南アルプス連峰


   甲信国境山稜・・釜無川源流から三峰岳

     入笠山,1963年10月,富士見⇔マナスル山荘h,―頂・・社会人クラブ親睦ハイク
     鋸岳Top,1968年03月,早春と晩春が混ざる底雪崩の巣,(冥想したルート)・・鋸岳南面概念図と角兵衛沢右俣地形図T 

     甲斐駒ケ岳と鳳凰三山Top・・甲斐駒,千丈岳周辺地形図

     千丈ケ岳Top,1964年07月,戸台から梅雨末期の千丈ケ岳―北岳大樺沢雪渓,芦安・・白峰三山,遭難救助



   甲駿国境山稜・・三峰岳から白峰山,山伏

     白峰三山Top ・・白峰三山踏破ルート概略図 南アルプス北部地形図U
       千丈,北岳概念図 回想の北岳小屋
       野呂川林道と山梨交通広河原バス運行経緯
       伊那北,秋の里そのT, そのU


   駿信国境山稜

     塩見岳,1966年10月,深沢下降点―池山―北岳―間ノ岳―塩見岳―三伏峠―鹿塩・・二年リーダー養成合宿
     赤石山・聖岳横断,1966年07月,新倉から転付峠,マンボー―荒川三山から赤石岳,聖岳―梨元・・二年強化合宿


   秋葉街道Top・・(赤石山脈西面概念図)
     1973年11月,秋葉街道,上部(鹿塩〜平岡〜佐久間湖間),駒ヶ根から東海へ,マイカー
     2001年07月,秋葉街道,下部(杖突峠〜矢筈トンネル間),小淵沢=阿智駒場=妻恋,中山道北上=霧ヶ峰=麦草峠,マイカー

 


.

盛夏の荒川〜赤石岳〜聖岳




転付,マンボーを一気に登る

赤石岳,遭難騒ぎ

荒廃した入山と21kの軌道歩き

今の遠山川軌道

          , 転付峠より千枚岳


    南アルプス横断, 早川の支流田代川から荒川岳〜赤石岳〜聖岳を横断し遠山川を下る。 s41年(1966年)07月01〜07日

            L西村博臣,sL根岸哲夫,m竹永靖正(3),松村進,三浦俊彦,鈴木輝雄,田沼栄一,和田一男,大川崇夫(2),



     二年強化合宿
  過去1年間に収得した技術を再認識し,更に充実させる為の体力養成,雪上技術を主とした特殊技術の獲得等,
    具体的な面におけるリーダー養成を目的として行われた。

  幸い連日の好天に恵まれたが,昨年の台風や会宿前の集中豪雨によって山は荒れていた。
    最初から高捲き,トレーニング不足や直射日光の為,行動できなくなり発電所前にテントを張った。

  2日はマンボウ沢ノ頭手前のガレ場に残雪を見付けて,その近くをテントサイトとした。
    千枚岳附近から残雪がチラホラし始め,快適な稜線歩きを楽しみ,中岳では雪上訓練を行う。
    中岳から大聖寺平へはもう半月早ければ高度な雪上技術を必要とするが,7月に入ると夏径が顔を出している。

  赤石岳山頂の避難小屋前で遭難跡に出会い,手分けして周囲を掘ってみたが遺体は出なかった。
    遺体は運ばれ,遺品が雪解けと共に顔を出したのだろう。

  広々とした百間洞,静かな兎岳、最南端の3000m聖岳等を満喫した後,
    西沢渡から本谷口まで21キロに及ぶ軌道歩きで合宿の幕は落ちた。

  尚,初めの予定通り6月上旬に,このコースをやればより技術的,精神的進歩がみられるだろう。  西村博臣


       新倉―転付峠―マンボー―荒川三山―赤石岳―聖岳―梨元

    7月01日,新宿=
       2日,甲府=身延=新倉一田代川発電所c
       3日,c1一マンボウ沢頭手前ガレ場c
       4日,c2一荒川小屋c
       5日,c3一大沢岳下c
       6日,c4一西沢渡c,
       7日,c5一梨元=平岡=豊橋=東京


  山梨県,長野県,静岡県に跨る南アルプスは奥深く,南北120kmのほぼ中央に位置するのが赤石山脈。
    大井川本流を越え,稜線へのアプローチは長く,遥か彼方に雄大なスケールで聳えていた。
    赤石岳と名付けられた赤色のチャート(プランクトンが海底で積み重ねられた岩)は悪沢岳周辺まで広がっている。


