジマスも上がる。













堰下,久郷氏
  釣人多い時は右岸が良い,
     本会では,ここと右石がポイント,後はこの直ぐ下の浅いトロ,


   その手前,下流では久郷氏が,セリを摘みながら半瀬で良型ヤマベを上げていた。
     ヤマベ仕掛けの場合,
オモリを2っに別ける。流れ強い場合や瀬ではオモリ1っをウキ下へ。
     全体的には
見易い小ブナ仕掛けが良いかも。


   蟹打橋真下, 10:00,右岸で幡谷氏良く食う。
     蟹打橋より上流

   橋下,斎場前トロ,アタリ取れず秋田キツネ4から金袖2へ。小ヤマベが釣れです。フナ3も,
     久郷氏は会長に℡。間々良い渓相だと会話の合間に実況中継し始めていた。
     側高で竿を出していた藤本会長,フナで全くアタリなしとの事。


   
更に100m下流トロ,アタリ多くスッポ抜ける。袖3に変え,心地良い引きを暫らく堪能した。

      腹も膨らむ大型ヤマべ

   オスもメスも大きく弓を描き,1人で釣ればかなりの釣果を得られよう。
      13時納竿,竿2間半,シモリ,紅サシと栗虫3個,バカ使用せず。

   陽差しは時間が経つにつれ暖まり,食いも良くなった。ポイントは陽溜りで釣り場,定められず。
     全体的に形はすこぶる良い。1,2月に釣会が入渓しているとの事。

   その頃はネリで小ヤマベ釣りと思われる。ヤマベは藤原川では濃くなっている。

     沢田橋,左岸に計量場所を決め,看板に導かれる間々,うどん屋に寄り帰宅した。


    藤原川中流地域
   右,下流
    脈釣り,流れに負けぬガン玉を付けハリスを25cm取る。竿2間半以上,幡谷氏
 
5月23日  ヤマベ  藤原川, 曇                                                     若波,帽釣会合同,




     この1週間,陽気良い日が続いたが,前日より北風強く気温は急激に落とした。
       今日も肌寒く,今にも雨が降りそうな重い雲が垂れ込んでいる。

     バカがあり,ももしきは履かなかったものの,羽毛のチョッキを身に付けてきた。
       渓は水量を増し,薄濁り,曇天で絶好の釣り日和だが,水は冷たく魚も冷たかった。

   蟹打橋下車,一度上流の堰まで上り,湯元川まで下る

   白鳥変電所,堰には途中で下車した仲間が既に陣取っていた。明け方30分,入れ掛かりで大型が揃う。
     検量数量の50近くを両岸で釣り上げたとの事。ここは左岸から馬用の温泉が落ち込んでいる場所でもある。

   遅れて入り,堰上で竿をだす。
ポイントの選定を間違えた。右岸堰下が残って居たが眼中に入らなかった。
     これが勝敗の分かれ道となった。

   渓全体に釣人入るも,食いは朝方に限られていた。後は拾い釣りとなる。
     蟹打橋より変電所堰まで2往復,そして下流,鉄橋まで歩むも釣果はなかった。

   川を下るも小ヤマベの群は見られず。
     ポイントは白鳥変電所,堰(上位独占)と鉄橋下100m右岸から。

      不信の釣り
   蟹打橋下流,学校手前で渓いっぱいに広がる浅いトロ状の場所に出会う。折原氏より声を掛けられた。
     でかいヤマベが居ると。手前は水深50cm程ある。その先も段状になったタナがあり,ヤマベはいた。

   ハリスはハリ掛かりを除き45cm上にオモリ移動させ,釣るも食いなし。ヤマベは動かず仕掛けの下にいる。
     何回振り込んでもアタリなし。逃げずにいるヤマベ,栗虫とサシに変えるもアタリは得られなかった。

   そしてオモリを下へ,普通の状態に戻すとヤマベは散りだした。
     斎藤氏に問うも分からず,ヤマベが居るもアタリが1度も取れなかった。

   今回は堰でも同じ事が起きている。食い時間はあると思うも,一瞬にして7人の釣人にアタリがなくなった。
     コマセを撒いても竿は上がらなかった。居る間,1匹もである。
     疑問は残るが原因を掴めずにいる。

   私にとって全てがこの調子で終わった。瀬や荒瀬,トロも1匹は釣れるものの,後が続かなかった。
     それでも堰が1番数がでた。T栗原1.745k~3位,9位,
           竿4.5,シモリ,バカ使用,2本針,袖,アキタクツネ,赤虫3~4,


   
前回の残りを持参しコマセが不足
する。栗虫,白サシ,(紅サシ),
     タモ必要,紛失する。又北区の会も入渓した。13時納竿,
     仕掛けの
オモリを初めて2つに別けた。釣果は別として釣り方の臨機応変を知る。















全員揃った沢田橋,検量風景
  信号先に「うどん屋」有り
      おどける人,帽釣会々員,内山氏,釣れずして当日賞,トップの腕時計を取る。

   又,今回はくじ引きで紅白に分かれ総重量を争っている。これも白で負けることとになる。
     試釣の効果もなく落ち込むのみ。

 5月30日 鯊 

     駒田氏の健康状態もよく,ハゼ釣りをしたいと希望があり,2~3時間出掛けてみる。
       デキハゼの時期,下げ潮を狙うも,以外とアタリは弱かった。


      川辺,ガレ場,
   朝より夫婦ずれ,他に釣るグループあり,酒を煽り,ハゼ5cmを釣っていた。
     川辺に長靴で立ち込み,竿2.1,
袖3.5で竿をだす。なる程5cmが入れ食いとなる。

   エサのアオイソはハサミで極少に切り,針に掛けた。
     2本鈎にすると一荷で30分,バカバカ釣れた。

   濁りが強く泥色, 昨年,その前の年を思うも岩陰が分からず。
     ポイントを変える都度,根掛かりし,ソデ3.5の針袋は5~6組有ると思うも,見る見るなくなった。
     ヒレハゼはいず,定期的にダボが掛かる。ハゼの4~5倍はあり岩陰に潜んでいる。

   2時半,満潮を迎え,下げと思うも潮流れず。ハゼは5cmを切りアタリも弱くなった。
     更にハリは袖4のみ,変らぬと思うもアタリは遠のいた。

   護岸3m上は水深60cmあり,下流は更に深過ぎ,アタリは少なく型も更に悪くなる。
     4時半,潮の引きが極端に早くなり,アタリは出るものの,型は小さかった。

   9尺竹竿,袖4でエサは倍の1.5cm,中心をからめ,ガレ場の沖目を釣る。
     納竿5時には5cm前後のハゼが,又食いだした。

   緒方君の小4の子供が裸足になり,はしゃぎ,帰りの車では疲れて寝込んでしまっていた。
     彼,駒田氏も相当疲れたと思う。彼が言葉を云う前に納竿を告げ,帰宅する。

                                          デキハゼ4~6cm,1束半強,
   当日,フナ,与田浦,中洲大型,数でる。六号水路全員入れ掛かり,
   最低5尺,8尺が各々多く掛かる。暑く学校裏に避難,ここでもでた。藤本,久郷,清水,沢田各氏
 
 6月06日 ヤマベ  萩間川, 雨
                                               若波会試釣・・幡谷,沢田,清水,干場,坂森,松村,


   前日まで25℃を越す猛暑も,停滞前線が太平洋沿岸に北上,今日梅雨入りになった。

     予想では明け方からの雨が早まり,午前2時頃に松田を過ぎる辺りで降りだした。
     最初の予定,原野谷川を後回りとし萩間川へ。下流で駐車場を確認し遡上した。


   菅谷川,高和地区,堰上,右岸, 葦に被われた薄濁りのトロ,小カワムツが竿を出せば入れ掛かりとなる。
     その中,6~7cmのヤマベが,時たま顔をだした。ホソでは型の良いカワムツがいた。竿2.5間,金袖3,

   ホソで大型カワムツを釣り上げた坂森君


   女男橋右岸, 昔のポイント対岸は浅く,手前も埋まり尽している。それでも間を空けて良型ヤマベが掛かる。
          竿2間がよい,それにしても間が長過ぎた。

