川辺と海の釣り日誌V
                    1997年 1998年 1999年  



                                                                     1996年釣行日誌U
                                                                     2000年釣行日誌W
    1997年(平成9年)

  釣り全盛期を迎える。海,川へとバラィテ―な釣りを楽しむ。
  ハゼ, 京浜運河,利根川と広げる。
  タナゴ釣り, 1.5cm飼育始める。
  イサキ,
今まで無制限だったイサキ仕掛けは,協定により3本針以内となる。
                                                                         潮時は東京竹芝標準

1月02日

隅田川右岸,蔵前鉄橋寄りテラス, 快晴,                                          夫婦,
                                          小潮,満潮16:56, 14:30〜17:40,

      日向ぼっこ
   三味線掘り排水口付近、釣人は1人居たのみ。夫婦で暖かい陽差しの下,のんびり竿を垂らす。
     風はなく日向ぼっこには最高。妻はセイゴを続けて上げ,竿の引きを楽しんでいる。

   ハゼは15〜18cm, 型は良いがアタリは気侭だった。
     置き竿に決め,お茶代わりにビールを呑む。オモリ20でハゼ6とセイゴ3匹,

   正月2日,今日は子供全員が我が家に集合する。
     妻が先に帰宅し30分,マズメ時期に釣れだす。型はより良くなった。ハゼ18cmをキープ,

   
日没前後5時より極端な入れ掛かりが始まった。竿は交互に揺さぶり闇との競争になる。 
     暗くてエサ付けがしずらくなり正味30分の入れ掛かり,ハゼ20を釣り上げ納竿した。
                                                  計ハゼ26匹,3本釣,

1月12日

墨イカ

大貫,榎本丸, 快晴,
                                                          深野,関根,松村,


     風なく長閑な一日を過ごす。
       日陰に廻れば寒過ぎるも,柔らかい陽射しは少し肌寒いが,眠気を誘うぬくごもりを持っていた。

     シャクリ続けるも船中で疎らなアタリ,掛かりは悪い。墨イカは薄く,僚船もまだ数がでず。
       最後まで数伸びずして船中トップに立つ。皆は色々工夫したテンヤを披露していたが私以上に釣れ釣人はいなかった。
       アタリは全てテンヤでスッテには1度も乗らなかった。

     帰航の話題は,テンヤの話に始終した。,汚いテンヤで良く掛かったと。テンヤは自作,白と草色の斑な色。年季が入っている。

                           左舷トモ,関根,松村,右舷トモ,深野, 7:30〜15:00揚,
                                                  中潮,満潮7:42,干潮13:09,
   9時, 金谷沖40m,フェリー航路上,470g,
草色テンヤ,
                  その後ピンク,白とテンヤ換えるも乗らず。イイダコ,

   13時半,竹岡沖45m,630g,又もや草色テンヤ,

   以後水深55mと深く乗らず。
             この日も左舷が引き潮のせいかよく,トモ
で2杯,
                 胴
で4杯,水深40m程の所でトラギスかなり釣れだした。遠くにトラギス船を見る。








カスミに収まった墨イカ,
     スミイカ竿270(リョウビ),一日中持っには,やはり重かった。

1月19日

イサキ
スルメイカ

鵜原,まさえい丸, 
                                                折原,宮腰,深野,友江,関口,松村,
      快晴,朝方風ウネリあり,沖合で一時納まるも又ウネる。

      出船
   荒海で誰もが釣れぬ釣行になる。
     朝方,厚雲を切り陽が漏れるよう射しだした。海上は波浪でうねり,まるで天地創造を思わす自然の神秘に満ちていた。

   大きく渦を巻く積雲が,陽を閉ざす層雲に混ざり,雲の切れ目から光線が漏れ放された。
     うねる波上に乱雲は割れ,斜光した3本の陽光が,光線の如く天空より下界に降り、荒海の一部分を照らしだしている。
     導かれ光が神々しく下界に降りてきた。

   親潮の潮目を越え,漁船「まさえい丸」は荒れた大海原に木葉の如く揺れ動き,波高から落ちては登っている。
     「まさえい丸」はその波を切り進むにつれ,天上の雲は明るみを増し,その広がりは大海原にも溢れだした。

   何時も思う感動の一時,船上で厳冬の日の出を迎える。ジッとしていると寒さで体は振えていた。
     頭上は既に快晴の蒼空が覆っていた。

   船上のランタンを消す頃には朝日を押さえていた雲堤も,薄らぎ,朝方の明るさに戻された。
     空は闇から深い蒼へと変え,冬の何処となくどす黒い海を被っている。
     陽が出て初竿に太公望を抱くが,魚,イカは何処へ。

                                       若潮,干潮7:43,満潮13:40,右舷トモ,
   イサキ, 勝浦沖,タナ35〜30m,水温15℃暖かい,潮流れず水澄む, 
         竿2本を使う。長竿はタイ竿3m荷30で電動を使用した。2本竿の場合,移動のさいは至極便利になる。
           船の揺れでコマセを撒きイサキ5匹を獲る。

         イサキ竿2.7荷60は手持ちだが全くアタリなし。(水深計が違うか?)
           
左舷が良くウィーリーは合わず。

   スルメイカ, 沖合40分水深210m, 
         底で2杯,5m上げて1杯,150mで
サバフグ大を,

2月02日

アカヒレタビラ

ワニ川,根三田舟溜, 快晴,無風,                                         斎藤,沢田,松村,
                                               3:30出−18:30宅,


   根三田舟溜,上流から右ワニ川,
    右奥がタナゴのポイント,中央は長竿でブルーギル,

   
初めてのタナゴ釣り,
     アタリが分からず3匹釣るのが大変だった。
     朝方,底より探るもタナを探り出せず。又,食い込みは殆どなかった。

   引かぬウキにタイミングとアタリが分からず。ただ打ち返し,練りを付けては竿をだした。
     ウキの変化は
止まる瞬間と云うも,それが分からない。小さなウキと濁る水,練りは斎藤氏と同じものを頂いている。
     止まる瞬間を軽く合わせろと云うが,何度聞くもそれが分からなかった。

   初竿後,30分経ち,とうとう1匹のタナゴが掛かる。それは小さな小さな2cm程のタナゴだった。
     手のひらに乗るも,壊れそうに小さい。その小さなタナゴの口に針が掛かっている。
     外すにも,かじかんだ指は大き過ぎ,気をもんだ。


   1匹釣れば大丈夫だと沢田,斎藤両氏に励まされる。
     なる程,2匹目は早かった。何かが分かり掛かっていた。

   中盤,釣り方を感覚で知るようなり,前半の釣り方が嘘のよう掛かりだす。
     投げるポイントと糸ウキの変化が分かってきた。動くウキにアタリが分かりだす。

   面白い程,掛かりだし,手のひらに小さな小さなタナゴとブルーギルが乗りだした。
     そして小魚釣りの楽しさを知る。前半,全く釣れなかった反動が一層心地よさを覚えさせていた。

                          アカヒレタビラ2〜2.5cmヤリタナゴ混ざる,タナゴ49,外道ブルーギル3cm, 

   
アカヒレタビラの仲間は3種類で東日本地区にはアカヒレのみ。シロヒレタビラは中京から関西地区,
     セボレタビラは九州地区と棲息地域が分かれている。いずれも7cm前後の中型種。
     エラの上部肩に入っている青緑色の斑紋がタビラの特徴で,タビラ(田平)とは水田に棲息する平たい魚の意,

   月の初めは型も良く赤虫,玉虫,ねりと難なく釣れるが段々小さくなる。
     産卵を終え3月には散り,タナゴの小釣りは終了する。

      竿6尺,
タナゴ用沈みウキ,斎藤作,新半月,ハリス5cm,餌,練り(ホッオケーキと卵の黄身)仁丹粒大,斎藤作,

2月09日

清水,巴川 快晴,風なく暖かい,水位低く水澄む                                若波釣友会,
                                                 〜12時納竿,


   川幅10m,流通大橋〜巴橋間がポイント,

   巴川上土橋,上流二股, 左岸側はシモリで軽く流す。
     右岸側は浅く,ウキ仕掛けはオモリが重い。濁れば大型食う。
     出合,右岸で小型7匹,                    フナ670g,22/31位,

   竿4.5mが基準,型は20〜30cm以上,仕掛けは太めで玉網は必要。ボッタが1番でネリエサがよく,キジにもくる。
     常に穏やかに流れ,底の変化は水面に現れている。直線的な流れはポイントとならない。

   穏やかになった所,淀みと流れの境目が目安。エサは常に底にあるように。
     根掛かりを恐れず,その周辺を攻める。アタリは以外と小さい。

     *玉網,柄30cm90×2@1950,ネジ式バローポンプ@1600,

2月23日

タナゴ

北浦,神宮橋を挟み左岸, 快晴,
                                                      斎藤,沢田,藤本,松村,


      風は弱いが,昨夜から北風に変り,寒気が急激に強くなる。
        その中,タナゴとフナを釣ろうと北浦に4人の若人が? 出向いた。

   タナゴ,根三田舟溜
      ポイントは前回と同じ,ワニ川より下流角,
        寒い筈である。ドックの1/4程が氷に被われていた。釣りは氷を割り,吐出す事から始まった。

     前回と同じ場所,同じ仕掛けを使用するも,仕掛けは沈み込まなかった。
        寒い時,水の密度が詰まり,暖かい時よりオモリを重くする必要がある。
        タナゴの場合は仕掛けが微妙過ぎる為,水温の変化によりオモリの調整が必要。

     その上,濁りが強くトンボが分からない。茶褐色の水が赤と白の糸ウキを見えなくしている。
       アタリ以前の釣りとなる。


     分からぬ間々竿だけは出している。そして,もう飽きると思われる頃,アタリがあり,又沈黙が続いた。
        藤本氏は諦めが早い,長竿で舟溜中央を狙っていた。ブルーギル,手のひら大6匹,
                                                アカヒラタビラ13,

