子安,入江川周辺,ハゼ釣り釣果表




       入江川
   91年10月,製本組合の会合で篠沢氏からハゼの会話へと進み,,小野寺氏と共に陸ハゼ釣りの指導を受ける。場所は子安,エビス運河末端,。
     翌週も通い,今シーズンは暮れまで10回の釣行に励む。

   暮れの仕事納め後に一束を超え,1月中旬まで釣れる。初めての入渓より入れ掛かり状態が続いていた。
     御徒町より高速で30分弱,月島に出向くにも25分は費やす。よいホームグランドになる。

   子安周辺は社有地に囲まれ,中外倉庫は地元でも知る人も少ない,暗黙のポイントとなっていた。

     国際埠頭より型は小さいが,ハゼの群がりは抜群だった。

   第二小派川より第三小派川へ。エビス運河周辺から第四小派川,エビス運河河口へと釣場を広げている。
     何時しか横浜港周辺のハゼは衰退し,新山下埠頭,ダルマ船の落とし込みから大岡川元町付近の運河を最後に釣場は遠のく。

   そしてハゼの衰退は恵比寿運河から京浜運河に及び東京近辺まで至っている。改めて第三派川がメーンに,それも西ドック周辺のカケアガリになる。
     そこも2014年07月にはその兆しを見せ始めていた。



      恵比寿宝運河
      恵比寿運河本流,恵比寿橋,
      入江川本流,第二派川
      入江川第二小派川・・・中外倉庫
      入江川第三小派川
      恵比寿運河ドン詰り,対岸ケイヒン倉庫
      菱光倉庫ダルマ船・・・出田町埠頭北東岸
      入江川第四小派川・・・出田町埠頭西岸




      子安,入江川釣り経緯

91,10,10,
12,29,




92,01,15,
01,19,
08,01,
11,01,


11.29.
12,20,







93,11,23,
94,03,27,
10,09,
12,11,
95,07,23,


96,11,17,
97,10,26,
12,01,

99,10,07,



01,08,12,


02,07,21,
03,00,00,

04,08,01,


08,14,
09,19,
05,07,24,



06,08,14,


07,08,13,
10,08,14,




14,07,
 恵比寿運河入江川第二小派川,中外倉庫, 初竿,竿2間半借用,子持ちハゼ80,
 
ハゼ,一年を振り返え思ふ,

   ハゼの束釣りを覚える。深みからの感触は,浅場とは叉違う引きを味わった。船舶の停泊は大型で殆ど本流より,
     11月も終わりに近ずくと,ハゼが
週毎に1mずつ船道へ移動するも驚異に思えた。
     引きの楽しさに惹かれ,10月より毎週の如く飽きる事なく子安に通った事となる。1月中旬まで釣るハゼ,

 
恵比寿運河,入江川第三小派川,港興行と港北通商, 初竿,猫に狙われる,ハゼ60,
 
ケーピン配送センター〜菱光北岸,ダルマ船, 初竿,
 入江川第四小派川(出町埠頭,南西壁,) 初竿, 川中央を固定式5本針でヒレハゼ30,ヘチでデキハゼ,第二小派川でヒレ3,
 
恵比寿,宝運河, 初竿,
   
ケーピン配送センター前でハゼ大釣り,菱光北岸,ダルマ船で大アナゴ連続で釣り上げる,

 
恵比寿運河本流,京浜ドック, 初竿,
 
ハゼ,一年を振り返り思ふ,
   釣りはハゼと。2月まで釣り,6月にはデキハゼと。通い続けた1年となる。
     前半は前年以上の釣行となった。特に出田町埠頭が良かった反面,中外倉庫が悪い。
     延べ竿による2束もなかった。

   平均的には何処でも釣れるが,ポイントとしては薄い。深さ,遠さの計算も出来ず1年を越す。
     しかし,落胆するもトータル的に数は釣る。落としリール釣り多く,約20束。

 
恵比寿運河,エビス橋, 初竿,
 ハゼ釣りに向かう私を見て,若波釣友会会長,田中氏の推薦で入会。
 秋の猛暑と赤潮で横浜,岩壁の
カラス貝,全滅,ハゼ産卵場が失われる。国際埠頭〜子安,全滅,
   竿2間半,リール竿から9尺カーボン中通し竿が主となる。
 東京塩浜,汐見運河 初竿,
   型は一回り小さいデキハゼの領域だが,一時集中的に通う。釣竿は竹9尺がメーンとなる。

 折原,干場両氏に紹介,
 以後9尺竹竿が主となる。
 東京湾アクアラインが開通, 中外倉庫に警備艇駐留がなくなる。ハゼ釣りを教わった釣場・・残念だがハゼの繁殖薄らぐ,

 
駒田氏と通いだす。
   
エビス本流,京浜ドック手前,台船に造られている小さな穴で15〜20p級の大釣り。水深は4.5mの穴釣り,
   駒田氏と道糸を手で引き上げる釣り,ここを開拓して初めて見る大型の群,ここだけで束を釣る。

 港北造船所の作業行程
が変り,第三小派川では船底の掃除をしなくなる。故,貝が落ちずハゼは減少する。
   暖冬か,黒潮が関東に近ずいている為か,初めてメジナ,オキハゼ,が見られた。

 西ドックがメーンとなる。初めてハゼの1種,ダボハゼに似たウタウタイを釣る。
 7,8月の冷夏が酷く,東京湾周辺,ハゼ沈む。
 初めて入江川本流,第二派川へ,ハゼもどきが多い中,干潮時は逃げ場として有望, 
 初竿,
入江川と第三小派川で初めて型良く5束釣る。

 実家の近い折原氏から若波の会に伝えられ,間を開かず他会にも知らされる。

 入江川本流,仲浜側,桟橋で初竿, 漁業組合相談役,槇野氏より協力を得る。
 第三小派川,
ハゼもどきが大繁殖,マハゼを超す異常状況になる。
 
入江川本流,新浦島橋で初竿,
   浅場も岩盤状,今回はハゼもどきに始終したが,
テナガエビの繁殖は凄い。

 町会衛生部の会合から町会有志と盆の釣行始める,・・台船上全体としてのハゼ釣りは衰退し始めている。西寄りになる,
   夏場も船釣りが忙しくなり,ハゼ釣りは年に1,2度と子安から遠ざかる。ハゼは木更津周辺が多くなった。

 相談役槇野氏の好意により昨年は船外機船提供の申し出を受け,今年はハゼ船として櫓を漕いで頂いた。
 台船から川底を覗くとハゼはビッシリ付いているが食わず,何故だが分からぬが以後西ドックのカケアガリだけがポイントとなる。

 最近は月に2度ある潮回りに左右されることが大。潮がよくても食いが悪く,周辺の状況と同化させているのは小細工出はなく,
   もっと大きな潮の流れによるものと思われる。温暖化の影響か?

 7月の先行した岩久保氏によると台船周辺は更に台船,船が組み込まれ,船体はドックにも被い,ドックとも体材で溢れ釣り場は失われる。
  改修より解体が主になったようだ。その上潮悪く濁り,最悪の釣果で納竿したとのこと。
  結果を聞き数年続いていた子安から離れ,千葉姉ケ崎へ変更する。




     子安駅前,第一京浜道路

  1990年代, 周辺にコンビニはまだなく,左折する角に食料品店あり,昼食は自家製弁当,吉野屋の牛丼,友とはコンロを持参する。
   91年代, 中華を主にした食堂が2軒あり,日曜でも作業員が集い,安く味は少し濃かった。
   98年代, 中外倉庫隣りに郵政運送が入り,造船所は1階岸壁よりを運送会社に貸すようなる。道路の往来が激しくなる。
  2000年代, ラーメン店が国道沿いに競い出店しだす。
   02年代, 街道にコンビニが開店,朝早い釣人には便利になる。
   04年,  入江川本流沿いで初めて駐車違反をみる。
   06年,  港興行の倉庫,空地を賃貸した為,第三小派川へのPを失う。
   10年,  入江川常盤橋で,橋上だが駐車違反をみる。




    子安,入江川概念図
 ,
   高島貨物線
エビス宝運河,
恵比寿橋,
エビス運河,入江川第一小派川,
エビス運河,入江川第二小派川,
第二出合,中外倉庫,
エビス運河,入江川第三小派川,
入江川本流, 
第三出合,港北造船所,
対岸,ケイシン倉庫,
ダルマ船係留場,  
入江川第四小派川,


 


右,地図外,
右端,外,
右上,水路,
上中央右,水路,

上中央左,水路,
その上流,


出田町埠頭,北東壁,
出田町埠頭,南西壁,






     エビス宝運河

   左岸の台船,99年にはダルマ船が3/4を占めていた。04,09,
    対面がエビス運河


 産業道路,布袋橋から上流,エビス運河出合まで,左岸に大きな台船が幾十にも列をなしている。
   台船はエビス運河出合まで並び,船上の許可,必要なし,投げ竿がメーン,釣り人は多い。

92,11,01,
一時雷雨
 宝運河,石袋橋,試し釣り,15時半より20分程,
                                             小潮,満潮 9:50,干潮15:20,
   第二小派川,ハゼ釣りを終え,
     左岸下に並ぶ台船上, 台船は多い,橋よりエビス川出合付近まで列をなしていた。

   人居ず,投げ釣りが主体で水深は深い。4.5m,潮により落とし込みでも釣れると云うが。
     2間半で竿先が出た。,アタリ乏しく4匹,型は良い。午前中は釣り人で満杯だったとの事。

   初めての事で岸から何艘も台船の間を狙ってみた。
     根掛かり有り,重く動かず,ゴミと思いゆっくり道糸を手繰り寄せた。ハゼ30以上入るビクを釣り上げる。
                                                   ハゼ4匹,青イソ,
99,10,24, 高曇   帰路,第三小派川より,                                              駒田,松村,
                                大潮,満潮4:19,干潮10:29,  5:15出−14:20宅,


   左岸台船上.水深3.5〜4m, 釣人多い.殆どが投げ竿を使用していた。
     少し沖目のカケアガリに寄せると竹竿9尺でもアタリが取れる。
     川底は砂地,13時45分納竿,
                金袖6,秋田キツネ6,ハヤガケ6(良),2本釣, 正味1時間,ハゼ15,
 99,10,31 高曇   帰路,第三小派川より,                                              駒田,松村,
                              小潮一小潮,満潮10:33,水位115cm, 4:40−14:00宅,


  潮止まりで移動,満潮となり2間半の穂先が潜る。9尺竹竿,2本釣ハヤガケ6,オモリ1に変えるがアタリ乏しい。
    投げ竿の探り釣りで結構食う。11時納竿,
                                     ハゼ,前回よりひと回り小さかった。
99,11,07,   (本牧アタリ0, 宝運河,15時より台船下,ハゼ21cm,6,木村氏),

99,11,23,   第三,第二小派川,恵比寿橋より,                                        駒田,松村,
    宝運河,アタリ0, エビス出合側,投げ竿,船竿3本でややアタる。

04,09,19,
  台船を見下ろしていた貨物線
   貨物線はレールも取られ廃線になっていた。04,09,

07,09,30,
  産業道路宝橋から撮影
  07,09,16,台船に渡れず,釣人も居ずアタリなし。駒田氏,
15,08,15,       外された貨物線の後は歩道に変えられている。又台船には陸から直接入れなくなる。
  宝橋脇にはバス停「宝」が立ち,市営バスが運行されていた。
Top,