      荒れた入山,潰れる体

    7月01日,晴,       新宿23:45,学¥540=
        2日,小雨後快晴, 甲府,身延線=6:35身延:46,山梨交通バ¥250,=9:15新倉:50一11:35田代川発電所c1,

     タイミング悪い入山
  夜行と云っても甲府駅で身延線に乗り換え,中途半端な睡眠は更に我々路線バスでさえ起こさせるはめになる。
    先日の前線を伴う暴風雨は早川の林道を途中で通行止めにする崖崩れを起こしてた。

  乗合バスに揺られ,居心地よく眠っていたところを起こされた。そして崩壊した林道を初っ端から高巻きさせられた。脳はまだ半ば眠っている。
    それでも運は良かった? 山奥から戻れぬ路線バスが途中の崖崩れで通行止めになり,乗り継ぐ形で左岸に渡り,バスは遡っている。

  コンクリートの橋を渡ると道標があり,左に曲がり坂を少し下ると内河内にでる。後はこの沢沿いの林道を田代発電所まで行く。
    林道は荒れていた。路面には落石が崩れ大小係わらず散らばっている。暴風雨は田代の河原,林道をも剥ぎ取り高巻を強いられている。

     入山にバテる
  晴れ上った天気は却って暑さを増し,じっとしていることさえ日向では苦になっていた。
    睡眠不足の上,サンサンと照り付ける強い陽差しを全身に浴びている。ベースが上がらない。一層だるさを増し嘔吐する者さえ現われる。

     田代発電所
  ジリジリと真夏の太陽に照らされ,正味1時間半の道中に2時間も費やし,入山の威勢のあるファイトは息を潜めている。
    途中一本で全員グロッキー,歩む足は重く,田代発電所,ここが今日の幕営地になる。

  二軒小屋を急遽変更,初日にして半日停滞になる。各々が気侭な場所を選び木陰に体を休めている。
    私はエァーマットを持ち出し,風通しのよい木陰に体を隠した。そして青空に浮かぶ白雲を眺め,深い眠りに入る。




     田代発電所〜二軒小屋概念図

    二軒小屋へのウォッ地図
     田代川→内河内川→早川→富士川


   7月03日,一気に転付,マンボーを登る
         晴後曇,田代Ts1, 4:35一8:15転付峠一9:00二軒小屋:45一14:00マンボウ沢頭手前ガレ場c2,

     伐採続く転付峠への径
  手入れされていない岩径は更に荒れ果て,岩片の散乱した径になる。歩き難さは滅多に見ぬ荒れた状況だった。
    左岸を更に遡るとツヅラ折になる。大規模な伐採が続く転付への径,
    木材運搬用ロープが四方に伸び,四方から電動カンナの音が響く伐採帯に入る。

  暫らく進むと周りは根元のみ残す丸坊主の山に変わっていた。
    特に別当山から西への南斜面の伐採は余りにも綺麗に伐採され,目に余るものがある。一面に裸の山が連なり,先へと続いている。

  幾つもの掘っ建て小屋や飯場を過ぎ伐採帯を抜けた。
    そして左手に回り込むよう,なだらかになってきた斜面を登ると転付峠にでた。

  木陰が憩いの場を創り,細長い峠は落ち付きはらいった安らぎを漂わしていた。裸坊主を抜け樹林帯に入っている。
    ここにはもう鋸の騒音もなく,静かさに満ちている。

  転付峠より前方東股を挟んで南アの核心が望まれた。急激に落ち込む大井川の谷間とマンボーの登りが壁のよう目の前に隔てられている。
    その上はガスに包まれた荒川連山が多くの残雪を抱き望まれた。
    今更ながら思ふ南アの深い岳と谷,もうその中に私は入っていた。


  落ち込むよう駆け下った二軒小屋。
    尻に火が付いたような勢いで大井川の川底に降り着いた時は汗だくで息切れも激しく,ドッと腰を下ろしてしまった。
    水使用料を払わさせられる。大井川東股に轟き落ちる流れを見下ろしながら,同期と2人で全員のポリに飲水を詰めた。

     新バス路線
  2006年,二軒小屋への送迎バスは二軒小屋ロッジ宿泊者のみだが通行可能に。(登山小屋泊は不可),

  椹島へは畑薙第一ダムと第二ダムとの間に臨時駐車場(7月中旬〜8月末)ができ,ここから東海フォレストの送迎バスに乗車する。
    前記期間以外は畑薙第一ダムより発車。