     橋下トロからザラ瀬へ竿をだした。流れやや強いが,深瀬の中程で食いだす。
          白サシ1匹でも2,3匹取れ,今日初めて引きの快感を味わった。


   高橋,白舟川出合左岸,大きなトロを成している。入れ食いのポイントと聞くも,間を取ってのアタリとなる。
      その下,
アラ瀬が面白い。沢田氏に指導を受け,場所を譲り受け釣る。
 型と流れの抵抗で引きは更に強まった。アラ瀬,1ケ所で動かずに初めて数が伸びた。














奥が二股,右切れ目より荒瀬となる。
  「濁沢」の名とは別に,今日は澄んでいる。

  27日,本会でヤマベ居ず,
    本会のポイントと思うも,3週間後は巣立ち無理だとの事。

      高橋上で幡谷氏はオモリを取り遠投できれば,着底し張れば入れ食いとの事。
        私には手に負えない場所だった。


   萩間川,最大のポイント

   宮下橋,
木橋両岸で良型が入れ食いが続いた。私だけがアタるも取れず。
        エサを変え,ハリを変え,水深を変えるも
アタリありが取れず。沢田氏の仕掛けに変えた為か?
        見印のシモリが3個とオモリ上に1個の羽根ウキあり,分からぬ間々時間が過ぎる。


   久保田橋,浅過ぎるが橋上からも大型が掛かる。薄濁りに雨,落とせば警戒する事なく食い付いた。















久保田橋上流より
  遠いいが幡谷氏の釣り姿,
   昔,初めてヤマベで大釣りしたのが,この右岸である。今は川底が護岸され浅く埋まっていた。


   この上流,通称,
お堀でも同じような状態になる。水深は桁違いにあり,大型オスが底に群らがっていた。
     ただ陽差しが強くなると散るらしい。10時納竿,14時20分帰宅,
                        竿2.5間,シモリ,袖3~
4,赤虫4,バカ, 白サシ,栗虫,

   全体的には藤原川の試釣と同じく,中ヤマベがよく食う。小ヤマベはいないようだ。
     それでも前回は,会となると釣り人多く小ヤマベ釣りとなった。今回も同じようなると云う,

   今日は霧雨の中,時折本降りとなる。そして納まり掛かると,雲雀の鳴く季節になった。
     釣り場では何処でもさえずっていた。
     又,移動中は東京では姿を消した燕が,小雨になると低く飛び回っていた。
 
 6月20日 デキハゼ  塩浜汐見運河, 曇,薄濁り,                                                 駒田,松村,
                                           大一中潮,満潮,5:21, 5:00~8:00,



     今年は6月に2ッ目の大型台風6が襲来した。
       現在位置は種子島南東沖だが,25日朝には既に鴨川キス釣りの中止が決定する。

     時折,風に竿が煽られた。
       暑くもなく蚊もいず,居心地は良い。ただ,ハゼの食いは朝方より悪かった。


   前回より一回り大きくなるも食いは悪い。エサにデキハゼが寄るどころか,集まらず,誘い釣りとなる。
     竿2.1では岸辺を狙うも,更に小さなデキハゼのみ。

   竹9尺に変えヘチを狙う。
     ここでも転々と場所を変えるも今一.2匹も釣るとアタリは遠のいた。

   潮が利きだし6時半,東側,深場で食いがよくなる。7cm前後の良型に変わった。
     ゆっくり二度ばかり誘い上げ落すとアタる。決ったようにテンポよく掛かりだす。

   針袋から昔の袖4,赤ビニールパイプ付きを見付け,アオイソは大きめに15mm,垂らし5mmにし目立たせた。
     急にイナッコのような引きにヒレハゼ17cmが食った。
     2度目を狙うも引きは同じ,根に入り込まれ仕掛けごと失う。

   8時
エサなく納竿する。駒田氏,何を勘違いしたのか,アオイソを¥300購入,2人で半々と。
     デキハゼでも少な過ぎるエサ,再び購入せず納竿した。        デキハゼ5~7cm,1.2束前後
 
6月27日  ヤマベ  萩間川, 曇後晴                                                     若波釣友会,



      am1時出発,遅れる事30分,萩間川では既に明るくなっていた。

   宮下橋,木橋,上流寄り堰で5時,初竿する。4年前と同じ場所,アタリは薄い,早々に戻り宮下橋上下を攻める。
     橋下流寄りは右岸より狙うも,ここも食いは悪かった。

   宮下橋~高橋橋,両端で食う
    今年はポイントが限られていたようだ。


    宮下橋
上流
   藪多い上流,腕力がいる。

      ヤマベの穴場
   宮下橋,木橋,上流寄り堰で初竿するもアタリなく,昔を想い上流へ。
     過って,刈り上げられていた河原は藪のジャングルで埋まっていた。
     入沢に猶予する程,枝が絡み合っている。意を決し左岸から藪を漕ぐ。

   
藪を凄ぎ入いる人は私のみ。山以来,藪らしい藪は初めてだった。
     うるさく枝木は体に絡んだ。漕ぐ要領が枝を跳ねさせている。
     強引に進むと突然,川面が現れた。川幅一杯のトロは緩やかに流れている。水深40cm,


   コマセを撒かずとも入れ食いとなる。型は10cmと小さい。小さ過ぎるヤマベに数釣りを楽しむ。
     食いが悪くなると拾い釣りの如く5mずつ移動してアタリを取った。

   1時間程して元に戻り,竿2間,赤虫3.5×2に変え,コマセを少々捲いた。
     型は更に小さくなるが,小ヤマベが群がり,入れ掛かりが続いた。面白い程釣れ,間を置けば一荷も続く。
     7~8cmのヤマベ,釣ってはコマセを撒きアタリを取った。

   群は黒いダンゴ状となり真上に仕掛けを落としても,ヤマベが逃げる事はなくなった。
     後で,1本針方が能率良いと悟らさせられが,食いは落ちなかった。

   群濃い中,時折大型を求め移動する。それがコマセ撒きに間を空けたらしい。
     9時半,ヤマベは散り始めアタリはアット云う間に遠いた。


  
 試釣のポイント,高橋に向かうが左岸を歩いた為,深いホソに行き止まる。
     股バカでは進めず本流を少し戻り渡渉し,高橋上流ホソ脇の瀬を右岸より攻める。



  
下流より望む高橋,左から支流が入る。

   沢田氏,吐出し横,その脇に入る。コマセを途切らせず撒けばよくアタる。型は小さ過ぎるも,高橋下流は全滅との事。
 
 7月 シロギス  浜萩港



   港から出船,曇天の予想が強い陽差しを浴びた。
     この数年,1投目はアタリが取れず苦悩するも,今回もキスのアタリは中々取れなかった。
       小サバとマイワシの群に出隅す。キスの仕掛けが更にサバを集めている。
       二,三流しは潮先でもあり,キス前に外道のアタリが多く,1荷,3匹掛けが続く。

     初めオモリ15で狙うも,坂森氏にミヨシを譲り受けオモリ20に。寺沢作の竿に変えるもアタリ取れず。
       竿入舟,20に再び変えた。小イワシのアタリが分かるもキスのアタリは遠のいていた。

   中盤,一流しにキス5,6匹。投げての誘いではアタリ取れず。船底での誘い上げが過半数を占めた。
     中半もペースでず,型も小さい。潮がトモへと流れ,ハリスが流される分,動作が遅れアタリ取れず。
       故,釣れるキスは2つのエサを食う事も多くなる。10m程先に投げ,道糸を張ると船底近くに届く。

     そこから船下までが勝負。
       時折,ゆっくり誘い上げ,アタリを取るが確実さはない。それでも,この方法で数を伸ばした。

   後半,少し投げ軽くクッションを付けて引くとアタリだした。少し食いが良くなったようだ。
       それと直下の釣りを連動させて釣る。

     11時45分,型良いカワハギで竿は弓なりとなる。空中でバレた。
       仕掛けは頭上の船ロープに絡み納竿した。玉の必要を憶える,今回2度目の落しである。


   干潮で2m以上下がった浜萩港

      釣果
   釣る間,下げ潮,緩い南風,ウネリもなく凪となる。全体に左舷が型良く釣り易かった。
     底荒れで食い悪い中,朝方と納竿前がよく食った。型は平均して小さくピンギスを多く含んでいる。

   流れが強く,ミヨシのポイントは真正面だが投げられず。後方に投げると,アッと云う間に潮に戻された。
     坂森君に釣座を譲り受けるも,彼の仕掛けが私の前に落ちる。