   フナ,大船津,機場
   手前,ホソ左奥,橋下で食う,

   北浦に沿ってホソが走っている。やはり寒い時期,フナは深みに忍んでいた。

   機場のホソ, 土手を潜る場所は少し深みがあり,釣りずらいがフナは集まっていた。
       フナ入れ食い5寸前後,7尺竿,3人で同じポイントを交互に攻める。
       釣れれば退き替っての釣り,よく食いよくフナは集まっていた。

   機場内,深場,尺近いフナが居る。釣ソデ3,竿7尺で釣ったが9尺が良い,深いヘチにいる。

3月09日

メバル五目

日立久慈港,第一大魚丸 晴,                                  折原,宮腰,深野,関口,松村,
                                            6:00〜13:00,


     朝方暖ったが風が出るにしたがい,寒気が戻ってきた。
       前日の連絡ではハナダイが凄いと云う話しも消え,狐に包まれた釣行になる。

                                         大潮,満潮5:34,干潮11:15、右舷ミヨシ3,
   現地に着き,ハナダイが最近不魚の為,? メバル1本に絞ると船頭から伝達がきた。
     船は前日,前々日50匹前後,メバルが釣れたと1本に絞られた。

   水深50〜25mで竿を出して解る根,日立には,メバルに適した凄い根が多い
     又それ故,根掛かりが多く,オマツリが加わって苦戦した。


   前日と違ってアタリは極端に薄かった。船頭はそんな事ないとポイントを求め走り廻る。
     釣る時間がない程走り廻った。釣りよりポイントを求めるだけで,竿をだすアタリはでないでいた。

   その上,
冷凍イワシが不足する。早く釣座を設けた私達はミヨシに居る。
     エサのイワシは均等に回らず,私達の元には届かなかった。

   冷凍エビはある。アナウンスはイワシが良く食い付くと船中を流していた。馬鹿にされた気が空しくなった。
     竿マダイ30−300,小船1000,胴突4―3―間100−エダス20‐5本釣,11号,
                           黒メバル1,沖メバル1(アタリ4回),冷凍イワシ,エビ,¥8000,

   余りにも釣れない中,胴にアタリが集中した。胴に漁探があるせいか?数はでず。
     今日のトップは胴で小学生が2k近いヒラメを上げた。
                 http://www2.odn.ne.jp/about/daiititairyoumaru.htm
                 日立,釣船 http://village.infoweb.ne.jp/~fwiz9766/

3月20日

イサキ

鵜原,まさえい丸,
                                                折原,宮腰,深野,関口,友江,松村,


      春の海
   朝方まだ肌寒く,暖かいと云うものの防寒は必要だった。
     ただ,もう冬の厳しさは薄れている。荒れても春山と同じ,何処か温んだ処がある。

   厳冬を過ぎた暖かさ。まだ寒いが海水も春の濁りを含んでいた。
     イサキ釣り, 魚は程好く締まり春の旨い時期を迎えていた。

                                       中潮,干潮9:26,右舷胴,6:30〜12:00,
   前3日は黒潮が入り込み,潮が流れ,まとまって釣れている。
     今日をもと期待するが,潮全く動かず。中潮だが東京湾と異なり海流の影響で判断は難しい。

     タナ32〜30m,イサキ竿60−270,アンドンビシ60,
     タナ34〜27m,鉄仮面60,

   
勝浦の場合,ウィリーは無視,よくて明け方,地味なブルー系,赤など強い色は,赤タンと同じ馴染まない。
   
今まで無制限だったイサキ仕掛けは,協定により3本針となる。今までは無制限,5本針仕掛けを使用していた。
                                                    イサキ14,
マダイ1,

 3月23日

与田浦, 小雨,                                      若波会試釣
                                                   馬場,折原,澤田,清水,松村,


      ここ数日,暖かい日が続いたが急に気温が下がり,一日中,肌寒い日になる。

   黒部川〜小見川新掘,

   黒部川二股上流, このところ手のひら代10匹は釣れ,ボーズなし。
                 6時半現在アタリなし,10時頃よりアタるだろうと。他会入る。
   小堀川,    高橋釣具前,ホソに入る。釣人多く漸く型を見る。フナは冷たい。
   小見川新掘, ポイントなく,竿ださず。
   冨田新田,   源八.エンマを越してみるが,底掘りされている。釣りならず。
   南水路,    高速道路下流,水多いが人影なし。小ブがでる。
   北水路,    底掘りが全体的に見止められ,釣人入っているも成果なし。
   南水路,    高速上,小ブ数匹釣る。
   
矢良川,    水門開き会が入いる。右に大きくカーブする場所に高橋氏が陣取って居た。
              10時まで3本置き竿で60匹を上げ,ビクは満杯になっていた。(帽釣会),
赤虫,
               釣人多く.成果共に良い。2間半,ヘチは2間2本, 
   六号水路,   雁州との合流点。今日最大の型.手のひらサイズ, 竿2間半,
   中州ヨコ,     上流より,小型でる。3時,納竿,
   
タテ,        局地的と云う程,釣人多い。又型,数ともでる。

     今日の釣り場としては,矢良川と中洲に限られていた。釣人が並ぶだけあり数が釣れていた。
        暖冬のせいか,早くも水門は学校裏方面を除き開き,水位は上がっている。
                                            竿2間,2間半,赤虫,
          12日,ダイワ電動,棚COM,宮越氏\10.000,新素材6−400,\6.840(浅)

4月13日

ヤリイカ

大原,山正丸, 快晴,                                            宮腰,深野,関口,松村,
                                                4;00〜12:00,


     南西の風に変わり,波収まるが,8時頃よりウネリ強くなる。二枚潮,オマツリ多し。
       その中,オマツリ少なく,弛ませ釣りでヤリイカがよく掛かる。数釣れぬ中,竿頭を取る。

                           小潮,満潮7:41,干潮14:50,右舷トモ,7人,(1時間半仮眠),
   御宿沖,水深140m,底釣り,ツノ11cm。

              三角ツノ,オモリ120から150へ,メス2杯,オス1杯,

   勝浦沖,水深170〜160m, 底より1〜2m上,

              オモリ150,三崎あわ入りツノ,ハリス4,エダス3,オス大型7杯。
 
         後半,入れ掛かりになるが60m.110m二層でサバに邪魔される。
            底地にイカ居るも電動が止まり,仕掛けが底へ下りず。
                    *19日,ヤリイカ竿240グラス{100〜120}@2.485×2.{浅}

4月27日

イサキ

鵜原,まさえい丸, 快晴,ウネリ少しあり,潮澄む,                      折原,深野,友江,関口,増島,松村,


                                 中潮,満潮6:55, 6:00沖〜11:30揚,左舷ミヨシ,

    鵜原沖,30m(34〜27)朝方,弱い南風.海面は仕掛けがトモへと流れる。

   前半, 仕掛けは勢いよくトモへ流れるが,30m近くなると真下へ落ちる。
         顕著な流れに上層だけは早く,流れが2層になり,釣りずらい事この上もない。

        アンドンのコマセは2度往復前に必ずアタリが現れ,釣るリズムを掴む。
         ポイントの根に船が流れ込むと,単発だが確実に掛かった。
         船はポイントの根を流しては,戻ることえを繰りり返していた。

   中盤, アタリあるもののコマセ捲き過ぎか,食い悪くなる。
         船頭の言葉は的確だった。水温が上がったと。
         海水温16℃,温かくなり過ぎか,一層食い悪くなる。外道なし,

   終盤, コマセ,ワークが良くなり,27cm前後の良型がアタリだす。
          船頭の実況中継が,すこぶる良かった。確実にイサキが獲れる素晴らしさ。2m単位で分かり易い。
 
       中継のポイントに入れさえすれば食い良く針掛かりした。ただ云われた通りすればよい。

          納竿でアジがくる。竿のメーターと漁探のメーターが完全に一致していた。更に私の潮の流れとも一致していた。

        イサキ竿270,アンドン60,3本釣2ヒロ,
今回は私のみ皮付きイカ丹を使用した。
                                         イサキ24,アジ4,(,釣れない中,船中Tを取る),

5月04日

ヤマベ

金目川周辺, 雨後晴,                                    若波会試釣
                                                    金谷,山田,折原,沢田,松村,


     東名,秦野・中井ICより, 朝,雨激しく,車で治まるのを待つ。
       叩き付ける雨が車の屋根をボコボコ打ち,窓は流れる雨で先見えず。
       30分程続いた強雨,外に出れば一瞬にして肌着まで濡らしただろう。

  ヤマベ,
水無川,
金目川,

東名下,
土屋橋,
座禅川,
バス停前,

観音橋,
上流まで遡るが,濁流で竿出せず。澄んでも,上流浅く釣りとはならない。
再び雨激しく外へでられず,時間待ち,

直ぐ上,右岸吐き出し,竿2間半,シモリ,アタリ0,
出合より1k遡り,水門がポイントと云うが,濁流の上,水なし
ヘチ沿いホソ小雨,竿2間,ウキ(小)
  少し上流,右岸ホソ,ポイントあり,4名が動かずに釣る。
下流ザラ瀬,オモリ0流すもアタリなし,
  フナ
渋田川,

 小出川,
国道下左岸,
右岸,
金谷,松村, 共にフナ,ヤマベ,
山田,沢田, 竿2間半,シモリ,
バイバス入口近く,水門,左岸, フナ,入れ食い,
            濁流の場合,魚,酸欠の為,釣りとならず,より澄んだポイントへ。ホソ,吐き出し等を狙う,赤サシ,ねり,

 5月18日

ヤマベ

葉梨川,                                                         若波釣友会,



      先日,11日の,試釣では下流.中流に魚が居ないとの事。
        だが,試釣に参加した澤田氏.高橋氏に誘われ,バスを降りることになった。それが最悪な事態を生む。

