川辺と海の釣り日誌W
                  2000年 2001年 2002年



                                                                    1999年釣行日誌V
                                                                    2003年釣り日誌X
    2000年(平成12年)

  鯊, 6月のデキハゼ以外全く釣れず。 白キスはその都度チャンスが潰れ,1年間竿持たず。
  アオリイカ釣り始める,本カツオ釣り多くなる。
  釜無,御勅使川で尺岩魚を釣る。
  飼育タナゴ,オカメ9〜12cm夏に全滅, 又オノアカ,ヤリ9cm強,17匹のみ。
  鵜原は荒天多く近海釣り, 皮ハギ,河豚,再び始める。
                                                                    潮時は東京竹芝標準

1月16日

ブルーギル

鰐川,米島舟溜(三角ドック), 曇,手かじかむ。                                  浅草帽釣会,
                                                     6:20一14:00,


    初めてのブルーギル釣り, 幾らでも釣れると誘われたがとい引きを堪能できなかった。
      見慣れた舟溜でブルーギルを魚目的に釣る事自体が初めてだった。

  



    米島舟溜
       
    神宮橋,下流左岸沿い,                           左奥,角から手前10mがポイント,

     明け方,
白サシが良かったが,キジの方が良い。  
       フナ仕掛け,ウキ,波紋が出来るような頭がふっくらしたものがよい。  
       竿2間半,2間×2,道糸2,ハリス1.5,(フナ針6.7,
イサキ針3,)

    米島舟溜,   試釣で釣れたと云うも当の本人達はバスから降りなかった。他会とは言え誘われ残念だった。
              10人が竿だすも大型でず,数も限られていた。
              アタレば引きはよい。居れば貪欲に食うが後が続かず。


    根三田舟溜, トップは大型がでる。他会とは云え,試釣者が上位を独占する。
    新田舟溜,   アタリなし,(3年前に優償した金谷氏と)
    汽車食堂前, テトラはポイントとならず。
    神宮橋は立替中,神宮舟溜は公園化中,

                                    ブルーギル3.775k(11〜22cm),13/24位,
        成田氏に出会う。爪木舟溜からテトラへ36匹,T62,(タナ研例会)

1月23日

鯵,鯖
メバル

鵜原,まさえい丸, 曇,                                       友江,深野,増島,松村,(折原),


      出船の海
   南西の風強く波高2.5m,一日中,波浪は治まらず。
     波は上下5mを越し,隣りを走る漁船の帆さえ,波で帆先が消えて行く。

   冬山を思わす厳冬の海,船首が海に突っ込んでは波底へ落ちる事を繰り返す。
     一瞬,体は空を切り,船柱に支えを求めなければ自分が海に飛ばされた。

   寒さも度を越した。
     冬用の一回り大きなカッパの下には,肌着に幾つもカイロを付け,羽毛のチョッキに羽毛のガウンを着けている。

   ダルマのような姿でも,もこもこした体は冷え切っていた。
     陽も望めない海原に,波は飛び散り頬を打ち,更に震えを起こさせた。もう竿を出す前に手はかじかんでいる。

   私は何故か,この状況に何時も身震いを起こし感動していた。1月下旬より2月一杯荒れた厳冬の海が続く。
     今日は出船できたが,この時期は何時も出船できる確率は低い。
     暗い怒号の海,やはり釣果は悪かった。


                                  5:50〜10:45,
早揚がり,左舷トモ,

    沖合35分,6:30〜, 水深160mアジ,サバ, フラッシャーサビキ, 前日は大型入れ掛かりも,アタリ全員なし,
    8:30〜,        120mカサゴ仕掛け,2本釣ムツ18,―140cm, 底でスクリュ‐に掛らみ道糸切断する,
    8:45,          今日初めてのアタリあり,沖メバル中,
    10:40,         沖メバル,ノドクロ,1人2〜3匹, 

          冷凍ナマズの短冊はボロボロだった。食い悪い中,ハリス8で2度切られる。
                              沖メバル,底用4−3・3本釣必要,ムツ12,

      夕方.若波新年会「文化センター)参加, 帰路,運転するも車の中は温室のような居心地で眠くなる。

 2月13日

沼川, 快晴, 
                                                             若波釣友会,

       潮悪く,朝方はフナ食わぬと聞きはしていたが,我慢できず移動した。
         そして竿出す場所が分からなくなった。分からぬ間々,納竿を迎える。
                                                  小潮,満潮9:39,

    ラーメン屋前,下車, いでろく橋下,右岸を私,斎藤,一ノ瀬,山田,紫関, 各氏と並ぶ,アタリは全くなし。
    待てず下流へ,  金子氏の脇で小ブ5cmを6匹釣る。
    橋上左岸,     昼過ぎ,中1匹(前6匹合計より重量あり) キジ食わず,ボッタ1(
巻き,房通し,真綿巻き),針袖4〜6, 

    上位は沼川上流,T久郷6465k,2幡谷.5.8k,3干場2.5k,大型鮒31cm,・・やはりラーメン屋前もポイントになった。
      ラーメン屋下流不調,
ウキシモリが良い,  
                               T久郷6465g,2幡谷,3干場,4斉藤, フナ435g,23/29位
,

20日

鵜原中止,
  ヤリイカ釣り,波浪注意報,南西の風強く中止,

27日

北浦中止,
  タナゴ釣り,北浦,前日雪,雪代入り中止, 26日地元案内人探釣で0,

3月05日

真亀川,九十九里, 曇,                           若波会試釣,
                                             金谷,折原,内田,清水,坪谷,斎藤,松村,
                           大潮,満潮5:15,干潮10:54, 


       前日雨,16℃と4月上旬の気温となり,大潮と重なり絶好の釣日和になる。

         又,如何云うわけか坪谷氏より,全員に鰻弁当の差し入れあり,嬉しく頂いた。

  真亀川と細屋敷川

真亀川,     幸田橋,
細座敷川,  今宮水門,
         街道の橋,
         竹やぶ前,
        中場あし端,

町田橋下流,右岸,
作田川,上流,境川,

真亀川,左岸水門脇(閉),
       体育館手前,
橋両側,一日中釣人多いがアタリなし,
直ぐ上,小ブ2本竿で間々入れ食い,(赤虫,ハリス分タナを切る
前後小フナ,
釣人多く,やや小型,数でる。
沈みウキで食いよい(ウキ小)赤虫,

ポイントあり,型が良い,
釣りとならず, 潮,関係なく午後釣れる。テトラ付近,竿2間半,

キジで尺フナ,竿3間
ポイントあり,数釣り,

   真亀川は地元の人の話では
東風では釣れないようだ。この日は魚いるも釣れず。
      ねりが多く,ボッタでフナとブルーギル, 昼食に坪谷氏より鰻弁当の差し入れあり。
     沈みウキで誘い竿は
2間で充分(赤虫,ボッタ,)秋田キツネ3(袖4),

3月12日


11〜12日

第2回若波本会休会,
  フナ釣り真亀川,細座敷川,小ブ数出るが釣果なく,真亀川本流が上位を占めた。T久郷2870g,2坪谷,3坂森,

岩魚
アマゴ

芦安,釜無川水系御勅使川, 雪,
                                                         美濃羽,星野,松村,

      南アルプス山麓芦安村渓流釣祭り
        11日,夜半より小雪となる。釣りの間降り続いていた。
        懐かしい芦安でもあり春の雪山を想う。凍る風が吹き抜け久し振り,昔の山を想い起こさせていた。

      地元では11日午前中は雨が降り,残り雪も大分消えていたが大地は再び新雪に被われた。
        釜無川の渓流釣りは1日解禁となり,源流は明日,12日に解禁になる。


   11日午後,中央自動車道を西進する。美濃羽氏に誘われ星野君と乗り込んだ。熱燗の為のツマミもコンロも積み込む。
     笹子を抜けると時期がら新興宗教オームの警戒は高速道にも及んでいた。
     ICの降口にパートカーが詰めている。里から林道に入ると斑に残雪が増してくる。

   現地に入いり翌日のポイントを先ず探した。渇水で流れは弱いが落ち込めみに魚が居そうに思われた。
     下流によい堰止めを見付け,釣場を確保,宿に篭もる事にした。

   渓流会場は日中橋下流Pの堰下から,なだらかな広い瀬と釜が続く。
     中央橋下で再び堰に落ち込み幾らか広めの流れが,左岸よりに狭ばり枝沢の丹後沢を合わす。
     古屋敷橋から下流は分からず。上新倉橋下に堰があり,新倉橋との間にもPが左岸にあった。


   宿は渓流沿いにある温泉民宿「よしみ」,今日開業した。新築で客部屋4と全てが小陣まりとまとまっていた。
     階段を上がって対面の渓流側,6畳の和室「かじか」に通される。

   炬燵に足を突っ込み酒を呑みながら,明日を思いイワナの仕掛けを作くる。
     竿2間半,先糸30cm―0.8,ハリス20〜25cm,マス針7,(ヤマメ針8),ガン玉と極小ヨリモドシ間1cmに中通しオモリ0.2,

   夜,開業祝いに大虹鱒の刺身が振舞われた。紅色の身は以外と旨い。
     呑めぬ美濃羽氏をよそに星野君と酒に交わし,刺身があると空になっては追加した。

   夜半から外は無音の世界となり,雪が舞いだした。余りの静けさは本降りになる。
     寝床で聞くチェンの擦れる音が懐かしい。外は銀世界に変り雪が舞う。闇に全てが白く被われた。
     湯船は石造り,泉質はカルシウム・ナトウム硫黄塩泉(低張性アルカリ性低温泉),釣料込み\10.000, 近くに日帰り入浴あり,


   荒れる谷,上流を望む

                                                      6:30〜14:00,
   4時起床,4時半宿をでる。全てが雪にうもられていた。
     新雪は渓流に深みを持たせ,闇に流れる渓流が頼もしくもあり,また私の気持を踊らしている。

   ポイントは昨日定めた古屋敷橋上流右岸からホソ,丹波沢が入る上淵より左岸から前後を攻める。
     
初竿,1時間が勝負だ。イクラがよく食った。

   本流脇,流れの淀む所かよい。前日偵察した下流で釣る。小堰の淀みより流せばアタリがでた。
     雪はシンシンと降り続くもイワナの引きは強く,心地よい。まずタモに入れ確保。

   数を増すイワナと積もる雪。肩,腕とは云わず体中に雪積もるも,気にせずはしゃいでいた。
     まして雪山を想い久振りの雪,頬を射す風も凍えるが懐かしい。

      大イワナ
   落ち込みのPから半トロ状となり下流へ淀む所で大イワナが掛かる。
     竿はこれ以上曲がらぬほど弓なりとなり,引き込んだ。後ずさりして岸に近ずけるも,イワナも負けずと潜り込む。

   我慢がイワナを水面に上げさせた。両手で支え握る竿,手が足りないところ美濃羽氏がタモを出し走りだだす。
     尺イワナが重くタモに入いる。

   雪見酒で又釣る。ツマミの手羽が旨い,贅沢な釣りを味わう。解禁日で大型がでた。
     又,釣るも河原は一面の雪景色,竿を出す腕に積もる雪を払うも,再び雪が積りでしている。 



             
    肩,腕に雪が見る見る積もる

   後は拾い釣り,釣人は極端に居なくなる。晴れても昼間までは陽が射さない谷,今日は谷も凍っていた。
     イクラ使用,ブドウ虫は1匹のみ,



   尺イワナ35.0cm
                                           イワナ23(17〜22cm),35cm1.アマゴ2,
    
割り箸2本をエラの外側より刺し,2回まわして内臓を取る。
      河原に坐り込み,両足は川の流れに浸け,魚の処理をした。荒く巻き過ぎると体型が崩れる。




            
    飛び賞を取った星野氏と美濃羽氏,

   初めて雪の渓流釣り,全てが新鮮に思えた。山も谷も釣りも楽しかった。
     芦安村渓流祭,納竿後,村営風呂ヘルシーハウス「山渓園」に浸り下山した。泉質はカルシウム・ナトウム硫黄塩泉,
     高層天気図,12日9時,
                                    *17日,アオリイカ,Duel,餌木4,(後日2)
                                    *中オモリ(真鯛シャクリ用)新素材2,計\6.620,

3月19日

 

上総湊,中止,
  アオリイカ釣り,風強く中止,マダイ1k級,

 26日

 

鵜原,西風強く中止,波3, アラ,ハナダイ釣り,
   鴨川沖で平均1〜2k,4−1.5ヒロ,下鈎,胴付13,上2本,丸セイゴ12(沖アミ),
                  上仕掛け6−4,2本セイゴ12,オモリ80,
   鵜原沖,90mで大型ヤリイカ,

       *アジ,イサキ,ハナダイ竿2.1(20〜50)シマノ¥9.630(浅)

4月02日

アオリイカ

上総湊,藤春丸, 快晴後曇,凪,千葉霜降りる,
                                             深野,(他1名),宮腰,折原,松村,(右舷トモ)
                         中潮,満潮4:13,干潮9:58, 6:30〜14:00揚,


       北風やや強いが凪,澄む,午後南風に変わった。

   保田沖,19〜15ヒロ,シャクリにシャクルがアタリなく,エギを変えても変化なし。
         船頭に仕掛けの長さを計り直して貰うも変化なく,無駄骨となる。
         外道もない。湾内は他所の遊漁船は入らぬと云うが,全員が姿見ず。船中
0−0,

   帰航の浜金谷沖で良型のモンゴイカを宮腰氏掛けるが後が続かず。
         他全員は沈黙が続き,何の兆候も見られなかった。

        カービンsea−clipper180(20-25),diwaST-10,新素材2,
        真鯛シャクリ用,中オモリ8,ハリス4,(3ヒロ),ハリス分,
正確に上げる。

   今年は例年より1ヶ月遅く産卵を迎え,その時岸辺近くに産卵する。
        エギ,アオリQ(オレンジ,赤,白,青,)前半,オレンシ手元で根掛かり紛失,船頭は赤,青のみ,¥10.000,

4月09日

アカイカ
斤目
ヤリイカ

鵜原,まさえい丸, 快晴後曇,朝方北風で凪,澄む,午後南風に変わった,
                                               宮腰(左舷胴),友江,深野,関口,松村,



        近海から深場までアカイカ釣れず,幅広い釣行になる。
          それも近場,水深60mから遠方は水深240mまでの間である。潮も悪く船頭の頑張りに感謝した。
                                                 中潮,満潮6:37,干潮13;43,
   アカイカ,  
    4:30,今年初めてのアカイカ釣りに出船する。岩和田沖60m,水温15.5℃,
      食いは悪かった。全体的にも釣れず,私には白と赤のスッテ4号で1杯のみ。
      関口氏の
赤系スッテが間々よかった。スーパー船60−270,電動xs600,オモリ80,

   キンメ,   
    朝方,他船が14本鈎前後で入れ食いと無線が入り,急ぎイカ釣りを諦め釣行する。
      ここから沖合30分, 8:30に竿出すも, SLS3000電動繋がらず,センチュリーヤリイカ竿リールは,ダイワ棚に変える。
      しかし道糸は290mしかなく底立たず。水深310m,諦めるも全員に食いはなかった。船中0一0,