   新たに一週間前に購入した負1.5,ルァー気味竿は負荷が強過ぎ使用せず。
     だが,凪及びボート釣りでは適竿と思われる。ジャリメ2杯強,

                      シロギス16~22cm,62匹2.125k,総合5/32位,若波会4位, 若波トータル5/7回,14/36位,  
 7月18日 鯊  市原,椎津川~木更津,地蔵堀, 小雨後晴
                                                      久郷,清水,干場,松村(車)



     梅雨は例年より早く明け,この1週間夏日が続き,20日には東京で記録史上最高の39.5℃となる。
       当日は地蔵堀,雨上がりと共に陽差し強く35℃。
                                                大一大潮,満潮4:42,干潮11:40,

   椎津川,焼肉屋白頭山横,こんぴら橋, 4時半,橋を渡り左手,桟橋で風雨治まるのを待ち竿をだす。
     今日は下げのみの勝負,初ハゼに期待を寄せるがアタリは乏しかった。

   東雲よりグッと型は良いが,誘わなくてば食わず。ハゼより小セイゴの引きに何度も惑わされた。
     潮のせいかハゼいるようにも思われるが。9尺竹竿,ソデ4→5,1本鈎,オモリ0.5,
     今津橋,潮下げ始め希望あるも,ハゼを口にするには,はびこみ地蔵堀へ。


   木更津潮見運河, 烏田川潮見橋より2本上流,左岸上,6時,
     
下がっているはずなのに流れは上流へ。流れが止まるまで15分,バカ食いをした。

   仕掛けを下ろせば何処と云わずハゼは食い付き,ハゼを外す間をも欲しむ勢いで落し引き込んだ。
     一時の変化で平常に戻り,型,食い共に落ちる。ヘチから長靴で立ち込んでいる為,引き味はよい。


   木更津地蔵堀,日鉄前, 9時,まだ水量多いも何時ものドカンでアタリなし。ズラしヘチで間々食うが浅かった。
     葦のポイントも以外とアタリが乏しかった。ただ,釣人だけは多い。6尺竹竿,ソデ4×2,オモリ0.5→1,

   橋の向い小糸寄り, ドカン2つ目,一回り大きく平均的によく食った。手前,清水氏と引き潮との競争となる。

   遠方の釣人,久郷氏

   9尺竹竿,ソデ5,エサのアオイソメは1.5cm垂らしモタレを取る。よく乗りアタッた。
     またハリスを下流,又は沖目に張ると引きがよい。30分の勝負,初めから入れば,かなり数を伸ばしただろう。

   食いが落ちてからの探り釣り。これも以外と良かった。
     久郷氏はその下流,排水溝で1人,入れ掛かりを続けていた。

   再び日鉄前,型良くなるもヒレ入らず。食いも浅く例年のポイントとしては薄れて行くようだった。
     川下からのポイント,ハリス分アタリ取れず,短く作り直すが。
     9尺竹竿,ソデ5×1本鈎,オモリ1,アオイソ4/5杯,(今年より各店,税込み@500,)


   10時半青堀に出向くも水なく納竿する。ここはアサリ獲りが多く,汐見水路も半ば職人的な狩人で賑わっていた。
     帰路,潮見橋に戻り再びタテ堀を覗くも水なし。その中,釣人は疎らに居た。13時帰宅する。

                                          ハゼ9~13cm,1.4束,以外と数でず。

     7月11日ハゼ,藤原川,形全く見ず,浅草釣友会,小桧山氏
 
 8月01日   子安,入江川周辺, 曇後快晴,澄み,                                           駒田,松村,
                                 大一大潮,満潮4:25,干潮11:28, 4:30~14:00,




  
第三小派川,港北造船所
   4時半,快い風を受け西側ドックで竿をだす。袖5×2でエサのアオイソを大きめに刺し,浅場のドック口

     駒田氏,ハゼいると台船下を釣るが,水深が有る為かアタリは薄い。
     毎年9月にならぬと釣れぬ台船下,何故だか分からぬがいる。毎年同じ事が刳り返しているのか?
                                                      ハゼ10~12cm,2束,

   漁船の波に呑まれ,ハゼは1m沖合へ。食い落ちるも1度,2度の誘いでアタリが取れた。
     型やや小さくなるが食いは続く。これが一般的な入れ掛かりだろう。

   強い陽差しに変った。ここは建物が陰を造っている。
     引き潮に合わせ長靴で立ち込む。高さのない釣りに味わいあるハゼの引きを楽しむ。
     水箱3/4にハゼ溜まり暫し飛びだす。ダボは少ない,外道にダボに似たウタウタイも,
                          竹竿9尺,袖5,オモリ0.5,中通し0.3, ハゼ9~11cm,1.5束,ヒレ18cm4,

  第二小派川
   朝食後9時半,中外倉庫に出向く。
     2間竿で冥一杯の水深,駒田氏ヘチを狙うもアタリなく早々退散した。

   5,6年前までは,ここで桁違いのハゼが釣れていた。それが何故? 見た感じでは変化ないよう思われるが。
     昨年に続き理解出来ぬ釣果,もうこれないであろう。何故だか,それだけが気に掛かる。


 
 入江川,第二派川,常盤橋下
    高速道下

   第三小派川出合手前で竿をだす。ここは野沢氏の好むポイントだった。
     高速道下, 日陰となり強くなってきた風も遮り,真夏の釣り場としては最高のポイントとなる。
     対岸はアナゴ漁船が縦並びに見渡す限り列をなしていた。

   以外にハゼの型はよい。浅場のカケアガリがよい。飽きずに釣れるが間はある。
     ここは干潮時の逃げ場としては絶好のポイントに。
     固定型中通しの場合,6cm以下がよい。オモリが軽いせいか8cmでは以外とアタリが遅れる。

   地元の人は先ずテナガエビを釣り,その胴でハゼを釣ると云っていた。
     明け方アミでテナガが取れると,早朝に試みたが掛からず。明け方の干潮時が良さそうだ。
     ただ今釣る手前にも
テナガがいる。

   外道も以外と多い,ハゼもどきは側に寄った野良猫に与え,セイゴもでる。沖ハゼは1匹,
     エサ残るも釣りに飽き14時納竿した。                      ハゼ8~11cm,1.5束,ヒレ1


    子安,入江川周辺                              干場,野沢,駒田,栗原,松村,車2台
                                               大一大潮,満潮4:02,干潮10:48, 4:30~9:45,



   東京は熱帯夜40日と観測史上最長を記録する。太平洋高気圧が退き前線が横断,今日で晴天は途切れた。
     久振りの本降りの雨,気温は19℃まで下がり,釣場は肌寒くなる。

   前回の入れ食いを思い釣行した。
     子安の狭いポイント,先日の大釣りは,あっと云う間に釣り仲間に伝わった。

   大事にしていた場所を仲間が先導し,そし今回の釣行前日に入られる。
     ポイントは1ケ所のみ。その狭い場所で各々が2~4束釣っていた。


   初竿と共に雨が降り始め,肌寒い。西側ドック下を囲むよう釣るが,食い悪くアタリも薄かった。
     潮が利き始め型,食い共に良くなるが,圧巻する入れ食いはない。
     びっしりいたハゼも,見渡す限り落ち気味,潮が一度廻らないと駄目のようだ。それでも食いは続いている。

   前日裸でクーラーに浴びた為,夜半,熱にうなされ,氷枕を使い朝を待った。熱は平常に戻るも体は重かった。
     初めて参加する栗原氏(神吉釣楽会)と干場氏等が我が家に集結する。重い体で出向くことにした。


   8時半,釣れるものの
腰が不安定で立っているのが辛くなる。痛さに耐えられず40分間休憩した。
     雨足は早くなるも,他のメンバーは頑張っていた。

   9時,干潮で貨物線,鉄橋下に入り込むが,アタリあるも食いは悪かった。
     それよりドックのヘチ,波打ち際のカケアガリで食う。2,3度軽くエサを踊らせると,勢いよくハゼが食った。

   入れ掛かりとなり,10時まではと頑張るが腰が再びふら付きだす。
     昨夜の発熱の後遺症であろう≠Tるもアタリを得られず,中央寄りで11cm1匹のみだった。竹9尺竿,オモリ1,袖6,