  


     右岸,吐出し堰下,
   八幡橋より遡る。新しくヤマベが入って居ない為,先日の試釣より悪し。
     浅くモロッコ(背が黒い),フナの良型が掛かるがヤマベ居ず,鯉に針7本取られる。

   前半, 赤サシで通す,少ないアタリの中,途切れたところで,赤虫に換えた。
         一時2〜3cmの小ヤマベが入れ掛かり。

   後半, 栗虫に換え,型良くなるが数がでず。
         変な法則が浮んだ。コマセを撒くと大コイがくる。そして針掛かりする。
         それでコマセを遠くに撒き,コイを離せばヤマベが釣れた。

        ただ釣れるものの,ヤマベは余りにも小さかった。
         何時までも同じ所に固執せず,動けばよかった。金谷氏に誘われたが。
                             竿2間半,半シモリ,秋田キツネ3,サシ針3, ヤマベ835g,22/26位,

6月01日

アカイカ
イサキ

鵜原,まさえい丸, 快晴,風なく,波もないがウネリあり,
                                                折原,宮腰,深野,友江,増島,松村,


                          若潮,干潮7:51,満潮14:14, 3:30〜10:00揚,左舷ミヨシ,

     食いが全くなく,竿を出す事自体が嫌になる。イカに始まりイサキに至るまで如何誘うも食わなかった。
       持参した大型クーラーが恥ずかしくなる。全員が船頭よりアジの干物を土産に頂いた。

   アカイカ, 小秦,大沢沖,   60〜40mアタリなし.船中1杯(右舷トモ),
                    4−3−6m,胴付5本仕掛け,オモリ75−50,

   イサキ, 興津沖〜鵜原沖, タナ22m,食い悪くアタリ少なし。3本釣2ヒロ,3ヒロ,
                    相変わらず,潮の流れ速く,お祭りも多し。

                        
皮付イカ丹,イサキ3(船中1〜3),アジ9,スズメダイ1,
      イカ,胴調子,中通し竿3m,30号,小船1000,沖アミ丹,
       イサキ,イサキ竿2.7m,ビシ60号,小船2000,

    何をしても駄目な時はあるものだ。船頭を含め全員が形だけの魚・
      潮が悪いのか船頭も頭を捻る。日の出前に出船して,この有様,ポイントを探しに探した船頭さんご苦労さんでした。

6月08日

白ギス

鴨川,半七丸, 晴,ナギ,東風,後半北風に変り風強くなる,                             若波釣友会,
                                                  5:00〜12:00揚,


     前半,流しても流しても私のみアタリが取れず,苦戦する。
       キス1匹を釣り上げた切っ掛けが,悲惨な気持を持ち直させた。

                                        中潮,満潮5:57,干潮12;46,右舷胴2,
   浅場,   周りが釣れる中,全くキスのアタリ取れず。分からぬ間々,時間だけが過ぎた。
           場所を変え船流すも,竿先の変化もない。原因分からず。

         3流し目で良型メゴチ1匹,周りは良くキスが釣れている。堀江氏は良型6匹,
           私のみアタリなし。投げてもオモリが船底に戻っていた。

         焦る中,仕掛け
120cmを70に換えた。
           一投でアタる。初めてのキスの引きが心地よい。それからは確実に釣り上げた。
           1匹釣り上げただけで,ペースを取り戻す。

         仕掛け50cmの違いが大きかった。潮の流れを止め,道糸にアタリを伝え出している。
           こうなれば手返しのみ。キスはバケツに詰りクーラーへ。更に詰り続ける。

   沖,    水深30m, 秋田キツネ×2本,80cmに換え釣れだす。

   再び浅場, ひと流しだが入れ食い。小型だが一気に20匹を稼ぐ。

   沖,    北風強くなるがコンスタントに釣れた。

           釣.小さいせいか,目の前でスッポ抜けも多い。秋田キツネは大型には不向きかも,


       竿入舟210,シマノ1000,新素材1,先糸ナイロン3×1m,オモリ15,
         フグに仕掛けを取られたのが2度,
         先週,赤イカがでた。カッタクリ20,テンビンの下にハリス4×1m,スッテ昼間浅場,青系,深場,赤,
             幡谷氏.釣―ハヤガケ8,9(赤玉.
金玉は最良
             金谷氏−流線8,

       3流し目まで0が,如何にか上位に食い込んだ。もっと臨機応変な気持が必要だった。
                               メゴチ(型良い),皮ハギ,アジ,小ベラ, シロギス2.465k,竿頭,5/31位,
       *17日,ヤリイカ竿,穂先2本@1.000{浅},

 6月22日

真鯵
スルメイカ

ヤリイカ

鵜原,まさえい丸, 霧雨,ウネリあり,
                                                折原,宮腰,深野,友江,関口,松村,


      20日,台風が関東北部を横断した。
        初竿より一日中,潮の流れが極端に強く,悩まされ続けた釣行になる。

                              中潮,満潮5:10,干潮11:56,左舷ミヨシ,3:30〜11:30揚,
   アジ,   水深80m,周りが釣り上げる中,アタリなし。30m.60mで,中サバの攻撃を受ける。
          150号のオモリがよく止まった。ノドクロ大型1匹のみ,
          釣り座の違いか,遅れて投入してもサバに好かれていた。
              アジ,メバル用サビキ,ハリス6,エダス4,鈎13, フラッシャ赤白,×8鈎×5m,

   スルメイカ, 潮の流れが速く,1度底に着くも流され,底地が分からず。又サバが多い。
                                            ツノ14cm,5本,中型5杯,
   ヤリイカ,  潮.更に強くなり底に着かず。釣り以前の事となる。
           底釣りオモリ180に変えるも流された。
            ラストにヤリイカ大型1杯を上げ納竿した。 
                      ツノ11cm,魚の目入り5本, 計,大型身薄いが2杯, ブルー,ケイムラ,

        
イカの沖漬(醤油1/2,酒1/2,)味醂,途中で酒追加したため酒の臭み残る。

                     *竿ヤリイカ240グラス,
                     *電動ダイワ,棚coun,gs60(日)
                     *5日,硬調ヤマベ4.5,つつみ,宇崎日新@10.800,
                     *ハエ萌えぎ3.6,和興産業@3.400,
                     *PFT舟210{200〜250}@3.500{魚水},

7月06日

ヤマベ

碓氷川, 快晴,                                    若波会試釣,
                                                折原,沢田,久郷,斎藤,高橋,松村,


      am2時出発,明け方より30℃を越え,日中36℃と猛暑となる。
        橋下以外,日陰もなくタンパンで沢へ入るも暑し。

      九十九川,出合より上流.岩盤状となり瀬が多い。
         3週間前に比べ40cm以上減水する。
渓相は樹木に被われている訳でもないが,至極く良い。

九十九川出合,
城下橋下流,
碓氷川本流,

板鼻,鼻高団地前,
上部右岸,手前岩盤トロ上部,瀬, 小型,
岩盤トロ,瀬, 秋間川出合,良型出る。フライングセンター前,トロ(ガンセンターまで30分),
磯部付近,   橋下右岸ホソ出合,
常谷橋,上部. 素晴らしい岩盤帯(.ガン,センター60分),
瀬,トロ, 大型出る,(センターまで90分),
         11時風強くなり釣りずらくなる。12時.納竿,ハヤベ金4{高橋},入場券,雑魚\600, 

  右,下流,

7月13日 ヤマヘ

碓氷川, 曇(霧雨)
                                                             若波釣友会,


     本会で,まだ知らぬ下流に降りてみた。
       暗い上,濁流で濁り強く,とんでもない所に降りた。タクシーを拾い藤本氏と上流へ。

   最下流,鼻高橋下車,夜明けを待って左岸沿えに釣るが,増水.濁流でアタリなし。
       入渓は危険,ヘチ釣りとなるがアタリなし。
                                   福重,沢田,藤本,山口, 

   板鼻, 水門窪地は澄み,高橋氏が1人,籠を埋めていた。
         下に降りるがアタリなし。左岸の瀬で小ヤマベ,8匹釣り上げるのみ。隣り久郷氏,
           竿2間半,バカ,藤本氏と車\1.500で射撃場へ,

    
射撃場上,右岸寄り,9時〜,
       栗虫で小型だが,
オスが面白い程掛かる。1投,2投と続いた。
         止まれば,ネリに変え,更に小さくなるが入れ掛かりでオスが続いた。

        ここは流れも緩く,ヤマベの型数ともに密である。朝方は
15cm級が何処でも入れ食いで掛ったとの事。
         竿2間,ハヤベ4,金袖4,ネリと栗虫,バカ,

       今回,成績は悪いが50匹検量に追い着き,ほっとする。
                                       ヤマベ680g,オス3/4で,17/25位,

 7月20日

九十九里, 南白亀川,大布川,                                         藤本,沢田,松村,


        快晴,暑さのわりに乾いた風で快い。
          行く車中で話しが弾み,高速の市原ICを過ぎ,時間をロスする。
                                 大潮,満潮4:15,干潮11: 袖ヶ浦へ時間ロス,

   南白亀川, 大宮ICより外房有料道路経由,
          河口の橋と県道に掛かる橋の中間,左岸より竿2間半をだす。
                  ハヤガケ7, 2本釣,オモリ1,  ハゼのアタリは弱く2匹,10cm, 
           上流橋,上,左岸
大型20cm出るが数でず,
                  イナ,セイゴ数出る。オモリ1.5,
           南白亀,10時よりイカダ大会で釣り禁止になった。
             毎年5月にはハゼ入れ食いとの事,