   ヤリイカ,   

    水深245〜220m,
中サバの群が道糸を70mで止めた。抜けるも又,100m前後で常に止まる。
      時折,中層ではオノアカ,ムロアジがサバと共に掛かる。

    着底させるのが大変だった。底に着けばサバとムギイカが掛かり,型よいメダイも追加した。
      サバの群の層は凄い,ひと流しに一度,底に届くかどうか,
      イカが掛かるも上げると中層のサバにバラされる。又オマツリで落とした。


    最後の流し11時,底240m,大望の1杯を上げる。今日初めてのイカ姿見,
      二投目, 底で掛かり,ゆつくり3m上げ4杯,淡い色で3角ツノがポイント,

      三投目, 同じ方法で2杯,   
      四投目, 3杯,
       最後の流し,どん底,底立ちが重くイカ4杯で1杯落とす。
           12時納竿,今回は深かった。漸く最後の最後,1時間でヤリイカ11杯と形になった。

                      赤イカ1,麦イカ1,ヤリイカ30〜55cm14,殆どが大,オノアカ3,ムロアジ,メダイ1,サバ10,

4月23日

鵜原中止,
  前日イサキ,ヤリイカ共に極端に成果なく,波もあり中止,

与田浦周辺, 曇,                                                  若波釣友会,


        生暖かい南風が朝方より次第に強くなる。
           昼頃,歩くのも困難となり,与田浦に白波が立つ。風強し,
                                                   5:00〜13:00,
   南水路, 朝方,人影なし,

   北水路, フナはばたき,竿出すが風をもろに受ける。
          水田を避ける,水路は仕掛け網も多い。

   矢良川, 風強く釣りならず,風を避け人家の陰へ,
          9時,中フナに続き小ブを上げるが12時納竿までアタリなく釣果でず。
          後,中コイ1匹のみ,竿2間,2間半,鈎4〜5,赤虫,マブナ練り,
      
練りの場合,ヘラ仕掛けで底にエサが着くよう(.オモリの下で二股),

                               T茂木2205g,2斉藤,3藤本, フナ2匹,325g,13/32位,
   

4月30日

金目
目鯛

ヤリイカ

鵜原,まさえい丸, 晴,ベタナギ,
         若潮,真潮,澄み,潮流れ極強し,最悪の条件となる。
                                            左舷松村,宮腰,友江,折原, 右舷ミヨシ,深野,


        3:30,出船,真沖1時間強,水深260〜240m,
                   キンメ,ムツ仕掛け,
(パラパラ10本鈎が良い)
                   ハリス14×70cm,エダス6×30cm, 投入はミヨシより,

      1投目,15本鈎,5匹       竿NF舟,オモリ200,XS600(道糸260m),
      2投目,3人オマツリで3匹
      3投目,パス            (SLS3000接触不良)
      4投目,赤ウィリー,10本鈎で4匹,折原氏ムツ2匹,
釣り方は沖メバルと同じ,
                 NF舟,XS600(道糸260m),オモリ200,エサは,カツオ,サバの切身,イカ丹,

   7:00, アジサビキ釣り, サバ現れ110m前後2度止まる。サバとオノアカ,
                 底に漸く着いてノドクロ,2度, オマツリ多い,サバとメダイを上げた。

   10:00,ヤリイカ釣り, 180m流れ強し,アタリなく1時間程で納竿,
                 竿ヤリ胴調子オモリ150,XS600,

5月14日

ヤマベ

萩間川, 晴,                                      若波,試釣,
                                                 馬場,折原,沢田,横山,斎藤,松村,
                                      13:15〜17:30宅,

2:00〜,
5:30, 
国道沿い,
久保田橋,
森下橋,
右上橋,
宮下橋,
女男橋,
菅谷川,
下流,河口より,
菅谷川出合,
東名,相良牧の原, 
上流,バス駐車場(出口より15分) 鈎3(トロは竿2間,良)
浅いが,型よいヤマベ群がる。
小型群がる、(岩盤上,良)
下流,新しい橋が出来,両岸下流へと護岸されていた。
久保田橋間,徒歩(橋下とカーブ,良ポイント)
大沢橋間のセキ(バカ)
堰,及び右岸橋下,吐き出し, 
ヤマベ入れ食い,
ヤマベ1匹,イナッ子,フグ,マルタ,
本流上,型良く入れ食い.(バカ使用),

    ヤマベは何処でも釣れる。気温が上がり,下流へと試釣するにつれ型も大きくなった。
                                       鈎ハヤベ3.5,良,竿2間半,紅サシ,栗虫,

5月21日

ヤマベ

萩間川,女男橋, 快晴,                                               若波釣友会,



      バスの故障で出発が1時間遅れる。3時発,
        だが,その後が良かった。前2日間,降り続いた雨もエビス付近で上がり,車は快調に西進した。

        しかし釣果は別ものだった。運以前の情けなさに遭遇する。

   女男橋,
     斎藤氏に誘われ横山氏と共に下車。
       ポイントに入るも横山氏と私が追い出さたれた感じとなる。出だしより,つまずいた。

     先週より水量が少なく,ぽつぽつの釣り,型も小さい。
       試釣と異なり堰も釣りにならず。(斎藤,横山,)

     同じ所に執着し過ぎた。結果的には,早く移動すればよかった。
        竿2間半,2間,鈎,ハヤベ4,金袖3.5, 栗虫,紅サシ,
               シモリ,板オモリ合わず
(ガン玉8を加える方法が良い)
       今回は宮下から下流,高橋前後がよいポイントになった。
                                  T澤田2985g,2馬場,3久郷, ヤマベ745g,21/25位,

5月28日

 

鴨居中止,
  ムギイカ,又はビシアジ, 日本海に低気圧が入り,南風が強く中止。イカ,トップ50〜1束,

6月04日

テナガエビ

水元公園, 外溜,水元大橋上流,                                               妻と,



      妻とのテナガエビ釣り

        快晴,朝より真夏のような暑さとなる。水元公園,水仙園を見学し外溜で竿を出した。
          数釣りは明け方からが良いと忠告を受けるも強い陽差しの下,間々の形を見る。
          ただ強い陽差しと冷たいビール。妻の差し入れたビールが旨い,

                 

   着いたのが遅く,川縁沿いでは釣人多く,かなりの釣人に釣果が上がっていた。
      水深2m弱あり,前日作った仕掛け2.1mは5本作るも少し短か過ぎた。
     4本を扇状に広げる。12cm前後のテナガが間々釣れだした。

   脇ではジャンボ竿で鯉を狙っている。ゴッツイ仕掛けで遠投していた。
     妻からのビール差し入れが旨く,追加を頼む。
     暑さで釣りよりビールばかり呑んでいる。それ程,陽射しは暑く旨い。



   良型は少なかったエビ


   隣りに親子ずれが竿をだした。晩に食べるからと釣り方を問われた。
     親は真剣に見詰めては竿を上げるが親子にはなかなか釣れなかった。

   1匹釣れたのを見てホッとするも.今度は子供が食べたいと私に問う。全てのエビを譲り納竿した。

     数釣りは明け方から9時まで,エビ鈎2,紅サシ,

   昔は釣場が多かったが水質悪化で姿が著しく減少してしまっていた。
     昭和60年代に入ると水質浄化が進み,ポツポツ,テナガが復活し始めてきた。

   水元のポイントは内溜と外溜を結ぶ小水路,川幅2〜3m,水深40〜50cm,竿2m前後,
     ただ休日は四っ手の子供達が多く,早朝や曇天がベスト。外溜も濃いが鉄柵があり釣りずらい。

   後は妻と子供のザニガリ釣りを見学,森を散策し帰宅した。
     暑さを越し帽子を被らなかった事から,熱射病を誘発した。なかなか治らず翌週のキス釣りは辞退する。

6月11日

第5回若波本会休会,
  鴨川シロギス釣り,テナガ釣りで熱中症にかかり風邪,回復まじか。T幡谷72,斉藤,3茂木,
 

デキハゼ

塩浜汐見運河, 雨,                                                   駒田,松村,
                                                  長潮,干潮7:13,


     今年もハゼのシーズンがきた。まだ早いがカキアゲの材料にと訪れる。

6:00,

7:00,
8:00
9:00,
10:00,
ヘチ居ず沖目にアタリあり,竿8尺が良い,
  例年より大きくハゼ6cm前後が,ぽっりぽっりと釣れた。
上げ潮になり少しずつ手前が食いだし,型も良くなる。
食いよく型もでる。
入れ食い,テンポよいリズムとなる。7cm以上,
丸っきりの入れ食い状態,馬鹿釣りで納竿する

         竹竿6尺,ウキ釣り,金袖3,秋田袖4,オモリ1,アオイソ, 
                                 12時までなら4束は釣れたと思う,デキハゼ2束,

6月18日

デキハゼ

塩浜汐見運河, 雨後晴,                                                 横山.松村,
                                                    大潮,満潮4;49,



      下潮が利きよく食うも,引く潮に合わせ食い悪くなる。大潮で早くも川底が現れた。
        デキハゼでも見切りを感じたら,早く納竿するに限る。帰宅が早過ぎ月島まで廻って見る。

   4;30,     食いあるが型小さく6cm前後,今の大きさかも。
   5;00〜6;00, 入れ掛かりとなる,竿6尺竿でいいテンポで釣れた。
              ハゼの型は変らず,秋田袖4,(鈎いくらか大きめが良かった。)
   7:00,     ハゼ遠のき食い落ちる。
              9尺竹竿,探り釣り,やはり小型の場合は,浮き釣りが良い。
   8;00,     納竿,ハゼは沖合へ,アタリ遠のき納竿した。       ハゼ6cm2束強,アオイソ,

            帰路月島川を見る,干潮でもハゼは岸に群がる,P有り\100,

6月25日

金目鯛

 

鵜原,まさえい丸, 小雨,小潮,意外の風強く,浪2m, 
                                               左舷,トモ松村, 右舷,深野,宮腰,友江,



       3時出船,キンメ,スルメ共に食いよく,4時20分には沖合にでる。
         二投目で深野氏倒れる。釣りは中止,急遽鴨川の亀田病院へ搬送した。


   一投目,水深230m,フラッシャー,サビキ22鈎(船頭作),竿,舟210,オモリ200,
     ミヨシより落とすが50mでサバ食われ,更に120mで道糸止まるも,強引に底へ落とす。
     底立ちを繰りかいしアタリ2度,サバ3,キンメ小2,

      友が倒れる
   明け方,2投目,食いなく上げたところで,深野氏倒れる
     深野氏動けず。5時半納竿, 船首で友江氏と体を押え全速力で帰港した。

   小雨の上,波は2m,そこを全速力で走り抜ける。バウンドする船首に波が被り,落ちぬよう精一杯支える。
     無意識状態の彼はカッパを脱ぎたがり,押さえるにも腕力がいた。

   その間々の状態が30分経ち,今度は船頭が友江氏と私を励ましだす。もう直ぐ港に着くと。
     ずぶ濡れで肌寒いが支えている以外ない。船頭は10分間隔が5分置きとなり,我々を励ます。

   脳内出血,うつろ目は意識を失った。
     無線では騒ぎになる為,携帯で港に救急車を呼ぶ。鴨川,亀田綜合病院へ,

   宮腰氏が救急車に,その間々飛び込んだ。着替えを持たず宮腰氏は後に,寒い寒いを繰り返していた。
     私と友江氏は放り出された間々の船上を整理し,後から追うようなる。

   即入院,出血酷く面会謝断,部屋に入れず身内の到来を待つが,10時過ぎても連絡なし。
     船頭さんの言葉に甘えに甘え,午後帰宅した。


     
餌なしフラッシャー仕掛けがよい。
       先週は食い過ぎ電動が止まり,道糸が切れる程だった。
       短い10本鈎が釣るには扱い易い,

7月09日

       

鴨川中止, 
  シロギス釣り,台風3号が8日,朝,関東地方を襲い,暴風域に巻き込まれ中止,浅草帽釣会,

デキハゼ        

城南大橋,汐見運河, 快晴,雲量0, 
                                                           横山,山田,松村,
            陽射し強く31℃,水強く濁る。小潮,満潮10:48,


  
京浜運河,城南大橋  
     7;30〜10:20,吐き出しにハゼが湧き,上げ潮になるにつれ濁る。
       3人で釣堀のようなスタイルで砂地に潜るハゼを釣る
         砂地にエサを落とすと,型良いハゼが潜る砂地から頭を出し,飛び付いてきた。

       同じ高さで釣るハゼ,引きの強さが心地よい。
         後半は上げ潮との競争となる。掘りが次第に海水に被われた。

       橋上ワイド右岸,野鳥公園側,魚影が濃い,9尺竿,
          竹竿6尺,ハヤガケ7,蛍光ハゼ5,バカ使用,ジャリメ,      ハゼ8cm前後1束弱,

  汐見運河,  
     11:00〜12:20,濁り強いがヘチの深みで,間々釣れた。
       型一回り小さいが数はでる。竹竿9尺,袖4,アオイソ,      デキハゼ7cm前後1束,

 7月16日

スルメイカ

長井港,はら丸, 曇,32度,薄澄み波1m,後半,逆潮気味,  
                                                左舷胴側トモ寄り,木村,宮腰,松村,
                              3時(出)―5時〜12時,沖揚がり―14時{宅}



    久し振りの乗合船,鵜原と異なり長井港は設備は抜群に凄い。木村氏に誘われるも釣人多く,釣るより祭る方が多かった。
      祭りで底に着かず,ミヨシとトモのみが仕掛けが絡まず大釣りをする。

                                城ヶ島沖,24℃,早朝釣り,大潮,満潮4:00, 
   朝方,120mー80m,バラつきあるも1杯ずつ掛かる。
   9時, 100m―140m,初めて一荷,
   後半,船を流すに従い水深が150m,160mと変って行く,それ故,深くなるにつれ祭りも多くなる。片面11名,1m間隔,

      底に立つ間もなく祭る,中ダルミ,
        又,鵜原と水深,オモリが異なり,誘いが強いせいか自分自身でも祭った。
                                                   スルメイカ大中13杯, 
      
ツノ14cmが主流,後半18cmするも祭リ多い。オモリ120,
      直結は入れ食い時はばれ易いが釣人がほどよい乗船なら良いだろう。 
         助手,電源,投降器,漁獲箱,有り \7.500,(仕立て5人で\40.000)
         船中ずっと助手は仕掛けの絡みを解していた。

   長井,漆山港,春盛丸 http://www.bremen.or.jp/haruseimaru/

7月23日

ヤマベ

萩間川,宮下, 快晴,日差し強く34℃,                                        若波釣友会,
                                                   5:00〜12:00,


宮下,木の橋上,
下流堰下,    

下,留り場,
堰上,   

左岸より8〜12cm,一時入れ食い。
右岸寄りを攻める,初めはよく掛かるが時間と共に,水が澄みだし食い型ともに悪くなる。

                                ヤマベ4cm〜,オス14cm,7匹,
ハヤベの群れで釣りとならず。
水深25cm,やや型よく,ぽつりぽつりの釣り。
  更に下流へのポイントは高橋が入り,同じ場所で我慢する。
  バカ,竿2間半,シモリ,栗,紅サシ,練り,栗原氏,エビ鈎2,