  入江川常盤橋
   前回と同じく造船所よりに入るが食い悪い。ポツリポツリのアタリの上,根掛かりが多い。
     ハゼ10~12cm,ゴロ石に入り込むオモリ。暫しのトラブルで仕掛けを幾度も取られた。
     野良猫がジッと見詰めている。2間カーボン竿へ,

   
対岸仲浜に移り船着場で釣る。水深4m,1投目より14cm,誘えば連続で3匹掛かった。
     友を呼び,
砂地で連続して掛かる。ただペースは遅い。知らずして水箱の底が見えなくなる程度。

   ハゼのポイントを漁業組合,相談役の槇野氏より教わる。最初は船外機上より水深3.7m前後を釣る。
     適当な間隔で程好い引きを味わうが橋真下での事,竿を完全に立てられず道糸を掴む釣りが続いた。
     駒田氏,ハゼもどき22cmを上げる。平均13cm以上。

   10時半,引き

 8月 鯊  旧中川, 曇後晴
                                                      藤本,福重,駒田,松村,車2台,(紫関)
                                        中一小潮,干潮2:24,満潮8:49



   江東新橋上流1.5k,吾嬬第2ポンプ所前,
     浅草通り福神橋を左折,立花二を右折し商店街より丸八通りを抜け,吾嬬川,平井橋西の先を上流へ。
     下流,新大島どうよう環境は抜群である。浅場もあり,のどかな釣を楽しめる。P有り,
                                                   5:30~11:00

   明け方の釣り場,右岸

   朝方は食い悪く型も7cm前後。30分程して柵の先,水深1.5mで一回り大きくなるが,まだ食いは悪かった。
     紫関氏現れチュウハイを御馳走になる。程好い気候に喉こち良く,酒と竿を交互に持ち,楽しい時間を過ごした。

   
手前水深30cm,岩陰に潜むハゼ10cm前後が,誘い釣りで食いだす。
     9尺竹竿,袖5,オモリ0.5, 平均ハゼ9cm,

   見えるハゼの食いは悪い。2,3匹釣り上げると口を使わなくなる。それを誘いで釣る。柵の前ハゼはいる。
     
袖5×2,オモリ1,に変えて一気に釣る事を考えた。

   ハゼがエサをしゃぶり,そのハリスの動きに合わせて別のハゼを掛ける。
     ひとつの切っ掛けが想像どうりの結果を生み,その繰り返しは釣果を伸ばした。
     2,3m間隔での探り釣り,以外と型も良い。真面目に釣るなと声が掛かる中,数釣りに専念し1束を釣る。

   後半
排水場周辺で食いだす。急なカケアガリで9尺竹竿が1本目,継ぎ目より折れた。
     引っ張るでもなく呆気ない折れ方だった。きっちり刺したは積りだが?

   2間カーボン竿,袖5,オモリ1,に変え入れ掛かりとなる。エサは朝から大きめに刺している。
     一番水深の深い所,3m強は型が小さい。上流側カケアガリが
潮も利き最後に良型が続いた。

                                  外道ダボ1,ハゼ8~12cm,1.5k,1.9束,アオイソメ,1/2杯,


   釣りをしている間,時を定めるよう幾度もボラが,川中央で跳ね波紋を広げていた。
     ハゼ釣りは地元の人によると,7月より始まり9月には型も揃い絶好調になると。
     対岸に良いポイントあると聞くも,歩くには遠過ぎた。

   又,江東新橋は,相変わらず食いよいが15日,型小さくなる。故ここへ,福重氏,
     福重氏は浅草釣遊会の例会をここでと考えている。タクシーで4人乗ればできると。
   前日のハゼ,同じ場所少し上流で紫関氏,入れ食い。2匹目のドジョウを狙い今日も現れた。

   帰宅後12時,バッテリーの上がった車を試運転,月島へ。釣人多いも竿揚らず。釣る間もなく帰宅した。


   ハゼ,館山平久理川,河川の流れで河口の砂,流失激しく,今年は水を止め渇水となる。故,ハゼ繁殖できず,木村氏,
                 9月,それでもハゼ何処に居たのが大釣りが続いた。釣遊会,亀戸の会,
   ハゼ,旧中川,第2ポンプ場付近,3日まで相変わらず釣れ続ける。落ちハゼは上流水門先,Pは手前に有り,
   カツオ,相模湾,釣船は走るのみ何処も2投で動いた。カツオ寄らず遊覧船の心地,宮腰氏,
     30日,ハゼ9尺竹竿,ヤマベ2間半竿,修理¥5200,原田釣具

 9月05日 イナ  能登輪島,塚田川, 雨
                                          日ノ出5:27, 中一中潮,満潮5:34,輪島標準,北竹睦



   ホテル高州園脇,朝方の満潮でも河口は水量ない。川本体の水位も低く細い流れは強かった。
     輪島川と異なりハゼの繁殖は見受けられず。

   夜半からの強い雨も治まりつつあるが,時折,風雨に捲かれ浴衣をも濡らしている。
     辻山氏に釣行するよう薦められ,外に出るも雨は止みそうもなかった。

   輪島川まで1.2kの往復を考え諦める。
     塚田橋,上流150m,左岸の吐出しに溜まり場を見付け,竿をだした。

   2間半竿,オモリ1,袖6でアオイソメを長めに垂らし,片手に笠,竿を持ち3投目で25cmのイナっ子が食った。
     丁寧に探るも後がない。手の甲サイズの蟹が掛かるのみ。5時半より40分程で納竿した。


当日,ハゼ,



前日,
子安,港北造船所, 全く釣りとならず,型みるのみ。入江川で出る。折原,宮腰,栗原,
木更津,赤潮で食い落ちる。T1k強,浅草釣遊会, 長浦,奈良輪1.6k,松葉横倉氏,区釣連,
月島, 釣人居ず全く釣りとならず。創美,

藤原川,亀戸の会試釣で各,数匹の型を見るのみ,26日,試釣せず会は平久理川へ。
東京は台風18の影響で前線が刺激された。
  後日,聞いた所,朝より雨,午後は強くなり,夕方からは雷雨を伴う豪雨に,故浅場は食い止まる。

9月12日  鯊  旧中川,吾嬬第2ポンプ所前, 快晴                                        斎藤,馬場,松村

                                              中一中潮,満潮3;15,干潮9:49,


   ハゼ釣りとして今年最悪の釣行となる。
     先日4日の豪雨で水門が完全に開き,5日は毒かと魚が一面に浮き
警察も動く騒ぎとなった。
     そして今日,薄れた塩分に朝方の干潮と潮も悪かった。13日より大潮が続く,
                                                    5:30~8:50
     斎藤氏が昨日,旧中川に釣行したいと来訪,9時納竿を条件に案内する。


   右岸より上流を,カーブ付近水門有り
    枠内はイナっ子に占領されていた。

   食い悪い中,朝方の1時間は食い更に落ちた。深場はアタリでず。
     型も7~9cmと前回に比べ2まわりも小さくなった。時折9cmが混ざる。大型は深場で12cm1匹のみと。

   陽が差しだし,水温が上がると共に4cmのデキハゼが浅場を走り,親ハゼはエサをぶら提げても食わず。
     見釣りが続いた。前回,10cm前後のイナっ子が1,8cmに育ち浅場を占領し群がっていた。

   足音で岩の間に潜むイナっ子が,群をなし走り去り,又回遊し岸辺に集った。
     そして束の間のハセ釣り,仕掛けにはイナっ子が絡むようまとわり付く。
     ハゼ釣れずギャング釣りしている人と出会う。その沖を40cmを超すボラが何度も悠然と通り過ぎた。

   ハゼはまだ居るが,時折アタるも食いは浅い。地元の人は,この大雨でハゼシーズンは終わったと嘆いていた。
     何時も9月に入り,大雨でシーズン終わるとの事。釣人居ず,居ても我々が一番早く,又遅い納竿となった。
     9尺竹竿,イサキ5,袖6,オモリ0.5~1, 2間カーボン竿,袖6,オモリ1,アオイソ1/3杯,ハゼ43匹,



     ハゼ,十間川,福神橋手前,シチズン,オリンピック付近,良場,

     ハゼ,横十間川, 今年は湧きが悪く薄い,亀戸,保木氏。その上,ダイオシンが流れ,釣り警告でる,
     ハゼ,長浦,奈良輪, 1ケ月前1.5k3位,当日12日は一回り小さく数も出ず,栗原氏,
     ハゼ,涸沼, 9月に入り食い出す。栗原氏,