   真亀川,   水深なく.濁りイナっ子が群がる。

   大布川,   以外と水深あるも食い悪い。エサ垂らせば食うも悪く,針下のみ取られる。
           河口は数でるが,デキハゼ多く7cm前後,
             竹竿9尺,ミャク釣り,オモリ1,金袖3×2,東京3時,
                           (20日,ハゼ,子安,昼3時間上潮3束,折原氏,)

7月27日

エビス第三小派川, 曇,濁る,                                           折原,沢田,松村,
                                            4;00出―12:00納竿,


    やや風があり雨雲が時折通る。お陰で高温のわり涼しく感じられた。
                                    小潮,干潮4:15,満潮10:35,

    26日,夜半台風8が横断,真水が入ったせいか,朝方デキハゼが浮わずく。
       ハゼ食い悪くポイントは造船所,上流側に限られていた。

    橋を渡り,手前奥右の浅いカケアガリが良かった。
      デキハゼ,東京よりひと回り大きい。竿9尺カーボン,ハゼ釣5,オモリ1,
      サヨリ釣5沢田氏,
ヤマメ5折原氏,(掛かり良いが,軸が弱いのが難点)

                        ヒレハゼ15cm18,デキハゼ8cm,170匹,1.6k,
7cm以下は放流,

 8月03日

デキハゼ

京浜運河, 快晴,                                                  藤本,山田,松村,
                                       大潮,満潮4:12,干潮10:03, 4:00〜13:00,


    何処もハゼの型を見るだけの釣行だったが,廻りに廻り,最後に京浜運河でハゼの山を見付けだす。
      それも以外な場所,足元にいた。

  ×1,城南大橋,
×2,東海埠頭公園,
×3,北緑道公園,

城南大橋



東海埠頭公園


北緑道公園


高浜水路
流れ,それ程なく立ち込む,アタリ少なく食い悪い.
ハゼ群らがらず腰近くまで立ち込むが,岸辺より間々良い程度,砂地,
               ハゼ7〜5cm,9尺竿,オモリ1,サヨリ釣5,

京浜大橋上流左岸出合.干潮で底出る。リール竿が多い
対岸.昭和島,同じく悪い,

楽水橋,
東京水産大学前,右岸,
  川底に降り最初,沖合に投げ込むが食い悪い。ハゼ7〜6cm, 

後で気がついたが,
足元にハゼがびっしり付いていた。
  上潮が利き,引っ掛けても釣れる入れ食い,悩む事はなかった。
  短竿と釣3.5が必要,12:40納竿.
                  仕掛け,鳥ウキ太目3〜4個,ミャク,ウキ共に用いる。エサ.丁寧に中通し5o垂らす,

 8月10日

デキハゼ

京浜運河, 快晴,猛暑,西風強い,                                        金谷,山田,松村,
                                                    5:00〜11:00,


     前回と同じようなコースを綴る。
       今日も暑い,ただ朝方より風強く,城南大橋では立ち込めなかった。
                                        小潮,満潮9:12,干潮14:24,
  城南大橋,       風強く竿だせず。
  昭和島北緑道公園, 立ち込み,釣人多い割にアタリ乏しく型小さい。
                南海橋寄り右岸, 思いのほが満潮までアタリあり,下げてアタリ乏しくなる。
  楽水橋,         10時,水多くポッリポッリのアタリ,
                      
 竹竿9尺,オモリ1,金袖4〜5,ヤマメ5,青イソ,
    
立ち込み仕掛け 鳥ウキ,太目3〜4個,ミャク,ウキに共用できる。

    
竹竿9尺,田中氏より¥10000で購入,修理に¥10000,
                         (汐見運河,午前,午後入れ食い。沢田氏,)
                         (子安第三,80匹前後ヒレ形見ず。折原氏,)

 8月14日

小鮒

北越谷神明町,末田用水,新川寄りホソ, 曇,


      雨が上がり始め,昼少し前,越谷をでる。
         神明町の交差点を浦和方面へ,2本目の信号を左折,
用水の脇,周りは水田,

   用水路,   水深50cm,以外と流れがある。赤虫でフナ4cm,

     二股,   穏やかな流れの奥側,
      底釣り,ポツリポツリ,アタリあり,2cm強, クチボソ3cm強,
      ヘチ,   小ブ群がり,水面より10cmウキを取る。2cm弱,
             よく当るが4〜5回に1回釣れるのみ,又は水面で落とす。
                            赤虫1/2,1時間半で小バナ26,クチボソ5,

     竿1.5は長かった。仕掛けは安井氏,新半月,
     ねりエサ,激グルニンニク(ダイワ)+おかゆ,安井氏,
     ポンプ(グルテン+水3倍)よく練り3分後,白玉おかゆ粉を混ぜ適当な硬さまで。沢田氏,

 8月17日

利根川, 曇,気温が低く釣り易すかった。
                                                若波会試釣,
                                                   金谷,山田,馬場,沢田,松村,

      利根川を河口より遡り試釣する。
        利根川左岸の試釣は何時も釣果が悪く,今回も同じ運命を辿る。
                                          大潮,満潮3:16,干潮10:05,
   波崎,公園前,  ポイントは東屋付近,
大型混ざり平均的に食う,
               大潮で流れ強くオモリ2,竹竿9尺,ヤマメ5,

   漁港,       漁船の下,各カケアガリで良型混ざる。6尺竿が有効,
               川沿いはアタリあるも型小さ過ぎた。オモリ1,金袖4,

   奥利根旅館前, 潮止りにアタリあり,点々と見受けられる人はシジミを獲る人達,多い。オモリ1,ハヤガケ6,

   川尻,       期待に乏しく小ハゼ4匹, オモリ1,ハヤガケ6, ゴカイ, 競技用シネリ(沢田氏),12時納竿,

   汐見運河,辰巳, 早い帰宅で江東区汐見運河に寄る。
               40〜50分,アタリあるが食い悪い。オモリ1,ヤマメ5,青イソ,15時納竿,

   (15日)中新田,型混ざるが平均的に食う,幡谷氏,
         下流,葦付近.満潮近くまで待ち大型入れ食い,蛍光付ハゼ6,小桧山氏,

8月24日

白ギス

飯岡,日の出丸, 凪,
                                                            皮ハギ釣友会,
                                  小潮,干潮2:40,満潮9:10, 5:00〜12:00,


      前夜より久し振りの雨, 少し肌寒い感あり,陽が差すに従い蒸す暑さになった。
        後半は風が変ると共に潮早く苦戦した。36名,3隻,末栄丸,右舷ミヨシ,

     潮,澄み,水深25〜35m,
   沖合30分,水深25m,浅場より攻める。なる程,大きいと聞いていたがキスの型には満足する。
     初竿は食い浅く,ジャリメ垂しの部分のみ食い,焦る釣りになった。 
       徐々に沖合へ,水深30m,投げてアタリを取り,バランスよく釣れだした。

     聞いていた事ではあるが,型の割り引きが弱い。重みだけが増している。
       入れ掛かりの中,移動し,少しガックリさせられた。

     先糸を切られアタリ取れなくなる。ミニ・クッションを付けるが,アタリは鈍かった。
       やはり先糸はナイロンが良い,慣れもありアタリを取り戻す。

   浅場10時半, 潮が変りオモリ20が浮く,底に着かず,終盤を迎える。

        説教
     キス釣りとなると気は真面目だがエンジンの掛かりが悪い。スローから始まり次第に調子に乗るのが常だった。
       嫌いな釣りでもないが,その都度,誰かに説教させられる。

     今回も早い納竿に幡谷氏より忠告を受けた。オモリを足し真面目に釣るようにと。
       
自分でも何故,オモリ25に変え釣らなかったか?

     右舷,大トモではワカシ,メジを釣っていた。私はキスを諦め,中層での大物,置き竿に変えていた。
       キス確保に満足し,競技とは別に,他への欲が強いのか? 度々,同じ事を繰り返す。
       真面目に釣れば上位に入れると。

       竿ダイワ入舟210,PE1.5,先糸2−2本釣,
流線9×80cm,オモリ20,ジャリメ2.5杯,
       別竿に入舟12,フグ用ヤリイカ竿,アジ用にシブイト, \10.000,
                                外道,
クサフグ1,メゴチ2,キス49匹,2.5k,12/36位,
     http://www.yomiuri.co.jp/sakanavi/
     (ハゼ,汐見運河,前日の長雨で浮く,アタリ取れず折原,干場,藤本,)

8月31日

利根川,仲新田, 快晴,陽差し強く30℃越す,                                  若波釣友会,
                                                   大潮,干潮10:08,


     下げ潮の上,水門が開き真水に近くなり,食い悪い。
       又型も小さくヒレ20cm級1匹のみに終わった。

     川尻と別所の間,中新田は,左角・平重鉄工所で下車,右折600m15分。
       幡谷,沢田,横山,山田,松村が下車,

     舟溜の両岸は自然の葦に被われている,
       ポイントは上流,監視小屋前,(他会が入りヒレハゼの入れ掛かり,川底柔らかいが狭い,)

     2本竿,2間半,オモリ1.5,ヤマメ6, 釣れれば型はよいがアタリ乏しく,シジミ獲るをする。
       9尺,オモリ1〜2,競技用ヒネリ6,蛍光ハゼ6,  11:10納竿,
                        ジャリメがアオイソより食った。ハゼ450g(ヒレ20cm1)19/25位,


   釣果としては,やはり塩分の多い下流が優位となる。
     上流はシジミが全体的に分布している為,潮干狩していない軟らかい場所が良い。
     潮さえ良ければ仲新田は良いポイントと思われた。

9月07日

塩浜,汐見運河, 午前3時頃大雨降る,5時半霧雨後曇,                              藤本,松村,
                                                   6:00〜11:30,