  送迎バスは東海フォレストが管理する山小屋の宿泊者用であり,テント持参者も1泊は素泊まりが必要である。
    (赤石小屋,赤石避難小屋,荒川小屋,荒川中岳避難小屋,)
    JR東海新幹線静岡駅=畑薙第一ダム間,3時間20分,=椹島間は送迎バスで1時間,



     マンボウの頭
  田代発電所に落ちる東電取入口を横に見て,二つばかり吊橋を渡るとマンボーに取り付く。
    一挙に転付,マンボーと登るも,そう労することなく,マンボー頭付近にテントサイドを設けられた。

  大井川源流を途切るよう登ったマンボーの頭。
    ここからは南アルプス南部核心の岳々を大井川の支流が南面,東面から流れ込む谷間から望むことができた。
    高度差と迫力満点の沢が谷となり,天を仰ぐよう伸び,源流を詰めている。

  そして頂稜を詰める岩溝は幾つもの岳を築き,僕等に沢登りへの憧れを掻き立てていた。
    視界はすこぶり良い。下流を見るも深い谷を隔て幾十にも山波が重なり合い綴られていた。

    飲水は南面の大きなガレを下って利用した。チロチロ流れる水だが根気よく満たす。

     04:00, 高曇
     09:00, 曇,曇量8,時々日が差す,千枚岳ガス
     09:45, 晴
     11:55, 晴,西南西,マンボー
     13:10, 一時小雨
     15:40, 曇,Ts





     マンボウ沢ノ頭―千枚岳―悪沢岳3

   二軒小屋〜赤石岳
    悪沢岳ウォッ地図

   7月04日,晴
      マンボウ沢頭手前ガレ場Ts2, 4:55一5:40マンボウ沢ノ頭一7:20千枚岳:30一9:00悪沢岳10:00一10:50中岳11:50一13:30荒川小屋c3,




   荒川三山,遠方には仙丈,北岳





                                       千枚岳山頂,


     千枚岳と竹永先輩
  一本取った後,小さな雪渓とも云えぬ残雪をトラバースして千枚岳に立つ。
    トラバースの折,竹永さんが自信を持って誘導してくれたはよいが滑落。藪に突っ込むという珍事を起こした。
    先輩は陽気な気質の反面,慎重派でもあり,少しおちょこちょいの故,僕等後輩からも向こう見ずに見られがちだった。

     眺望
  南面の広がった頂稜沿いに傾斜を上げていくと2879.8mの千枚岳にでる。
    雲量0,微風の頂は視界に恵まれ,360度,無限に思えるほど,山波が延々と列なり,南アルプスの大展望が開かれた。

  今,登って来た背に眼を向けるなら,雲海に浮かぶ富士がコニーデの曲線を描き,独立した山容を誇っている。
    何処から見ても変らぬ秀麗たる山容は裾野をも優雅に描き,大きく領域を広げていた。

  又北側に眼を移すなら塩見岳,白峰山,鳳凰と北部の岳々が連なり,その右手更なる奥には八ヶ岳連峰も望まれた。
    驚くには更に先があった。八ヶ岳の左に向ければ遥か彼方に,北アの山波が陽炎の如く霞を掛け認められた。




         荒川三山

                   荒沢前岳(左)と悪沢岳,赤石岳より


  東岳,中岳はもう手の内だった。一気に東岳にで昼食を摂る。
    ここから見る千枚はコブのような感じで,折角苦労して登って来た割には東岳の肩にしか思えぬ姿だった。
    中岳はあっ気なく着いた。見た目より楽な頂稜の旅になる。

     風と霧
  これから先への山稜を見詰めていると谷風が現れ雲の流れがよく見えた。
    風の通り径,そこだけガスが頂稜に吹き上げ消えて行く。

  ポカポカした陽差しは西側の谷間に雫を作りモヤとなり,霧粒が谷風に乗って尾根上を這い上がっている。
    そして,どっと流れ込んだガスは巻き上がり,縞模様の乳白色に変化して,何かに吸い込まれるよう走り消える。