     高橋橋,坂森氏2位,対岸,藤本氏,
     久保田橋,上流二股,幡谷氏1位, 昼は松ノ木食堂で宴会となる,
                                   幡谷4290g,2坂森,3澤田, ヤマベ1.690g,16/31位,
   

7月30日

デキハゼ

快晴, 風あるが蒸し暑い,33℃,                                            駒田,松村,
                                             大潮,満潮3:25,干潮10:19,



     早朝から下潮のハゼを求め,塩浜に出向くも,以外にハゼ居ず,都内を廻る事となる。
       これだけ走り続けるなら,最初からもう少し遠くへ遠征した方が良かったかも。


  汐見運河,  塩浜,4時10分,朝2時間,食いよいと思うがアタリなし。
            例年より早く,もう終りかも,濁り有り,5時半納竿。
  月島運河,  6時,食い悪く型も悪いハゼ居ず,早々に納竿。40分程,
  
天王洲運河, 国道下,今日1番の食いアオイソで数を稼ぐ。
            10時,船宿横は間々の釣りで良型混ざる。当分,釣れそう。
  京浜運河,  城南大橋,溜まり場,干潮し過ぎハゼ居ず。風強し,
  汐見運河,  干し上がり釣りとならず。
  
横十間川,  錦糸町〜天神橋,潮にも関係なく思いのほか釣れた。
            1ヶ所では無理だが良型も混ざる。キジがよい早朝はP有り,12:00〜13:15,

                                                竹竿9尺,鈎3.5〜5,ハゼ2束強,
     (大島,江東公会堂裏ポイント,又潮により食い変る。木村氏)
     今年は汐見,月島,共にハゼ居ないとの事。
        22日,小櫃川河口、ハゼ入れ食いヒレハゼ間々入る。
        29日,小名木川,出合ハゼ群がるが食わず.アオイソ3間。池田氏,
        30日,村田川出る。試釣で推津川全滅。

8月06日

デキハゼ

横十間川,汐見運河, 快晴,蒸し暑く,
                                                        小潮,満潮9:00,


       先週良かった横十間川は食いでず。塩浜に廻るも水なく,果かなく早々に帰宅した。

  横十間川,    クローバー橋,猿江公園南と北砂緑道公園の交差点,小名木川出合,我慢の釣り2間半,
      天神橋, 6時,濁り,上潮の為か食い悪い,竿9尺,
      錦糸橋, 船着場あり食わず。中間フエンス付近がポイント,
  汐見運河,    塩浜,7時,水なく釣りとならず。 
                                               計ハゼ30,キジ,5:00〜8:00,

8月12日
 
























13日

イナダ
皮ハギ





岩井,高崎港,正木丸,



       1泊の釣行,2度の沖釣り,カワハギとキスを釣ろうと心踊るも,
          藤本氏,胃ガン手術後の釣り,我侭多く最初の釣る予定は最後まで壊された。


   台風19号が北上中,曇一時小雨,以外と湾内は凪となり午後雨になる。
     初日はカワハギを冥一杯釣る予定でいた。それが急にイナダの引き釣りを楽しむ。中潮,満潮2:15,干潮9:24,

                                           左舷,松村,内田, 右舷,沢田,T幡谷,藤本,

   イナダ,5:00〜7:00, 藤本氏の急な提案から引き釣りを楽しむ。右舷,タコベイト3本鈎,  
       湾内の北半分を走り廻る。ただトモでの流し釣り,全員は参加できず,釣るのは2名のみ。
         1人がイナダと格闘している間,ただ見守るだけの仲間がいる。ワカシを含め15匹,

   カワハギ,岩井〜館山沖,水深30m前後,
       時間が短縮されたが岩井沖で初釣時と納竿11時,食いよく楽しい時間を過ごした。
         ポイントは陸に向かい三角山。右,鉄塔。左,島に向かい倍の沖合地点,・・船頭より

       館山沖間40m強は食い悪くアタリ取り図らくなる殆ど釣果なし。
          主に叩き釣り,弛ませるとエサ取られ,アタリがが取れず。
          3本ハゲ鈎4,オモリ25,アサリの剥き身¥1000不足,船代¥5.500,
                                    12時沖揚がり,中15枚,外道にトラギス,ベラ,

   ハゼ,平久理川,午後より館山へ, 
       釣場は右岸より鉄橋付近まで,左岸は深く入れず。
          型良くて10cm,時期早々で,まだ型小さくアタリも少なかった。
      汐入川,左岸より全員アタリなし,ポイントは潮引いて立ち込みで中央船道,

イナダ
小鯵

正木丸,                                                    船座,前日と同じ,


       台風は和歌山県沖に留まり小雨,薄濁りで今日も凪になる。
         今日もイナダの引き釣りから始まった。カッタクリでなく引き釣りである。
         長老とは言え頑固過ぎる。目的のキス釣りもできず,勿体無い時間が過ぎた。

   イナダ,5:00〜6:30,藤本氏の要望強く,今日も引き釣り。両舷で2本,食わず7匹,

   アジ,水深32〜18m,手釣り,オモリ50(他40)
         食い悪い上,先潮で私だけ小サバが混ざる。食うも1匹ずつ,

       掛けで待つとバレる.1匹ずつ上げた。トモは食う。
         アミコマセも小塊で0時前になくなった。納手し中途半端な沖揚になった。

       藤本氏仕掛け購入,サバ皮サビキ,鈎10×5本鈎,スキン鈎7×8本鈎,
         鈎が大きい過ぎた。
5で良い,¥6.000,
                            小アジ釣る中,スズメダイが群がりメバル,ウルメイワシ,フグも,

       納手後,キスの道具を船に持参するのも断られ,する事がなくなった。
         一度港に戻る事を提案するも,中途半端な時間だと船頭に断られる。

   キスは
中止,キス釣りがイナダとアジに化けた。持参したジャリメ6杯分無駄になり,船頭に上げるだけになる。
       藤本氏の体調不安が事を変えたのか? 納得いかぬも幡谷氏と頷かざる得なかった。
         コマセも市販のブロック各小1個と,一日ではとても足りず,時間的にも無駄があり過ぎた。

       幡谷氏とヒラメかコチを狙うはずだった。船宿に生エサあり,
         ヒラメ,コチ,テンビン15―丸セイゴ17−ハリス4−1ヒロ半(活イワシ有),ジャリメ¥1000,民宿,孫エル¥7000,

8月16日

デキハゼ

天王洲からのハゼ巡業, 薄曇後晴,                             大潮,満潮5:02,干潮11:48,



   天王洲運河,5時,エサのジャリメを忘れ,自宅を往復する。
           天王洲橋下,船宿で満潮1時間半待つがアタリなし。
   月島川,   西仲橋,食いなく竿出さず。
   汐見運河,  7時半,塩浜,型小さいがハゼ群が食い悪く浅い。
                                       鈎3.5に変えハゼ1束,
   横十間川,  10時,錦糸橋,良型混ざるがシャブルのみ,アタリ取れず。
                            11時半納竿,ハゼ30,竿9尺ジャリメ,P違反,

     
佃大橋脇,1丁目どんっまりワンド満潮時7cmデキハゼ,岸にびっしり,10時,手前に誘って釣れる。藤本氏,
       20日,中潮,満潮7:34,型小さいが今年初めて堪能する。池田氏,

8月27日

デキハゼ

佃船溜り, 曇,                                                      駒田,松村,
                                               中潮,満潮2:25,干潮9:17,


      この2週間釣れていると話を聞き,駒田氏と出向くがハゼいず。

   佃大橋脇,ドン詰まり〜佃小橋間,5時干潮までまだ大分時間があるも,引潮強くハゼいず。
     佃小橋手前右岸でハゼ7匹,
     満潮まで待てず納竿した。又竿の真下を
が走り廻っている。早い動きにハゼはいない模様。

   塩浜,汐見運河に回るも,水は引き過ぎていた。ハゼ沖に逃れいず,竿はださず。
     最悪の潮回りに出向く,午後なら良かったかも。朝方7時半帰宅する。

9月03日

       

鵜原中止,
  中潮,満潮7:49,好天気だが風強く中止,

17日

木更津港,中の島, 小雨,                                               若波釣友会,
                                             中潮,満潮6:44,干潮12:33,


      ヨット置き場より島を廻るが,7時までシマイサキしか釣れず。
        北側,堤の先端で釣る。東側はアサリの養殖場,
環境は抜群,

   初めての釣りが11cmの一荷,一瞬の短い入れ食いになる。
     ただ後が続かず。後半40分には立ち込みで2本竿するがバランスも取れず,釣りにならなかった。
     型良い。
竿3間,金袖6,ゴカイ1杯,

   9時頃,北東に,はっきりした二重の虹が両端を海面に立てて望まれた。
     潮見橋より徒歩40分,手前にもポイントあり,下流右岸,市場角,
     左岸,2ッ目の倉庫前,又貯木場,
                   T栗原1340g,2斉藤,3澤田, ハゼ30匹,11cm以上,470g,16/20位(幡谷,横山)

    (24日,ハゼ,中の島,先週と潮が逆で釣果あり,干潮6:54,幡谷氏)

     中の島,
   周辺は干潟で遠浅になっている。投釣は航路側岩壁。ヨット係留場付近は深く砂場のカケアガリ,
     夏〜秋の
大潮などの干潮時立ち込み。潮干狩り場先の堤の先端付近は船道にアオサが多く,掘り直せば良場に。

10月01日

第8回若波本会休会,
  フナ釣り与田浦,T小森3105g,2茂木,3馬場,

本カツオ

葉山鐙摺港,隠居丸, 曇, 
                                                左舷,折原,宮腰,友江,右舷,松村,栗原,
                                              中潮,満潮6:55,干潮12:52,

      今にも降りそうな重い雲が日中,海原を覆っていた。南風の後,北風が続き食いは悪かった。凪,


   6時出船  西沖,1時間半,相模湾真中,(真鶴沖,1時間) 
            全ての船が本カツオを狙い船団となり集まる。

           潮目で一時.良型メジ,カツオが食うが後が続かず,後のアタリなし,
            その後,ポイントを掴めず,一流しが常となり20〜25分を走っては又流す事を繰り返す。

   12時半   重いアタリのバラし後,? ソーダとカツオを追加,
   13時20分 沖揚がりの帰路,引き釣りでカツオ,一荷を掛ける。一度,
   15時    帰港,バケ2本鈎,3ヒロ14号,(ハモ2本,バラ1本)
          
 (風が止まると魚が浮き上がる,前日,翌日もメジ入れ食い早揚がり)
                                         メジ釣れず,本カツオ1k,3,平ソーダ3, \8.500,
      (
ハゼ8日,藤原川,11k超す,浅草釣友会,後藤氏)
      *渓流竿,渓雪山540silstar,(神田,上州屋)

10月15日

皮ハギ

井,高崎港,中村丸, 曇,日中やや北風あり,サダ波,                            浅草帽釣会,
                                 中潮,満潮5:59,干潮 一, 
                                                   左舷,T関本,坪谷,藤本,
                                                    右舷,,鈴木,松村,沢田,

     富岡―岩井沖
   5時50分,出船,水深20〜30m,
         前回の仕掛け(ハゲ鈎付き)使用のせいかバレが多い。
          又,一気に上げず.初釣を気持良く上げようと丹念過ぎ3匹バラす。
          竿は必ず水平より30度上に向ける事。カマクラ,ベラ,トラキスと外道のアタリも続く。

   9時半,  一時食い良くなる。ポツリポツリの釣り。
          アタリのバレは鈎を必ず調べ取替える。爪に飛掛かるらなければ変える。
          T日,平均20〜30鈎変える事,(3〜4匹目に)


   
岩井沖, 道糸が船底へどんどん流されエサは取られ,アタリ分からず。
          先潮よく,私は釣りにならず。(止めて流す誘い)     
          側に並んだイナダ船は冷凍イワシでカッタクリ,型良く釣れていた。朝方は富岡沖でメジ,

   13時沖揚がり, 30分前,新鈎に変え食い立つが終りを迎えた。
          底での引きアタリが7,8回(鈎の伸び2,折れ1,フグ?,8本使用。
            上げてのバレが4,まだ頑張れるかも。

          又,数釣りのわりにはワッペンサイズが居ず,来年は不漁らしい。
            集魚版,ハゲ型、小アジ鈎,バケ鈎,早技,両軸不調,左舷は全員が上位を占めた。
                                                   中,小17枚,85点,9/26位,
    幡谷氏よりカワハギ竹竿,エサ箱,仕掛け,鈎25本,譲受,
     アサリ1.5k,\1.500,帽釣会\11.000,,早技,両軸リール,折原氏より購入,不調で修理へ,

10月22日

岩城勿来,藤原川,                                                 若波釣友会



      高曇,肌寒いが土手にはまだコスモスが咲き暖い。左岸の河原は葦が幅広く茂り立ち込めず。
                                                長潮,干潮6:32,満潮14;12,


   バスより上流,二ッ橋,左岸ヘチより竿をだすが,アタリは乏しいが立ち込む。
     坂森氏の推薦場所,ハゼにしてはアタリがない。長い間の後,一荷と15cm級ハゼが掛かる。
     そして外道にフナ7寸3匹と8寸のブラックバスがきた。ハゼ釣りでフナが釣れ,フナ釣りでは釣れぬパータンが多くなる。



  

   一度,下流を見聞するも,数,型8cmと共に悪く戻る。
     竿2間,1本鈎,
袖9,ミヤク釣り,オモリ1.5,

   二股,右の沢,右岸葦の下を釣る。オモリ2,
     一度ナマズに仕掛けを取られるが鈎ソデ9がスッポ抜ける大きなハゼがいた。
     驚く事にアタリは
糸鳴りを伴い沈み込む。間を取り支える竿。

   弓なりになる竿,水深があるせいか快い引きを楽しめる。
     
ハゼが川面に姿を現した大きなハゼはフナ釣りの感覚で20cm級のハセが口を開け手元に寄ってくる。

   立ち込みの醍醐味が藤原川の凄さを物語っている。
     潮が満ち腿まで漬かると,1時間も経つと体は寒さで堪らなくなった。振え止まらず。

     13時納竿,竿13尺がよい。ゴカイ3杯\1.800,
                T澤田4655g,2久郷,3斉藤, 外道フナ3,ブラックバス1,ハゼ1.880k,10/20位,

11月05日

スルメイカ
鬼カサゴ

鵜原,まさえい丸, 高曇後晴,北風微風,なぎウネリ有り,              左舷,宮腰,友江, 右舷,松村,栗原,折原,



                                    長潮,干潮4:51,満潮12:56,潮温22℃,
      5マイル沖,180m,スルメイカは6時初竿,110m,カサゴ,オモリ150号,
      15マイル, 250mキンメ釣り,200m,イカ,オモリ200号,

     5時40分出船,荒れると思い近場にしたのが好を呼ぶ。沖合のキンメ,イカ全滅。
キンメ15本鈎がよい,

   一流目, 初釣,底まで行かず90mで道糸が止まりスルメイカ3杯を取る。2度目はバラした。
           長い一流しも後が続かず。

   中盤,  
殆どが底で届かず,道糸が一瞬止まるのを待ち,そして更に3m落して竿を煽ると重みが増した。
           ゆっくり巻くと更に重くなる。一杯のみならず2杯,3杯と掛かる。
        4杯の時は重みと疲れが重なり電動を支えるだけでもバテていた。