     エビス運河,恵比寿橋

   大きく改築された桟橋,07,09,30,

 満潮から下げが良いが,パーキングがなく,通い難らかった。

93,11,23,   第三,第二小派川より,                                               駒田,松村,
    昨年,10月中は,下げを狙い,大分大型が出た。ヘチ竿で面白い引きを何度も楽しんだと。
      遅過ぎたか? 釣人いるも上がらず。
    21日,型良くハゼ60, 帰路,宝運河へ,

00,11,12, 曇後晴   宝運河,風強く竿煽られ釣りとならず。故,恵比寿橋へ,
                                             大潮,満潮 5:13,干潮11:05,
    朝方30分,子安橋で釣るが,初アタリと共に仕掛けを取られる。
      後,食いなく造船所,第三小派川に逃げ込む。全くアタリなし。

Top,





     入江川本流,第二派川

   高速神奈川1号横羽線下,右は子安漁港,常盤橋より
    エビス運河と第1京浜の間を流れる,


  エビス運河の陸よりを並行して走る水路。海よりは高速道が跨ぎ,川底は海側がゴロ状になっている。
    又,対岸には漁船,警備艇が縦並びに列をなしている。川底は砂地,早いハゼとテナガエビの産卵があり。

  昔は見向きもしなかった場所である。アナゴ船が列をなし,海面は油多く浮く,
    野沢氏が以外と昔から電車で通い,竿を出していた。近年,私も干潮時の逃げ場として目を向けるようなる。

04,08,01, 快晴   第二小派川より入江川第二派川常盤橋下,                                  駒田,松村,
                                                     10:30〜14:00,
    10時半,第三小派川出合,手前で竿を出す。
      高速道下,日陰となり強くなってきた風も遮り,真夏の釣り場としては最高のポイントとなる。
      対岸は漁船が縦並びに見渡す限り列なっていた。

    以外にハゼの型は良い。
浅場のカケアガリが良い。飽きずに釣れるが間もある。
      
しかし干潮時の逃げ場としては絶好のポイントに。

    地元の人は先ずテナガエビを釣り,その胴でハゼを釣ると云っていた。
      明け方アミでテナガが取れると,試したが掛からず,干潮が良さそうだ。ただ,今釣る手前にテナガが居る。
    外道も以外と多い,ハゼもどきは側に寄った野良猫に与えセイゴも出る。沖ハゼは1匹,

      大釣り期待薄いかも,地元の話では,この程度らしい。釣りに飽き14時納竿,
                       竹竿9尺,袖5,オモリ中通し0.3,アオイソ, ハゼ8〜11cm,1.5束,ヒレ1, 

    (7月04日, 常盤橋,野沢氏,1.5束,)
    (8月14日, 港北造船所から大潮,干潮時,久郷,沢田,幡谷,藤本,清水,折原,1〜1.5束,)
    (9月05日, 鵜原の仲間,干潮時、横浜より戻り型良く,良く食った。)
 
08,14,
09,05,
  (8,01と同じ釣り場を回り,同じような大釣りとなる。大潮,干潮10:10,折原,沢田,久郷,幡谷,各氏に紹介,)
  (造船所で不漁,廻って大釣りとなる。中潮,満潮8:36,折原,宮腰,栗原,各氏,)

09,19,   第三小派川より第二派川常盤橋,                                         駒田,松村,
                                                      7:00〜11:30,

   前回と同じく造船所よりに入るが食い悪い。潮は満ちている,ポツリポツリのアタリの上,根掛かりが多い。
     ハゼ10〜12cm,ゴロ石に入り込むオモリ。暫しのトラブルで仕掛け,針を取らた。2間カーボン竿へ。

    対岸仲浜
   槇野氏の船宿
    対岸は穴子用漁船,横浜港向け警備船が並ぶ,

   対岸に移り船着場で釣る。水深4m,1投目より14cm。誘えば連続で3匹掛かった。
     友を呼び,砂地で連続して掛かる。ただペースは遅い。知らずして水箱の底が見えなくなる程度。

   ハゼのポイントを漁業組合,相談役の槇野氏より教わる。最初は船外機上より水深3.7m前後を釣る。
     適当な間隔で程好い引きを味わうが,橋真下での事,竿を完全に立てられず,道糸を掴む釣りが続いた。



   ダボとの合いのこ(ウタウタイ)22cmを上げる,平均13cm以上

   10時半,引き潮が完全に利き,造船所ドックに下見に出向くが,ダボ1匹のみ。
     早々に槇野氏の船に戻った。



   常盤橋下,イスを持ち出し,大名釣り

     
ヘチ
   岸辺のカケアガリで型良く食い出した。
     疎らなハゼが集まってくる。エサを踊らせるとハゼは集まり食い出した。

   組合長の橘氏と槇野氏,共に私達の釣りを見守っている。ただ,ここもハゼの取り込みに苦労する。
     更に橋との高さがない。ハゼゆえ,強引に引っ掛け,揺るんだ道糸に逃げるハゼを追うよう引き寄せた。

   これからの時期,ポイントを幾つか掴めば大釣りができる。探りではなく,ポイント巡りで。
     6尺竹竿ならノリも分かり面白いはずである。竿は全てを持参する事。


   11時半納竿, 隠居した槇野氏より最後に暖かい言葉を頂く。ここでのトラブルは私の名を出すようにと。
     今日より桟橋は,何処でも釣り場としての許可を頂いた。

   9尺カーボン中通し竿,ヤマベ仕掛け,オモリはガン玉2個プラス仕掛け1ヒロ半は必要,
     袖6×2,アオイソメ3/4, 今回は仕掛け3組,針1袋,損失する。                  ハゼ1.1k,

   横浜31℃,7時頃より陽差し強くなる。東京では真夏日,最多記録67日タイを樹立した。
     今回は全て日陰での釣りを通した。造船所はドックの陰,入江川は高速道路と橋下と。
     風も有り,快適な釣行も釣果は今一となる。

  
第二派川のハゼ
    デキハゼは早い。桜の満開の頃には集まり出す。釣りシーズンは6月より始まり,7,8月は絶好調に達する。
      屋形船の天婦羅用に釣る人も多い。1時間半で束釣りは当たり前だそうだ。
      対岸ゴーロ帯は9月に入ると場慣れし,疎らになる。

05,07,24,
一時小雨
                                                              駒田,松村,
    昨夜午後5時,千葉北西部で強い地震があり,足立で震度5強,横浜でも5で余震が続いている。
      東京では13年振り,そのせいか,好期の割にマハゼの食いは悪かった。


                                  中一中潮,満潮6:12,干潮13:08, 5:30〜9:40,

  
常盤橋右岸下,
    5:30,第三小派川,
造船所より槇野氏の船場,橋下に入いる。
      水深2.5m,船周辺を探るもアタリが乏しく,ハゼがいるのか心配が募る。満潮でもデキハゼは居るはずである。
      9尺竹竿,道糸1,通オモリ05,袖5,アオイソメ,

    浅場カケアガリは小舟から, 竿2.1,昨日のテナガ仕掛けに袖5を付け落した。
      ここでもカケアガリの底で,穂先を潜らしながら
ハゼもどきに始終する。ダボ1,
      7月下旬で釣れぬハゼ,偉い事になった。出田町埠頭が浮ぶも下潮が利き再び造船所へ。

  新浦島橋
    戻る。常盤橋上でハゼを諦め,ハゼでセイゴを釣っていた。底より10cm上げ短時間で3匹掛かるも,納竿すると。
      違ったポイントへと初めて下流を視察する。

    9:00,港より左岸に入る。岩盤が現れ出すも,ハゼはハゼもどきのオンパレード,型はやや小さくなる。
      水は澄み,10cm前後のウタウタイが掛かるも,食いは今一で何処も変わらなかった。

    干潮で高速道下,浅場に20cm程で甲羅の色彩が綺麗な
ワタリガニがいた。
      味噌汁のダシにと目の前にエサをブル下げると,直ぐ寄り付いてくる。
      極端に弧を描く竹竿,折れそうで道糸を掴む前に落ちた。慌てて逃げるカニがいる。

    その脇に
テナガもいた。ここは水深25cm,岩盤の浅場,ゴロ石も多い。
      昨日,江戸川に出向き1桁。それが目の前60cm四方に,目で見て20匹はいる。

    黒ずんだ20cmを超す
テンカがゴロゴロし,良く見ると,その周りには小テナガがいる。
      9cm程の透明に近いテナガが湧くよう走り回っている。

    石を足で叩くと出るは出るは,大小関わらずテナガがのそりと現れた。
      手で取れそうなテナガ,釣る馬鹿らしさがここにはある。
      地元の人によると
は凄いと。特にテナガの目の輝きは驚異だと。柄の短なタモで幾らでも取れる。

   ウタウタイは昨年も造船所より多く混ざったが,
ウタウタイの繁殖は高くマハゼとの比率を引っ繰りす。
     京浜運河を経て高浜運河へ。子安は全滅するが,後はデキハゼの入れ掛かりとなる。

07,08,13, 快晴   第三小派川,ドックより
                                   大一大潮,満潮4:35,干潮11:17, 辻山,駒田,緒方,松村,



   常陸橋,左岸


   強い陽射しとなり常陸橋左岸坂下で竿をだすがアタリが急に落ちる。干潮まで全てが中途半端な状態となっていた。
     誘い疲れて型を見るパターンが続く。

   対岸に移り,元組合長の槙野氏と再会。
     竿を出す前に左岸,
橋下から高速道上流側,柱下の間を試みろと助言を受けた。それも騙されたと思い竿をだせと。

   間々アタリは増えるも川中央の砂地,竿9尺では目一杯の釣りとなる。アタリもノリ以外取れず。
     初鼻は今日最大級の黒い歯のあるハゼ16cmに出偶わした。槙野氏から周期的に増えるダボの
合いのこだと聞く。
     アタリはあるものの,それ程ペースは取れず。駒田氏と我慢の釣りをした。

     
釣り船
   槙野氏から船に誘われた。それも「乗れ!」の一言のみ。
     エンジンを停め竹竿で探る事50分,好意ある船釣りが始まった。

   ポイントは槙野氏が今朝,マゴチのエサの為50匹を釣ったと云う所。そこまでの流し釣りは今一だった。
     船頭の手前釣らればと気は焦るが浅いアタリが続いた。私は船頭との会話がメーンとなる。

   水深1m弱,袖7が大き過ぎるのか? 駒田氏は袖5で食い始めていた。ポイントに入り食いよくなる。
     場所は左岸
坂下から3本目の柱の間である。3年前に釣ったポイント,船頭はここで昼食リタイヤで降ろされた。
     奥よりヘチでアタリだす。澄んだ水を切り,幾らか白み掛かった綺麗なハゼが姿を現わした。ハゼ1束弱,

   ドックに戻る。先に戻った辻山,緒方両氏も食いだした模様。時間は干潮の底となる。
     一昨年も下潮で一時の
中断があったが,今回も食いが戻ったようだ。

   12時,陽射しが強くなり,辻山氏の体を考え納竿した。
     昔を想い参加した辻山氏。まだ釣りたい希望があるが,緒方氏は輪を掛けバテ気味に。
     ドック現場監督と元組合長の槙野氏には感謝に耐えない釣行となった。

                            ハゼ8〜16cm,平均10cm合計2束, 早揚がりでアオイソ4杯中1.5杯残,

07,09,16,  常陸橋坂場で釣人全員が午前中入れ掛かり。〜15時,橋上で良型食う。中一中潮満潮7:21,駒田氏,

07,09,30,  第三小派川,ドックより,
                                         中一中潮,満潮7:12,満潮00:43, 駒田,松村,