       中潮,満潮7:57, 風あり今日は蚊も居ず,居心地が良かった。
         明け方より入れ掛かり,護岸上3mより竿をだす。

   ミャクよりシモリへ,ヘチの後は沖目のポイントと,釣り方の変化で食いを誘う。
     潮止めで小休止した以外,11時頃まで荒れ食いが続いた。

   後半,ノリの勉強で数落とす
     
エサ,1cm程垂らした。アタリ弱い場合は頭必ず落とす。

   11時,食いあるも弱くなる。前回の利根川,残りアオイソ鮮度かも。11時半納竿,
      竹竿9尺(穂先破損)ヤマメ,
金袖5,アキタクツネ,
                                   2人で4束半,
(護岸工事3月完成予定),

9月14日

鵜原中止, 海荒れる,

利根川,仲新田, 曇,風それ程ないが少し肌寒い,                                若波釣友会,
                                                   中潮,干潮8:59,


      海が荒れ鵜原の釣行が急に中止になる。竿を替え例会のバスに飛び込んだ。
        エサは車中で分けて貰いハゼ釣りに望む。

   前半,上流側ヨシを狙う,ままよい型混ざるが,沖合アタリ少なし,
        水暖かく濁りなし,ゴカイ一匹を少し切った。 

   後半,下流よりで釣つが諦めシジミを採る。
        ヨシ1ヶ所,食いあるも後がなく,上流に戻り再び竿をだす。

   今回も河口が良かった。ただ,前日より再挑戦を含めバカを使用しなかった。
     前回に続き悪い釣果に落ち込む。2間竿破損,9尺カーボン,オモリ1,競技用シネリ6,
                                               ゴカイ1杯
,ハゼ570g,20/24位,

9月15日

塩浜,汐見運河, 小雨,大潮,満潮16:34,
                                                    14:00〜16:00,


     前日,夕方より九州南方に台風19が停滞,
       前線がその刺激を受け東京は雨となる。雨少し落ち付き釣りを試みた。

   入れ食いとまでいかないが食いが立つ。平均7〜8cm,アタリあるも,やや薄い。
     底地にはイナっ子が塊で群れ,ヘチにはびっしりハゼが付く。

   3時20分,あっと云う間にアタリがなくなった。やはり下げ潮の方が良い。
     9尺カーボン,オモリ1,蛍光ハゼ6,ゴカイ,
                     ハゼ50匹強,

9月21日

オカメタナゴ

末田用水(二股上流), 霧雨,
                                                        安井{吉田},福井,松村,


      国道4,バイパス神明町交差点を浦和方面に左折し,3っ目の信号で末田用水にぶつかる。
        用水沿へに左折,3っ目の橋付近で釣り始めた。
        既に安井,福井両氏は竿を出していた。
小ブ,タナゴ釣りの指導を受ける。
                                                   6:30〜13:30,
   橋真下左岸, 
       前日より水位は大分下がったとの事,
         竿1.5(90cm短竿が良)でウキを15cm程に取る。小フナに混ざり橙色のオカメが混ざる。
         時折大型もでる。タナゴの色合いも良い。別名,タイリクバラタナゴ,
   50m程,下流, 
       用水路上はフェンスが有る為竿2.1
         オカメに小ブ(5cm)が混ざり,その中コイにクチボソが混ざる。
         水深は浅く流れがある。リズムよく釣る2人に混ざり,程好く釣れた。

       前日より型は平均的に小さい。釣る時期は春先より始まり,7月,8月は休む。
         今年は平均的に釣れたようだ。11月中旬までで,その後は小ブナになる。
         餌,イモグルテン練り, マキ,赤ベラ,(臭いの少ないもの)

   又,県道,信号の所は少し水深があり,13cm前後のフナがキジで上がっていた。
                          タイリクバラタナゴ,小ブナ(3人で
3束,),帰宅して山田,山岸両氏に譲渡,

       小鮒
八日市場,全体的に釣れる7〜3束,秋田キツネ1,久郷氏,2藤本氏,2.5田中氏,帽釣会)

 9月23日

塩浜,汐見運河, 小雨,                                                 藤本,松村,
                                  小潮,満潮9:57,干潮14:5, 10:30〜13:45,


      前日よりひとひと降り続く秋の雨,
        墓参り後,満潮後の下げを狙い藤本氏と東雲へ。橋下で雨は防ぎ竿をだす。

   食い少々薄いが入れ食いとなり平均的に釣れた。ヘチより少し沖目がポイント,
     藤本氏と並び,竿を出せばハゼが掛かる。動く事なく水箱は埋まる。

   私のハゼを釣るペースがが落ちだした。藤本氏が針を
換えるよう諭す。ツメに引っ掛かれば良いと。
     換えると再び掛かりだした。動かず居て腰が固まったらしい。重い腰を上げ3時間程で納竿する。


     今回は針,4本使用,9尺竹竿,アオイソ2人で1杯,                    ハゼ130,
                     *30日,群青270\3.700(原)
                     *4日,舞230,\1.900(日) 

10月05日

小鮒

千葉,八日市場, 小雨,薄濁り,                                            若波釣友会,


       昨年釣った焼肉屋前,浅く油が浮きポイントとならず,30m上流で釣る。

    朝方は食い全くないが暖かくなるにつれ釣れだした。
      今回は2cm強の小ブは少ない。引きの良い5〜6cmが中心,
      それ故,引きの良さは抜群となる。
               竿2.1
(1.5良)秋田キツネ1,赤虫\300,ねり不向,

    
流れが止まてアタリがなくなる時,又雨の日は,ドカンなど排け口にコブ群がる。
       今回の釣行で手返しの悪さも知る。          
                                 T沢田氏,竿2.7で572匹, 小ブ168匹,16/34位,

10月10日

塩浜,汐見運河, 小石場川,                                             (上野兄弟),


     午前中,重い雲に被われていたが午後晴れ渡る。
       汐見運河ではハゼの型見ず,早々に小石場の運河へ逃げ込んだ。
                                                  小潮,満潮12:15,
   汐見運河, 満潮時に着く,水澄み冷たかった。竿2間半をだすもハゼの型見ず。
            見物して30分程で竿を納めた。

   小石場川, ここも水澄みアタリは乏しい。地元の上野兄弟が竿を出していた。今年最低のアタリとの事。
            ハゼ冷たく型も小さい。釣りより久し振りの再会に話が弾み嬉しかった。

          この水路を知っていると驚く彼等, 兄はボラ釣り,弟はハゼを釣っていた。
            
トラブルが起きたら上野と名前を出せば済むと。竿2間半,金ソデ5,オモリ1,

          8日,ハゼ,15時半に上げ潮で入れ食い,小潮,干潮14:34, 2月上旬まで釣れるとの事。上野氏,

10月12日

イナダ

葉山鐙摺港,隠居丸, 快晴,                                     折原,宮腰,深野,友江,松村,
                              若潮,干潮7:13,満潮14:41, 6:00〜12:30揚,


      朝方北風が強かったが次第に風納まり暖かくなる。
         ウネリもなく葉山〜江ノ島の
海岸線の風景が素晴らしい。釣果は最悪になるが。
                                         右舷トモ,\8.500,

   葉山沖,    ハリス5−ウィリー(緑,白,桃)3本釣伊セ尼10−2ヒロ, チンチン,
            ハリス4−ウィリー( 々, 蛍光玉)グレ8−エダス17cm―2.5m,(相模湾用)
                          平.丸ソーダカツオ,キタマクラ,
   逗子沖,    ソーダ用,蛍光ビニール,パイプ2本釣(船頭)幹糸切れる。
              (深野氏、水面上,鉄仮面上げた所で連続釣る。)
   稲村崎沖,   メジ手ビシ。10−大物パワー,カッタクリ釣L2本―2ヒロ,
             (赤入リバラフグとナマズ内側ハモ)
   七里ケ浜沖, ワカシサビキ。5−3−2.6m,ハモ,サメ腸6本釣3,
                          ウィリー3本釣で丸ソーダ,ウマズラ,
           水深50m,ポイント40〜20m, 左舷胴の折原氏と私,全滅する。
            
イサキ竿270,長すぎる。ヤリ竿改良240,柔らか過ぎた。
               *18日,竹竿9尺修理,穂先@8.000,グラス9尺替え@1.200,

10月26日

横浜, 曇後晴,朝方やや風あり,                                        折原,横山,松村,
                                  長潮,干潮7:31,満潮14:29, 6:30〜13:00,


      息揚々と出掛けるも,ハゼ大型どころか,悲惨な釣行になる。
        横浜周辺,過去に出向いた場所を探るも,宝物は見付からなかった。

子安造船所
出田町埠頭
港湾病院東門前

本牧漁協,旧本牧資材場
B埠頭裏
子安,第三

釣人居ずアタリなし,水暖かい。
アタリなし,釣人ルァー,
水澄みヒレハゼ点々と見える。エサを寄せて食わせた。
  釣人が多いわりにハゼの食いは悪かった。20cmを頭に5匹,キジ,
アタリなしヘチで子供がメバル5,6匹上げていた。
釣人多いが竿上がらず,竿出さず。
再度狙うもアタリ1匹のみ。

  9尺竹竿,オモリ中1,ハゼ蛍光6,金袖5,アオイソ,今回はリール竿必要,

        (ハゼ釣船,19日,木場数匹,26日,ご台場小30匹,秋谷氏)

11月03日

ショウサイフグ

鵜原,まさえい丸, 曇,ウネリなし少し肌寒い,                   宮腰,折原,深野,友江,阿部,松村,   

                           中潮,満潮7:01,干潮12:40,北風,真潮,右舷ミヨシ,
                                             5:00〜12:00沖揚り,

     時期的に狙う魚がいず,初めて鵜原からショウサイフグ釣りを試みる。狙いは外れ,船は走るのみの釣行となった。

   大原沖,    初鼻,左舷ミヨシで宮腰氏が赤目を掛ける。
              キス竿20〜30号,柔らか過ぎ,スミイカ竿2.7に換える。良型2匹上げた。

   御宿沖,浅場, 小型がぽつりぽつり掛かる。3流し目で砂地に投げ一荷がでた。
              一瞬の入れ掛かり。まとめて5匹を揚げる。

   行川港前,   食いトモ寄りに集まる,アタリ乏しく成果なし。
              オモリ20, 4本イカリ鉤(掛かった後の始末に
3本鉤が良し),餌はアサリ,イカ, 
              安部氏は最後に集魚板を付けて揚げた。