   終盤,  底釣りで一杯掛ける。今回はツノは出来るだけ型,色,派手なのがよかった。 
                                                 スルメイカ19,サバ1,
   11時〜45分,納竿まで,底釣り,水深110m,潮まったく動かず。
          120m,2本鈎,サンマの切身,                        鬼カサゴ1,トラキス2,
    

11月12日

子安第三小派川, 曇後晴,一挙に6℃下がり14℃肌寒い,
                                              大潮,満潮 5:13,干潮11:05,


      午後,妻と横浜湊みらいで合流する形でハゼ釣りに釣行するも,食いは悪過ぎた。

   朝方,    子安橋で釣るが,アタリと共に仕掛けを取られる。
            その後,食いなく造船所,第三小派川に逃げ込んだ。全くアタリなし。

   干潮時,  12〜14cmのハゼが岸より見えるも食いけがない。エサをまたぐハゼがいる。
            置竿で40分に1匹の割りでハゼ釣れるも,釣りにならず。

   本流寄り, 昨年と全く同じ潮だがダボ多くハゼ望めず。15cm5匹, 
            6時〜13時半,鈎,袖6,アオイソ,湊みらいでの妻を迎え納竿した。

11月26日

小鮒

玉造,立花排水樋門,                                              若波釣友会納会



      曇後晴,天候は回復し気温18℃と暖かく長閑な釣り日和となる。
        釣れずもホソでの日向が心地良かった。翌日は放射冷却で今年,秋一番と冷え込む。
        佐原より国道355に入り梶無川,図川橋を渡り,ラーメン店前で下車した。


  
    霞ヶ浦東浦



   明け方,玉造り田園ホソ

     23日,試釣では上流,下川岸排水樋門付近が数出ず10匹前後,
     先週19日の他会でも数出ず,2桁止まり。
     前年の10月,試験場のホソ上流で大釣り,300匹以上。又港北樋門上の水田,蓮の中のホソ, 

   若波
     今回,坪谷氏の案内で折原,沢田,紫関,各氏と水田のホソに大穴を狙うが,フナどころかアタリなし。

   護岸沿いに戻り,立花第2号ホソ手前,
           今回初めてのアタリが,クチボソの群, 釣って釣って1匹の小ブをゲットする。
             9時半,まだ続くクチボソの群,飽きて第1号へ。タナゴ鈎,

   第1手前,  橋手前で5匹釣る,余りにも釣れず,嬉しさがこびりでた。
             後は続かず,前後を歩き拾いの釣りへ。

     11時,  一時,間々の入れ食いで,初めての一荷が掛かる。
             アキタキツネ2(
,練りエサに赤虫を乗せる久郷氏) 竿1.8,
             
赤虫は通した後少し垂らすと良い沢田氏アキタキツネ1(赤虫,真中掛け),栗原氏エヒ鈎3,

   第1先(港北手前),フナ大型でる。
     12時半納竿,鹿島電鉄との立体交差点で乗車,

     第10回小ブナ釣り,T真木115,2馬場,3澤田, 小ブナ38匹,14/25位,
     平成12年度トータル順位,T幡谷,斉藤,3久郷,4澤田,大型鮒38.5cm飯塚,真亀川, 7/10回,20/41位,皆勤2名,

     (23日,ハゼ藤原川,大型間々釣れる2k,釣りは今月中まで,ただ寒くて立ち込めず。栗原氏,
       *鈎17種類\1.430(浅草釣具),
       *シマノ電動丸3000H,5号400m,¥41.000,
       *イカ竿先調子,ダイワ240,\5.000(日の丸),

12月24日

ショウサイフグ

飯岡,幸丸, 快晴,                                   右舷ミヨシ2より幡谷3松村8,早見4菅野1,



     北海道沖で低気圧が台風なみに発達する。 思っていたより西北西の風弱く,薄濁り,
        沖合2.5mのウネリも大型船の故,苦にならず。ただアタリが取りずらかった。
        小船は風強く11時早揚がり,条件から考えると,釣果は間々よかった。日の出丸,

          大潮一大潮,満潮4:39,
                 干潮10;00, 2:10大栄より東総有料道路経由4:00,

     飯岡沖20分,水深18〜25m,水温15.7℃,
    前半,  アタリ殆どなく2匹,底立ちと共に良型カサゴが掛かる。
           又,根掛り多い為,
イカリ鈎1本,上鈎1本25号の仕掛けを通した。
    中盤,  ポツリポツリのアタリで,どうにか一時の食い,6匹を追加する。
    後半,  釣人は片側13人と多いが竿は何処も上がらず。仕掛2,根掛かりで失う,
           底で36cmのウマズラが掛かるのみ,6:00〜12:00,
                                    フグ34cm含め8匹,(エサ鈎2匹)カサゴ1,ウマズラ1,
         25人乗り,トップは12匹,
         \8.000、アオヤギ\800×2(1パックの1/2使用)
         カワハギ竹竿1.7m,abu,胴付きカットウ仕掛けがよい。
         鈎とカットウ鈎の間は
赤のビニールパイプは絡みが少なかった。

    船宿仕掛け,テンヤ鈎,根元より12cmと25cmにカットウ2本鈎,
         http://www1.ocn.ne.jp/~satimaru/index.htm
    
刺身よりフグ鍋,しゃぶしゃぶが想いの他,美味しかった。
          (30日,日立久慈港,春盛丸,型良いが早水8,幡谷4),

                                          若波釣友会,7/10回,トータル順位,20/41位,
2000年Top





   2001年(平成13年)

   私事で釣りと遠ざかる。鵜原は今年0,若波も半分も行けず,番付かなり落ちる。
  船釣りは白ギス2年振り3位と,皮ハギのみとなる。
  フナ,側高で2位,
  ハゼは全体に釣れず,利根川,藤原川が間々よかった。早めの内房がよさそう。
  鵜原,前3ケ月は荒天が続き,後は私事で参加できず,1年を通し歩む事はなかった。
    スルメイカ,秋に1度大釣りあり。
  飼育しているタナゴは12月の暮れに1匹死しに,10cm前後の4年目タナゴ16匹前後となる。
    タナゴは北浦,湧き出すも行けず。
  正月を除き会以外,海へ参加せず,電動購入するも1年間使わず。

1月07日

皮ハギ

岩井,三栄丸,(正木丸,船頭の兄),                                   藤本,幡谷,沢田,松村,



      快晴,北北東の風弱くウネリ少し有り,水温は暖かく澄む。
        1週間の冬型が崩れ,夕方より低気圧の影響で,雨から雪にななる。
         帽釣会の斎藤,早水氏等に船着場で出会う。彼等も皮ハギ釣りに現れた。
                                              中潮一中潮,干潮9:46,

   6;30出船, 初竿と共に1枚掛かるが後が続かず,アタリは皆キタマクラのみ。
            島寄りではアサリも根に取られる。

   潮止まり,  ひと流しに5枚は今日一番の食い,叩き釣りの後,そっと底に付けるとアタリが取れた。
             この場所はキタマクラも大きい。漸くツウを抜けるも後が続かず。

   後半,    エサを取られるようになり,掛かるのはキタマクラばかり。
   13:00,    沖揚がり,
                                      14枚(ワッペン2),外道キタマクラ,トラギス,ベラ,
     
セミ竹竿,幡谷作(硬いか?),アブ,小アジ鈎.ハゲ鈎,オモリ25号, 
       アサリ2k¥1500,船代¥6.250,

     
アブ5600c赤,中町会,杉本氏より寄贈されたものを坪谷氏より譲り受ける。リール捲き硬く修理へ,
     *1日,渓流竿,流心530,szm¥980,アオリエギ3.5×2,\360(上州屋)

 1月28日

 

第1回若波本会,流会,
  フナ沼川,大雪で高速車走れず,

 2月18日

タナゴ
ブルーギル

ワニ川,根三田, 薄曇,                                                 浅草帽釣会,



       朝方の北風も治まり,10℃と暖かくなる。

         タナゴ釣りを目的に斎藤氏に誘われ釣行したが,食いなく中途半端な釣りが続いていた。

  

    ネサント,テトラに6時,暗く竿にタナゴ仕掛け付けられず,明るくなるのを待つ。
         タナゴ釣り(ヤリ,又,オノアカ,)テトラの間,深い所を狙う。水深1m弱,

       初竿,穴に入れて直ぐ鋭いアタリあり,今日は束釣りと喜ぶがバレた。
         タナゴではなく16cmのブルギルがスッポ抜ける。

       そして又もやハリスを切られる。テトラでは大分大勢の釣人がが竿出すもアタリすらない状態が続いていた。
         即,オモリ0.5,フナ仕掛けに変え,ブル3匹確保する。
         今回はブルも難しい釣りになった。会員,10名程がテトラに居るも,まだ釣果0,私がトップにでる。

   根三田舟留,再び気を引き締めタナゴに奮闘する。久し振りの舟溜だがアタリなし。
         待つことなく,釣り上げる者は居なかった。
   テトラ,再び戻るもタナゴのアタリはなかった。

   掘割川,地元の人の話を頼りに谷原橋に行く,水深2.3mと深い、
         ヤリが釣れると竿2.1を3.6mに変えるが,歩くわりに釣果なし。斉藤氏と供に0一0だった。

   テトラ10時,タナゴを諦めブルに専念する。3間やや短く,30cm程先糸を伸ばし馬鹿にする。
         遠のくアタリに12時半納竿した。
             (ここは
3間半以上,2本鈎,袖12,ヤマベ8,キジ,栗原氏,)
     テトラはここ2年連続不漁。今回は米島舟溜で並んで1,2,3を独占した。
     荒川の会,神宮橋上流,モエビで尺ブル,T,12k
                             ブルーギル6匹,1.010k,15/21位, T,4.2k,坪谷氏,

     当日,掘割川,谷原橋下流右に鉄鋼所を見て,更に下ると橋があり突き当たる。
       その
左岸のホソでタナゴ入れ食い,水深70cm,池田氏,

2月25日 第2回若波本会,休会,
  私事で参加できず。フナ

3月04日

鵜原中止,
  ヤリイカ釣り日本海に低気圧が入り,海は大荒れ。

11日

 

増島氏より釣り海道具を遺品として寄贈される。

25日 第3回若波本会,休会,
  ヤマベ,

4月04日

霞ヶ浦〜与田浦, 快晴,暖かい,                                        若波釣友会試釣,
                                                  5:00〜16:00,


     土浦より左岸沿いを下りながら試釣するが,水悪く食いは0。大重も悪く与田裏に出てアタリを見付ける。

土浦,阿部釣具店,
旧道より田村,沖宿ホソ,
牛度,水死に玉造湖畔,
浜のホソ,
大重水路,
西部与田浦方面,
六号,送電線〜附洲
南水路,
 々 以遠,
矢良川,
六号,送電線横ドカン,
中洲ヨコ,荒川新掘,
新川,会はいるが釣れず,境川はヘラのみ,
水深30cm弱,フナ居るも釣れず,水悪し,
ホソも水が死に悪臭が立つ,
竿9尺必要,
ブルーギルのみ人居ず,
釣人居ず,
午前中,小型フナ数でる.40〜1束(帽釣会)
電柱3本までヘラ多く大型でる(久郷氏)
南より市和田干拓北水路,釣人何処にも居ず
人家付近のみで食い悪い,竿ださず,
最後に食う,30分で5匹釣り,納竿,
帰路,釣人多いが,竿上がらず,

   竿2間,2間半,ソデ4,赤虫,
     何処もその釣場で,どうにか型を見るが小さい。

 4月22日

小見川町,側高水路,                                                 若波釣友会
                                               中一大潮,干潮10:30,



    霧雨後曇,11時過ぎ陽射しが出るも北西の風が一日中強し。前日に続き10℃も下がり8〜15℃,
      一週間前,再試釣の折,何処でも間々釣れていたが?


     明け方の側高水路,
   下流,高速道を望む


   初めての側高水路,川を知ろうと利根川水門まで行ってみるが,小ブ4寸1匹のみ,それも投げた途端のアタリ。
     途中,良さそうなポイント多いも外道のアタリすらない。釣人も居ず,下流はフナも居そうもなかった。
     霧雨は止むも陽は射さず,北寄りの風は治まらず肌寒い。


   明け方からの歩き,戻る途中,仲間から歩かず早く釣れと声が掛かる。それも会う人,毎である。
     皆,もう何匹か小型だがフナを確保していた。

   フナ,最後の穴場を拾う,
     9時半,
歩き疲れ戻り,バス近く土手下へ入り込む。穂先は強風に煽られるが体は隠れ暖かい。
     それだけでも和むものの,初竿からフナはよく食った。誰かがコマセを撒き諦めた場所らしい。

   ポイントも良い。葦が両岸を被い対岸まで2間半,水路中央の窪みが魚道となっている。
     置き竿は2間2本,赤虫にするが,ヘチは全くアタリはなかった。

     
上鈎,発酵イモグルテン,下鈎,赤虫,金袖5,立ちウキを通す,


   漸くきた最初の1匹は,やはり嬉しい。タモに8寸が入った時,心に安堵感が走っていた。
     再び誘うとアタリがきた。そして置き竿にもくる。中道の深みに竿を並べ,時折小ブに混ざり7,8寸のフナが掛かる。
     ここは葦に囲まれ周りには見え憎い。1時間の入れ食い,1人竿を出し笑いは止まらなかった。

   10時半,潮止まりでアタリは全くなくなった。後半は上針を激グルニンニクに変え下鈎のみ赤虫に。
     再び小ブナが集まりアタリでだした。今度は数釣りとなる。ビクにはフナが重なりだしている。

   フナの上げた数を忘れる程釣れた。足元,葦の中のビクは時折,フナが跳ね上がり,踊る水の音色が心地よい。
     数釣りでも負けぬ釣りが続いた。


    ビリが上位を狙えそうになる。良いポイントに入った。最後にフナ7寸を上げ12時,納竿。
     当番で1時間前の揚りだが,まだ釣れるも残念さはなかった。
     検量では不思議がる人で溢れた。何しろビリが2位を取り,数ではトップに立つ。

     T澤田2260g,3馬場,4内田,28真木, フナ1.45k(7〜8寸,4匹に小ブ),数ではトップに立つ。2/33位,0は4名,
       トータル順位1/3回,29/40位,


   よく歩いた

 5月27日

ヤマベ

清水,巴川, 曇,一時雨,午後晴れる,                                        若波釣友会,



     巴川橋下流,左岸吐出し,
   中,小,混ざる。以前,栗原氏数釣りで目方を稼ぎ優勝した所らしい。
     ヤマベは薄く動くに動けず,ヤマベ釣りでフナが掛かる。

   ここ巴川はフナ釣りではフナが来ず。来ないでよいフナが又掛かった。外道は尺フナ含め6匹に。
     竿2間半,袖4,(秋田キツネ5,斎藤氏)30で1鈎,栗虫と赤サシ,

   毎週のようにヤマベ(会)が入り,河川周辺は付近とのトラブルが多い。
     下流は魚薄くなり,
神社から二俣までがポイント,今回は何処でも2k以上が釣れた。

   優勝,新巴橋下流右岸,2位は左岸,上位は神社付近上流,
     パソコンで右肩が少し張り気味の所,久し振りの釣りで気だけは軽く感じていた。
                                              ヤマベ1.305g,17/33位,