   常陸橋

     坂場
  7時,常陸橋左岸,高速道下で同竿をだす。アタリは薄い,疎らに10cm程のハゼが掛かるも,雨は時折激しさを増している。
    足元はコンクリートの坂場で雨天には最適の場所であるが肝心のハゼは食わず。
    カケアガリを探し冥一杯竿を振るうもまだ釣果は数える程である。

     元組合長,槙野氏から教わったポイント,
  橋上,屋根となっている高速道との境,カケアガリと言うより急に落ち込んだ川床を竿18尺で誘う。
    橋より水面まで5m弱,水深4mを仕掛け15尺,シモリ3,
金袖7×2,オモリ1のチョウチン釣りをする。誘える場所は狭い。

  ただポイントは正しかった。細かく2,3度誘うと川の流れに乗り手前に数cmずつ動く。
    そして停める間もなく引き込むアタリ。型は断然よく14cm,時にはそれを越す良型が掛かる。

  鋭いアタリはないが竿は弓なりを示し手元に重みを増した。間を空けず掛かりだすハゼ。
    手はかじかみだすもハゼは温かい。駒田氏を呼び,橋上の釣りとなる。
    坂場では同じ足立ナンバーの釣人が竿をだしているが数,型ともダントツな開きを示していた。

     対岸
  一つの山場を越し対岸橋上より再び探る。ここは漁船の駐留場でもあり,水深はやや浅く,緩やかなカケアガリになっている。
    一回り小さいがここでも食いだした。少し大きく誘い戻すと,誘いに乗ってくる。

  小さくとも13cm,時折良型と一荷もくる。エサは加える方法で垂れも長い。目立つよう誘うには2本針がよかった。
    右岸桟橋からは一荷に20cmを超すハゼもどきが掛かるも間が空きすぎ,10時中食とした。

  坂場に食いが立ち始めたと聞くも飽きる釣りとなる。10cmよくて12cmのハゼ。
    2週間前
16日は,ここで良型がよく掛かった。3時間で80と,来た者全員が入れ掛かりだったと。

  今年は1ケ月間伸びたハゼ釣り。最後のピークが16日。今回の釣行後,潮が変わると共にハゼは姿を消す。
    正午前に納竿,エサを捲くとハゼが寄ってくる。食い落ちるもまだまだハゼは居る。
    目の前で鵜がアナゴを呑み込みずらそうに頭を上げていた。それを狙うカモメ。又別の鵜がアナゴを獲った。

    帰路,汐入まで昔の釣場を探索,             ハゼ14〜10cm60,外道シマイサキ,ダボハゼ,ハゼもどき,

09,09,15,  第三小派川,ドックより常陸橋両岸,
                                 大一大潮,満潮4:30,干潮11:00, 辻山,駒田,岩久保,(星),松村,


   10時半第三小派川造船所より移動,各々竿13尺,オモリ0.4と1に替え左岸より探るも食いは疎らだった。
     浅場カケアガリ,岩陰,坂からの岩穴を誘うハゼ,橋上流へと各々が自分のペースで釣るが食いは極端に落ちる。
     時たま一回り小さな8〜9cmのハゼがでる。

   11時昼食後,対岸を検索,ハゼもどきのオンパレード。馬鹿でかいヒレハゼ,ウタウタイがでるがアタリは薄い。
     戻ると橋下,
坂上がり角で地元の人が長竿をだしていた。
     広いカケアガリで食いはよい。橋上から覗くとハゼの群が見える。ただ他のポイントは判らず。再び造船所へ。

以後釣行記録へ                                                                                    Top,





     エビス運河,入江川第二小派川


   第二小派川出合,右岸中外穀物倉庫。子安で最初に入川した場所である。
     岩壁には建設中の東京アクアライン用,警備艇が常時7,8隻停泊している。
     土,日曜は倉庫と共に休み,船上で釣る事もできる。乗船員は誰もが優しく上手く釣れと語る,

   釣人はまず居ない。居ても互い秘密の場所になっている。
     地元の人も居ず,子供は尚更いなかった。社有地で課長は少し煩いが。

   上流右岸は型良いも数でず,
     アクアラインの完成と共に警備艇の停泊もなくなり,ハゼは居なくなる。何度か出向くがアタリさえ乏しくなった。

91,10,10,

小雨

 第二小派川出合,右岸出合,中外倉庫,                                 篠沢,小野寺,松村,
                                子安中外倉庫,2間半竿借り,ヘチ水深4m,


    一日中,平均的に食う。
      ヘチ釣り,水深あるも,心地良い釣りを楽しむ。飽きる事なくアタリが続いた。

    アタリが途切れないのが,不思議に思える程
,釣れた。
      型は国際埠頭に比べると,見るかに小さいが群の濃さは抜群である。数釣りのメッカになりそうだ。


    2間半の竿,穂先より道糸が30cm出る,深場から釣り上げる心地は素晴らしい。
      アタリがもっと分かると竿を借りた2軒半,アタリは凄い。
竿を目一杯上げると手元にハゼが乗る。

    大潮,満潮は竿2間半でも穂先は潜るが,アタリは続いた。
      初めての釣りで束釣りを確信する。全ての指導は篠沢氏に委ねる。竿,仕掛け,エサと。

    昼頃,釣りしていて,目と鼻の先で土鳩が海に落ちた
      羽をバタつかせ溺れる。見るも無残で入れ食いの場所譲り,その場を離れた。

    今朝,妻がやな夢を見た。溺れる姿を私に移し,出掛けに気を付けるよう忠告を受けたばかりである。
      何の因縁か,帰宅して,福雄さんの義父,亡くなった事を知る。

                                    ポイントはヘチのみとなる。ハゼ90,ゴカイ,

  10,20,  初めて1人で子安へ,                                        7:00〜15:00,

     前回を見習い夜明けに出る。
       今まで木場,月島周辺のハゼ釣りが,1人子安へ,大遠征の気持を持っていた。
       竿も手に入れ,釣るぞと気合が入っていた。

   出合側,倉庫前ヘチを狙う。竿,カーボン硬調,清流2間半,ダイワ, 篠沢氏の薦めで購入する。
      アタリは明瞭で一気に竿を上げ,手元にハゼを獲る。
        先日と同じ,満潮で穂先が潜るも,アタリと手返しが心地良い。

      自分では手返し良いと思っている。リズムに乗り飽きる暇なく釣れた。
 
        釣人は居ず1人,面白い程釣れ,満足に満ち納竿した。

      帰り掛け篠沢親子に出会う。これから釣る仲間にハゼを分け帰宅した。
        満足の釣果と,ハゼを譲れるまでなった事が心地良い。
                                      
初めてのハゼ2束釣り,水箱に溢れる。青イソ,
  11,10,

雨後晴

 エビス運河側,


    第二小派川右岸,前回に比べヘチ,全くアタリが乏しい。初めて河口に釣り場を求めた。

      エビス運河側,ヘチを攻めるも全体的に食い渋る。

    今日のポイントはダルマ船周り,ヘチを攻め食いは間々良かった。
      数人の釣人を見るのみ,釣れぬと人も居ず寂しくもある。
                                            
ハゼ97,アイナメ中1,メバル1,

  11,23, 曇後晴  出合側,倉庫前と角                                                (小野寺),
                                                      6:30−15:00
,

    全体的に更に渋る。
岩壁より1m以内,更に悪く食いなし。メバル1,ハゼ0,
      岩壁より1m先がポイント,
岸より離れた。食いは13時まで。

    リールはエビス側,角,北東へ投げるのが良い。砂地が続き食い良く掛らみもない。
      投げれば釣れると思い,手間を考えサビキを思い付く。
    ハゼゆえ,底に付いていればと思い,ハリスの張りを考慮して先端にオモリを付けた。

      投げ竿仕掛け,先オモリ3,元10号,5本釣,必ず1匹は掛かる。
      底は砂地,絡みもなく,型は今までより一段と良い。アオイソメ,

     今回は大名弁当を持参,カレーと味噌汁が旨かった。    ハゼ51,メバル1,

  12,01,   上野氏の紹介で山下ヨットハーバーに寄るが,台船上ハゼの食いなし。子安へ,
                                                      6:30〜15:30,

    竿2間半でヘチを狙うがアイナメ5,ウミタナゴ1,ハゼは数匹の食い。
      ヘチでのハゼ釣りは終わった。
ポイントは沖合,5m前後となる。警備艇1隻分,沖へと。

    今回は
船竿を持参した。落とし込みでハゼ35, 竿,計3本,
       午後,食い悪いが
固定仕掛けが良かった。胴突き仕掛けで針5〜6本,先にオモリ6, 
                                  アオイソメ, ハゼ60,アイナメ大3,中2,海タナゴ中1,

  12,08, 曇一時雨   出合側,倉庫前,                                                 篠沢,松村,
                                                      7:00〜16:00,


   ハゼ相変わらず大小あり,暖冬で12℃, 
     浅目ヘチは相変わらずアイナメ3,反対にハゼ居ず。

   ハゼ,
運河中央より更に深場へ,手前6m前後までが良い。リール必要。
     アクアライン工事用,警備艇が,日曜日は常に5,6隻停泊している。その間を落とす。
      先週より1m前後遠のく,固定仕掛けも常に2,3匹掛かり良かった。

   数釣れるも船竿3本の効果,竿を揚げる忙しさがある。

    今日も1時頃まで平均的に釣れた。             青イソ,ハゼ170,アイナメ大2,中1,

91,12,29,   小潮, 暮れの仕事納めを終え,今年の納竿釣行へ。                           小野寺,松村,


   リール釣りのみになる,食いは良い。ヘチは全くアタリなし。
    仲間との釣行には,昼食は常にコンロを持参した。ラーメンが多い中,今回はうどんと熱燗を。
                                         ハゼ120,ウミタナゴ1,
  ハゼ,一年を振り返り思ふ,
    ハゼの束釣りを覚える。深みからの感触は,浅場とは叉違う引きを味わった。
      11月も終わりに近ずくと,ハゼが週毎に1mずつ船道へ移動するも驚異に思えた。

    リール竿は固定仕掛け以外,殆ど落とし込み釣り。
      引きの楽しさに惹かれ,10月より飽きる事なく子安に通った事となる。

92,01,04, 快晴   出合側,倉庫前, 快晴,大潮,7℃,                                        篠沢,松村,
                                                      7:00〜16:00,

   中外倉庫,ポイント分からず苦戦,リール船竿のみとなる。
     警備艇の間を縫うよう,ハゼを求め渡り歩く。川,中央,船道を探すがアタリは薄い。
     篠沢氏は前半に抜け,造船所裏,第三小派川へ。
                                          ハゼ80匹,殆ど子持ちハゼ,
92,01,15, 快晴   出合側,倉庫前,造船所,  快晴,大潮,7℃,                                   篠沢,松村,
                                                   若潮,7;00〜9:00,


    中外倉庫,ポイント分からず苦戦,ハゼ3匹,
      それも
倉庫の主,猫に狙われる。ポイントを探し警備艇上を探り歩いている間,

    岩壁に置いといた水箱は倒され,貴重なハゼ3匹を失う。猫と目があった。
      水箱を倒し,外れたふたからハゼを食わえ,目は鋭く睨まれる

    船竿で探るもアタリなく,
エビス第三小派川,港北造船所へ,初めて出向く。

92,01,19,   大潮, 中外倉庫,警備船一隻も居ず,アタリ0, 
    第三小派川へ

 
92,08,01, 快晴   第四小派川,帰路30分間, 食い悪く早々に退散した。上流側,ヒレ3,デキ1,ダボ2,
92,09,13,   大潮,満潮5:25,干潮11:40, 5:30〜11:30,                                    娘と,
    出田町埠頭のハゼ芳しくなく,中外倉庫に出向くが更に悪い。駄目骨で又戻る。