     ハゼ,利根川左岸山口食堂,立ち込み葦で22cm出るが,干潮時沖側アタリなし,葦場は水なくなる。
             漁港,一回り小さいく数出るが釣果は知れていた。特に堤防外が良い。
             根掛かりと大型で竿カーボンが良い。若波試釣7名で平均ハゼ35,型はダントツだが伸びず。
 
9月19日  鯊  入江川第三小派川と入江川第二派川,曇後晴                   駒田,松村,
                                                   中一中潮,満潮7:51,干潮13:20,
5;00~11:30,



  第三小派川造船所
   水澄み,風は昨日より南西の風強く,竿が見難くあおられる。風を避けドック内で竿出すもアタリ0.
     造船所を探るもアタリを得られず,中央寄りで11cm1匹のみだった。竹9尺竿,オモリ1,袖6,

  入江川常盤橋,
   前回と同じく造船所よりに入るが食い悪い。ポツリポツリのアタリの上,根掛かりが多い。
     ハゼ10~12cm,ゴロ石に入り込むオモリ。暫しのトラブルで仕掛けを幾度も取られた。
     野良猫がジッと見詰めている。2間カーボン竿へ,

   
対岸仲浜に移り船着場で釣る。水深4m,1投目より14cm,誘えば連続で3匹掛かった。
     友を呼び,
砂地で連続して掛かる。ただペースは遅い。知らずして水箱の底が見えなくなる程度。

   ハゼのポイントを漁業組合,相談役の槇野氏より教わる。最初は船外機上より水深3.7m前後を釣る。
     適当な間隔で程好い引きを味わうが橋真下での事,竿を完全に立てられず道糸を掴む釣りが続いた。
     駒田氏,ハゼもどき22cmを上げる。平均13cm以上。

   10時半,引き潮が完全に利き,造船所ドックに下見に出向くが,ダボ1匹のみ。
     早々に槇野氏の船に戻る。岸辺のカケアガリで型良く食いがでた。

   狭いポイントにもボートがあり,1人なら50匹は釣れただろう。短い時間に30を釣る。型も一段と良い。
     疎らなハゼが石の隙間から集まってくる。エサを踊らせるとハゼは集まり食いだした。

   組合長の橘氏と槇野氏,共に私達の釣りを見守っている。ただ,ここもハゼの取り込みに苦労する。
     更に橋との高さがない。ハゼゆえ強引に引っ掛け,揺るんだ道糸に逃げるハゼを追うよう,つるべ式に引き寄せた。
     
6尺竹竿ならノリも分かり面白いはずである。持参していなかった。

   11時半納竿,隠居した槇野氏より最後に暖かい言葉を頂く。地元の話相手を作れと。
     釣り場として桟橋は何処でも良いと許可を頂いた。トラブル前に私の名を出すように。

     9尺カーボン中通し竿,ヤマベ仕掛け,オモリはガン玉2個プラス,袖6×2,アオイソメ1杯,
     今回は仕掛け3組に針1袋,損失する。


   横浜31℃,7時頃より陽差し強くなる。東京では真夏日,最多記録67日タイを樹立した。
     今回は全て日陰での釣りを通した。造船所はドックの陰,入江川は高速道路と橋下と。
     風も有り,快適な釣行も釣果は今一となる。                            ハゼ1.1k,

  
本流のハゼ
   デキハゼは早い,桜の満開の頃にはハゼ集まりだす。釣りシーズンは6月より始まり7,8月は絶好調に達する。
     屋形船の天婦羅用に釣る人も多い。
上げ潮がよく1時間半で束釣りは当たり前だそうだ。

   桟橋は底払い有り,盛期後と思われる。
     対岸ゴーロ帯は9月に入ると場慣れし,疎らになると。

     ハゼ,木更津,地蔵掘,日鉄前,T2.2k久郷,2位1.6k,小糸川,強風で全滅,浅草帽釣会,
              鉄橋上堰,干潮でも水あり,短竿で数でる。横倉氏,都釣連,
     20日,ハゼ旧中川,東大島,30分でハゼ1匹のペース,緒方氏,
     20日,ハゼ利根川,川尻で朝方20cm級出るが後続かず。強風で漁港,13cm以上20,折原氏,
 
 9月23日   鵜原中止 
  ウネリある中,ナギ,朝方1,2投でサバ数匹,スルメイカが掛かる。
中層60~110mでイカ掛かるも底は落ちた。
    ミヨシが良く小の大30杯前後,底は最後まで群がらず。船頭,竿釣りで60杯,云う事なし。宮腰氏,
 
9月26日 鯊  利根川左岸, 雨,薄濁り
                                                               若波釣友会


   太平洋高気圧がが南下,秋霖前線もそれに従い関東平野に降りてきた。
     前線の上,中部地方は28℃,沿岸は22℃, 雨となり肌寒くなる。
                                             中一中潮,干潮9:32,5:30~12:30,
      仲新田,山口食堂地点,
   利根川に会を持って行くには今一だが,何処の会も釣場は木更津が続き,8年振り利根川で決行した。
     お化け的要素のある漁港と干潮で葦場に水が抜ける上流,最後まで場所の選定ができなかった。

   先々週12日の試釣では最初の3時間が勝

   11時半,再び立ち込み地点に戻る。動かずに居た日下部,栗原氏,強雨の
潮上がりで大釣りをしていた。
     同じ場所で17cm前後が食ったとの事。私が逃げて食い出した時点である。
     その後,山場は終わり私にも12cm1匹がくる。納期まじか舟溜で初めてデキハゼを釣り納竿した。

   雨上がりの国道124,仲新田
    栗原,沢田,山田,木内,日下部各氏,



   国道124脇での検量風景,三橋氏の釣果は?

      釣果
   T久郷,破崎より
漁港カケアガリ探り釣り1.310g,2日下部,3栗原,4沢田で上位は山口食堂地点が占めるが,
     全体的には河口の漁港に押されていた。特にカケアガリで釣る仲間が河口の上位を占めた。

   大橋下は上潮で大食いすると云うも,根掛かり多く,それまで待つ人は居なかった。
     やはり釣れない釣行になった。600g台が大勢を占める。
     大型賞は22.5cm栗原,2清水22.0cm,3松村21.5cm, 当日,
川尻に釣会バス入る。


   数より型,典型的な利根川のハゼ釣りをするも,立ち込みを諦め移動が早過ぎた。
     又,
ゴカイの威力が大きい,食い後の呑み込みは抜群である。アオイソは食い後,吐出す気質がある。

   食い悪い時,アオイソの頭を切ると云うより半分を切り落とし,
残り尾の半分を利用する。
     川水は生温かった。それ以上に雨の中,手にベタベタが残る,如何に
塩分糖度が高かったか。

   9尺カーボン通し竿,2間竿,袖6~7,オモリ1, ゴカイ1杯,アオイソ1/2杯,各@500
 
10月10日  大サバ
カツオ
スルメイカ 
鵜原,まさえい丸, 雨                                     左舷宮腰,松村,右舷友江,栗原,折原




      薄濁りで潮は悪い,波1~2, 8時南風から北風に変り次第に強くなる,
        10日の予定が変更となり参加する。当日は妻と会津より只見を抜け六日町にでる予定でいた。

   4時40分出船, 勝浦沖近場へ,ゆっくり進み日ノ出を待つ。
     この所,前年以上にスルメイカは豊漁が続いていたが,週前半の台風12の影響で海は荒れていた。

   鵜原の船頭は更に良くなるだろうと予報するも,カツオの襲来で多難となる。
     釣座は久し振りのトモ,今日だけはクジ運が強かった。
                                           中一中潮,満潮7:34,干潮13:08,
      大サバ
   サバ,サビキ釣り,水深150~160m,潮でメーターは2割延びる。
     5時20分,早朝の大サバを狙い初竿,サバの層は厚く40~70mで早くもサバの猛襲を受ける。
     道糸止まり,底地で大サバでると云うも底まで届かず。

   仕掛けを落す都度,小サバの群に当たる。ゴツゴツ当たる中,
上げながらクッションを付けた。
     2度,3度,続けると別の強いアタリで空バリに大サバが掛かった。