6月10日

 

デキハゼ

塩浜,汐見運河, 曇,                                                   駒田,松村,
                            大潮一中潮,満潮6:16,干潮13:24, 4:20〜13:15,



   6月,初釣りの割にハゼいず,食い悪くポツリポツリの誘い釣りになる。
     色々な竿で探るが岸辺にはいず。その中,9尺竹竿がよかった。

   鈎はアキタキツネ4より
金袖3.5〜4が良かった,。垂らしは5mm程,
     満潮時,食い上がらず。
     下げ10時,
上流,橋元,入れ食いとなる。刻一刻と水面は下がり競争の釣りになった。その掛け合いが面白い。
                                       ハゼ5〜7cm(6.5cm中心),3.3束,アオイソ,1/2,

6月24日

ヤマベ

久慈川支流山田川, 曇一時霧雨,                                         若波釣友会,



      常磐道,日立南ICより約40分,
        常井橋,計量場所より下がるが,アタリ少なく遡る。全行程7k弱,


   左岸土手上,径あり,
     中流はポイント多く渓流としては申し分ないがヤマベはいず。
     アタるどころか遡るもヤマベ走らず。途中でハヤベの大型1匹のみ。

   いる場所は小ヤマベのみでアタリはあるが栗虫,食い込まず。釣人も少なく仲間も居なかった。
     バス最終より上流が平均的に上位を占めた。

   更に上流が水多くポイントとの事。
沢田氏,赤虫1〜4,
                    T藤本1055g,2干場735g,3久郷,大型栗原 ヤマベ38匹(50),400g,17/28位,

  
    ポイント,常井橋,直ぐ上,石畳の埋る場所,その上右カーブ地点,
        下流,左岸ホソ合流点,その下,吐出し,
        岩手橋手前左岸テトラ,その下ホソ,

7月01日

白ギス

鴨川,浜萩港, 保栄丸,                                             帽釣,若波会合同,
            晴,少しウネリあるが凪,澄む,
                                      長潮一小潮,干潮7:58,右舷ミヨシ,6人,



   初釣はバケツに入れたつもりが海へ。気を取り戻し釣るが,以外と食は渋い。
     遠くに投げてもアタリは船下にでて,根気を持って丁寧に誘う。

   今日の一番,キスに
ヒラメが掛かる。
     キスにしては重い引きの後,三段のリズムで重さを増し,リールが動かなくなる。

   タモ,タモと叫んでも援助もなく,暫く海面に漂うもバレた。隣に釣座を設けるも,気を配ってくれぬ斎藤氏,
     吐け口がなく船頭に怒鳴る。その後,船頭もタモを手元に用意した。

   入れ食いはないが,フグに仕掛け3,切られただけで平均的に釣れた。
     今回はピンキスがいなければ大型も掛からず。
           ダイワ竿2.1,ハヤガケ3本鈎,赤ビニール,ハリス1,75cm、ジャリメ2,4杯,
         
  (茂木氏は流線7,2本鈎,金玉,ハリス0.8,エダス6,75cm)

   前半,ひと流し1匹のみの釣りが続き釣果伸びず,根気にも負ける。
     外道に小フグ1,メゴチ2,ホウボウ中1,
             T茂木5100g,2藤本3670g,3飯田,4小檜山, シロキス3000g,79匹,竿頭,総合5/35位,若波3位,

7月08日

デキハゼ

塩浜,汐見運河, 曇後晴,                                 駒田,松村,(折原,栗原,沢田,飯島)


                          大潮一中潮,満潮5:35,干潮12:35, 4:30〜10:00,

   前回より型5cm前後とハゼ小さく食いは悪い。
     朝方,掛かりだすもデキハゼの食い方と少し違い,波に乗れず。
     ゴカイを貰い,少し良くなるが型は悪くなる。
                           9尺竹竿,金袖3.5〜4,オモリ1,アオイソ,ハゼ1.3束,

   7月20日,ハゼ,木更津,
赤橋,水流変わり全滅,日鉄前,食い立つ。
            大潮,干潮10:35,金谷,久郷氏
,2人で8束,

8月12日

入江川第四,第三小派川, 曇一時雨,                                         駒田,松村,
                                 小潮一小潮,満潮9:53, 5:00出一15:40宅,



      久し振り子安へ。出田町では延べ竿で,型良いハゼが入れ掛かりになった。
        続いて選んだ造船所ドックでも,上げが利き入れ食いになる。
        ただ海水の上昇は外道として,今まで見られなかったハゼの仲間達を釣る事になった。


   第四小派川,5時40分,1時間入れ食い,ヘチで型揃う。
        河口寄りのみだが,ハゼ全てが型が良く,引きもよかった。
          デキハゼいず,のべ竿でこれだけ揃う事は今までなかった。
ハゼ10〜12cm,60匹,

        ただここのみで他の台船では全く食いなく,ハゼ釣れず?
          出田町埠頭ではシロキス釣りは多いが,今日は今いちとの事, 8時納竿,

   第三小派川
     西側のドック

    8時半,ひと回り小さいが,1時間の入れ掛かりが満潮まで続く。
                                 上流,10cm前後,15cmを釣る。ハゼ1.6束,

    昼食後,場所取られる。2m先浅場,ここも型良く入れ食いに。
      ただ,この2ケ所以外,今日のポイントはなく,後半我慢の釣りをした。14:40納竿,
                                    竹竿9尺,金袖4〜5,青イソ,ジャリメ,計ハゼ2.2束,


    今回は,マハゼ以外に
オキハゼが,初めてよく掛かった。
      型良く歯があり茶褐色の縞がある。海水温が上がり,温暖化に寄るものらしい。
      又,型が中の上で
黒い斑点を持つダボに近いハゼ,ウタウタイが5,6匹釣れたメジナも,

    今回より造船所の作業行程が変り,第三では船底の掃除をしなくなる。
      運河寄りドックを使用し,船底の貝を削り取るとの事。故年毎にハゼ釣りが難しくなりそうだ。

8月19日

デキハゼ

天王洲運河, 曇,                                                横山,駒田,松村,
                                             大一大潮,干潮11:15,


         散歩から竿を持ち出掛ける。天王洲橋1時〜3時半,

    右岸,浅場で細かいがアタリあり,少し深くなるとハゼいず。
    左岸,2時半,一時食い立つがハゼは小ささが目立った。
                           竹竿9尺,金袖4,キャリ,青イソ,ハゼ45匹(ヒレ5),
    大井運河,潮が干し上がり釣りにならず,各見学のみ。

9月04日

利根川,豊里下流,上芝, 小雨,                                      区釣連,浅草釣遊会,
                                     中潮一小潮,満潮8;32,干潮14:05,



     右岸ゴミ処理所より500m上流,テトラ1kで型とく20cm級がでるが食い悪い。
       先週,29日は大潮,干潮10:53でテトラでは入れ食い,釣人多く根こそぎ釣られのか?
       誘いは上下のみ,ただオモリ数は多く取られる。
竿3.3良,袖8良,


   処理所より下流20分,高田川,河口に立ち込む,(対岸,真向かい川尻)
     前半,河口はアタリ少なく型も小さい。
           カーボン9尺,オモリ1.5,湘南シネリ7,2本鈎
(つるべ式24cm良),

     8時,一時入れ食い,良く抜けた。竿2本使用で1本の方が有効かも

     後半,
後藤氏より忠告あり,潮下げ利けば食うと。,アシ下食い良くなる。
           垂らすと根掛り多くオモリごと取られる。袖8,効率悪くゴカイ2杯残る。

       T後藤氏7k
,袖9,ハリス7cm(藤原川も共通),久郷氏もハリス7cm,
                              
ハゼ1.75k,区釣連20/68位,浅草釣遊会13/29位,

9月16日

藤原川,岩城勿来, 曇,                                           帽釣会,若波会合同,
                                         中一大潮,干潮10:10,



   明け方,  
昨年と同じく上流側二股,三角洲寄り, 釣りのアタリよりブヨが多く,早々に立ち込む。
           左俣右岸の葦攻める。薄濁りにアタリあるも食いは浅かった。

   9;00,   潮止まり,どうにかのアタリ,我慢の釣りが続く。

   10:50,  一時,入れ食い。餌を取りに行ってから2本竿,
           気合のみでアタリ弱く,餌ばかり付けチャンス失う。
           (一本竿のみにすれば伸びたと思う) 竿9尺と2間,

   11:30,  水は更に濁り,全くと云う程,食い止まる。

   12:20,  納竿,カーボン9尺,オモリ2,袖9×2本鈎,立ち込み,ゴカイ3杯,

    ハゼ, 藤原では小型だが,ハゼ締まり色よく,前年に比べ全く別ものとなる。
         糸鳴りは数匹,中型揃う。1匹掛けは垂らし長く,釣りにならず。
        
中型の場合,ゴカイ頭半分上鈎へ下半分下鈎へ,ここでは満潮時,10尺竿がよい,

                1位栗原,本流左岸鉄橋下流,2位幡谷,鉄橋前後, ハゼ1.930k,合同7位,若波7/43位,

     (スルメイカ,鵜原沖水深200m凪,雨強し,宮腰50杯台,平均30〜40杯台),
     (ハゼ,15日,横十間川6号高速道下,1時間一束ペース,人居ず),

9月24日

堅川,横十間川, 快晴,
                                     小潮一小潮,干潮14;56, 14:40〜16:00,



   高速小松川線下,堅川は細水路,先週まで暑い中,入れ食いが続いたとのこと。
          堅川水門と橋の間,ハゼ中型いるも食い気は全くなし。やはり見える釣りは難しい。
                 竹9尺,袖5,アオイソより
キジが食う。1時間,ハゼ20,
          23日,柵を越え一之橋真下,型小さいが間々釣れた。駒田氏,

   天神橋     〃  浅場食うが,竿長く苦労する。ハゼ10,
                直ぐ場馴れし,食い浅いが,2,3投までは集まった。バイク,

10月07日

ハヤ

相模川水系小鮎川, 飯山温泉,曇,                                         町会芋掘り,


   町会旅行で,芋掘りの後,14時から1時間半を掛け,宿の裏側に流れる小鮎川に入ってみる。
     
渓流美は良いが鯉以外居ず,堰はなし。竿をだすがヤマベいず。
     初釣の1回のアタリでハヤ1匹のみ,型はよい。秋谷氏そのハヤを食いたいと云うも,手を放した後だった。
     竿2間半,金袖4,赤サシ,

10月14日

新中川,東大島駅下, 晴,                                                駒田,松村,
                                     中一中潮,満潮15:44, 14:00〜16:00,



  
佃船溜, ハゼのアタリ0,竿2間, →月島川,釣人居るもアタリなく竿ださず。

   新中川, 都営新宿線,東大島駅下,左岸の小松川公園はデキハゼ混ざるがアタリは薄い。釣人は多し,

   右岸より下流
    早い時期が楽しめそう,キジ使用が多い,Pは橋下,
                               竿9尺,2本鈎,ハゼ鈎5,アオイソ,ハゼ8cm10,

10月21日

皮ハギ

岩井,正木丸, 快晴,ナギ,濁りなし,                                        浅草帽釣会,

                      中潮一中潮8:12,干潮13:23,右舷2,(6人乗,),6時〜13時沖揚り,



      前半,湾中央から富浦より,水深30m前後を探る。北東の風,
         食い悪くキタカマクラ,トラギス,ベラと五目釣り,時たまカワハギが混ざる。

          仕掛けのエサは残り,アタリを取るがバランス悪し。


   中半,島寄りに,
     エサ取られ始め,間々の釣り。浅場で
赤目の良型を釣り上げる。
     20日,ほろ甘味のシャブシャブ絶品,子供が美味さを証明する。

   後半は南風,
     エサなくなり塩漬け使用,根掛り多い。古いアサリの工夫が必要だった。
       エサ,仕掛け頻繁に取られる。アタリ分からず釣果1枚,ハゲ鈎4,エサは付け易いが,大きいかも。
       セミ竹竿,アブ,3本鉤,オモリ25,左舷釣り易く数でる。 
                                       全体に釣れずT27枚,皮ハギ14枚,8/30位,

10月22日 第9回若波本会,休会,

11月04日

子安より根岸へ, 小雨後快晴,濁り,                                         駒田,松村,
                            前日は久振りの長雨,中潮一中潮,満潮6:50,干潮12:29,



       子安が釣れず,根岸まで足を伸ばすが釣果なし。墨田川に寄り帰宅した。

   子安,第三小派川,
        5:40,台船より下流側カケ上がりでポツリポツリのアタリ。ハゼ15cm,
          潮止まりから下げ,岸辺より浅場が食いよく,アタリ弱いがモタレが良く分かった。
                                    ハゼ1荷一度のみ
,メジナが掛かる。ハゼ15cm25,
        9:00,エビス本流,浅場ダボハゼ入れ掛かり。
         
デキハゼのカケアガリ8月,そして今回も同じ場所のみ,シーズン通し他の場所,アタリ少なし。
   山下,湾港病院前,  
        10:30,アタリ一度のみ,
   根岸,中村川,     
        11:30,上流二股右岸,ハゼいずアタリなし,地元の人に聞くと,今日は今年一番の悪い釣り日との事。
          濁りあり,9尺竹竿,オモリ1,袖6,ゴカイ1/3杯,
   墨田川,蔵前左岸,  
        12:20,竿出さず,25日の町会ハゼ釣り大会用に偵察, この所,手前でも釣れだす。オモリ15〜25号,
          ハゼ20匹前後,本流し流10時から4時間,竿1本30号,ハゼ12cm30,

11月11日

築地市場周辺, 快晴,長一若潮,満潮14;23,                                    駒田,松村,



      先週,築地に通う木村氏より築地川でハゼが釣れていると耳にし,出向くが?
        ハゼのシーズンは既に終わっていた。

   12;30, 25日用,町会釣大会の仕掛け買出し,
   13:30, 
築地川,魚市場,環境よく釣れそうだが,アタリなし,水深3.5m,2間半竿,
                 上流,国道寄り,南門橋手前,ヨットハーバー,水深60〜100cm,アタリなし,9尺竹竿,

   14:30, 月島川,橋上より右側,両岸寄り浅場でアタリ少々あり,型を見て帰宅した。
                型を見ればと不精に竿を取替えずに釣る。
竿2間半が良い。
                                          ハゼ10cm10, 9尺竹竿,2本鈎袖7,アオイソ,

11月25日

第10回若波本会納会,フナ与田浦,休会,
    平成13年度トータル順位,7/10回,21/43位,

隅田川,蔵前右岸テラス, 第1回ハゼ釣り大会,
                                                  台東四町目町会, 協賛,台東区,



   町会の有志が墨田川でハゼを釣ろうと私の元に集まり,町会も行事として乗り出した。
     初めての事であるが台東区,ハゼ釣り大会に合わせて試みる。11月初めより見聞を広め当日に備えた。
     場所は蔵前テラス,自転車で十分な距離にある。運送車だけは警察の許可を黙認の形で取る。

   エサ,保険は台東区に委ね,町会からは飲物,弁当と若干の針とオモリを求めた。
     寄付の酒は大いに助かった。酒1とビール2ケースが追加となり,現場で全て消化する。
     後は天気と場所取りにある。若者と釣りを趣味にしている人を集め,総勢6名が初めて大会に挑む。