 92,10,10, 快晴   前日強雨で朝かなり濁る,                                        春日部親子,松村,
                         大潮,満潮4:02,干潮10;13, 5:30〜15:00,


    義兄が家庭でハゼを食べたいと,トモちゃんと泊り掛けで来た。明け方,東京を出る。

      今日は警備艇が多く停泊して折,長竿がロープに掛かり気味になる。

    長竿よりリールによるヘチ釣りが釣り易かった。食いは平均的に悪い。
      それでも
大きさは干潮時,昨年並。その大きさで釣りを楽しんだ。

    短いが,昼食のナベを挟み午前,午後15分の入れ掛かりあり。全てがヘチ釣りとなる。

                         満潮時はひと回り以上大きく17cm, ハゼ130, 青イソ,1,3/4杯,
92,11,01,
一時雷雨
  小潮,満潮9;50,干潮15:20, 
                                                      5:30〜15:00,

     入れ食いはないが,根気良く釣れば平均的に食う。
       船竿の数3本で竿分に数が出た。ハゼの型は昨年より一回り大きい。
     
  岸壁より5m先,船と船の間が良い。帰路,宝運河へ寄る。
                                     青イソ,
桜エビは無駄, ハセ2゙束,2.2k,

92,11,08, 曇後晴   大潮,干潮9:38,満潮15:30,
                                                5時40分,初竿,

     風強し,前日の台風の影響で警備艇が岸壁より,やや離れて注留していた。
       船に寄れず,
岸壁ハシゴ左右,1m前後を狙った。

     午前中,入れ食い短いが以外とコッコッ釣れた。
       午後,第三小派川へ                       ハゼ約1.6k,川沿いのみ,

92,12,13,   中潮,満潮7:47,干潮12:19,                                   6:15〜13:30, 
     釣れず,第三小派川へ。
 
93,10,10, 快晴   長潮,干潮5:52,満潮13:16,
                                                      5:30〜13:30,


     立ち込みと違い,ホームグランドの釣りは心が休まる。釣れねば思考する力はあった。
       ぽちぽち平均的に釣れるが型が小さい。
     岸壁ヘチ,船影下が大きく,
満潮前の入れ食いで一息ついた。
                             型小さくハゼ150前後,1.35k, 秋田キツネ7,オモリ2,青イソメ,

93,11,23, 快晴   第三小派川より, 長潮,満潮12:44,干潮 5:50, 
                                                     15:30〜16:30,

    上流,船着場,手前,1ヶ所で入れ食い.。中外倉庫上流,釣人居ず。
       日没30分前,もったいない程釣れた。水深3m強,


     入れ食いでリールから手竿に変える,矢張り手返しと引きの感覚が違う。
       水深があるも,竿は弓なりを示している。
型良く,ふた回り大きなハゼ60〜70匹,
                              第三小との合計, 外道はタナゴ,メゴチ,アジ, ハゼ2k弱,

93,12,05,   第三小派川より一度,中外倉庫へ。小潮満潮 9:19,干潮14:24, 
                                                     6:00出―16:00,

     先々週と同じポイント。警備艇2隻沖合いの先のみ。オモリ2〜3,鈎6,
       前回より,ひと回り大きいが,ウネリ出し,2匹で納竿,造船所へ戻る。

93,12,30, 快晴   第三小派川より, 又,本牧D埠頭へ,                                       (小野寺),
                                     
中潮満潮 6:32,干潮11:49, 

     中外倉庫,アタリなくハゼ0,
94,10,09,   中潮,満潮8:04, アタリなく食い弱い。シマイサキのみ,第三小派川へ。 5:40,初竿,
    先週の台風,地震の影響か,東伊豆でも海岸線は同じとの事。
      又,猛暑でカラスガイが全滅,大分魚浮く。

95,09,23,   (エビス第二対岸と三小派川,小型3束,篠沢氏)

99,11,23,   第三小派川より,                                                  駒田,松村,
    全くアタリなし。エビス本流側で型見るも,第二小派川では,アタリ0。

04,08,01, 快晴   第三小派川より,                                                  駒田,松村,
    入れ食い朝食後,9時半,中外倉庫に出向く。
     2間竿で冥一杯の水深,駒田氏ヘチを狙うもアタリなく早々退散した。初の入江川本流へ,

以後釣行記録へ                                                                               Top





     入江川第三小派川と,エビス運河どん詰り

    港北興行前,港興行
   河口左岸角,台船
    斜め対岸,ビルがケイシン倉庫


   エビス運河どん詰り,第三小派川出合,角に港北通商がある。メーンは港興行,許可を貰い造船所内,
     川の左岸半分を占め大きな台船の周りに,小船が何隻も修理を待っている。
     その修理中の船,台船間を縫いながら釣る。

   デキハゼは造船所,上流側が浅く産卵する。そして寒くなるにつれ,深場,下流出合沿いに進む。
     エサはカラス貝,船底に付いた貝が海底を一面に被っている。

   京浜ドック側では工員は昼休み,良くススキを杓っていた。
     エビス本流側の台船下,常に大きなタモが置かれ,2人1組でススキを追い,杓っている。ハゼのポイントでもある。
     所員とも竿を忘れれば預かってくれる仲になった。

   2001年以降は造船所の作業行程が変り,第三小派川では船底の掃除をしなくなる
     それ故台船中央はポイントを絞れなくなった。ハゼが居れば水深あり型も良いが,エサの貝を失う。
     造船所本流北ドックはダボのみで,釣り場は西ドック周辺のみとなる。

   これが機なのか,数年の水温上昇の為なのか,沖ハゼ,ウタウタイ,ハゼもどき等,別種のハゼが認められ繁殖し始める。
     05年07月下旬,一時とはあれマハゼとハゼもどき等の繁殖が逆転した。

   06年〜07年,釣行回数は減るもマハゼが主を占める。これで落ち着けば幸いであるが。
     町会の釣り仲間が参加,短竿で楽しむ顔が素晴らしい。

   08年,マハゼの変化か? ハゼもどきより魚肌は柔らかく,釣っている間は判らないが微妙な硬さをもっている。
     今年は2度木更津に出向き3.6kのハゼと触れ,その違いが比べればよく判る。

92,01,15, 快晴   第三小派川出合,港北通商側, 若潮,9:30〜17:00,中外倉庫から,                   篠沢,松村,


    修理中の船の間を縫い釣る。ポイント多いがダボとハゼ半々,
     竿2間半,水深はあるが船の間を釣る為,竿が長く釣りずらい。篠沢氏は
竹竿9尺,

   食い悪く粘るも,昼食は宴会になった。2時間を費やす。
     何時もは1時間程の食事が宴になる。造船所の課長から釣りをしろと怒鳴られた。

    この造船所で一番うるさい人である。今日は良く喋っている。
     最後に,戦時中はダボを食べたと,持って帰れと繰り返す。   

     10月からが盛期との事,ヘチ竿が良さそうだ。竿,釣華4.5m破損,
                                  納竿直前食い出した。昼食2時間,ハゼ60,

92,01,19, 快晴   中外倉庫から,第三小派川へ, 大潮,                                    篠沢,松村,


    ポイント見付けるも1ヶ所のみ。
西側境,中央台船と上流台船の間,船道より,
      手前はダボ7割,菱光北岸,ダルマ船も偵察する。

    午前中に納竿,手探りでハゼ33
,アオイソ1/2杯,


第二小派川のハゼシーズンが終わると,
  ここ第三小派川が舞台となる。


台船下,船底の貝がビッシリ落ちている。
  水深はある。竿2間半がギリギリ届く。

だが,造船所は使いずらい,船竿に頼る事となる。
  持っているなら9尺竹竿が良い。

ここは雨にならない以上,日曜でも作業は続く。
  釣りをさせてもらうポイントは謙虚に居る事。

国際埠頭より小型だが,ハゼは居る。
  10〜12月がシーズンとなる。
   図は対岸から. 台船は中央本体を除き時と共に移動する。

92,02,08, 快晴   小潮,1013mb,                                                    篠沢,松村,
                                                      6:50〜12:30,

   全くアタリがない
,アタリは5回のみ全てを取れた。
      造船所でハゼ3匹,東壁ダルマ船では2匹を取る。今回で今年のハゼシーズンを終了した。
                                                ハゼ5匹,ゴカイ1/3杯,

92,11,08, 曇後晴   午後,第二小派川より, 大潮,干潮9:38,満潮15:30,                               (杉田),
                                                      16時半,納竿,


   午後,造船所移動と共に入れ食い,ダボ1匹もなし。 青イソ,
     
台船への橋を渡り,向いの台船窪地,コ型の船縁を釣る。
     杉田氏と再び出会い4時まで粘った。小さな両軸を頂いた。
                                      やや型良く, ハゼ2.15k,ウミタナゴ小2,
92,11,15,   中潮,満潮8:46,干潮13:34,                                          杉田,松村,
                                                     5:45〜15:40, 

   造船所,   朝より全体的に釣れず,ポイントを探し丁寧に拾い上げるしかなかった。リール4本,
               先週の直ぐ
右奥下流へ20m程下がり船道,
   対岸,右岸, 9時過ぎ,全く食いなし。ハゼ6匹中,ダボ4,


   
ケイビン配送センター,

       ケイビンセンター, 門には守衛が居る。入るにはチョッキを脱ぎ普段の服装で目を会わさず通る。
         ここで頂いた工事用ヘルメットを被り,悪知恵をも頂いた。
         社員に聞くも釣る人は見た事がないと。時期さえ合えば入れ食いをする。


       入れ食いあり,平均的に釣る。食い落ちれば少し飛ばす,すると必ず掛かってきた。
         昼食前,
一時入れ掛かりあり。炊事と釣りが忙しくなる。

       コンロを見ながら,竿を出せば快い引きが伝わってきた。
         対岸,造船所とは違い水深は浅く,ハゼの型は良い。それ故,引きも良くなる。
         竿を出し,コンロに目を向けると,手元にアタリが伝わってくる。2間半,



   
午後,出田町埠頭東岸ダルマ船,菱光倉庫へ,
                                    青イソ, アナゴ特大3,タナゴ1,ハゼ2.2k,
   第三小派川出合,手前が岩壁,左,エビス運河詰り,
    11月8日と15日のポイント
92,11,29, 雨後曇   中潮,満潮8:30,干潮13:23,                                          篠沢,松村,
                                          7:00〜16:30,昼2時間宴会,

   前日,昼からの雨止まず。朝より2時間程,時折激しく降る。
     前回より更に食い悪く,特に造船所より左,対岸,ダルマ船は竿を出すに忍びず。
     根気よく歩き回り釣る以外なかった。

   昨年と違い,午前中釣った同じ場所では釣れず,ポイントを見付ける事が釣果の境となった。
     
前回の右奥から下流,船道寄りエビスよりクレーン前,穴開き台船付近,
                                       ゴカイと青イソ, ハゼ1.81k,ワタリガニ2, 

92,12,13,   第二小派川より,ダルマ船へも, 中潮,満潮7:47,干潮12:19,  
                                                      6:15〜13:30,

    更に食い悪く,同じ場所に戻り2度目のポイントとなる。
      全体的にはアタリ薄し。    
             根気で第二含めハゼ2.15k,

92,12,20,   最後に菱光倉庫,ダルマ船へ,   中潮,干潮7:34,満潮13:14,
                                                      6:30〜13:30,