  それは頂稜に出たと思うも束の間消えふせ,遠方の眺望はその間々望むことができた。

    手品のような風の動きとガスの流れ,私は不思議なものを見るよう見詰めていた。




    荒川,雪上訓練

     荒川小屋
  1時間程,雪上訓練する。残雪は緩斜面過ぎ,体を動かせば何処でも停まるようだった。

  1時,トラバースの径を選び荒川小屋に着く。周囲は閑散とした,もの静かな場所だった。
     荒川小屋は無人のため荒れ放題だが夜空のキラめきは素晴らしかった。

     06:00, 快晴,雲量0,風力3,富士方面雲海
     07:30, 快晴,雲量0,微風N,N,NEに雲海,富士方面雲なし
     09:00, 快晴,真上巻雲,NW,SW〜NE雲海
     10:52, 晴,雲海上がりつつ八ヶ岳ほんの少し顔を出す
     13:00, 晴,雲量6〜7(小屋前)
     17:40, 霧,W,谷風(水場)E方面青空




     悪沢岳一赤石岳一大沢岳4

   荒川岳〜西沢渡,概念図
    赤石岳ウォッ地図





                                 赤石岳,荒沢岳より

    7月05日,晴一時曇
             荒川小屋Ts3, 6:00一8:20赤石岳:35一12:00百間平:10一12:35大沢岳下c4

     教訓
  今日も雲上の頂稜を歩む。小屋横の雪渓をトラバースして赤石岳に向かった。
    昨年は転付,マンボーを越え小渋川へ降りている。
    その折,この雪渓が明け方の氷化で渡る事が出来ず,早大WVにザイルを借用したそうだ。

  その時の事をリーダーが失敗だったと,ぼやいていたのを聞いた事がある。
    今回はその教訓を十分果たすよう,昨日ステップを切って置いた。
    その為か,雪が軟らかかった為か,楽に大聖寺平にでることができた。


  小赤石岳手前3020mで小休止,今日は百間洞までなので,高低差も少なく気持の上ではゆっくりした気分になる。
    赤石岳から凸凹の激しい東尾根の全容が目の前に現れ,深く谷へ落ち込む姿に心が注かれた。
    そして富士見平からの鞍部を越えると赤石小屋も小さく小さく望まれた。





     赤石岳
   赤石岳手前,小休止





   赤石山頂






   休憩後遭難騒ぎとなる


   南北に120kmの長大な山脈を持つ南アルプスは奥深く雄大なスケールを抱き,その中央に位置するのが赤石岳。
     ここまでのアプローチは長かった。まず頂稜に出るまでに転付,マンボーを越え大井川本流を横切ってきた。
     雄大なスケールを抱く遥かなる頂へ赤石岳へ一歩,一歩歩んできた。

   赤石岳に由来は悪沢岳周辺まで広がる赤色のチャート(プランクトンが海底で積み重ねられた岩)が隆起した岳。





       赤石岳,遭難?
            遺品発見現場,山日記メモより


  赤石岳,大きな道標を持つ頂だった。 
    南側窪地は残雪が一杯にはび込み避難小屋を埋めていた。赤石避難小屋地形図

  その横にザックが2ツ(小屋よりSSE20m)並ぶように置き去りになっていた。
    不思議な置き方に遭難か? 周りを掘り起こし,小屋にも入って見た。

  小屋の中は一面残雪に埋まり,薄暗い。妙な気分で雪面にピッケルを深く刺し何かを探す。
    何度かで硬い物に当たった。不安で友と掘り返し,炭の残りで安心したりする。
    40分程探し回ったが,結局何も分からなかった。

  複雑な気持で昼食を取り,「さあ,出発しよう!」と歩き始めた途端,
    ザックからかなり離れた地点で,ポンチョが風に棚引いている。皆とっさに周りを掘り起こす。

  今度は装備(WSW50m)ばかりコンロ,ガスバナー,地図に刃の出たナイフ,ポンチョ,帽子,磁石と続々出てきた。
    ポリ,飯盒,更に離れてポンチョ,セイター(W70m)を発見し,メガネが出てきた事は遭難確実に思われた。

  おおよそ2時間半探し回ったが,まだ雪多く遺体発見できず。
    手懸りになると思われる赤石温泉ロッジの割り箸とアイゼンを飯盒に詰め,ジャンバーを持って百間洞に向う。




   百間洞,深い谷を駆け降りると,右上,小屋


    百間洞
  百間平はアルプス山中とは思えぬ程の駄々広い平原状で尾根の上にある。
    丘でも登っているようだが,2700m以上の高度があり,岩肌と這松に覆われていた。