   鵜原では初めてのフグ釣り,何処も群をなすがアタリは少なかった。
     船頭はポイントを捜し,久振りに走る廻るが釣果でず。
     鵜原沖で数隻のヒラマサ船団を見るも,海原は何処も釣船自体が疎らだった。

     *8日,彩峰1.5,タナゴ@2.533{ジャ}

11月16日

ムツ

鵜原,まさえい丸, 曇,                                        折原,宮腰,深野,増島,松村,
                              大潮,満潮6:20,干潮12:50, 4:30〜12:00,


      パラパラ
   深場の釣りを始めようと胴突仕掛用50cm枠にジャバラ3組を揃える。針は13〜16本,
     船を流し船頭の指示で順番に仕掛けを落とす。初めての事で何が起きるか心の踊りようはこの上もなかった。
     何日も費やした作った仕掛けである。期待と共に船頭の合図でパラパラ落した。

   サバ1匹が全ての仕掛けに祭り,底地に着かずしてダンゴになる。一瞬で5人5組の仕掛けを失った。
     又,サバがいた。中層まで落ちている。船頭は強引に落せと怒鳴る。

   この繰り返しが始まった。祭れば意味がない,潮だけでなく運頼みの釣りだった。
     1回の投下で祭っても30分は費やした。


   ミヨシは祭っているがトモにチャンスが到来し底着する。遠いいアタリがあり,更に何かが動めいた。
     待つこと10分ほど,時間は分からぬが長く感じた。船頭の合図で今度はトモより竿を上げる。

   重いが比較するものがなく,分からぬ魚が掛かっている。
     中層で一度重く引き,道糸を上げ続け,その上で又サバが掛かった。

   仕掛けは20m前後ある。道糸の後始末を考えていなかった。サバが掛かればパーとなるだろう。
     初めに最後にアタッたサバが姿を現した。そして小さなキンメが掛かり,その下のキンメは落ちる。

   まだ重い,ゆっくり空バリを幾つも足元に落とし,それからメダイが姿を現わした。タモに入る。
     これで4投目は終わった。周りには仕掛けが絡んでいる。


      勝浦沖,イカ釣り場に近く水深250〜240m(ムツ,キンメ,メダイ,サバ),
   右舷トモ,ジャバラ釣り,
     1投目,船頭の合図で,右舷に並びミヨシより投降する。サバの群れで祭る,
     2投目,トモより,サバの一荷, 3投目お祭り, 4投目メダイとサバ, 5投目,前日の酒宴も利き後は酔う,

     パラパラ仕掛け13本釣,ムツ,サビキ,幹糸10(130cm),エダス8(30cm)―捨糸6(1ヒロ),親子サルカン,
     
針ムツ15,フラシャー(白,赤),エダス補強は蛍光パイプ4cm,竿NF舟2.1,(250号),
     
深場の場合,アタリがあったら少し追い込み,完全に掛けて次を待つ。捨糸1ヒロ,
                                        侘しい釣果となる。キンメ1,メダイ1,サバ7,

11月23日

タナゴ

北浦下田舟溜, 曇,水濁る,                                         安井,福井,斉木,松村,
                                                 7:30〜15:00,


     時折雨,北風がかなり強いが北浦の堰に守られ,風はそれ程感ぜず。
       この所,安井氏は下田舟溜に通い続け,束釣りを続けている。越谷の仲間が集まり一緒に釣行した。












下田舟溜,下流より,右は北浦,
     左角から手前中央がポイント,左小屋手前にホソ有り,

     2cm前後のオカメが主で時折ヤリタナゴが掛かる。群れが少し変ると練りがよく食った。
      アカヒレタビタは4人で数える程,

    ブルーギルに針の返しを取られ気ずかず,一時釣りとならなかった。
           彩峰90cm仕掛け,
糸ウキ,白(目安さがポイント,良)
           
激ニンニク,イモグルテン,練り(卵とおかゆ)

    北浦,舟道水門左はブルーギル,右はブルーギルに混ざりヤリタナゴ,
      右角より東面はオカメタナゴ,右奥,南東は,11月上旬のポイント,

    藻に沢エビが群がり朝方はかなり羽ね上っていた。
      又,帰える頃には食い浅くなるがタナゴの群れが,水面30cm下から浮き上がる。
      タナゴ,90匹を釣る上げ,自宅で
飼育を始める。


   竿留,
     安井氏より指導を受け,竿は彩峰1.5mの籐を数本抜き,竹の竿留を付ける。
       竹竿留は,合わして65,75,90,105,120,165,175cm用を作った。

 12月07日

ヤマベ

吉田,大幡川と湯日川,
                                                          浅草帽釣会納会,


      明け方,雨が上がるも,空は重い雲に被われていたが,気温は以外と暖かい。
        初め久郷氏に同行するも,アタリなく湯日川へ。それが悪かった。久郷氏大会のTopになる。

大幡川,






湯日川,



二股右,
二股,
2っ上の堰,
川尻橋左岸,



9
−10時,

12:20,納竿,
夜明け頃,久郷氏と堰下で釣る。水量乏しくアタリなし水量あればポイント。
探るもアタリなし2間,久郷氏は下流,私は上流へ,
本流水乏しくポイントに入れず
金谷氏,時折釣るが見るも乏しい,更に下,左岸で久郷氏が釣るもアタリ乏しい。
  下流の堰を諦め湯日川へ

横山氏と,迷いながらお夏橋(下流)左岸吐き出しへ,
初めより型良く飽きる間なく釣れた。2間半,
  気を良くするもハヤがまとわり,釣れるのはハヤのみとなる。
橋下右岸,瀬とトロの斑な間で数匹釣る。
  仕掛けを変えタイミング合わず。ヤマベが小さくなる一方,シモリが大き過ぎた。

     バスに戻ると久郷氏,Tで3.1k,バス停橋上で2時間,
      ハヤベ4,白ハエ3.5(
久郷氏ハヤベ金3.5で一年通す),針先は必ず出す。松木食堂で納会,¥5000,
                                                  ヤマベ755g,14/32位, 

                                     若波釣友会,7/10回,トータル順位22/51位,
1997年Top




 1998年(平成10年)

  早春の釣りメイーンはタナゴとなる。  
  鵜原, 赤イカ、沖メバル,金目等ジャバラ釣り始める。
  本カツオ釣り始める。
  前年暮れより春先までタナゴ釣り,仕掛けに凝る。良い師匠成田,池田,安井各氏に恵まれる。
  メダカ飼育始める。
 

1月03日

タナゴ

北浦下田舟溜, 曇,昼頃時折日差し出す,                                池田,松村,(成田,)
                                            6:00出―14:30納竿,


      高速道潮来手前の休憩所ACで桜の枝より玉虫ゲット,
        早い時間よりタナゴは浮き上がるが,食い悪くアタリは弱かった。

   タナ研の例会,10人が同じドックに入る。
     池田氏と成田氏(タナ研会)に挟まれた形で釣るようなった。

   両横綱が両脇から私を挟んでいる。成田氏は時折小フナ釣りで我が釣会にも参加していた。
     知っている身と断っても入る成田氏, 2人に挟まれば私が釣りにならぬことは分かっていた。

   タナ研の例会故,我慢してくれと。馬鹿か頷く私,両側で釣られる我慢の釣りが続く。
     仕掛けも針も成田氏は呉れると云うが,池田氏は贅沢だと言いだす。

   初心の上,条件を付け場所を譲るも,更に言い続ける池田氏がいる。
     私が釣る両脇に,うるさい2人が居坐り続けていた。私は静かに1人釣りたいが。

   向い南中央に並んで陣取る。12月の例会で成田氏,右寄り池田氏の場所でTop,
     前回,11月の場所東面は浅くなり,ポイントとならず。

   早い時間よりタナゴ浮き上がるも,食い悪くアタリは弱い。
      練りより
玉虫(大栄Sで2個採る)に換え,これ又小さなブルーギルが連続で釣れだした。

   蒔きエサはグルテン,うどん粉,漢方,仕掛け90cm,針2本破損,・・成田氏より,
   
  成田氏の助言,ハゼ,ダボと雑魚が多い時は底地にタナを取っている。
      今回は見えるタナゴは釣るなと助言あり。
                                 オカメタナゴ2cm弱28,ブルーギル2cm強20,



   池田氏よりタナゴの仕掛けを作るよう薦められた。
     見本の仕掛けに,ウキの形できた素材,糸ウキ用パイプを頂き,自分の創作で蛍光塗料を塗るようにと。

    自作の仕掛け,4ケ月,

     池田氏は上野,松坂屋釣具で仕掛け@¥2000,針@¥1500,で販売,
     成田氏は稲荷町,釣具店で仕掛け,針を販売,釣糸メーカーのオブザーバーになっている。

1月07日

鳥越釣具
  (廃業)

   竹竿ヤマベ2間半,フナ竿2間(携帯用),青キス餌箱,
   渓流箱,ハエ入れ,竿掛け固定盤盤,竿掛け,磁石盤,
   手釣り木枠2,アンドン60×2,手袋2,
   アジサビキ10,ヒラメ仕掛け3,針25袋,しらす毛鉤{大100},
   ライカ,ダイヤモンドド0.8×2,1×2,松葉サルカン3×5{100},
   スナップサルカン6{35},8{35},16{100}, 計\28.000,

 1月25日

タナゴ

北浦下田舟溜, 快晴,西風強く,薄く氷が張る,                           安井,池田,福井,斎木,松村,
                                            6;00出―16:00納,