    エビス運河より穴開け台船,食い悪過ぎた。

    ケイビン倉庫, 角がポイントだが,他は更に釣れず,
               ポイントに戻るもアタリ薄し,型は良くなる。 ハゼ1.6k,青イソ,



右,第三小派出合,造船所角にあたる。

中央がエビス運河,
左図,赤丸2点が,第三小派川と運河角,
左図,ダルマ船は出田町埠頭,
  北東岸壁にあたる。




大きい赤丸は29日のポイント

   上図, ケイシン倉庫はもっと左上となる。29〜20日のポイント,
93,11,23, 快晴   長潮満潮12:44,干潮 5:50, 
                                                6:20宅出115:30,納竿,

    食い悪く,
東岸を平均的に釣る。南岸より,ひと回り小さいが数が伸びた。
      特に
東岸北ヘチが良い。

    小派川本流よりは,何故か釣人が異常な程に多い。
      末端岸壁ヘチは岸辺に沸くようにダボが居る。
      後は第二小派川へ,                    第二小派川,含めてハゼ2k弱,

93,12,05,   小潮満潮9:19,干潮14:24,日ノ出6:24, 
                                                  6:00出―16:00納竿,

    東岸釣れず,ポイントは南岸上流に1ケ所もみ,ハゼ固まり,型も良かった。
      ただ,造船所内は,あまりにも釣人多く,釣堀のよう思ふ。ポイントあるも竿入らず。
      私有地に
会入りトラブル多し。浅場は全て釣りならず。10時,食い止まる,

    人多く,一度,第二小派川で釣り,午後戻る。
      初竿した造船所,境, 朝の釣り場,右奥,船道で釣る。

    南岸上流,ケイシン角はハゼ固まり,型も良い。
      
本流寄りが良く,夕方は上流寄りに出で,型,先々週より一回り大きくなった。コツコツ釣るのみ,
      後は,釣人の入らぬ場所と少し本流寄り,上流寄りでアタる。 青イソ,
                                               ハゼ220, 2k強,ワタリガニ2,


   ポイントはバラバラだが台船の中,
    この図の上に船道がある。

93,12,30, 快晴   水澄む,中潮,満潮 6:32,干潮11:49,  


   日の出より2時間,
クレーン台,右,台船上流側で釣る。
     下げ潮が良く利き,1人満足に満ちた時を楽しむ。ハゼ17cm60,

   型は揃い,前回のような釣り堀の空々しさはない。
     何時もの状態に戻った。私も釣人であるが,今日は言葉少ない工員が,話し掛けてくる。

   食いが止まり,右岸に移るが同じ事だった。対岸,0匹,ケイビン,3匹,

      第二小派川へ,そして本牧D埠頭へ。
94,10,09,   中外倉庫より, 後,新山下運河,ヨット,新山下埠頭船,本牧D埠頭,ダルマ船,日ノ出埠頭に廻る。
                                                       9:40,納竿,
   アタリなく食い弱い。
シマイサキのみで新山下運河へ。中潮,満潮8:04,
      先週の台風,地震の影響か,東伊豆でも海岸線は同じとの事。
     又,猛暑でカラスガイが全滅,大分魚浮く。

94,12,11, 曇後雨  小潮,干潮3:33,満潮11:22, 
                                                      6:30〜9:30,

   最後の運を試し子安に出向くが,ハゼの釣果は前回と同じ悪い事この上もない。
     来シーズンに期待する以外なかった。

   カーボン竿9尺オモリ3アタリ分からず2で通す。
ノリのようなアタリ,2度逃す。
    引き込み弱いが,型は例年よりふた回り大きい。ただ年毎に釣れなくなる。ジャリメ,
                               ハゼ3(22〜23cm),ダボ2,海タナゴ1, アタリ逃がし2度,

95,09,23,   (エビス第二対岸と三小派川,小型3束,篠沢氏)

10,15,   (アタリ弱いが数出る。篠沢氏)
56,11,17,   若波釣友会会員に紹介,(ハゼ120〜150,干場,馬場,折原,各氏)

97,07,20,   (昼3時間上潮3束,折原氏),下図,赤印がポイント,

97,07,27,   やや風があり,雨雲が時折通る。お陰で気温のわり涼しく感じられた。               折原,沢田,松村,


                               小潮,干潮4:15,満潮10:35, 4;00出―12:00,納竿,


    26日,夜半台風8が横断, 真水が入ったせいか朝方デキハゼうわずく。
       ハゼ食い悪くポイント限られていた。橋を渡り西側,奥のカケ上がりが良かった。
    デキハゼ,東京よりひと回り大きい。竿9尺カーボン,オモリ1,

      ハゼ釣5私,サヨリ釣5沢田氏,
ヤマメ5折原氏,(掛かり良いが,軸が弱いのが難点),

                         ヒレハゼ15cm18,デキハゼ8cm,170, 1.6k,
7cm以下は放流,

   左岸を被う台船と最近のポイント,メモ

97,08,10,   (子安第三, ハゼ80前後ヒレ形見ず。折原氏,)

97,10,26, 曇後晴   長潮,干潮7:31,満潮14:29,                                       折原,横山,松村,
                                                6:30〜13:00,

    釣人居ず
アタリなし,水暖かい。出田町より港湾水路,ハゼ3,本牧漁協に廻るがアタリなし。
    帰路,再び挑戦するもハゼ1匹のみ。

                                9尺竹竿,オモリ中1,ハゼ蛍光6,金袖5,アオイソ,

99,10,24, 快晴   明け方肌寒かったが小春日和となる。                                     駒田,松村,
                                大潮,満潮4:19,干潮10:29,  5:15出−14:20宅,


    6時,西側,数年前のカケアガリで初竿する,水深3m,
          
ビックリする程の大型,誘うと良く食う。あっと云う間に水箱の底が見えなくなった。
    08時〜
中央,やや型小さくなるが,大型混じる,引きが快い。
    10時〜沖合,アタリ乏しくなり,浅場の船底を這うように動かすと間々アタリあり。
          流れ強くなり,オモリ1を3に変えるも流れ止まらず。
    11時〜岸寄り,アタリ乏しい,浅場の船底を這うように動かすと間々アタリあり。
         エビス運河寄り,本流寄りはアタリなし,9尺,リール不向き,
    12時  納竿,
             金袖6,秋田キツネ6,
ハヤガケ6×2本釣, 
      帰路,第二マツダ研究所回り宝運河へ                       ハゼ2人,12cm上3k強,

99,10,31, 高曇   小潮一小潮,満潮10:33,水位115,                               駒田,松村,(折原,沢田),
                                               4:40−14:00宅


    アタリが遠く探し回る事,1時間,
中央,先週よりやや本流より,良いポイントを見付ける。
     
 今日の穴場,型良く14cmハセ入れ食いになる。ここは型もよく,引きが良い。1荷,1荷が続いた。

    幅50cm,小型船1隻分の狭い場所である。
      9尺竿では勿体無い。
入れ食いが続き竿,2間半で少し下がれば穂先が少し出て釣り易い。

    駒田氏を呼び2人で1束近くを釣リ上げる。折原氏も集まった。
      他は食い悪く宝運河へ,                               宝運河含め,
ハゼ3k,

99,11,07, 霧雨後曇   大潮,満潮4:34,干潮10:20,                                           駒田,松村,
                                                    4:50−15:10宅,


    5:20,真暗な中,エレキを頼りに釣る。アタリないに等しい。
      誘い誘いの我慢の釣りが続く。本流よりカケアガリで10匹程釣れた。ハヤガケ7,良くスッポ抜ける。

    京浜ドック
   エビス運河本流,良型が続いた

  エビス運河本流
   10:20,潮止りアタリなく,エビス本流台船,中央,入れ食いになる。
      何故,ここだけ釣れるのか分からない。心地良い引きを味わった。

   11:20,食い止まり.1度戻るがアタリなし。

   13:30,竹竿9尺,水深4.5m, ハゼ32匹,
      
駒田氏を呼び,エビス本流台船,小さな穴に投げ込むと,底に着くか否かでアタリが出る。
      
型良く15m級が。スーパーキス7は,ハゼ10〜20cmを釣り上げ,スッポ抜けた。袖7に変える。
      台船,真下の穴釣り,小さなポイントに群がる大型ハゼ,ここを開拓し初めて見る大型の群れである。

   
14:00,竿2間半,台船脇下を狙い,またもや入れ食いとなる。
      型はやや劣るが,申し分ない大きさである。竿が弓なりとなり,落せば引き込まれる。
      予定を30分延ばして納竿した。                      
15cm級まとまりハゼ115,

99,11,23,   第三小派川,全くくアタリなし,                                            駒田,松村,


     運河側,角, 船上より本流狙うも数でず。3間,
     本流側,船道で型,まとまるがアタリ乏しい。竹竿,9尺,ハヤガケ7,新ハゼ7,  2人でハゼ23,
  第二小派川へ, アタリ0,

00,11,12, 曇後晴   恵比寿橋より,明け方早々に引き上げる。
                                   大潮,満潮 5:13,干潮11:05, 6:00〜13:30,


   台船の下,ヒレハゼうようよ居るが

   干潮時,ハゼ12〜14cmが岸壁より見えるも食いがない。
     置竿で40分に1匹の割りで釣れる。釣りにならず。

   台船から覗くヒレハゼの顔。誘えば逃げ,置き竿にすればエサを乗り越える。
     他は4人のグループのみ,竿を並べ1人が見守っているが,日向ぼっこをしているようだ。
     1匹が釣れた。はしゃいで皆を呼び寄せている。

   本流寄り,昨年と全く同じ潮だが,ポイントとはならず。アタルもダボ多くハゼ居ず, 
     竹竿9尺,鈎,袖6,アオイソ,オモリ1,湊みらいで妻を迎え帰宅した。
                                       ハゼ15cm5,彼等に譲る。

01,08,12, 曇一時晴   第四小派川(朝方,以外と大型食う)より,                                    駒田,松村,
                                   小潮一小潮,満潮9:53, 5:00出〜15:40宅,

    港興行
,上流側台船上,
   第三小派川,西ドック

  
西ドック
    8時半,出田町よりひと回り小さいが1時間入れ食い。
      竹竿9尺で釣るが2間が良い。少し誘うと必ずアタる。型も良い。
      真上より真下斜めに水深40〜50cmを釣る。満潮まで10cm前後,15cmを釣る。1.6束,

    昼食を外で取り場所取られた。食いはまだ良い,目の前で馬鹿みたいに釣り上げている。
      その2m先,浅場カケアガリで型良く入れ食いとなる。
      ただ,この2ケ所以外ポイントなく後半我慢の釣りをした。14:40納竿,計2.2束,

    今回は,マハゼ以外に
オキハゼが,初めて良く掛かる。
      型良く歯があり茶褐色の縞がある。温暖化に寄るらしい。
      又,型が中の上で
黒い斑点を持つダボに近いハゼ,ウタウタイが5,6匹釣れた
メジナも。

    今回より造船所の作業行程が変り,第三小派川では船底の掃除をしなくなる。
      運河寄りドックに上げ,貝を削り取るとの事,故年毎にハゼ釣りが難しくなりそうだ。

01,11,04, 小雨後晴   濁り,前日,久し振りの長雨,                                            駒田,松村,
                                   中潮一中潮,満潮6:50,干潮12:29,


   5;40,台船より下流側カケ上がりポツリポツリのアタリ。ハゼ15cm,
     潮止まりから下げ,岸より浅場が良い食いをした。アタリ弱いがモタレが良く分かる。
     ただモタレ以外,ハゼ取れず。難しい釣りとなる。 1荷一度
,メジナ掛かる。ハゼ25,