   大サバは私だけ掛かり,船頭は仕掛けが違うと云うも,仕掛けを動かす動作の違いだと思ふ。
     掛かれば1匹以上の大サバが,小サバの群れに混じった。

   宮腰,友江氏に1杯ずつイカが掛かる。(イカ兼用は
ツノ3本が良い。)
     昨晩作ったツノ2本仕掛けを足した。途端,右舷同士の宮腰氏と祭り,仕掛けを消失する。
     その後ツノを諦める。大サバに専念する。

   サバ釣りは忙しい。跳ね上げるサバに仕掛けを絡ませぬよう小サバを落し,釣り上げた大サバをバケツに落す。
     そして仕掛け末端までの小サバを外し,再び逆電動で海に投入する。

   底へ落ちる間,血抜きの為,ノドを切る。そして前回の血の抜けた大サバのエラ,内臓を取る。
     ひとさし指と中指をノド口より突っ込み,回して内臓を引き抜き,エラもむしり取る。その頃仕掛けは底に近ずいた。

   中等で掛かった場合は止めて置けば良い。手が空けば2,3匹まとめてクーラーに移す。
     バケツ2つの海水は,直ぐ血でどす黒く濁った。この繰り返しが食い落ちるまで続いた。
     底で大サバが再び掛かった。電動ば唸り,ハイスピートに巻き上げだしている。海水を替えるも又血に染まる。

     大サバ12匹を取りスルメに変えた。サビキ仕掛け1組紛失,アジは姿見ず。
     アジ,沖メバル用フラッシャサビキ,幹糸8,ハリス6,枝15cm,
丸海津13×7,間隔1mヤマシタ,オモリ150,


      カツオ
   前半は脂肪の乗った40cmの大サバが久振り海面に踊った。小サバに混じりハリス8が切れそうな勢いが続いていた。
     10時,スルメイカの漁場へ移動中,突然,目の前にナブラが発生した。イワシが海面を飛び跳ね逃げ迷っている。
     海鳥が舞い,鳥の山が大きくなった。その群に向かい船は走る。

   沖合で良型カツオが釣れると無線が入いる。
      イワシを追い大サバと共にカツオが現われた。スルメはカツオを嫌い海底に潜る。

   釣りをしながら内臓を取った時,サバの胃袋からイワシが洗われた。イカも同じく。
     二枚潮と荒れだした海,その中を移動を利用してカツオの流し釣りを試みたが食わなかった。
     イカはいるが条件が悪い

      スルメイカ,
   水深150~180m,18cmツノ,
     中層で大サバが2度きた。その後,底でイカ2杯を取り,底にはなかなか着かなかった。

   イカが掛かり大サバもくるが,穂先が折れ幹糸も切れた。
     
底着すればイカを取る確証はあった。底着すれば即座に重みが竿に伝わっていた。

   夜が明け8時,サバは群団となり固まっている。
     15~40mは小サバの群,120mまでは混ざり,その下150mまでは大サバだけの領域となっている。
     投下毎に大サバか,イカが掛かる。イカはどん底でツノ最下の
ピンクによく掛かった。

   イカが掛からぬとあげく漁船仲間の無線が飛び通う。まだ2,3杯だと。
     船頭がこちらも同じだと答えた。ただ脇で1杯ずつだが上げている人が居ると追信した。
     私の事らしい。また釣れたと船中にアナンスが流れた。

   9時昼食後,船は流しを繰り返し,中層でもイカが釣れだした。ただペースは同じ,サバかどちらか1匹は掛かる。
     
中層でのアタリは仕掛けもツノの上部,2本のみとなる。色はピンクとブルーがメーンになる。

   後半,仕掛けを落すと疼く道糸,それを見き分え逆電動を止め,竿を上げる。3度目の一荷か? 
     重く竿先は沈み込んだ。追加を誘う必要はない。電動にスィッチを上げ出した途端,
道糸5が切れた
     まだ新しいPEである。ファーとした感触で全てを失った。

   古い電動シマノに変えるが
入電できず


   キジが主流で1年中釣れるとも、
     
12月下旬にノベ竿でヘチで大型がでる。護岸下に潜るハゼが飛び込んでくると。

   ただ,デキハゼの時期は長い。まだハゼ7,8cmが下流ではザラだと云う。
     澄むと底の見えるハゼ釣り,それでも釣れると。 45分程,竿をだした。
     帰りぎは子供が集まったが小雨が又,降りだし納竿した。P有り,

      私事
   最近,釣りに関し悩む。何故釣りをしているのか? ホームページを持ち,それを追う事に満足しているのか。
     竿をだしている時は何も考える事なく過ごしてきた。最近,釣れずしても竿を振りだす事,自体が楽しい。

   ただ帰宅すると釣果に関係なく,虚しさを覚える。
     何故かは分からぬが。最近凄く感じるようなった。

   会も鵜原も釣行すれば楽しい。ただ何処か,何かが欠けだしている。
     今の趣味は釣りのみと自分なりに思うも,不安が常に残されていた。

   振り返れば10年,15年の間隔で趣味が変っている。
     共通は自然,海と山に変わりはないが,今の釣りが1番長く続いている。
     自分自信に何か,分からぬものが現れている。何かに焦っているのだろうか? 不安は募る,だが出掛けるが。

10月23日  小ブナ  霞ヶ浦,清明川を挟み島津~木原,                                           若波釣友会


     快晴,風ないが肌寒くなく,昼頃に陽の温もりを感じた。今年初めて羽  4が良い
),アオイソメ, 
                                                   ハゼ10~13cm,18匹,

     7日フナ,沼川,台風で河川荒れる。水澄むも土砂が溢れ藻は潰れコイのみ。フナ全員,型見ず納竿,数年無理かも。
     11月の納会は小ブ釣りに変更,若波試釣
 
10月30日 鯊  横浜,新山下周辺, 雨後午後晴,濁り強い
                                                     福重,三橋,山田,村上,原,松村



     前日より雨が降り続き,夜半より強くなる。5時半,雷鳴が轟く中,出発した。
        新山下へは前回の小ブ定例会の帰路,浅草釣遊会の有志より誘われ,共に釣行する事になる。
       ダルマ船,釣人いず,以外にも横浜の繁華街,真中で大釣りをした。
                                              大一長潮,満潮6:47,干潮12:21,
  新山下埠頭貯木場,
     竿を出す者3人,私にはアタリ2度あるも掛からず,釣果全員なし。水温20℃,


  新山下運河新開橋,小雨,
    向かいが山下橋

     80cm落し竿以外持参せず。3間竿は村上氏,仕掛けは三橋氏より譲り受け,貯木橋埠頭側,右寄りで竿をだす。
       水深2m,バラ付きあるも誘い続けばアタリがでた。型はよく12cm前後が時折掛かる。
                                                     ハゼ38前後,600g,

  中村川下流,掘川谷戸橋,
      山下橋1つ上流,元町駅前,ハゼの食い型良いがノベ竿使えず,
リール竿のみ。

     上流
前田橋,
    歩道橋より下流




    前田橋と福重氏

     3間竿が川に届いた。10時,入れた途端に入れ掛かりになる。型は山下運河より更によい。
       驚く事にハゼ14cm,時には17cmも掛かる。手前は中華街,対岸は元町と人通りは多い。

     ここ数年,聞いていた場所がここにあった。
       誰も場所は教えてくれなかった。長竿で卵を持つハゼが入れ食いになると。

     道路脇で釣る醍醐味は以外とよかった。上には高速道が走り,雨も防げる。
       ヘチより3m先,前半の水路より引きもよくダントツに心地よい。3間の竿が弓なりとなり水箱を埋めていく。
       場所は離れるがが更にポイントになった。


    歩道橋より上流,石川町西之橋

     12時,食い落ち,ポイントは更に1m沖合いに移動,3間竿,冥一杯の距離となる。
       上流,歩道橋上で再び食いだした。

     ハゼ,今のポイントは上流へ徒歩10分,石川町,亀ノ橋付近。地元の釣人によると,この辺は一週間前から食いだした。
       後,2週間程で下るハゼが,ここに更に型,量とも集まる。そして12月一杯のハゼ釣りとなる。