      快晴,無風,澄む,暖かい陽差しに恵まれ,潮悪いが楽しく過ごす。
                                          長一若潮,満潮13:41,
   10:00〜14:00,
     釣りは9時半より始めるがハゼの食い悪く,日中ぽつりぽつりのアタリ。間々,本流沿いが良く型は14cm前後, 

   10月初めに川を底洗いしたとの事で,根掛かりは以外と少ない。
     十数年振りに竿を持つ者が多く,全員が一匹の形を見るよう心掛けた。

   納竿14:00, 30分前より下げ潮が利き手前でも食いだした。アオイソ垂らし3〜5cm,
      50cm2本鉤,金袖6〜7,又は
ハリス15cm1本鉤,オモリ20〜25,
      
流れ強い為,道糸細い程アタリが分かり易かった。


   子供の頃,釣ったと云うも仕掛け,釣り方の分からぬ者が多かった。
     丁寧に指導し投げて教える。そして全員が1匹以上釣り上げられるよう気を配る。

   1匹釣り上げた顔が素晴らしい。皆,昔の童心に戻り,釣れたと私に見せにくる。
     私より年輩の人がハゼ1匹を上げ,楽しむ姿がほのぼのしい。
     そして1匹,2匹を今晩に調理すると。昔の我が家を想う。私の家族にも,そう云う時があった。

   31名参加,トップは美濃羽氏,34匹,全員1匹以上釣り上げた。
     南町会釣り会,T24匹,坊主かなりでる。

7:30,
9:30,
10:00,
12:00,
14:00,
役員集合, 現地8:30より,
餌,飲み物,
澗酒,
松屋,牛丼,カレー¥280,
終了,

   準備会,酒,飲み物,釣具(金袖6〜9,テンビン小,ハリス1,オモリ20〜30,)
     その他費用¥35.000+反省会, 役員は木村,駒田,峰岸,戸倉,中島,松村,


   思いのほか参加者した者が多く,翌年より町会のレクレーションとして,規模が拡大される。
      釣りだけでなく,見ても楽しめるよう行事を広げ,オデンに鰯汁と食物も増した。
     その後は鳥海の年中行事になる。

12月09日

隅田川,蔵前右岸テラス, 快晴,北風強し,                                       駒田,松村,
                                             湧小潮一長潮,満潮12:23,


    13時半,駒田氏の釣果を見に行く,朝方は釣れたようだ。
      9時半より竿2本で15匹,前回よちハゼ一回り大きくなる。

    知人に竿1本借り2時間ばかり釣る。15cm前後6匹,ダホ1匹,
     
道糸太く潮流れ出しオモリ20号から25,30へと変えるが流れ止まらず。金袖7,
      橋,真下,根掛かり多し,陽陰り15時半納竿
,キジ良,

12月16日

隅田川,蔵前右岸テラス, 快晴,                                            駒田,松村,
                                               大一大潮,干潮11:42,

    午後,散歩がてらテラスへ。釣りをしていた,駒田氏に竿1本借りる。
      11:00〜13:30,ハゼは更に一回り大きくなった,16cm前後,5匹,袖7,

                                         若波釣友会トータル順位,7/10回,20/41位,
2001年Top,





   2002年(平成14年)

  2月より釣行に参加出来るようなるが,法事,みずほB合併の仕事が重なり,前半は潰れる。
  鵜原は
釣場を近海と沖釣りを分けるようなり,衣裳ケースは使用しなくなる。私はイカ釣りのみに終わった。
  7月,飼育タナゴ,全部を山岸氏に譲渡,
  白ギス, 竿頭がつづくが,又又1位取れず。
  鯊, 斑多く遠征と潮,早めにチャンスを取れば続くかも? 横浜,復活なるか?

1月05日

隅田川,蔵前右岸テラス, 曇り一時雨,                                         駒田,松村,
                                       中一小潮,満潮9:32, 9:30〜11:00,

    釣人居ず。道糸,新素材1,ハリス1.5, 一度もアタリなし。
    月島へ移動中,雨となり帰宅してで酒盛りになった。
           池田氏,桜橋左岸より10月中旬バケツ一杯,3本竿,11月に1束,

27日 第1回若波本会,休会,
  フナ黒部川,干場1匹,1/22位で早揚がり,参加22名,

2月24日 第2回若波本会,休会,
  フナ黒部川,T六波羅3135g,2栗原,3坪谷,参加29名,

3月21日

佐原〜黒部川, 快晴,暖かい後烈風,                             若波釣友会試釣
                                                         金谷,久郷,横山,松村,



      福島水路より与田浦を抜け黒部川まで試釣するが,誰もが釣れるポイントは見いだせなかった。

   福島水路, 潮来インター直ぐ西,信号1本目ホソ,
          前回,浅草釣友会が入り数がでる。ポイント小屋前で水深あり,
            アタリは大型,1匹のみ,久郷氏,(3/31,会入り上流で大釣り,20匹で6kでる,)

   境島水路, 水あるも濁り食い悪い,フナはまだ腹膨らまず水冷たし。
            南半分は土手改良工事で水堰き止めていた。

   学校裏,
  右岸,中学校横

   学校裏, 赤虫で9寸1匹,タモなくハリス0.4で引き抜く。ヘラブナ仕掛け,鰍沢作,
   中州タテ堀, 水あるが濁り強く全員アタリなし,風がでてくる。
   六号水路, フナいるも釣れぬとのこと。藤本氏,
   南水路, 風出てアタリ取れず,全員0.


   泪川
  附洲大橋より下流水門




  右岸で竿出すが

   泪川, 左岸,橋より20mが今回1番のポイント,
         風強く竿あおられ釣りにならず。
         朝方,流れなく立ちウキ,練りアルファー1で数でる。(内田,藤本氏に出会う,)

   黒部川, 横殴りの風強く釣りにならず。南水路に水箱忘れ往復し帰京した。

         正午,帰り砂嵐のような南風に迎えられた。
           クロスで1ケ所,水田に水入るのみ,水門は殆ど開いていた。

         竿2間,2間半,袖6,アルファー21とイモグルテン,赤虫,
二叉,ハリス長い方で10cm,久郷氏,

3月14日 岩魚釣り中止,
  釜無川水系御勅使川,私用で急遽中止する。

24日 第3回若波本会,休会,
  フナ与田浦,T幡谷3815g,2斉藤,3内田,参加35名,

4月07日

鵜原中止, ヤリイカ釣り水深120m前後,漸くの参加が波浪警報5m,

28日

第4回若波本会,休会,
  
フナ側高水路,
T内田1350g,2澤田,3金谷,参加35名,食い悪く坊主5名でる。

ヤリイカ

鵜原,まさえい丸, 快晴,
                                           左舷栗原,松村,安部, 右舷友江,宮腰,折原,



     北東の波浪3mが近場の為か2m,そしてナギのような静けさになる。
       微風へ天気も急速に回復した。春の陽差しは暖かい,回復も早ければ心も心地よくなった。

      2:15東京を発ち,5:00出船,
竿出し5:45[協定],興津沖40分行程,
       前日,同地点で今年1番の入れ掛かり,3,4点掛けが続いていた。
       そして急遽,アオリ,イサキ釣りをヤリイカ釣りに変更する。


   前半,全員地底で1杯ずつの入れ掛り,その中,唯一私一人がその1匹を釣り上げられず。
         水深110〜120m,オモリ150,ツノのせいか? 船頭は底たちが取れていないのではと? 
          不思議がる程アタらず。漸く小さなメス2杯を掛かけるが。

 
  中半,宮腰氏より今使用している仕掛けを借用して底立ちし即,アタる。
          底より3mで追加のイカ乗せ,上げてみると3杯でリール,一時動かず唸る。

   後半,お祭り多く,又自分でのお祭りで釣りにならず。2杯のみ,
          水深120〜130m,メス,卵子, オス,白子あり,

   ヤリイカ,今年は痩せている割り市場1k,¥3000と高い。値よく漁業船混じりの釣りは12:00沖揚がり,
                                                         ヤリイカ13杯,

         新電動リール,16ヶ月振りに購入後,初めて使用,竿が柔らか過ぎた。

5月19日

デキハゼ

塩浜,汐見運河, 晴,                                                  駒田,松村,
                                小一小潮,満潮8:10,干潮16:04, 10:30〜14:10,


   仕事の関係から鵜原,沖釣り不参加。5月のハゼを初めて試みる。
     石陰に落とすと大型ダボが幾らでも釣れる。エサを見るとハゼを越え飛び付いてきた。

   それを避けエサを少しう動かすと,ハゼは集まりだしエサを追うようになる。
     引っ掛けるよう竿を動かし平均的に釣れだした。
                         竿2.1,秋田狐2〜袖3.5×2,オモリ0.5,アオイソ, ハゼ5〜6cm,2.5束,

5月26日

第5回若波本会,休会,
  ヤマベ逆川,T幡谷3555g,2久郷,3斉藤,参加38名,

クチボソ

伊豆長岡,狩野川, 快晴,                                         連合睦旅行,横山,松村,
                                                5:00〜6;30,


     明け方,4時10分,河畔越えに空は紅に染まる。
       朝焼けと富士の残雪の煌めきが素晴らしい。横山氏と竿を持ち宿をでた。

   本流, ヤマベ,居そうな気がするがアタリは全くなし。渓相は素晴らしいが釣人も居ず。

   下流, 左岸ホソ,鯉,鮒居るも囲い厳しく竿を出せず。
        吐き出し,栗虫でクチボソを釣る。竿2間,
          残念ながらポイントの枝沢は,かなり上流のもよう,早々に引き上げた。
          今日,当日は上流部アユ解禁日,

        帰宅して水草を採取,タナゴの水槽に入れる。その中にヤゴがいた。タナゴは強し,

6月02日

デキハゼ

塩浜,汐見運河, 晴                                                  横山,松村,
                                         中一小潮,満潮8:10, 5:00〜9:20,


    前半から中盤に掛け,潮止まりを除き,入れ掛かり。
      デキハゼは前回と型変わらず,前回よりエサの垂らしを小さくしないと食い悪し。
      竹竿9尺でヘチ狙うもアタリ分からず,ウキ釣りとなる。
                                       オモリ1,
袖4×2,アオイソ1/2,ハゼ2.5束,

6月16日

スルメイカ


鵜原,まさえい丸, 曇,一時小雨,西風3,凪,潮並,中潮, 
                                                       左舷安部,宮腰,松村,
                                      3:50,出船〜11:00沖揚り, 右舷友江,船頭,折原,


        先々週から10日間,スルメイカの入れ掛り,40〜80杯が続いていた。
          イカの群れは濃い,落とし釣りが続くが一荷,トリプルは少なかった。
          又,黒潮が日本沿岸に接近し
,水温は高く黒カジキが襲来する。水温24℃,

   沖合い1時間,
       タナ110〜130m,落としてのアタリが多い。底までは着かずにスルメイカが掛かる。
         ただ1杯掛けが続いく。ツノは
落し釣りではピンクがよかった。
   二流し7時,
       初の一荷後,1杯が続く,順潮,

   中盤,四流し,
       二枚潮,相変わらずタナ110〜150m,底まで210mだがイカが仕掛けを落させず。
          追い掛かりがない為,船頭よりツノ追加の忠告を受ける
ツノ6本より8本へ,2本のツノを足す。
 
      針掛かり後,ジグ釣りの如く更に細かくシャクってみた。
          初より3杯掛け,竿先潜るも新電動の威力は凄い
   後半,       
       タナ80mで1杯, サバに変わり,疲れもでてイカに集中できず,納竿した。
         
布スッテが良い,魚型,緑赤,食わなくなりハブラシも良い
          オモリ150,硬めの竿2.7,ダブル針は2の次,
                                                 スルメイカ30杯,サバ10,

       帰路,朝の飛魚に変わり,サハを狙うコアジサシが大海原に広く群がる。そこを切り帰港した。

6月23日

ヤマベ

萩間川, 曇一時小雨,                                                  若波釣友会,




          中流で
除掃剤を流され,ポイントを探すのに苦労する。

  宮下橋〜菅谷橋,
     2週間前,石上橋下流でクラー
除掃剤を流し,川は死んだとの事,
       故,澤田,小森,堀江氏と共に1度もアタリはなかった。,下流,高橋橋も藤本,坪谷氏,アタリなく釣りとならず。

   多くの仲間が上流に逃げる中,下ってみた。

      下降
   黒子に入り,ヤマベの形見たとの事で川底に入る。 
     川を下降するも魚の走る気配はなく,ヤマベは薄かった。相変わらず2,3匹の拾い釣りをする。

   男女橋より全く人影は見えなくなくなり,久し振り静かな渓相は堪能した。
     私が最初の下り人となったようだ。その都度,
コマセを撒いたポイントが,後の釣人の入れ食いとなる。

   右岸,工場下の排水口,ポイントと云うがアタリ少なし。2週続いて同じ釣会の人が入ったらしい。

   大きな堰下,右岸は少し良かったが,樹林を縫っての釣り。 

   菅谷出合, 小ハヤベ群がり,橋下では小ヤマベが群がる。  
            10時前,留まっているだけの時間は充分あり,腰を据え数釣りを楽しむ。目方ならず。

      ハリ赤虫3.5,栗虫からエビ2,サシに換え入れ食いが続いた。白サシの方が良かった。
         納竿12時,穂先を折る。竿2間半,シモリ,ニンニク入り蒔き餌,
         T菅谷川,久郷氏, 2,8,9位,男女橋,澤田氏, 3,5位,上流,幡谷氏, 6,7位,久保田橋,
                                          ヤマベ中流では2位,ヤマベ1.035k,14/30位,

6月30日

デキハゼ

塩浜,汐見運河, 小雨,                                                駒田,松村,
                                 中一中潮,満潮7:16,干潮14:17, 5:20〜11:00,



   潮の下げ,上げを通してアタリあるも食い悪い。 
     デキハゼ3〜5cmが群がり,袖4では乗らず,その中を狙う。前半,ダボハゼも多く浅場は今一だった。 

   餌も,その時により極小にしたり,垂らしたりする。アオイソは頭を付けると食わず。
     同じ状況が続いていた。他に移動した方がよいかも?
     