   9:00,エビス本流の浅場ダボハゼ入れ食い。
     
デキハゼのカケアガリ8月,そして今回も同じ場所のみ,シーズン通し同じ場所となる。
     後,山下湾港水路,根岸,中村川,墨田川へと回る。

02,07,21, 快晴   木更津,地蔵掘へ行く予定を変更する。                                     駒田,松村,
    日鉄前,狙ったポイントに我が会のメンバーが入ると電話あり。

                 快晴,無風,34℃,若一中潮,干潮8:45,間で第四小派川へ,4:30〜11:30,

   
前半,造船所最奥ヘチ,昨年の好ポイント,ドックで釣る。
        初竿,食い悪いが餌に集まりだし,干潮2時間前まで間々のアタリが続いた。 
       型はやや良く10cm前後,飴色で江戸ハゼの雰囲気を味わう。
        9〜12cm,ハゼの半分は卵をまだ持っている。

      
年からの沖ハゼとダボハゼのようなウタウタイが混ざる。
        ゴカイの垂らしは,多目に1cm以上にしないとアタリなし。乗りが楽しめる。ただツンツンが取れず。
        前半の釣り場,台船上はビルの陰に入り,居心地は最高。

   干潮時を狙い出田町へ,試釣する。

   後半,潮上げ出して1時間,食い悪く前半の勢いはない。
        納竿前,食い出すも,あくまで目立った餌のみ。
ゴカイ半分をダブルに掛け,誘うと付いてくる

       ハゼは居る。餌に集まるが食い気がなかった。
        満潮を前後に挟めば,共に良い釣果になると思われる。 
        この場所は釣場の逃げ場がない事が難点かも?         ゴカイ2人で3杯, ハゼ1.3束,

02,10,20, 小雨   水澄む,大一大潮,満潮4:18,干潮10:30,                                    駒田,松村,
                                                     6:20〜14:00,

   朝方6:20,ぽつりぽつりの釣り。乗りの釣りとなる。型小さく数出ぬが,途切れなく釣れた。
     
ヘチのカケアガリ浅いが一時食う。ハゼ10〜13cm前後,9尺竹竿,オモリ1,

   9:00,
沖合い船道,型良くペースあがる。ハゼ最高19cm,
     竹竿と異なり,2間半,乗り分からぬが,心地よい引き味を楽しむ。水深4m,13cm前後,オキハゼも,
     潮止まりを越え意外な釣りを楽しむ。竿は良くしなり引いた。

   上げに入り昼食,午後の釣りになるが,纏まらず。
 14時納竿,14時50分帰宅,
         2間半,オモリ1.5,細袖6,袖7,ハゼ8×2本針,
          絡み場所は,袖8×1本針,アオイソ,太目が良い。         ハゼ90, 
    
02,12,31, 快晴   新山下貯木場からの帰路,                                            駒田,松村,
                                        中一中潮,満潮3:44,干潮8:44, 

    竿出すもアタリなし。潮澄み,3mの底が見えるもハゼ居ず。4m水路狙うもアタリ0,
      30分程で今年のハゼ納竿とする。11:20,
 
04,08,01, 曇後快晴  子安,入江川周辺, 大一大潮,満潮4:25,干潮11:28,                             駒田,松村,

                                  大一大潮,満潮4:25,干潮11:28, 4:30〜9:00,
 
    西ドック
   4時半,快い風を受け西ドックで竿を出す。袖5×2でエサのアオイソを大きめに刺し,浅場のドック口を狙う。
     満潮で潮止まるも朝のマズメで食いは良い。アタリと共に
強烈な引きがある。
     そばに竿を並べられぬ程,ハゼは走り手元に伝わってくる。ハゼが落ちれば針を替え,1本鈎で釣れ続けた。

   6時までが1つの山場,型よく
煙草を吸う暇さえなかった。水箱,半分のハゼをクーラーに収める。
     明け方,所員から台船下に潜ったところ,ハゼがビッシリ付いていると伝えてくれた。
                                                     ハゼ10〜12cm,2束,
   漁船の波に呑まれ,ハゼは1m沖合へ。食い落ち付くも1度,2度の誘いでアタリが取れた。
     型やや小さくなるが食いは続く。これが一般的な入れ掛かりだろう。ここは建物が陰を造っている。

   引き潮に合わせ長靴で立ち込み,高さのないハゼの引きを味わった。
     水箱3/4,ハゼが暫し飛び出し,外道にダボに似たウタウタイも,       
                       竹竿9尺,袖5,オモリ0.5,中通し0.3, ハゼ9〜11cm,1.5束,ヒレ18cm3,



   飴色のハゼ,3.5束

   今年の台船は川中央まで伸びている。その外には修理船もあり,秋には広く探れそうである。

   朝食後,第二小派川へ,以外に今年も釣れず。造船所,本流よりも台船が丸っきり違い,ポイントを失う。

     入江川本流
へ入り込む。ハゼ1.5束,

04,08,14,   (子安第三, 大潮,1日と同じコース,久郷,沢田,幡谷,藤本,清水,折原,各3〜5束,他会にも紹介された。)

04,08,15, 雨,薄濁り,
                          大一大潮,満潮4:02,干潮10:48,干場,野沢,駒田,栗原,松村, 4:30〜9:45,


   熱帯夜40日と観測史上最長を記録する。太平洋高気圧が退き前線が横断,今日で晴天は途切れた。
     久振りの本降りの雨,気温は19℃まで下がり肌寒くなる。

   前回の入れ食いを思い釣行した。
     子安の狭いポイント,先日の大釣りは,あっと云う間に仲間に伝わった。

   大事にしていた場所を仲間が先導し,そして今回の釣行前日に入られる。
     ポイントは1ケ所のみ。その狭い場所で各々が2〜3.5束釣った。


   潮の引いたドックと鉄橋,貨物線


   初竿と共に雨が降り始め肌寒い。西側ドック下を囲むよう釣るが,食い悪くアタリも薄かった。
     潮が利き始め型,食い共に良くなるが,圧巻する入れ掛かりはない。
     びっしり居たハゼも見渡す限り落ち気味,潮が一度廻らないと駄目のようだ。それでも食いは続いた。

   前日裸でクーラーに浴びた為,夜半,熱にうなされ,氷枕を使い,朝を待った。熱は平常に戻るも体は重かった。
     8時半,釣れるものの腰の痛さに耐えられず40分間休憩する。雨足は早くなる。

   干潮で
貨物線,鉄橋下で釣るが,川底貝がびっしり付くも,アタリ少なく食いも悪い。
     それより
干潮時のドックのヘチ,波打ち際のカケアガリで食う。2,3度軽くエサを踊らせると,勢いよくハゼが乗った。


   軽い入れ食いとなり,10時まではと頑張るが,腰が痛みだす。
     
昨夜の発熱の後遺症であろう。諦め仲間が納竿するまで,雨が降る中,1時間半,車に居座った。

   栗原氏以外,この場所は全員が,地形,ポイントを知っている。先への検索する事なく全員納竿した。
     その夜,私は節々が痛み回復した。

   第三小派川に初めて入って14年となる。当時,釣りはハゼのみ,毎週のよう通った場所である。
     他会にも知らされた。この秘密の場所も今回で崩れるだろう。

     竹竿9尺,オモリ通し0.5,(6cm),袖6,ハリス7cm,アオイソ1/2,            
                                      ハゼ9〜12cm,ヒレハゼ19cm,1.5k,2束弱,

04,09,05,  子安第三,全く釣りとならず,型見るのみ。折原,宮腰,栗原, 前日,東京は台風18の影響で前線が刺激された。
   そして朝より雨,午後は強くなり,夕方からは雷雨を伴う豪雨となった。浅場は全滅する。第二派川へ)

09,19,  中一中潮,満潮7:51,干潮13:20, 5;00〜,
                                                              駒田,松村,

   水澄み,風は昨日より南西の風強く,竿が見難くあおられる。風を避けドック内で竿出すもアタリ0.
     造船所を探るもアタリを得られず,中央寄りで11cm1匹のみだった。竹9尺竿,オモリ1,袖6,アオイソ,
     入江川本流,
常盤橋へ,

   10時半,引き潮が完全に利き,造船所ドックに下見に戻るが,ダボ1匹のみ。
     これでハゼのシーズン終わるとは考えられぬが。早々に入江川,槇野氏の船に移動する。
     岸辺のカケアガリで型良く食いだした。
04,10,17,   (浅場以外ハゼ釣れず,数も出ず, 干場氏)

05,07,24,
一時小雨
                                                              駒田,松村,


    昨夜午後5時,千葉北西部で強い地震があり,足立で震度5強,横浜でも5で余震が続いている。
      東京では13年振り,そのせいか潮も濁り淀む,好期の割にマハゼの食いは悪かった。
      子安まで出向きデキハゼを釣る事となる。

                                  中一中潮,満潮6:12,干潮13:08, 4:30〜8:30,
  子安,第三小派川,
造船所,
    4:30,西ドック周辺を釣る。薄濁り,水深2〜2.4m,アタリ乏しく食い悪い。時々ハゼもどきが掛かる。
      甲羅気味の硬めの皮に幾らか斑のあるハゼ,型は良く太め10〜13cm,引きは弱い。
      釣れぬ中,7割を占め,下げを期待し一時,第二派川へ,

    ドックは台船造船中,鉄錆を叩き落としている。大きな胴体と鉄板を叩く音,凄いコダマを轟かしていた。
      9尺竹竿,道糸1,中通オモリ05,袖5,

  再び造船所
    下潮の利きを期待するも食いは回復しなかった。久振り造船所全体を探ったが,アタリはないに等しい。
      潮が利き西ドック横,水深60cm,台船側で食いだした。
      入れ掛かりとはならぬが袖4に換え,7cmのデキハゼが掛かる,大型はでず。ハゼ20,ダボ1,

    
珍しく船腹を擦り道糸にアサリが掛かる。つぶしてエサにすると間を入れずハゼが食い付いた。だが後が続かず。
      水中で大きさが分からぬが50cm程の
マゴチが現れた。悠然動くマゴチにハゼが1匹,離れて行く。

   今回,子安のメーンはハゼ,
ウタウタイ10〜13cmが始終した。毎年何匹かは見るハゼである。
     01年に初竿したハゼが凄い勢いで増えていた。
マハゼを超した。

   これで終わりとは思えぬが,異常な状態である事は確かである。
     マハゼの釣果は今だデキハゼ30匹程, 再び入江川本流から
高浜運河へ。

 (その後野沢氏2度子安に出向くが,ハゼもどきにで釣りとならず。干場氏参加せず。)

06,08,14, 晴,水濁る  終中潮,満潮8:00,干潮14:01, 6:00〜11:00,
                                                        岩久保,緒方肇,松村,

     町会,衛生部会合時,ハゼ釣りを頼まれ今年も子安に出向く。
       今回は岩久保氏と緒方君の子供,肇君が同行した。

    台船西側
   良型が釣れた肇君の笑い顔

   6時初竿,9尺竹竿,中オモリ0.5,金袖7〜
8
×2, 台船への渡り橋下,上流側カケアガリ,
     ハゼ型よく9〜12cm,間々の釣り,飽きずに掛かる。モタレの合わせは今一,
     ハゼが引き込んでから,少し間を空けての取り込みでノリはよかった。

   走るハゼに岩久保氏は驚き悦びで満ちていた。竿9尺と水箱を貸し,そこに埋まるハゼ。
     初めての良型と数で,満足感に浸り竿をでしている。

   潮が更に満だし渡り橋下でも食いだした。
     ただ道糸をピーンと張っていないと踊るハゼは根掛かりを起こす。浅場がポイントとなった。

   又時折掛かるウタウタイは大型16cmだが,引きより重い重量感のみが竿に伝わった。
     小さくともセイゴは引きがよい。ダボは一発で掛かる。ハゼもどきは同じ引きを示していた。ハゼ50,