  百間洞,幕営地はまだ雪渓に埋まる源流になっている。
    湯を沸かし,雪と戯れ,グリセードに興じ,聖岳,奥聖岳の頂稜台地がガスで被われるまで遊び回った。

  炊事も楽しかった。
    蒔の食事は即席のファイヤーにもなり,テンを見つけては「豚だ」「山犬だ」と吠え立てる始末。
    楽しい夕暮れからの時間を過ごす。


  シュラフに潜り込んだ僕は昼間の様々な事が頭を駆け巡り,寝付きが悪かった。
    回収したアイゼン等がテントの端に在るのも気になり,不気味でしょうがない。
    隣りでイビキが聞こえてくる。僕はなかなか寝付かなかった。




   大沢岳直下,Ts4

   赤石岳を越え最後の聖岳へ。山を降りる朝


    05:00, 快晴,雲量0,微風
    05:55, 快晴,雲量0,N微風 (大聖寺〜赤石,霜柱)
    07:25, 快晴,雲量0,視界優
    08:35, 快晴,伊那谷,雲海消える,富士,高績雲
    11:55, 快晴,雲量1,NNW、雄大積雲
    14:00, 快晴,雲量2
    14:30, 曇,曇量8,聖,雲掛かる




    
大沢岳―聖岳―西沢渡5

   朝霧湧く赤石小屋からの聖岳





                                    聖平より聖岳,


   7月06日,曇一時晴
          荒沢小屋Ts4, 4:50一7:25兎岳:40一9:10聖岳10:00一10:50聖平11:05一12:50西沢渡c5

     兎岳
  今日も秋霖期に珍しく晴天が続く。
    西沢渡まで下る為,大沢岳を巻き百間洞ロッジから大沢,中盛丸山の鞍部に出て一本,兎岳に立つ。
    冬には雪深く大いに苦しむ所らしい。

  兎岳から覗む聖岳は仰ぐばかりに突き上げており,兎岳,聖岳の鞍部は痩せ細ろえている。
    南はガレが酷く,谷風の吹く上げを真ともに受けていた。
    中盛丸山のような茂みの山があると思うと,次はこの様な険悪たる岳に変わっていた。

  関心する程うまく切り開かれた登山道は先っ突き,ガレ,コブと上手く越し,赤岳沢寄りの喬木樹林に抜けている。
    そして樹林が終えたと思ったら,しつこい最後の登りがあった。




   聖岳山頂,   ,

     聖岳
  日本アルプス3000m最南端の山らしく大きな岳だった。
    最南端と云っても核心部南部に当たるだけで,この山深さは,更に他に類以をみない。

  幾つも山を越すか,軌道を延々と歩かねば踏めぬ頂だった。
    喜びを味わう事ができる唯一の方法は我慢と忍耐を末,望めた。総勢9人の固い握手,心も晴れ晴れする頂だった。
    聖岳ウォッ地図





    聖平,

     聖平
  南面はガラガラの丸山のようにも思える。
    そして小聖岳から森林帯に入ると倒木が多く径は荒れ,下るのに一苦労も二苦労もさせられるが,更に気持のよいお花畑にもでた。
    北面と南面を自然の間々,比対称化する岩稜と森林とに分け,深い味わいを与えている。


  当時,知らなかった事だが東海パルプの聖平小屋(100人収容の真新しい小屋)は9月中旬まで伐採人が在住。
    兎岳の聖岳鞍部より2700mの信州側地点に避難小屋(15人収容)を完成させていた。
    それ故か? 西沢渡から梨元への軌道は動いていた。




    下山,遠山川へ
   聖より遠山川を挟む



                                                     薊畑〜便ヶ島
                                                   





                                                   


  分岐のお花畑にさようならを告げ南面に落る尾根を西沢渡に駆け下りた。
    原生林と苔のジュウタンで浸す,昼なを暗いつずらの径を下る。

    04:50, 快晴,真上,ウロコ雲
    06:05, 高曇,視界良,富士雲なし(丸山)
    07:25, 晴,WNW,風力4,(兎岳)
    09:45, 晴,巻雲,富士方面3000m以高積雲
    11;00, 高曇,SE




   7月07日,曇後雨
        西沢渡Ts5, 7:35一便ヶ島(たよりがしま)一易老渡一9:30北又渡:47一11:50梨元,信南交通¥130+65,=和田経由
        =飯田線平岡,学¥1170,=豊橋=東京,