     上流観音舟溜に廻ると釣人多いが,竿は上がっていなかった。何時もの下田舟溜で竿をだす。
       冬型となり雲1つない空は何処までも深く蒼い,又西風強く,薄く氷が張っていた。

   氷を割っての釣りとなる。コマセの玉を落し込みイモグルテンを練る。
     仕掛けは成田作を使用した。練りエサは針先のみに心持ち付ける。今回は下の赤い糸ウキがよく見える。

   オカメタナゴ居るもアタリは少なく弱かった。
     指先がかじかみ動きが鈍く,焚き火をしながら体を暖めての釣りになる。

   午後,幾らか暖かみが増えアタリ多くなるも,乗りは悪かった。2cm前後のタナゴが時折掛かる。
     仲間の竿も上がらない。まだ20匹これでトップである。(池田作),

                             ブルーギル1.タナゴ20(2cm前後)Tを取る。

   
カワセミがドック横の枝に止まり,下を覗く。一瞬にして魚を捕まえた。
     瞬きしたら見えぬスピードで川面に突っ込み,得た獲物を咥え川面30cm程上空で一時留まり,
     元の枝に戻った。

   そして魚を挟んだ口ばしで,上手く回転させ頭より呑み込む。私は竿を出した間々観察する。
     又,外道のブルーギルを投げれば,何処からかサギが現われた。



          玉虫が良く,藻エビが凄い,それに混ざりテナガも,
    午前 下田舟溜,          午後,新宮舟溜,釣人多い。
        第三揚排水機場,     ポイントあり(未公開)
            観音下舟溜,     釣人多いが誰もアタリなし.

    午後 三角ドック,          オカメ居ず,ヤリタナゴ, 
        徳島東舟溜(コの字ドック) 南西の角がポイント,
        鉄柱〜シゲ間右岸,    9/下旬〜10/オカメ入れ掛かり,
        徳島中ドック,         車置けず,
        徳島舟溜,          2年後の藻が茂るまで,
        福島舟溜,          釣人いる,       
          
今回は,ウキ糸,下のウキ{赤}のみ見えた。エサはハリ先のみ,
            練りは卵の黄味+ウドン粉(強力粉),お粥粉は時間が立つと柔らかくなる。

2月08日 鵜原中止, 7日午後,連絡あり,海が河のよう流れ,オモリ400でも底着がず,荒れ潮で中止。
       潮が落ち付くまで2,3週間かかる。又近海は西風強く出船半々との事。・・沼川フナ釣りへ,

富士,沼川, 晴,                                                      若波釣友会,
                                 中潮,干潮9:03,満潮14:47, 8:00〜14:00,



   鵜原中止で急遽,例会に参加するが東名高速道でバス故障,路上に2時間半待たされた。
     高速道路上での停車,初めての事で大型バスでも,追い越す車に怖さを感じさせられた。

   車を押すには勇気がいる。恐ろしいスピードで闇の脇を車が抜ける。もう釣りどころではなかった。
     代車待ちと警察の長い手続きて,第一昭和水路の釣行は中止,沼川一本とする。

   同年11月,大塚団地より

   水門橋より富士側,左岸は釣人が多く入れず。対岸,山口氏のポイントへ,
     教わるも,ぬかるみで入れず,上流橋上に入る。竿3間アタリ薄く1匹のみ。
     10m,上流に馬場氏,更に10m上に久郷氏,ボッタ,(小型だが数上げる)

   
洗い場,午後釣人,私一人1投目よりアタリあり。対岸アシ付近に落とすと,すぐアタリが続く。
     12時半納竿,5匹で風強くなり,対岸に届かず,釣りを断念した。3間,キジ,

                   T茂木3390g,2坪谷,3澤田, フナ345g,5cm前後6匹(20),21/31位,

      早春ブナ
   沼川は流れの方向は同じだが,水位に変化があり,それによってポイントが変わる場合がある。
     放水路と沼川出合付近は干潮の影響を顕著に受け,潮時により変化が早い。

   干潮時に底の露出する場所は釣場にならず。,底が見えない場所がポイント。そこが上潮時のポイントになる。
     竿は放水路で5m以上,沼川上流部では3.9mが照準。

     上バリ
は有効なので位置をやや高くし,ハリスは短くする事。下ハリスは逆に長めがよい。

   藻際も好ポイント,少し待ち釣りをすると良型がでる。藻に逃げ込まぬよう竿揚げは操作する。
     流す時はウキ下を長めに斜めに流す。ここで高めにした上バリが有効に働く。

2月15日

タナゴ

北浦下田舟溜,夜越川, みぞれ,                                      池田,安井,福井,松村,
                                             6:00出―17:00宅,


      みぞれのタナゴ釣り
   舟溜は前日の4月を思わせる暖かさが,一変し冷雨になる。
     激しい雨はミゾレとなり,雪より却って始末が悪かった。カッパを着ても下まで濡れだし震えが止まらない。

   勢いよく釣りだした仲間が,1人減り,2人減り,等々私だけになる。
     寒さに加えミゾレは当ると痛い。頬はこう張り,仲間は車に逃げ込んでいた。

   東風を背にコーナーをポイントとした。
     寒さに耐え我慢の釣りをする。それでも蒔きエサにオカメタナゴが掛かりだす。
     気温上がらず足は自然と震え,釣ったタナゴもなかなか外せなかった。

   玉虫1個目で11匹,2個目で6,ブルーギル1,その間に2度,車内に逃げ込んだ。
     何故か。釣れないながらハゼ釣りの感覚を憶え,再び釣る。釣れるタナゴ1匹が愛しくも思えた。


   下田舟溜,8時〜10時, 蒔きエサ{赤ベラ+グルテン}の上に小タナゴが掛かりだす。
     仕掛け,沈みウキ80cm,水濁り,糸ウキ半分見えず,(池田作,)
                                         タナゴ,私17匹,安井7,池田0,斉木0,
     (又,当日,七軒町釣友会,ブル,タナゴ釣り10人が,同じドックに入る。)

   午後,ミゾレ少し治まるも止まず。ラーメン屋{夢八}の主人の案内で
夜越川を巡る。
     入れ食いと云われたポイント,全員アタリなし。

   流れあり,沈みウキから90cmの仕掛けに変えてもアタリなし,少味20分で納竿,
      国道50を手堀方面へ,右手に大善池を見て丘を越えた所を左折,
      水田の中,堀の内,橋, 5月の水深20cmでも入れ食いポイント, 水門の下流,1〜3,

3月08日

ヤリイカ
イサキ

鵜原,まさえい丸, 快晴,凪,ただ朝の内,風強く,ウネる。
                                                   折原,宮腰,深野,増島,松村,
                             長潮,干潮8:05,満潮13:30,順目,右舷トモ,


     前日,船頭から大アジ,大サバの大釣り,1時間程でクーラー満杯と連絡あり。だが潮が変り惨敗となる。
       何時も急な変更で上手く行く事は少なかった。ただ期待を持ち釣行に出るが。

  ヤリイカ,水深140m, 朝方はイカを狙う。トモでも座れば腰が踊り釣りとならず。ウネリ強く,アタリわからず。
                ヤリイカ竿240,ツノ×7,オモリ120,40cm1,淡ブルーツノ, メス1,ケイムラ,

  イサキ,タナ33〜28m, 早々に近場,鵜原沖に戻る。潮目を抜けると嘘のよう次第にウネリは納まった。
                波はナギのよう静かさを取り戻していた。海面は煌きだしている。

              前半は食いが悪かった。船頭はハリスが太いと云う。
                ハリス2−イサキ釣3本―2ヒロでイサキ4,
              後半,
ハリス1.5−3本―3.5m(船頭)に換え食いだした。イサキ9,一荷2回,
                  (蒔きエサ,少しづつ途切れぬよう),イサキ竿270,オモリ50,

29日 第2回若波本会休会,
  フナ与田浦, T茂木3525g,2萩野,3三橋,参加40名,

 4月12日

ザコ川,上の島川,大重水路,                                            若波釣友会,
                                                 2;00出―14:00,


     久し振りの佐倉,その上,初めての水路,沢田氏とザコ川へ入る。
       殆ど全員が大重水路上流で下車,平均的なフナの釣果を示していた。

   ザコ川,  沢田氏と夜明け前に立つ。
           ヘラ用の足場,出合より2ケ所あるも,釣り場を探している内に場所を取られた。

         
渓相は素晴らしい,対岸でフナ跳ねるも風強くポイントに届かず。
           水温も低い為かアタリは1回のみ,

         大きく竿が弓を描き引いた。初めてのブラックバスだった。
           風強く右岸からが背になりよいが,フナは対岸で届かず。竿2間半,3間,赤虫,

   大重水路下流,9時.濁り強く竿ださず。泥土が流れていた。他会の数人が大重へ入るもアタリなし。
            朝方,新川で小型だが20匹検量で数確保を聞く,

   新川,   送電線下,竿2間半,3間で4匹,赤虫, 澤田氏練りで2匹とヘラ,以後アタリなし。

   
大重水路,出合.川強く濁る橋下.先客は濁流の中,朝方入れ食い。
            澤田氏を呼ぶ。彼は上げ30分で小4匹上げた。竿2間,赤虫,
            (
大重水路上流は小型ながら全員,間々釣れた。)

                        T金谷1910g,2萩野,3久郷, 15匹検量,フナ290g,26/29位,

   上,下流,×点が今回の釣り場,

4月19日

タナゴ

北浦下田舟溜, 曇後晴,23℃を越し水も温む。                                安井,池田,松村,
                                                6:30出―17:30宅,


    タナゴ2〜3cm,水面下20〜30cmに浮き,気がはずむも口出さず。  
       糸ウキがよく動くも擦れるだけで,口は使わなかった。タナゴ ,ブルーギル1,

    鯉の産卵,朝より漁師,近所の者がドックの周りをうろつく,
       1m前後の鯉の群れが今日か明日産卵の為来るとの事。

    22号の道糸,カットウ仕掛けで待つ者が居れば,朝,昼,午後と交代で見張る者もいる。
       ドック一面の藻はズタズタに裂け,産卵で真白になる。そして3回の産卵でタナゴは散る。

    脇のホソでは
西洋メダカが群をなしていた。フナもいそうで竿をだすもアタリなし。
                 沈みウキ仕掛け,竿80cm(
60〜70cm良)イモグルテンと玉虫,

4月29日

ヤリイカ

鵜原,まさえい丸, 曇後晴, 
                                                   折原,宮腰,深野,増島,松村,


      明け方南風が吹き,波高くなるが時間とともに納まる。
        久し振りジャバラを試みるが釣果はなかった。増島氏の1匹のみ。
        アタリ0で仕掛けは回収できたが,釣る事を考えると意味はなかった。
                                            3:50〜12:00揚,右舷トモ,

   底釣り,  勝浦沖,航路1時間20分,水深250m,10本釣,ジャバラ釣り,
           増島氏ムツ1匹以外,全員アタリなし.