    港興行ドック
   下げの利いたドック

   潮止まり,岩久保氏の強い要望で30分程で西ドックに立ち込む。8時半,まだ下げ潮が利かぬも,前半より食いだした。
     走るハゼは一昨年と同じ,竿を弓なりにさせている。型は更によく12〜14cm,2人を呼び3人で立ち込んだ。

   今回はサンダル用靴を買い込んだ。
     長靴と違い心地よく,短パンの下には腰用サポーターも付けシャリっとしたスタイルで竿を出している。
     ただ刺し傷は小さいがブヨは以外と多い。

   ドックでは工員達が船底の貝殻を取り除いた後の,ペンキ塗り作業をしていた。
     1時間で70リッター消耗する船の燃料は2ノットの差が石油の大幅な値上げに伴い大きな差を生むと。
     2年を待たずに同じ船がドックに入った。

   昨日の釣人は下手か? 釣果が悪かったと云う。
     今年は台風もなく久し振り青潮の被害もない。ハゼは居るはずだと。確かにハゼは居る。

   ただ入れ掛かりも少し誘ってのアタリ。間を空けずに釣れるが誘いは必要だった。
     
モタレの釣りは悪い。まず食わなかった。少し誘い戻せば一発で掛かる。
     それでいて,ダレたアオイソが針にダンゴで絡んでも食い続けた。

   水際に立ち,手前のハゼを釣る。下げ潮に合わせ一歩ずつ前進すれば,引きのよいハゼが顔を出す。
     テンポよい釣りに水箱にふたをせねば,ハゼを加えても飛び跳ね逃げて行く。
     11時,エサなくなり納竿した。3/4杯使用, 港興行が倉庫と空地を賃貸した為,
を失う。

   今回は殆どがマハゼか? それも平均12cmとなるが,
ハゼもどきとの判断が分からないハゼも多い。
                                                      ハゼ10〜14cm,1.8束,

06,10,09, 子安,ハゼ居ず。野沢氏,

07,08,13,                                      大一大潮,満潮4:35,干潮11:17, 辻山,駒田,緒方,松村,


    第三小派川,西ドック,
   釣り用に揚げて頂いた曳き船


   5時前,夜明けの朧な大気も霞み,久し振りの雲天に聡明な明かるみが造船所ドックに現れた。
     蒸す暑さもなく心地よい朝を迎える。

   年毎に造船所の台船は少なくなり第三小派川では1/3。台船は昔の半分も占めていなかった。
     エビス本流沿いは尚更少ない。その変わり大型船が何隻も横ずけされている。

   満潮の下げ,まだ利き始めだがドックより初竿する。竹竿9尺,鳥ウキ3,金袖7×2,オモリ0.5,アオイソメ。
     波打ち際に立っての釣り。食いは潮の割りに浅く,寄り付く程のアタリはない。前日は食いが悪かったとの事。
     その言葉を聴けば間々の釣りとなっている。誘って誘っての釣りであるが食いはあった。

   11cm前後のハゼが顔をだす。型は時期的には侭の型である。艶があり飴色の美味そうなハゼ。
     今回はドックに修理船は入っていなかった。広い空地に蚊が多い。半ズボンでは立ち込む以外なかった。
     そして浅場での引き釣りを想い,針,エサを共に大きめにし,引き味を楽しんだ。


   今年は浮き藻も多い。カラス貝の中を引くと藻と貝殻の絡んだ掛かりが目に付く,時間のロスも多い。
     何時もの砂地,
レールのカケアガリ付近がポイントとなる。

   ドックの主が釣りに邪魔なクレーンを動かし,船を曳いてきた。立ち込まず船から釣れと。何と心温まる行為ではあるまいか。
     ただ時間が経つも入れ掛かりは少なかった。よく見るとハゼは居る。ただ食わぬハゼ。
   背ビレや腹と邪道で掛かるハゼは多い。丹念な誘い釣りで9時までに1束強。

     型は云う事ないがヒレハゼは1匹も掛からず。外道はダボハゼのみ。それでいてダボは例年になく少ない。

   
台船橋下もポイント。ロープの絡みさえ気を付ければ食いはよかった。一回り大きなハゼが居る。
     小休止後,波打ち際になった貝殻帯を嫌い,完全に引くまで第二派川本流へ出向いた。

07,09,16,  午前中3時間で良型30〜70匹,中一中潮,満潮7:21,緒方,岩久保氏,

07,09,30, 雨,澄む,                                            中一中潮,満潮7:12,満潮00:43, 駒田,松村,


    釣行にあたり,
  私の発想ではもう5,6年以上前より子安のハゼ釣りは変わっていた。
    昔はまだ今の時期第二小派川で大釣りをし,第三小派川は11月に入ってから始まるハゼ釣りであった。
    この数年,第二のハゼは全滅で,第三でも産卵,繁殖はあるものの9月には落ち込む状態であった。

  今年珍しく7月に連れ立った仲間が9月に入り,2人で良型1束の釣果を得た。その驚きと吉報に今,酔っている。
    今年は関東でも異常気象を更新し猛暑に襲われている。9月28日,31℃を越した。

  29日には前線が漸く南下,東京は急激に気温が下がり秋型になる。
    昔は10月から初めて第三でのハゼ釣り,その記憶を想い,終わり前の中潮,潮が大きく変わる前に釣行を試みる。
    駒田氏と2人で釣行しようと。


  予報は外れ今日も冷たい雨が降っている。6時,第三小派川港興行ドックで竿をだす。竿12尺,鳥ウキ3,金袖7×2,オモリ0.5,
    修理に入ったドックは潮が満ちていた。その半円を描き誘うとシマイサキの稚魚が群がっていた。
    突っつくような連続的なアタリはアオイソメの長い垂らしも,アッと言う間に食い尽くした。

  9月下旬になるとやはりドックのハゼは衰えていた。
    昔は台船下深場へと移動していたハゼ。そのアタリは今0. 30分程で納竿し第二派川へ。

08,09,15, 曇,                              大一大潮,満潮4:30,干潮11:00, 辻山,駒田,岩久保,(星),松村,


      第三小派川造船所,

   大潮満潮下げを狙い子安に出向く。最近の傾向は9月中旬の大潮をもって,ここ子安での大釣りは終わっている。
     今年は旧盆の潮が合わず,町会の釣り仲間と慣例になって3年目,延期した釣行となる。

   5時半,もう夜は明けていた。造船所の主に今年もお邪魔しますと挨拶。笑い顔で頑張れと返してくださった。
     ドックはよく入ったと思われる程の大型船が入船し,期待の立ち込みはできず。

   竹9尺,シモリ,ソデ5×1,オモリ0.5,アオイソメで台船の渡り橋下から左岸岩壁沿いの
台船脇で初竿する。
     幅約2m,水深は20〜40cmのカケアガリ,初っ端から入れ掛かりとなる。10cmを超すべっ甲色のハゼが姿を現した。
     台船からの大釣りは2002年以来だと思う。ドック脇だが近年では意外な場所だった。

   浅場で走るハゼに竹竿は大きく弧を描きしなる。竿より伝わる引きと手元の溜めが心地よい。
     テンポよく水箱は埋まっていく。

   仲間を呼び,狭い場所で釣堀状態の釣りをする。駒田氏と笑いが止まらぬ岩久保氏。
     フナと違い傍で釣るよう促した。遠慮した辻山氏は食い止まりとなる。

   7時半干し上がりだした岸辺に浅場の少ない造船所。釣場を求め難渋する。
     ドックは錆取のエァーガンが轟き,錆の粉塵を巻き上げ立ち込めず。マゴチ見る。

   ドックに入れず,アタリを求め,各々が台船上を探し回った。
     岩久保氏のテニス仲間,星氏が来訪,共に釣り,潮止まりで第二派川常陸橋に移動した。
                                           ハゼ8〜11cm,ヒレハゼ15cm,1.7k,

    再び造船所
   午前中のドック
    右中央の浮き台が午後のポイント, 午前は右の溝奥の岩壁下

   正午下げ潮と造船所の昼休みを見定めドックに戻る。
     乏しいアタリで見渡しているとドック上流側の事務所テラスから
カワセミの姿を見る。
     ハゼを狙い飛び込むカワセミ。長い間を空け,飛び込む姿はハゼの少ない事を示している。

   12時40分,ドック口右端,午前中の渡り橋反対側の
,カケアガリの浅場でハゼが食いだした。竹竿9尺に,
     上潮が利きだし群をなし集まるハゼ。超浅場で良型13cmが掛かりだす。

   辻山氏が小さな浮き台に乗り,1人陣取っているが取り込みが悪い。
     我慢できず竿が増えてゆく。それより増えるハゼの群。沖より上がってきたハゼが黒い塊になっていた。

   群がる割りに即食わぬハゼ。だが誰かの竿には掛かり,再び釣堀状態になる。
     辻山氏に釣らせようと思うも,引き込み走るハゼに魅了され,3m四方の角地に竿がでる。それも一方向から。

   エサ1杯では不足する。2週間前山崎氏より譲り受けたよれよれのアオイソが活躍した。
     細い糸エサをダンゴに刺し放り込む。上下に誘うと再び食いだした。

   ハゼは掛かれば元気である。その動きはよく他の仕掛けにも絡まないのが不思議な程だった。
     間が少し空きだした折,「ここ釣場に粉塵が舞う!」と所員の声を聞き14時15分納竿した。
                                                  ハゼ10〜13cm,07k,
   ハゼは魚皮に微妙な硬さをもっている。何かが違うハゼ。今回は帰宅して初めてフライの南蛮漬けをした。
     ころもの違いか判断しかけるが兎も角私は天婦羅の南蛮漬けが好きである。
     この種の状態が続くなら来年は子安を見放ざるえないだろう。ダボハゼは何処も少なかった。

以後釣行記録へ                                                                              Top





     出田町埠頭北東壁,ダルマ船,エビス運河河口


 ケーシン倉庫の脇を通り河口に出る。
   ダルマ船は常時12隻程度,水深は深く4mは楽に越す。11月からが良場となる。
   工員から悪い事を教わった。チョッキを脱ぎ,受付に目を合わせなければ正門から通れると。

 93年,沿岸の会社が整備を始め,通行不能となる。

92,01,19, 快晴  湾北より菱光東岸,ダルマ船,                                             篠沢,松村,

   ケーピン倉庫から運河沿いに下り,ダルマ船へ,水深はある。 
     大潮,ハゼ2匹,アタリ計5回で午前中に納竿,
     何処も疎らな中,アタリも少ない。ハゼ,シーズン終わりの感あり。

92,02,08, 快晴  湾北よりダルマ船へ,                                                  篠沢,松村,
   小潮,1013mb,6:50〜12:30,

     飽きずに又,釣行したが全くアタリまし
,アタリは5回のみ,全てを取れた。
       造船所でハゼ3匹,東壁ダルマ船では2匹を取る。
     篠沢氏2匹,これで惨敗会の会費を稼ぎ
浅草へ。
                                          ハゼ5匹,ゴカイ1/3,
 
 
92,11,15,  ケイシン倉庫より,                                                    杉田,松村,
                                     中潮,満潮8:46,干潮13:34, 納竿15:40,