     西沢渡
  昨夜は遅くまで河原の瀬々らぎにも負けず,下山最後の泊り場と荒れに荒れた。
    焚火を囲みウィスキーを空け,唄い,語らい,何時寝たのか覚えていない。
    山では初めてのことだった。それ故今までにないよい目覚めだった。



     メモより献立表




最近の秋葉街道和田宿,   ,
             

     遠山川の軌道

  西沢渡より梨元まで延々21kの軌道歩き。
    深谷を縫う軌道は絶壁を走り,枝沢を横切り,雫の落ちる真暗闇なトンネルを潜る。
    そして右岸へ左岸へと軌道は移り,適当な間隔に飯場を設け,掘っ建て小屋がある。

  複線になっている所があれば交差している所もある。
    北又渡のように新たな軌道と結び付いている所もある。大きな大きな軌道がある。

  軌道は延々と続いた。ただひたすらに黙々歩む。
    長い道中,途中には1ヶ所も開拓された土地はない。畑どころか沢沿いには人が住んで居る狭い空地さえなかった。
    破裂帯にぶち当たる深い谷にある。獣以外,棲めぬ場所かも知れない。長い軌道だけが延々と綴られていた。

     足底
  全長21kの軌道,その歩行は並み大抵のものではなかった。
    下山の喜びと同時,最後まで苦しむ足の底。

  単調な軌道歩きに重荷, 山径とは異なり土壌とのクッショウンの違いが枕木にあった。
    単調そのものの下山に,硬い平板の反動はその間々足に掛かり靴下の目が足裏に食い込んだ。

  駆け下る下山とも違い,なだらかな下りは単純そのもので,足の同じ場所に負担を強いている。
    何時もと違う違和感に,足は負担を増殖し,足裏にも負担を強いたらしていた。

  休むと足底にジーンと血が通ってきた。
    そして再び歩き出す時の痛さ,だるさ。麻痺させるまで,その都度我慢しなければならなかった。枕木を噛ます軌道が延々と続いている。

     里
  足元に示された距離を数え,渡った橋を数え,時間を気にし,易老渡,北又渡と過ぎた。
    飯場も多く見られるようなると,最後に何の囲いもない遠山川の鉄橋を渡り梨元の里へ入る。長い軌道の径は終わるを告げた。

  素朴な部落に静かな里の道, 漸くして路線バスの通じる秋葉街道にでた。
    早川から遠山川への径,長い旅は終った。これからは平岡まで伊那の山々を抜けるバスの道が続いた。


  聖平
    今思えば軌道は荷物だけ運んでくれていた。
    西沢渡13時発の軌道は16時頃に梨元に着く。梨元18時56分のバスに乗れば,和田乗換えで平岡駅に20時19分に着く。



    荒川岳にて

     旧hp,PhotoHishwayJapan,荒川〜聖岳





    今の遠山川軌道

  遠山森林鉄道は1940年に着工され,長野県の南部,南アルプスの赤石岳の麓,南信濃村の梨元を起点とし,
    梨元から北又渡(きたまたど)までの本線,北又渡から北又沢に沿って大沢渡(おおさわど)までの北又沢線。
    北又渡から遠山川沿いを西沢渡(にしさわど)まで至る本谷線を中心に,約30km(作業軌道は除く)に及ぶ長大な軌道。

  軌道跡はほぼ全線に渡って現在は外され遊歩道や林道(自動車道)に生まれ変わり,北又渡には発電所も設置された。
    軌道時代の痕跡は殆ど見ることは出来なくなった。大沢渡ルートは廃道,北又渡ウォッ地図


  現在,バスは和田止り,車は遠山川沿いの本谷線上にある便ヶ島(たよりがしま)まで入り,聖岳の登山口として再開発される。
    また矢筈トンネルの開通は伊那山脈を抜け,極端なアプローチの短縮をもたらした。2001年08月の秋葉街道

  1973年,廃線
  2000年,JR飯田線平岡,バス=和田間,35分,=便ヶ島間,1時間,一西沢渡まで1時間,
  2003年05月,便ヶ島小屋開設
  2006年,便ヶ島小屋は「聖光小屋」と改名し,快適な小屋に新築され駐車場や広いテントサイドができる。


    西沢渡から下る軌道トンネル跡





    北又渡,右岸の軌道跡, 便ヶ島〜西沢渡間


    南ア,秋葉街道,Top
    山の経歴,経過Top