     まだハゼの卵巣はない。そして水温が15℃前後になればハゼは埠頭へと移動する。今年は猛暑で遅れ気味,

       14時半納竿,


     福重,村上両氏の釣りに対する執念には脅かされる。私のエサで又釣りだした。
       その姿を見て,本当に私は釣りが好きななのだろうか? 入れ食いも終わり同じ場所での釣りに飽きていた。
       その脇で,私はハロインで仮想した女の子に釣りを教え,地元の人と雑談に花を咲かしていた。

      
3間竿,(有れば3間半)オモリ中通し3,金袖7×2,埠頭も仕掛けは同じ,アオイソ1.5杯,
         エサは2杯有り,最と贅沢に使用する必要があった。

       
リールの場合,昨年の墨田川,5本針仕掛けを使用すれば,極端な数釣りとなる。場所がら長竿は不向き,
         まして2本竿の場合は漁師となろう。

     水箱のハゼ
      掘川はハゼもどきも多い。
        沖ハゼに似た歯のない薄白いハゼや,マハゼに似た色合いでウロコが硬く身も硬めのハゼがいる。
                                              デキハゼ居ず10~15cm,1.8k,1.3束,


  新山下埠頭貯木場P,
     再び埠頭,16時,エサなく林太郎の細キジ3匹を貰い,最後の挑戦を試みる。
       下げ潮が利き2度目のアタリでハゼ12cmを上げ納竿した。



    11月23日, ダルマ船,朝方15~18cm,よくて30,釣人は多い。掘川,前回の場所,水澄み下げが利き過ぎ浅くなる。
           上流石川町駅上で,
下げが利き入れ掛かり,型は10~13cm,竿3~3.5間,前回のメンバー,

           木内氏,朝,墨田川ハゼ釣り大会で釣れず電車で石川町へ。下げ終わり苦戦する
11月06日  鯊  汐見運河,枝川, 曇,風なく水澄む
                                                                 駒田,松村,
         駒田氏より電話を受け,下潮が利く汐見まで出向いてみた。16:00~17:00,


     アオイソメ,ハゼ10~13cm,18匹

     7日フナ,沼川,台風で河川荒れる。水澄むも土砂が溢れ藻は潰れコイのみ。フナ全員,型見ず納竿,数年無理かも。
     11月の納会は小ブ釣りに変更,若波試釣
  小ブナ 

天高bフ一時の食いを失い,斎藤氏より下準備が悪いと諭された。


   後は30分に1匹のペースで参加する事となる。
     技研横,一昨年の入れ食い地点は,ホソ中央に葦が伸び釣りとならず。
     又,技研ホソはフェンスの囲まれ竿をだせなかった。

   西浦右岸,土手より

   最初のポイントに戻り,福重氏が底釣りで小ブを上げていた。に着け置き竿で食いだす。
     クチボソ多い中,微妙なアタリが小ブとなる。小ブは底に潜っている感あり。

   目の届く脇に竿2.1を並べ,交互にアタリだす。ペースは遅いが確実に取れるようなった。
     長竿にアタれば竿の胴を持ち上げる。何にか小ブ釣りと異なるがドジョウも2匹でる。


   乾き出した午後のホソ
    右は西浦を越え筑波山,左は防衛庁技研

   竿1.5,タナゴ仕掛け,三腰,秋田キツネ1×2,竿2.1,タナゴ仕掛け,タナゴ針,赤虫@200,
     
沈み仕掛けの誘い,沢田氏はハリス分,斎藤氏は10cm,

   T沢田178,新屋敷,前年と同じ場所,後は濁りを嫌った
木原方面が上位を占めた。
     納竿後,バス停までの間,蓮田に小ブの群れを幾度も見る。2栗原,3折原,R一ノ瀬2,

                       小ブナ(1.5~2cm,最大5cm )22, 19/31位,若波トータル7/9回,12/36位,
   上野釣友会,諏訪湖,ワカサギ釣り,6cm,帰宅後,天婦羅料理に誘われる。猪俣氏

11月21日  皮ハギ  岩井高崎港,くめ丸(富浦), 快晴                           浅草帽釣会
                                                   左舷,小島,鈴木,右舷,井滝,松村,



   天高く蒼空が広がり北よりの微風,水澄む,長閑な釣りが以外な事に遭遇する。
     釣船の漏水は次第に激しくなり,警報が鳴り続ける中,私が舵を握るようなる。

                                         小一長潮,干潮6:23,満潮13:35,
    岩井湾
   岩井海岸中央から日の昇る僚船

      仕掛け
   朝方,高崎港近く水深10m強,根掛かり多く,3投で2個の仕掛け失う。それも幡谷氏より譲り受けた仕掛けが。
     ミラー銀,2ケ所と集魚板に変え,下は簡素な仕掛けに変える。以外とアタリの反応はよかった。

   
単純過ぎる仕掛けにアタリはよい,初めアタリが取り込めず,掛かればハリが抜けた。単純なトラブルを繰り返す。
     遅い出だしもリズムに乗り,バケツには血抜きした皮ハギが溜りだす。叩き釣りより寝かせ釣りがよかった。
     上手いタイミングで弛ませと上鈎によく掛かった。


   岩井沖,ミヨシの小島氏

      判らぬ危険
   出船して時も経たず,船頭は船底から水を汲み出していた。
     気にせず竿をだすも運び出すバケツから甲板には,油が少しこぼれ出している。


   左舷トモの鈴木氏,この後油に浸かる

      船頭との会話
   中盤,船頭は私の顔を見て移動を判断するようなった。残るアサリを見せ,納得させる私。
     一挙に富里へ移動する。水深は20m,勝山からの皮ハギ船団に混ざり竿をだす。
     アタリ少ない中,2枚をゲット,

      警報機
   11時,船の警報器が鳴りだし船底は溢れるばかりに漏れた海水に浸った。
     何だと焦る事なく釣る仲間,皆が船底を見たら大変な事となる。
   初老の船頭がバケツを再び持ち汲みだした。余裕がなくなり,舵は時折,私が握る事になる。

   前後だけだが,道糸の流れを見て,下がれば後進させ,先に伸びれば前進させた。
     右手に竿を持ち,左手は舵を。足元はもう油だらけ,滑る事この上もない。

   ため息を続ける船頭に帰港を薦めるも,大丈夫だと黙々と船室とトモを往復しだしていた。
     アサリのエサ残るも移動させる事が,ままならなくなる。

   知らぬ間々,私の持ち物,全てが油に浸りだしていた。
     左トモの鈴木氏は船の移動を勧めるが,私は幹事長に連絡した方がよいか,如何か考えていた。

     岩井に戻る井滝氏と

      鈍感な仲間
   岩井沖に戻り警報機なり続けるも, 皆,慣れたように落ち付いている。もう1時間も鳴り続けているが。
     ミヨシで入れ掛かりが始まり,私はベラ,キタマクラ,トラギスの外道の入れ掛かり。最後の1枚を上げ納竿した。

   底の機械室に海水が漏れ,クラッチも浸かった。警報器は帰港するも鳴り続けている。
     12時15分沖揚り。幡谷氏に帰港を告げ船頭は漸くバケツを放した。
     カワハギ竹竿,小アジ針,ハゲ4×3,オモリ25,
針元をピンクの蛍光パイプでつなぐ,

   今回は皮ハギが薄いとの事でワッペンサイズも含む数釣りとなっる。
     船4隻,T幡谷,2早水,23, 3井滝19, 4位16×3名,カワハギ数釣]うも,今年は12月に入りハゼの食いが極端に落ちていた。

 11月28日   第10回若波本会納会休会,
  小ブ,一の瀬周辺,若波釣友会納会,法事で休会, T三橋79,R藤本6,
    若波釣友会,年間トータル順位7/10回,16/43位, 大型鮒,2月22日黒部川,山田36cm

 
 12月05日 鯊  隅田川,蔵前右岸テラス, 第4回ハゼ釣り大会
                                                    四町目町会,協賛北竹睦,台東区



     今年の墨田川ハゼの経緯
10月31日,
11月03日,

13,14日,


18日,
20日,
21日,
23日,
12月12日,
墨田川,濁り強く釣りとならず。木村,駒田氏
薄濁り弱,中潮,満潮8:53,数出ぬ中,朝方良し,午後より0多し。ハゼ4~7,横倉,深野,緒方,各氏,
 水門脇,11~15時,ハゼ10,水温高く気温も20℃となり袖を捲くる暑さが続いた。 カタクチイワシ10cm,小セイゴ,
型は疎らであるが手の平サイズが数とも釣れだした。朝方が良い。中,満潮7;21,
 4本針で
テンビン上13cmにハリス8cm枝針,良く釣れたと云う。何処まで複雑に進化するのか疑問が残る。