針は極端に出し,針元を隠す方が釣れた。
                            竹竿6尺,オモリ1,袖4,秋田キツネ4×2本鉤,ハゼ1.5束,

     浦安,境川,中旬,ワイド,及び明海橋,右岸早朝下げ,9時潮止まりでの釣り。
       約2時間,探り歩きで5から13cm,1.7〜2.5束, 竹竿9尺,オモリ0.5,ハリス12cm,袖4,

     新川,旧江戸川と中川放水路を結ぶ,川幅30mほどの河川, 
       竿2間で手前辺地を狙う。水深1.5m,下げで1時間,平均的に1束, シモリ,中通し0.5,袖4,ゴカイ,

7月21日

子安周辺, 快晴,無風,34℃,                                             駒田,松村,
                                          若一中潮,干潮8:45, 4:30〜11:30,



       木更津,地蔵掘へ行く予定を変更する。狙ったポイントに我が会のメンバーが入ると連絡あり。

   エビス第三小派川,薄濁り,
      
造船所最奥ヘチ,昨年の好ポイント台船上で釣る。
        初竿,食い悪いがハゼは零れた餌に集まりだし,干潮2時間前までは間々のアタリが続く。

      型はやや良く10cm前後,飴色で江戸ハゼの雰囲気を味わう。
        9〜12cm,ハゼの半分は卵をまだ持っている。

      
年からの沖ハゼとダボハゼのようなウタウタイが混ざる。
        ゴカイの垂らしは大きめに1cm以上にしないとアタリなし。乗りが楽しめる。ただツンツンが捕れず。
        前半の釣り場,台船上はビルの陰に入り,日陰で居心地は最高だった。

   第四小派川
      干潮時を狙い出田町へ,前日の横浜港花火大会の為か,入港できず遠廻りをした。 
        ヘチが食い,よい入れ掛かりだが,余りにも小さい。6,7cmのデキハゼがいる。
        ゴカイの皮で乗ってくる。暑さとエサ不足で,再び第三小派川へ。

   第三小派川 
      潮上げ出して1時間,食い悪く前半の勢いはない。
        納竿前に食い出すも,あくまで目立った餌のみ。ゴカイ半分をダブルに掛け,誘うと乗ってきた。

      ハゼはいる。餌に集まるが食い気がなかった。
        満潮を前後を挟めば,共によい釣果になると思われる。この子安は逃げ場がない事が難点かも?
        竹竿9尺,金袖4×2,ゴカイ2人で3杯,
                                                      ハゼ1.3束,


     ハゼ20日,村田川〜木更津,地蔵堀,食い悪く最後,排水口のみ。
            下げ良,21日,28日も会員通う。金谷氏,
     ハゼ21日,排水口のみ,又その間々置くと14cm
テナガ数釣,沢田氏,
     ハゼ21日,
村田川,JR鉄橋下デキハゼ入れ食い5人で10束,

 7月28日 白ギス 鴨川,浜萩港, 実丸,                                              若波,帽釣会合同,
         薄曇,ウネリ少々,薄濁り,北寄りの風,

                       

                                                  5:00〜12:00沖揚がり,
     全体的に釣れない釣行となる。船は走り過ぎた。竿頭によるが落ち付いた釣りを楽しめず。
       最悪の船に当たったと思うも,如何にか上位に食い込んだ。

                                     中一中潮,満潮6:28,左舷大トモ4,水深15〜30m,

   前半, アタリ殆どなくフグのみ。一流しキス1匹の釣りとなる。
         続けて4投,仕掛けを続けさまに切られる。一度は先糸より全て失った。
         深場,竿を替えオモリ20にするもアタリ0,型見ず。 

   中盤, 
港より新港寄り浅場で初めて食い立つ。一回り小振りだが必ず掛かる。
         時には一荷で8匹を釣り,同じ場所10分の延期を船頭に申し込んだが,
         他誰も釣れぬと,はっきり断られた。 

   後半, 戻り,幾らか食いだすが,投げての引き釣りはアタリが乏しい。
         相変わらず,船底付近を潮の流れに任せ,オモリを軽く上げ落とし込むと,落とした後,アタリがでる。 

        アタリは確実に取り納竿となる。エサのジャリメを半分,ダブル,ちょうん掛けで目駄させた。 


   船が走り過ぎた事。アタリが乏しいのに深場は型が良いと船頭のポリシーが強すぎた。釣らす発想がなさ過ぎた。
     動く船,その間竿はだせず。今回は下げ釣りとなり常に船底ミはヨシ寄りに流れていた。 

   私はギィックリ腰の後で完治しそうだったが,又重くなる。
     75cm,ハリス1,ハヤガケ8,×3,オモリ15,ジャリメ2杯強, 道糸,新素材1,先糸75cmナイロン3,後半,仕掛け100cm,

                      T澤田1905g,2藤本,3幡谷, シロギス1.45k,43匹,竿頭帽釣合同5/38位,若波4位,

   余りにも釣れず順位は下からを考えていたが,5位に居座った。それ程全体に釣れなかった。
     この1週間,台風のウナリの為,全く釣果がでなかったとの事。

8月11日

海老取川より京浜運河, 快晴,南南西の風強し,水濁り潮悪い,35℃,                      横山,松村,
                                                  大一中潮,満潮6:08,



       初めて多摩川でハゼを釣る。羽田空港の玄関口,うまく駐車場を見付けるも釣果悪し。

  羽田,海老取川河口,
 

左岸より釣るが風で釣りずらくアタリ弱い。
  穂先を弱くツンツンと2度叩く感じでゴカイの垂れ部分を
   舐めているようだった。

ブルの後は釣れず,偶にノリのみで釣る。
  型は良くハゼ13〜14cm,
  2週間前,同じ潮で食い立ったとの事。
暫らく下げの状況を見るもアタリ少なく退散した。
  5:00〜7:30,  
  9尺竹竿,袖4〜7,オモリ1,ゴカイ1/2,
           もう1度来る価値はあり,ハゼ14匹,

P,弁天橋を渡り,最初の信号を右折,100m左,




  その後,聞いたポイント,
 
D,「てんくう橋」〜「弁天橋」までの300mが釣場,
  特に弁天橋寄りの100m左岸がポイント。
ここに自生するシオフキ貝を5mm程に切っても良い。
  入れ掛かりとなる。竿2間以下,水深は浅い。
河原に直に腰を下ろせば竿1.8mでも。

E,多摩川沿い50mがポイント,高いのでリール竿,
  大型20cmが混ざる。



   城南緑化公園,
     
一回り小さいが12〜13cmのハゼ,びっしり付くも食いはない。
       釣人が1匹釣るのを見て判断しようと考えるも,間が長過ぎ釣れず。竿ださず。
       対岸では何人も立ち込んむが,羽田の状況と全く変わらなかった。

   天王洲運河,最奥,
     左岸,橋下を釣るが,ヘチはダボの群れ,デキハゼに時折9cmが混ざる。
      
今回は潮が悪いのか,何処にもハゼ居るも食い渋りが多い。理由分からず10時納竿,
                                                竹竿9尺,袖4,オモリ1,ジャリメ,ハゼ30,


8月17日

涸沼, 曇,日中風強し,昼頃薄日差す,濁り,                    若波,帽釣会合同試釣,
                                                       幡谷,久郷,早水,松村,


     台風の関東接近に影響され,強い北風が吹き付ける。
       前日までの猛暑30℃を割り,長袖でも涼しく感じられた。
                                          小一小潮,干潮7:25,
     4時出発,常磐道を水戸南ICで降りる。
       長洲漁港でまず餌のアオイソを買い,右岸(いこいの里)前で竿をだした。


   岸辺は石のゴロ付きがあり,2間以上の竿が必要,
     ダボ多くハゼの3倍の釣りとなる。上流,シゲは立ち込めるが,やはりダボ多し。

   少し下流の
ヨットハーバー
     7時,竿2間半,渓流竿に変え水深1m前後を釣る。
       アオイソ半分強,1発で
20cm,袖4ですっぽ抜ける事,2度。

     金袖7に変え,ぽつりぽつりのアタリだが型は良い。時折,型の良いセイゴも掛かる。
       更に2本鉤に変え小1時間で16匹釣り上げた。

   風を避け涸沼大橋より左岸,長州漁港に入る。
     釣人多い割りにアタリ少ない。堤防の外の内側ヘチのみ。
       
先端の船道カケアガリで数を取る。今日,1番のポイントと型もよい。
       時折,大型掛かるも向こう合わせの釣となった。

     11時半,上潮で道路脇に釣人が居ない事を不思議に思い,場所を変え竿をだす。
       少し小型になるが入れ掛りになった。仲間を呼び釣る。バカを使えば更に釣れただろう。

     
早合わせは禁物,速水氏のハヤベ竿,2間はよくひなった。
       アタリは徐々に沖へと移るも,潮が利きだし,次第に手前に戻る。
       排水盤,中央やや左にポイント有り。ソデ4,竹9尺, ソデ
52間竿がよい。
                                     ハゼ,18〜15cm,10匹,13〜8cm,74匹,13:30納竿,

   涸沼周辺略図
 
1,いこいの村裏,
2,ヨットハーバー,
3,長州漁港,
3,再試釣,



   9月01日,再試釣

  ×が立ち込み地点

   漁港,型小さく数釣れず。上流左岸,自然公園Pより湖畔まで5分,小川を渡る。
        
立ち込み,根掛かり多く,オモリよく取られるが食いは立つ。
              竹竿は不向き,涸沼竿(ヤマベ竿良)にジャリメがよい。

   ボート釣りの場合,親船が曳航してくれる,竿掛けは使えないが船ベリに立て替えても釣れる。
     置き竿4.5m,手持ちは4m以下で十分。並べ釣りがよい。中オモリ1〜2は軽め,ハリスはハゼと同じ程度に。
     型は20cm以上,船はアンカーと竹で固定し昼食の出前あり,リールも使える。

   8日,ハゼ,
奈良輪5k,大潮,ふた周り大きく数も出る。浅草釣遊会,


9月15日

第8回若波本会,休会,
  ハゼ涸沼,港より上流で立ち込み,上位独占大釣りした。涸沼の舟釣りとポイント競合,貧血で1人倒れる。若,帽釣会合同,

スルメイカ

鵜原,まさえい丸, 小雨,北東の風強し,波1.5,
                                              左舷宮腰,折原,栗原, 右舷松村,友江,
                                    小一小潮,干潮5:29,

        4:20出船,勝浦沖16マイル,1時間,

   前半, 200m地底,初竿より一荷と調子に乗るが潮不安定で祭りが多い。
        底に着けば必ずアタル機運だが,根掛かり,祭り多く効率悪し。
        再び一荷後,仕掛け4組を失う。そして150号のオモリを2個の拾い釣りをした?

   中盤, 更に沖合い200m,自分での祭りも含めよく絡む。
        潮は初めトモ寄りに激しく流れ,底では戻り気味の二枚潮,
        又,向かい風でミヨシ寄りにオモリを投げると水面直下で絡む。

   後半, 底220m,120〜160mで絡みの後,入れ掛かりになる。
        船頭より仕掛け4組を借りるも大量に失う。5本ツノ,

       仕掛け落下中,75mでサバのアタリでバレ,130mでオモリ止まりスルメ1杯。
        又150mでも止まりイカの一荷が。更に125mで止まり一荷,

   後は160mで幹糸切られ,ツノ1本とオモリを落とす。
       最後は170mでアタリあり,上1本残して幹糸切られ納竿した。

   沖揚がり11:00,帰港12:20,

     荒れ気味に調子よく,イカの食欲も旺盛だが
祭り多く無残な釣果が多かった。
       
ヤリと同じ底まで届けば釣れたものの,気は悩む。

     又,この所,タイミングが悪いのか? スルメに幹糸を何度か切られる。
       1杯で上げればよいが,追加を狙う間にスルメに抱き付かれるようだった。対策が必要
,ハブラシを。 
       オモリ180はアタリ弱く取りづらい。下のツノでは,重いかな?程度,

                                                 オモリ150,中イカ13杯,

9月22日

木更津周辺, 曇,時折小雨,                                        坪谷,坂森,駒田,松村,
                             大一大潮,満潮5:33,干潮11:56,4時半出,4時良,




      
奈良輪は大潮が釣れると初めて出向くが片すがしとなる。前2回の大潮,大釣り,
        息揚々と出掛けたものの,早めに木更津,地蔵掘に逃れた。

   奈良輪,船留り,大潮を狙い出向く。先々週の大釣とは異なり,アタリ乏しく型も小さい。
         朝方,溜り場で数でるが型は小さい。長浦運河寄りは型よいが数でず。

       日暮里釣友会,釣らならず,立ち込まず。ハゼ10〜13cm,竿2間,
         ポイント・・・左岸ボック下流と引いて,立ち込み対岸,成教橋,左岸上,高須橋,右岸上,


      地蔵堀概念図
     新日鉄運河とのT字路周辺もポイント

     干潮時の方がハゼの密度が濃く能率的に釣れる。底が少しでも傾斜している所を探し頭に入れておく事。
       道糸は張り過ぎないほうが食いはよい。


   
木更津,潮見運河,烏田川,潮見橋右岸下,8時,朝の入れ食いタイム後,
       正味1時間,入れ掛り型良く,ハゼの引き味と乗りを楽しむ,
                                       12cm,80匹,9尺竹竿,


   地蔵堀,
新日鉄正面前
     13cm前後,40匹,9尺竹竿

     10時,大潮で葦の根元,水引き釣にならず。
       吐き出し周辺は飽きずの釣りを楽しむ。,型良く特にヘチ際がよかった。



   小糸川上流,12時,川底の岩肌が現れている。
       右岸より試みるが,根掛かりと海風が強く釣りにならず。
                                   型は間々の1匹のみ,竿2間,
   運河出合,地蔵堀100m右岸,13時,風強く左岸は入いれず。
            アタリ乏しくデキハゼ,竿2間,
   潮見橋,
戻り再びタテ堀で,
       烏田川は朝方より食い悪いが誘えば食い立つ。快い引き釣りを楽しむ。
 
     オモリ1では軽過ぎたが,その間々張り気味に釣る。
オモリ1.5良,
       足元もで水に浸かり釣り納竿した。      15時,ハゼ12cm,50匹,オモリ1.5良,

   揚がりが遅く京葉道路で捕まる。蘇我から詰まり帰宅に3時間を費やした。
     金,袖6〜7×2,赤ハゼ7×2,オモリ1,連休で18時半帰宅,
                                   トータル,10〜13cmを1.8束,ハゼ肌落ちる。

     ハゼ,22日,涸沼立ち込みで数,型でる。
     ハゼ,29日,浜離宮庭園,船着き場,カケアガリに中ハゼびっしり付く。

10月06日

釣巡行, 曇,                                                        横山,松村,
                                          大一大潮,満潮4:30,干潮10:49,


        ハゼの食い気か,潮か,釣れぬハゼ釣巡行となる。

城南緑化公園,
海老取川河口,

天王洲運河,
月島川,
佃船溜り,
汐見運河,




5;40, アタリなし,ハゼ型見ず。水路もアタリなし,移動を決めて,釣人集まりだす。
7:00, 型悪く食い悪い。竿ださず。
      キジ多く,立ち込むも投げ竿で釣っていた。
8:00, ヘチにハゼ居るも全く食わず,アタリ1回のみ。
      釣人多いも竿上がらず。
      納竿を見るのみ。
9:00, 塩浜側,ヘチにデキハゼ居るも口を使わず。対岸,枝川での見釣り,型は間々よい。
      
餌を顕著に動かすとハゼ集まる。蛇ぶるのみ,面白い程,
      アタリがあるが取れず。疲れる釣で型を見た。
10:00,納竿,竹竿9尺,袖6,ハゼ針7,オモリ1,

       潮が悪いのか,何処も食い悪い以前にアタリなし。


10月20日

子安,エビス第三小派川, 小雨,水澄む,                                        駒田,松村,
                                          大一大潮,満潮4:18,干潮10:30,


       前回と場所を変え子安のホームグランドへ遠征する。

   朝方6:20,ぽつりぽつりの釣り,乗りの釣りとなる。ブルではなかなか取れず。
     型小さくなるが数は途切れなく釣れた。
     ヘチのカケアガリ浅いがハゼ10〜13cm前後,一時食う。9尺竹竿,オモリ1,