   ポイントは1ヶ所のみ。ダルマ船9隻あるも,他は全くアタらず。ハゼ20, 

   ダルマ船3隻平行に並ぶ中,手前1隻目と2隻目との間,
     良型の
アナコが続いて4匹掛かる。良型で引きが強い,今にも竿が折れそうになる。

   アナゴ船釣りに負けぬ大型,跳ねるアナゴにハリスが切れると思われた。
     動かずして柳の下に又,ドジョウはいた。それも4本,
     水箱より逃げ,ダルマ船上を跳ね回っる。1匹逃げられる。
 アナゴ大3,ハゼ20,

    300mほど河口寄り,台船上でハゼ釣り大会を催している。
      遠くより歓喜の声が風に乗ってきた。会社が主催しているようだ。ただ釣れれば良いが,

92,11,29, 雨後曇   第三小派川から探り回った最後の地点,
    今回のポイントは2列目,沖より2,3隻の間,

92,12,13,   第二小派川,第三小派川を探り,
    釣れず,根気でハゼ,2.15k,

92,12,20,   中潮,干潮7:34,満潮13:14, 6:30〜13:30,
    今回も第三小派川,エビスよりから探り回った最後の地点,更に釣れず。

04,09,19,   8月,9月,台船なし,

Top,





     入江川第四小派川


 横浜,出田町埠頭,南西面に位置し,岩壁ヘチが,その間々水路になっている。
   干潮時は干潟も見られ,デキハゼの産卵場所でもある。潮さえ合わせば数釣りに云う事ない。
     又,川中央にはヒレハゼが居る。リール竿で,

   砂地が多く,河口では,シロギスもハゼに混ざり釣れる。メーン埠頭,南面はサヨリ,イワシ,サッパ多し,
     00年を過ぎ,ハゼの釣人見なくなる。キス釣り,ルァー釣りが多い。

92,08,01, 快晴  横浜,出田町埠頭,入江川第四小派川,埠頭南側,P有り,
                             宅3:45,〜11時,日ノ出4:30,中潮,満潮7:00,干潮13:21,

   埠頭脇,駄々広い何もない水路,小船しか通れず。岸壁ヘチは干潮時は干し上がる。
     ハゼが産卵しているが,ただ風には弱い場所である。

   埠頭工事をしている為,92年度は日曜日も,車で釣り場まで入る事ができた。

     埠頭正門脇にトイレ有り,


   最初に海タナゴが釣れビックリしたものの6,7cmのデキハゼ,アタリは弱い。
   
河口より50m上流,

     干潮になると浅過ぎ竿届かず。干潮時は2間半が必要,ハゼ,ヘチより見る見る遠のく。

   驚く事にヒレハゼが群がっていた。投げ竿を出すが定地式5本鈎が良い。
     
川中央へ程好く投げれば必ず2,3匹掛かる。それもヒレハゼである。

   延べ竿の感触よりヒレの大きさが勝っていた。
     ヒレハゼの重み大きさが道糸に伝わってくる。ハゼは投げれば釣れる。
     運河での投げ竿によるハゼ釣りは,1人も居なかった。

   投げ竿は河口でキスをも狙っている。釣人多く見られるも,ここから100mも離れていなかった。
     手竿でヘチを狙う,直ぐさま,サビキにヒレが付く。
   暑さ33℃とジャリトラによる砂埃で,早いが11時納竿する。
     帰路,中外倉庫に寄って見た。
                           デキハゼ6〜7cm含み110匹,
ヒレハゼ1/4,海タナゴ1,アナゴ1,

92,08,23, 快晴                                     長潮,満潮6:21,干潮14:10, 5:00〜11:00,
    
川全体にコンスタントに最後まで釣れた。鉄橋下リール不向き,

   初竿より食いが良い。竿を出せば入れ掛かり,手返しだけの釣りとなる。
     こうなるとリズムだけの釣り,大食いは30分間隔で2度あった。

   ハゼを落すには埠頭では
バケツが一番早く良い。
     ハゼをバケツに感で落とすと同時,竿が出せ無駄が少しでも省ける。
     ただ海水は少な目に,ハゼが飛び跳ねる。


   1本竿,特に2間半が良い。朝より納竿まで平均的に飽きる事なく続いた。
     水深50cm程のヘチも良かった。長潮でも潮が引くに従い長竿が利いた。

   道糸1.5,ハリス0.6でボラを揚げる。竿は弓なりになり,ボラとの掛け引きが面白い。
     左右に動き回り,鮒の要領で口を出せば大人しくなった。最後は道糸を持ち引き上げる。
     陽差し強く昼前に納竿する。
                                     
ハゼ10cm220,ボラ35cm1,アオイソ3/4,

92,09,13,   大潮,満潮5:25,干潮11:40, 5:30〜11:30,                                 真佐子,父,


    埠頭,娘に釣りの楽しさをと思うも
食い悪い前日より食い良いと聞くが。
    中外倉庫はもっと悪く,又戻る。ぽつりぽつりの釣りを楽しんだ。

      真佐子は雰囲気的には良かったらしいが,情けない釣りとなる。
                                 ハゼ40,メバル4〔鉄橋付近〕貰う。青イソ3/5,

92,09,20, 曇時々晴   小潮,満潮11:36,干潮11:36,                                           駒田,松村,
                                                6:00〜14:30,
    ハゼ,
満潮前後短いが馬鹿釣りあり,オモリ1.5,
    釣れない時は,リール用仕掛けが流れに合い,最良と思われた。

      
鈎の流れに合い中通しオモリが良いかもオモリ1.5,
      釣れない時はガン玉で流すと良いとか。青イソ,
    カレー,メゴチ極少,数匹, ハゼ150,
93,08,14, 小雨   干潮8:28, 6:00〜14:00,                                             俊雄,父,


    朝方,やや釣れるが入れ食いなし, 午前中は平均的に釣れたが。
      シモリが重過ぎた。又流れのある場合,オモリ1から少し重めに。
    ヒレハゼは今年は昨年より早く,7月下旬に釣れだしたとの事。2.1m,2本竿,以外とよかった。
                                 ハゼ1.5k,ヒレ3, キス5,カレー1,メゴチ1,ワタリガニ2,タナゴ1,

93,08,22,   中潮,満潮8;05,干潮1:29,濁り強し, 
                                               4:00出―6:00〜12:00,
    どう云う訳か釣れず。ハゼ居ると思うもアタリは薄い。
      海水,酷く濁る。10時,束の間の食いあるも続かず。

    11時頃,海風強くなり,竿あおられた。干潮時は
埠頭の角,河口がポイント。   
      サヨリ,昨年より,ひと回り以上小さい。一面見るも釣れず。

                     (ハゼ,昨年より,ひと回り小さいと思う)0.6k,60匹,ジャリメ1杯,
93,09,26,   若潮,干潮8:10,満潮13:15,
                                                     5:30〜11:30,

    ボラ,ハゼ,ともに見えるもアタリなし。釣人多いも竿が上がらなかった。
      潮が悪いのか,20人弱の釣人が居るが,
ハゼ10数匹でトッフ。

    今回は河口でボラのギャング釣りを試みたが,満潮まで待てず納竿した。アタリなし。
      埠頭対岸でフッコ釣り22時まで.倉庫の明かりで落とし込みが釣れている。
      埠頭,角,サヨリが一面に寄る。
                               ボラ, ギャング仕掛け,アオヤギ,他アサリ,
                               ハゼ, 針6,オモリ1.5 ジャリメ,
青イソ良,

94,07,31, 快晴   小潮,干潮4:37,満潮10:54,                                        田中,藤本,松村,
                                     晴風なく,まま澄み,4:40〜11:40,


   麦藁帽子が良く似合う,強い陽差しを浴びる。
     田中氏より横浜で釣りたいと誘いがあり,藤本氏と共に明け方前,家をでる。

   
釣っている間,入れ掛かり,埠頭脇,ヘチに腰を降ろし,竿を振り込みさえすればアタリがきた。
     暑いので,バケツを用意した。傷みも早く,活かしてクーラーに入れる為でもある。
     又,外したハゼは確認する事なく,口大きなバケツに落とすのに適していた。

   時折,バケツからハゼが飛び出るも,ハゼの食い気が勝り穂先のみ見詰めている。
     釣り方を考える必要もなく,底に落として引けばアタリ,その間々引き上げた。
     リズムが惰性の如く動き,釣り上げたハゼは数を増す。

   10時半頃ヘチでは型小さくなるが,動く事なくバケツに埋まってば,クーラーへ。
     潮とポイントが良かったせいか,馬鹿釣りが最後まで続いた。竿2.1m,
袖4×2,オモリ1,アオイソメ,

   河口,沖合はオモリ2が良い, 釣っていても切りがなく,暑さに負け納竿する。
     竿2間,袖5×2,オモリ中1.5,
(2良),
                                                
デキハゼ3.5束,ヒレ13匹,

94,08,13,   潮満潮9:11,潮14:28,気温33.2度,                                     駒田,松村,
                                                4:50〜14:30, 

    ハゼは間違いなく釣れるので,前半,アジ,イワシを狙い埠頭でサビキ釣りをする。
      場所はエビス運河河口,北岩壁とする。

   イワシ, 埠頭北側角,朝2時間程サビキ5でイワシを釣る。イワシ,サッパ半々,小アジ混ざる。
        その上を鉛筆のように細いサヨリが,逃げる事なく回遊していた。

   ハゼ, 第4小派川,
前回は異常な食い。それに比べ渋るが,入れ掛かりが続いた。
        動かない時はバケツが,やはり良い。型は全体的に前回より小さいが。 2人でハゼ260,


94,10,09,   先週の台風,地震の影響か,東伊豆でも海岸線は同じ。
    又,猛暑でカラスガイが全滅。東京湾,赤潮強く,連日大分魚が浮いた。


97,10,26,   第三小派川より, 長潮,干潮7:31,満潮14:29,
    アタリなし,ハゼ釣人居ずルァーのみもう時期的に終わっていた。港湾水路はハゼ3,本牧漁協へ。

01,08,12, 曇一時晴   小潮一小潮,満潮9:53,                                              駒田,松村,
                                                5:00出一8:00,

    5時40分,何時ものポイントでアタリでず。初めはハゼが1匹も居ない感じだった。
      河口寄りヘチで1ケ所で穴場を見付ける。大穴が出た1時間の入れ掛かりで12cmと型が揃う。

   
今まで,この運河で,デキハゼが釣れない事はなかった。デキハゼは何処へ。ハゼの釣人も居ず。
      広い川沿いは貨物線,鉄橋まで続いているがアタリは何処も取れなかった。

    ポイント
河口より20m離れた8mのみ,ヘチ,
      出田町で初めて引きの良さを堪能した。上手いテンポで9尺の竿が弓を描く,そして水箱を埋めていく。
      60cm程の水深にハセの引きが合い,竿のリズムが心地良い。

    時期的には何時もより型も揃い大きかった。

      7時,一瞬にして全てのアタリがなくなった。何処へ行ったか2人で手分けして探るもアタリ0,
      
狐の包まれたような現象に陥る。


  ハゼ10〜12cm,60,
     シロキスの釣人は多い,今日は今いちとの事, 8時納竿,第三小派川へ

02,07,21, 快晴   第三小派川より,又戻る。                                              駒田,松村,
                                             若一中潮,干潮8:45,


   干潮時を狙い出田町へ,前日は横浜港花火大会の為か,入港できず遠廻りをした。 
    
 ヘチ,食い良く入れ掛かりだが,余りにも小さい。6〜7cmのデキハゼがゴカイの皮で乗ってくる。
     暑さとエサ不足で再び第三へ。                         竹9尺,金袖4×2,ゴカイ,

Top,



                                                                               釣行記録
                                                                                川辺と釣行Top