 ハリス3,深野氏, 私は出来るだけ単純な仕掛けを好む。
深野,2×1,20組横倉両氏の好意に甘え仕掛けを頼む,御礼はハリス1.2×100m。
朝から食い悪く型見るのみ,深野氏,竿ださず
潮も悪いが最悪となる。夜明けより釣るも型を見るのみ,セイゴは例年より多い。深野氏,
例年は第3日曜日だが潮悪く23日祭日に変更する。
朝方,幾らか食い良くなるも数がでず。型は良い16~20cm8,カワウが見られた。宮腰氏,
 午後,型小さくなり16cm前後10,深野氏。今年は暖冬のせいか,ハゼ振わず。


                              快晴,北風微風,水澄む,若一中潮,干潮8:26,満潮14:41,

   ここ数日,夜の底冷えもなく,11月に入り前年の最低気温は一度も記録しなかった。
     
暖か過ぎる水温と川に落ち込まぬハゼ,
     今日も陽差しは強い,腕を捲くる暑さに釣れぬハゼ。冷たい飲物がよく売れた。

   7:00~14:00, 申込46,当日4,計50名,会費大人\200×40,
     9時より始めるが食い悪く,明け方よりハゼ見ず,セイゴが間々数がでる。

   会場の準備ができ町会員が来るまで竿をだしてみる。探るもアタリなし。
     もう5,6本の竿が出ているが食いは何処もなかった。ハゼよりセイゴがダントツに多い。


             
    おでんの給与と受付

   今回は初めから全員がハゼを確保できないと思い,<ポイントをレクレイションに置く。
     又天候もよい事で飲食を主に,飲み物に神経を使った。ノンアルコールを3倍に増やす。
     ビール3ケース,酒4本,焼酎2,ワンカップ20,ジュース類80,

   良心を謳い今回,初めて賞品を付けたが,やはり談合で終わり,形式だけはよい形となった。
     又弁当の不足も呆れるばかりだった。自分で分かって注文せず食べる者が多過ぎた。

   何故,堂々と食べるのか,そこまで役員が把握すること自体難しい。
     情けない話である。付いて行けなくなった。次第に歯車が崩れだしている。世代の交代が必要かも。
     3.6m投げ竿1本
破損,

5:50,
9:00,
11:00,
12:00,
13:20,
14:00,

役員集合
餌,飲み物,仕掛け
オデン,(木村家)
吉野家,豚丼,牛カレー丼, 鰯の吸い物
賞品発表,ハゼ大15cm戸倉,小10.2cm鈴木,総重量,総数,外道,セイゴ35cm,5名
終了
 雨天の場合を考え平成小コミニティルーム確保

  
  
    表彰式に集まったメンバー

     今年は現金の寄付多く¥22.000,(4), 投げ竿3m×5,@2500と飲物購入,
     仕掛けは深野,横倉両氏, 会費¥8.800(¥200×大人44名),,町会¥97.000,総経費¥130.400,
     役員,木村,駒田,戸倉,峯岸,緒方,中島,松村,

12月12日  鯊  横浜新山下埠頭,貯木場, 小雨澄む                         林,山路夫婦,松村,(美濃羽,他2),(幡谷)



    どんよりした重い雲が垂れ込み,予想に反し早くも小雨が降りだした。弱い北風は冷たい。
      急に冷え込んだ朝,時間が経つにつれ次第に手が凍えだす。
                                       大一大潮,満潮5:29,干潮10:56,

   以外と少ないダルマ船

   6時,美濃羽氏一行と林君,山路夫婦が合流,新山下埠頭に出向く。
     埠頭で待ち会わせたように幡谷氏と出会った。
     アタリはすこぶる悪い。予想以上の悪さで先を案じる。


      掘川
   9時,元町に1人偵察に出向く。釣人居ず。居ても型を見るのみだった。
     谷戸橋上より落すもセイゴ1,ハゼ1匹のみ。それも最初のみで,誘ってもアタリはない。

   前回の地元釣り老人(10,31,)に出会う。状況を聞くも,早朝より周辺の釣り場を回るが全く話にならないと。
     昨年は夏の異常気象に反しよく釣れたと云うも,今年は12月に入りハゼの食いが極端に落ちていた。

   漸く寒くなったものの,
海水は暖かい。
     ハゼは埠頭に留まらず直接沖合へ抜けたようだ。富浦沖だと。老人は毎週のようにハゼの記録を残していた。
     今年は
木更津沖,八景沖で,ハゼの大釣りが続いている。何故か疑問が残る?


   雨避けに元町への移動を考えたが,繁華街の中,ナベには適さなかった。
     情けない事この上もない。ただ埠頭で漸く全員がハゼの型を見る。

   最後まで釣れず頑張った林君が1人食いだした。続けて3匹を釣る。釣る仕草が分かりだしたようだ。
     早い昼食を摂り,ナベうどんを煮込み納竿した。

   幡谷氏




   林ジュニア




   小雨降る埠頭脇,8人分のナベ

   具のカジキマグロを入れ忘れ,クーラーに残るも,寒い中,熱い豚汁が特上のうどんに思えた。

     90cm竹竿,中オモリ4→3,袖7×2×15cm,アオイソメ,(
極少テンビン,良),ハゼ2,
     彼等にはテンビンを使用,オモリ5,袖7×2×15cm,
落し竿(斎藤氏)穂先破損,ハゼ15cm1~7, 
12月23日  鯊  汐見運河,枝川, 快晴,水澄み北風強く肌寒い,
                                                                  駒田,松村,


     西高東低となり昨日より日本海側は吹雪,東京は気温9℃,北北西の風6となる。
       置き竿にすると竿があおられ飛ばされた。軽いもの全てが飛ばされる。 

                                 若一中潮,満潮14:16,干潮21:18, 15:30~16:45,
   台船がまるっきりない。テラスからの投げ釣りとなる。
     オモリ5,テンビン仕掛けで前回,台船の留まっていた地点より,川中央へ投げた。

   誘いは,ゆっくり引き止める事を繰り返す。するとプルと軽いアタリがある。投げる都度アタるも食いは悪い。
     アタると軽く竿を立て引き込めば,ハゼは掛かるが顕著なアタリがない。

   投げれば必ずアタる。エサのアオイソは中央を房掛けにしダブルにした。
     置き竿より誘いがよい。三投して1匹の割合でハゼ15cmが掛かる。

   寒さで震えだしハゼ5匹を確保した。釣果は少ないが型を見て陽が落ち納竿した。
     3.6m投げ竿,ソデ7×2×15cm,(延べ竿用仕掛け,)

   ハゼ
築地川,毎年12月中旬がポイント,型,数ともによい。竿3間半又はリール釣り,栗原氏
 
                                                      若波釣友会7/10回,トータル順位16/43位


  イサキ、    江見95/4.
  イワナ、    00/3.
  沖メバル、   98/6. テンビン用00/1.
  鬼カサゴ、   95/9, 上鈎仕掛け96/10.
  カツオ、    葉山99/9.00/10.
  カワハギ、   岩井00/10.
  キンメ、    00/4.00/6.
  黒ダイ、    堤防釣り93/5.清水ダンゴ釣り93/12,
  サバ、     96/1.
  サヨリ、     ; 93/10.
  シブイトの基準、96/7.00/12,
  シロギス
  ショウサイフグ 大原96/1.飯岡00/12.
  スルメイカ
  タチウオ、   吉野屋95/1.
  ハタ、     95/10.
  ハナダイ、   大原96/9.
  ヒラメ、    鹿島95/2.  
  マゴチ、    横浜93/6.岩井00/8.
  マダコ、    鴨居96/1.
  ムギイカ、   長井00/7,
  ムツ(キンメ)  96/10. 97/10.
  メバル五目、  日立47/3.
  メダイ、    96/6.
  ヤリイカ、   大原96/4.
          沖釣の場合、オモリを底に付け,ちょっと棚を切って,良く見ていば釣れる。
  ワラサ、    葉山99/9,


                                                    川辺と海の釣り日誌2003年
                                                    川辺と海の釣り日誌2003年