   9:00
沖合い船道,型良くペースあがる。最高19cm,
     竹竿と異なり乗り分からぬが
長竿で心地よい引き味を堪能した。水深があり竿は大きく弓を描く。
             水深4m,13cm前後,
オキハゼも,

   潮止まりを越え意外な釣りを楽しむ。竿はよくしなり引く。
     上げに入り昼食,午後の釣りになるが,纏まらず。
             
竿2間半,オモリ1.5,細袖6,袖7,ハゼ8×2本針, 絡み場所,袖8×1本針,アオイソ,太目が良い,ハゼ90,
   14時納竿,14時50分帰宅,

10月27日

小鮒

霞ヶ浦,西浦,島津〜清明川,                                            若波釣友会,
               快晴で予報は外れ無風,暖かい陽差しを受ける。
                                              常磐道,桜土浦=木原=島津,



   周りを被う蓮田


     島津第二機場, 濁り強く下る。ポイントと思える所を狙うもアタリなし。
     
新屋機場手前, タテ堀2本目出合,脇で2匹のアタリ。
          コマセを蒔きクチボソを釣る中,小ブを狙う。飽きる程, クチボソを釣った後,本命の小ブが現れた。
          沈みウキ,1.5m竿,2本針,袖2,秋田キツネ2,赤虫,

          誘い,場所を変えてはアタリです。更に2m竿1本針を加える。
            他に釣り場所がなく,チボソを弾くのが忙しくなる。

     8時,  水門が開き,流れ強く釣りづらくなる。
     9時,  水門閉鎖,水位が下がり底見えだした。
      後,  新屋敷のホソを拾い釣り,ペース極端に落ちる。清明川で納竿12時半,

   
先週,試釣でT300匹と思われたが,網が入る。島津〜舟子間,正月用の雀刺しの為との事,

   ポイントはタテ割り奥の深場,横山,
        新屋敷機場を越えたタテホソの出合,澤田,
        新屋敷のホソ,どん詰まり,折原,
        
網に入らなかった技研のホソとタテ,(赤線)T斉藤,
        木原,朝方のみ,久郷,
                           T斉藤160,2久郷,3三橋,4位まで1束, 小ブ49,12/38位,



 
   島津〜清明川〜木原

11月10日

皮ハギ

久里浜夫婦橋,巳之助丸                                              上野釣友会,



       快晴,ナギ,潮薄濁り,18.0℃北寄りの風だが,暖かい陽差しを浴びる。
         幡谷氏と上野釣友会本会に参加。現地集合,
                                     中一中潮,満潮9:31,干潮14:16,右舷2(14人)

   京浜,品川駅5時55分,集合,¥9000,
      8時出船,平作川の浅い橋を幾つも潜り湾口にでる。
   金谷沖,25m,   船中は三流しまでアタリがなく,皆釣り方を忘れたのか?
                 皮ハギ1匹を掛け安心するも初めてのアタリ。
   剣崎沖,30m,   アタリ,全員になし。
   剣崎灯台沖,25m,中盤,アタリ乏しい中,1匹上げる。船中0一2,
           30m,後半,潮が激しくなり,アタリでるも皮ハギ前に外道の応酬を受ける。

     底に着き1発でベラが続く。小型赤ベラ多く,時折トラギスも混ざる。
       
可愛い鬼カサゴの稚魚もササノハベラ,キタマクラと, 皮ハギを忘れ,最後の流しで1匹上げた。15時沖揚がり,

       
今回はアサリを剥きながら釣る。
       叩き釣りでは当たらず静かな釣りが良かった。

     14日,巳之助で都釣連,皮ハキ大会,100人でT,17枚,
       釣れぬ覚悟も,ここまで釣れぬとは。帰路,6,7人が集まり惨敗祝宴が始まった。
       帰りの列車も酒盛りとなった。
                           オモリ25,ハゲ鉤4,チヌ小,船中7〜1枚,
      (
ハゼ横浜,新山下ダルマ船釣れだす,小型リールが良い)

11月17日

隅田川,蔵前テラス, 第2回ハゼ釣り大会,                           四丁目町会,協賛,台東区,北竹睦,
              曇,北東の風弱いが,やや肌寒い,
                                        中一中潮,干潮9:22,満潮15:28,


                          申込46,当日6,計53名,
   
干潮時まで遠近は共によく釣れた
      食い活発で準備の合間に,置き竿を上げると常に掛かる。
      2本鉤で,別鉤も餌は常に食われていた。

   中盤, 中タルミはあるが1時頃から全般に釣れだす。
      昨年から2度目だが,各人が昨年以上の数を釣り上げていた。

      ダントツはなし型は斑らなるも14cm前後。今回はヘチでも釣れ子供達が喜ぶ。
        オモリ20〜25,軽い鉤を求め,
ハゼ7(赤鉤),2針×50cm,1本針,ハリス15cm,

            6:30, 役員集合、現地8;00より,
            9:00, 餌アオイソ,飲み物,
           10:00, オデン,澗酒,
           12:00, 吉野家,牛丼¥370、鰯の吸い物,
           14:00, 終了,

     ビール,3ケース,酒,4升,ジュース類30本,
     吉野家,牛丼,お新香¥370、オデン¥150、鰯の吸い物,
               車2台, 役員は木村,駒田,峰岸,戸倉,中島,松村,
               準備会費含め総経費¥77.657,

   流れがあるも下げがポイント,オモリ止まらずもアタリあり。
     今回は町会のレクレションとして,釣る人,見る人,散歩気分の人と各々が楽しんだ。
     リール竿による怪我,1名, 東上野の小川氏,指の甲に軽症,


      上野釣友会,隅田川の後,新山下埠頭ヘ,釣れる。

11月24日

沼川, 曇,                                                    若波釣友会納会


       台風25号が太平洋沿岸を北東進し,気圧の谷が西日本を被っている。
         東海は明け方,霧雨が如何にか納まり,明るさが戻されてきた。
         翌日も夜半より雨一日中,続く。
                                         中一中潮,満潮7:48,干潮0:57,

   沼川第二放水路出合,アタリはマルタバヤのみ。引きよく吸い込みもよい。
     8時満潮が近ずき,1号橋前後〜2号橋,久し振り大型が入れ食いになる。
     黒須氏より又聞きするも冗談と思い反対側に移動。

   水門橋先,元の洗い場,足立釣友会の人の脇に入る。
     キジ,1発で7寸を上げる。その後も赤虫で掛かるが上鉤をネリに変え食いだす。

   ただ小ブで重さにならず。結局14匹で1匹分にもならず。
     斉藤氏より指導,ネリの練習にと動かず納竿を迎えた。12:20,

   小ブも浅場のせいかアタリの後の引きが心地よかった。
     時折,引っ張り気味に離すと気持の良い引きが待っていた。
     ただ余りにも小さい。流れのある場合の立ちウキ釣り分からず。

     流れのある場合,中オモリが1番,立ちウキは水面に出るまで上げる。
       
オモリは加えず。道糸は張ってアタリを待つ。張らぬとアタリはでない。
        竿2間半,シモリ,2本鉤,袖6(黒須氏セイゴ6)
        ネリ,激ニンニクグルテン,イモグルテン,

     2号橋より下流右岸から,11栗原,3澤田,T内山4600g,(対岸コンクリートの割れ目,)2清水大型32cm,
     (高橋川,足立釣友会T,6k,) フナ14匹(15),845g,26/31位,
     平成14年度トータル順位,T澤田,2久郷,3斉藤,4栗原,大型鮒36.5cm高橋,与田浦, 4/10回30/43位,皆勤6名,

       *29日,
ハゼ,落とし込みリール竹竿を幡谷氏より譲受,

12月01日

川五目

霞ヶ浦東浦,一の瀬川周辺,                                         浅草帽釣会納会
              小雨,風弱いが北風の乗り寒さ増す,
                                             最低6℃,最高10℃,


   先週試釣,蓮の収穫が最盛期で泥水がホソを濁し,4,5日留まるとの事。
     ポイントは最奥,久郷氏40と手前,溝で三橋氏30,

   隙間をぬい釣る。初めは川ハゼが食う。
     2本鉤に替え棚を上げても上鉤に掛かる。ハゼのアタリが多い。
     8匹を上げ棚を上げるも沈みウキゆえ,最後の底でアタった。

   9時,携帯では周りも釣れないとの事,それ故我慢して釣る。
     移動を考えた時,三橋名人が居なくなっていた。
     道具があり竿がある。不自然な留守番になった。

   11時半,一の瀬までホソないと移動を断念,12時10分納竿,
     全てにロスがロスを産んだ。

     竿2.1m,1.5m,1.2mが良,袖2,秋田キツネ2, 3以上も必要,赤虫,
     魚が居れば沈みウキで食うが,ブルの場合,固定ウキで中層を狙う。
                                  ブルーギル,クチボソ,22匹,惨敗の23/27位,
   P横,志戸崎のホソあり,小ブ一時入れ食いで平均的に釣れだしていた。
     以外と戻ってメンバーが上位を占めていた。

12月15日

         

横浜新山下埠頭,貯木場, 快晴,無風,ナギ,                          駒田,松村,(浅草釣遊会の仲間,)



       連日の冷え込みで体が温まらず,冷たい陽差しを浴びる。
                                     若一中潮,満潮13:56,干潮7:49,

   先週の釣果70〜80,
     一束を望み斉藤氏,浅草釣遊会の仲間から誘いを受け,別車で駒田氏と合流する。

   又私も今年中に幡谷作,竹竿を使用せねばと。
     貯木場のダルマ船の溜り場へ5,6年振りに訪れる。暗く道迷うが仲間達に迎えられた。

   ダルマ船上


    車脇,ダルマ船で釣るもアタリは乏しい。
     誘いながらアタリを探し,アタリがあった時点で粘る事にした。
     エサを踊らせ,静かに誘い上げるとアタリあり

   エサを長くすと漸くのアタリも垂れた部分のみ取られた。
     
アオイソを1/3程で房掛けにした。掛かれば直ぐ2度目のアタリがある。
     誘いは1匹ずつ待っているような釣りになった。

   アタッた3ヶ所を重点的に交互に狙う。7時現在13匹,型はダントツに良い。
     潮が変わりが食いを更に悪くした。

   昼食のうどんは釣遊会からご馳走になり,午後は沖目を狙う。
     ポイントは2ヶ所,型良く一ヶ所は午前中も食い込んだとの事。福重氏,

   最後まで引き釣りは食わなかった。
     ダボいるが以外とヘチも釣れない場合は良さそうだった。 
                               14時15分納竿,35匹,14cm前後,

   4台12名,平均10匹前後でTとなる。実際には,もっと釣れぬと思っていた。
     昨年より耳にしていたが,これからが楽しみである。久し振りのダルマ船釣り。

       
90cm竹リール竿,幡谷作,
       小型両軸ヘチ用,道糸ナイロン3,オモリ3中通し2本鉤,20cm,袖7,
       テンビンの絡みには仕掛け側にビニールパイプを付けると良い。
                       
  今年の好期は11月一杯で,早期は悪い

12月23日

ショウサイフグ

 22日,鹿島新港,豊丸より出船の予定,
      北東の強風波浪注意報が出て翌日に延期する
レンタカーで参加10名,



 23日,波止場4時,昨日に続き海は荒れ狂い出船できず。船も避難した間々だった。
       
(最適期は鹿島では10月下旬〜11月一杯,)参加5名に,
       鹿島港,幸栄丸,ヒラメ,フグ,
          後で分かった事だが当日,飯岡より河豚船がでていた。後日調べると釣果も間々良かった。

       帰路は波高20cmの東京湾に河豚を求めた。
          両国は7時出船,浦安で吉野屋に船宿を求める。¥8000,



                               左舷胴,斉藤,早水,山田, 右舷胴,幡谷,松村,(24名),
       浦安,吉野屋, 高曇,北風,波高20cm,日中肌寒い,
       電話で連絡し出船は10分遅れになる。上総湊沖,水深7〜8mを攻める。
                                        中一中潮,満潮7:42,干潮00:52,
   初盤
     二流,三流と時間は過ぎアタリなく,ひと流しで1匹釣れるかのどうか,
       釣りにならず。根掛かりないも初めての引き釣りで絡む。
     道糸切れ,先糸ナイロン6,鉤1本とカットウ10失う。
       我々以外はオモリ15仕掛け,竿とのバランスが取れず,外房仕掛け25,
   中盤
     ちょうどよいポイントに入り13cm前後の小フグが入れ掛かりになる。
       カットウ1本に一荷も。
     幡谷氏に
エサ鉤2本カットウ1本,仕掛けを譲り受け更に掛かる。
       カットウをダブルにすれば,一層よい筈でだった。


     海底に着けばアタル状態が続いた。リールが激しく軋む。
       そして根が過ぎた途端,船上は再び沈黙が戻ってきた。最後に型の良い赤目をひねっり上げる。
   後半
     アタリと云うアタリもなく無駄過ぎる時間が過ぎた。
       隣り幡谷氏と共にイイダコのみ掛かる。後はヒトデと海草に絡む貝,

     追加なく納竿を迎える。15時沖揚がり。
       フグの捌きを頼み,遅い帰宅は20時となる。


     皮ハギ竹竿,道糸EP3,カットウ25,ナイトン10,(船宿仕掛け,カットウ15)
       オモリを15で試すも竿とのバランス悪く,アタリ分からず。オモリ25で通す,

     アルゼンチンアマエビ@500,既成品安売りの海老でよい。
    
  先糸,misaki,カサゴ,イシモチ経用, 夜光玉2本鉤,セムリセイゴ13,幹糸4,ハリス3,全長100cm,エダス,
                                         赤目1,小フグ21,

   水深は10〜15mと釣り易い
竿はやや胴調子,胴突き仕掛けの為長めの竿,

      *29日,ハゼ,新山下,午後過ぎまでで5匹,駒田,
      * 両軸リール,1000,水深付き,PE4,200m,\16500シマノ,

12月31日

横浜新山下埠頭,貯木場, 快晴,朝方冷え込む,潮並み,                              駒田,松村,
             
                                        中一中潮,満潮3:44,干潮8:44,


    新山下埠頭,貯木場,
   夜明けの埠頭とレンボーブリッジ

     前回と同じような状況になる。
       ダルマ船の船頭は語る。「ハゼは11月までと今回5匹釣ればよい。頑張れと!」
       やはり餌の垂れは短め半分に2本鉤,ダブル掛けで誘う。

     アタリがあれば集中的にその1匹を狙った。釣り上げれば追加を食う。
       1ヶ所で5匹,後は3匹,潮止まりで食い落ち,アタリも取れなくなった。
       10時納竿,リール竹竿90cm,中オモリ3,流線8×2,

    
子安,第三小派川, 帰路,寄るもアタリなし,
       潮澄み,3mの底が見えるもハゼ居ず。4m水路狙うもアタリ0。
       30分程で11時20分となった。今年の納竿とする。9尺竹竿,中オモリ1.5,
                                       ハゼ,型良いが痩せ気味12匹,青イソ,

                                                          若波釣友会4/10回,トータル順位30/43位,
2000年Top 2002年Top



                                                                 2003〜2004年釣り日誌X
                                                                  川辺と釣行Top