   ヤリイカ,  そこより20分の航程,水深200〜160m,
           途中まで上がるが,頻繁にバレる。点検すると必ず足が掛かっていた。

         クッション倍にするが変化なし。竿が硬いせいか?
原因が分からず。
           潮と釣座の関係なら当たらないはずである。取れぬ理由が分からない。
赤ツノ
乗る,
           宮越氏
,朝方14cmツノによく乗った。                  ヤリイカ5,サバ2,

5月04日

ヤマベ

平塚,金目川,                                若波会試釣,
                                             金谷,山田,藤本,折原,沢田,堀江,松村,


     前日まで暖かい陽気が続いたが,急に冷え込み今日は肌寒さを感じた。
       上流の川底はブルドーザーで整地され,真平らな変化のない河原になる。
       大雨での濁流を防ぐ為,年に3回ほどブルが入る。今回はヤマベが小さく,数望めず。

   水神橋, 下流右岸,好ポイントあり。流れ速いがややトロ気味,
           1人心地よい釣りを楽しんでいると,仲間が1人,2人現れ土手上から,攻めら釣りにならず。
           仕舞には河原に降り対岸から竿がでる。
         橋下,1人好ポイントに入り,瀬もよい。

   東雲橋, 上流右岸,排水溝の境もポイントとなる。

     今回は私とって何処もよい釣場になるが本会でなく試釣で残念さが残る。
         
ウキ,タナゴ仕掛け(良),流れのある場合はタナ倍取る。竿2間半,ねり,金袖2,秋田キツネ2〜2.5,

 5月17日

ヤマベ

金目川, 雨,朝方強し,
                                                            若波釣友会
,

      濁流
   濁流の中,会は催された。川に立ち込めず,全員が今日のポイントを探していた。
     吐出し下,葦の中にポイントを見付ける。

   薄濁りで竿を出せばヤマベが乗った。入れ食いとなる。
     他の会員に見付けられるも竿を長く寝かせ,釣れたヤマベも上げずに去るのを待った。
     だが,仲間が現れてから,ポイントは掻き乱された。6,7人が固まり上から横から竿が伸びてくる。

    水神橋下車,   
      雨,次第に強くなる,前回の右岸橋下に陣取った,
       9尺.タナゴ仕掛け1投目でアタリあるも,流れ激しく1時間でオス1匹のみ。

   本流は濁流化し危険,立ち込みに不安を覚え土手にでる。
     右岸沿いを下り良いポイントと思うもアタリなし。


   
東雲橋手前,左岸,排水溝からの溜まり場,
     型良く一投目よりアタリあり,投げれば必ず掛かる。メスも大きい。
     落ち込みより流すと1m程で心地よい引きが返ってくる。小型も混ざるが百発百中。

   竿は
2間がよい。替えようとした時,他の釣人が数人現れた。
     塞ぐよう竿を出し去るのを待った。

   1人,草の茂みに身を隠し竿を出す。ひと流しの中程で何処でも掛かる。
     釣れなくなると,
ねり,紅サシ.栗虫とエサを交互に換えればアタリは続いた。 

      雲上の釣人
   その内,今度は仲間が集まりだす。遠慮なく竿が出た。他会では出さないだろう。
     又もや釣れるも竿を2間に変えられず。不自な形で竿をだす。

   酷いのは土手上からも竿が何本もでた。今まで禁句と教えられた上場からである。
     それも私に指導した人達が当たり前のよう竿をだす。釣堀状態となった。

   何時まで続くか分からぬ釣りに漸く見付けた
ポイント,全てを壊された。
     時折,良型釣れるも,小ヤマベの数釣りとなる。1人で釣ればトップになれただろう。

   自称だが。でも一度,成りたい気持ちは誰にもあると思う。全てを諦める。
     ここでのTは当たり前だった。飽きらめるが人には指図するものの,会の道徳は?
     今回はそれ程,釣れなかった事も事実だが。

   11時,生活用水が,激しく入り込み,魚は散る。
     最後に皆が釣れなくなる中,釣る1匹が貴重に思えた。秋田キツネ2,(
2.5〜3良),

         T栗原2130g,2幡谷,3久郷, 竿2間半,シモリ,下流ではダントツTopに,ヤマベ1.220g,
5/27位,

5月24日

イサキ
メバル

鵜原,まさえい丸, 曇,濁り並,波ベタ気味,
                                                   折原,深野,増島,関口,松村,

         前日より生暖かい南風が吹く,
                       大潮,満潮3:19,干潮9:49, 6:00〜11:30揚り,

      二枚水温20℃で底かなり低い,右舷ミヨシ,
    鵜原沖,30〜25m, 船団に入るも食い悪い。初め船縁でイサキを落としてからアタリなし。
                  時折アジが食い,
クッション忘れ2度落とす。

    豊原沖,40m,    
1隻で別のポイントへ海原で釣る。シラス毛釣大5本鈎,ハリス2×4m,赤イサキ2,

    興津沖,30m,     ハリス2,エダス1.5×3本釣,ムツ9×4m,アジ,大サバ1,
                  ヤリイカ竿2.1,ビシ60,       
               
真潮,南風の場合,右舷トモがよい,左舷釣りとならず,

6月07日

真鯵
白ギス

鴨川,安栄丸,右舷ミヨシ, 曇,                                             若波釣友会,
                                                 中潮,干潮:28,

    北風が強い中,以外にも海面は穏やか。ウネリは時間の経過と共に治まる。
      又,上潮になってから潮の流れが速く,キスは釣りずらかった。

       会として初めての2本立て
    先々週,帽釣会,鴨川キス釣りは余りにも釣果が悪かった。
      船の予約もあり,朝方は会として初めてアジのサビキ釣りをする。

    道具が揃わず,苦労する。竿を何本か貸し,オモリは
50に統一する。仕掛け1組を各々支給。
      前半はアジ釣り,後半をキスで競う事とする。
      各船頭には入れ掛かりでも,変更の時間と厳守することをお願いした。

    釣果を見る限りアジ釣りの必要はなかったが会員の殆どが初めての船釣り,喜んで貰っている。
      各々がアジとキスでクーラーは満杯となる。

   アジ, 浜荻港沖,サビキ,水深15m小イワシの群れ。20mで小アジに中が混ざる。
         20mで一時10本釣サビキ(手ビシ)パーヘクトとなるが小アジ,
         後半1匹.2匹掛け多くなり,最後はイワシの群れの中へ船は突入した。

         他3船は,沖目に集まり,中以上の群れの中,動かず釣りを楽しんでいる。
           我船は小アジとイワシのみ。云っても聞かぬ頑固な安栄丸の親爺,他船は動かぬ間々でいる。

         今にみろと移動が多い。自分の意思を通し続けている。後半キスで頑張るが。
           
手ビシ,大黒屋のサビキ仕掛け10本鈎,@80,アミコマセ1個,

  キス,  鴨川湾,7時,潮止りまでキスに竿を変えた。順調にキス掛かるが
型は小さかった。
         まるっきり釣れぬと前半アジに変えたが,その必要はなかった。
           目方にならぬが数がでる。メゴチ1匹も掛からず,外道はフグ1のみ。

         可笑しいとキスは小型ばかりで大型がでず。漁師の底網か?
           後半,潮早く苦戦する。
無精に先糸の補修を怠ると,やはり先糸ないとアタリ取れず。
           3本釣,ハヤガケ8−80cm,オモリ15,ジャリメ,

       後記
    帰路のバスではキスが釣れ,初めてアジ釣りを加え,苦情と賛同が共に介していた。
      オモリが重た過ぎると考える人も居た。又,初めてのアジ釣りで歓ぶ人が多かった。

    初めての変則した釣行,喜ぶ人が多かった事が私には幸いした。
      キスが釣れぬとの伝言はキツい。道具を揃え釣り方を教え,釣れると諭した。
      喜ぶ顔は何も云えぬ程,嬉しいが,キス好きの批判も多い。次回は幹事を辞退するか?

    当日,キス,木更津,波1.5.船中1匹も釣れず早揚がり
               T藤本1825g,2幡谷, アジ30,シロギス1.245k,竿頭,3/24位,

鵜原中止, 悪天候で中止,

6月21日

スルメイカ


沖メバル

鵜原,まさえい丸, 曇後晴,凪,
                                                 折原,宮腰,深野,友江,増島,松村,
                                        3:40〜12:30揚,


     幾らか波立つが海原は次第に治まる。薄濁り北東の風,流れよく後半の潮は変わる。
       
船の周りにはトビウオが舞い,イワシの群れが入った為か海鳥も多かった。五目釣りになる。
                                         中潮,干潮8:40,右舷ミヨシ,

   御宿沖〜大原沖, 1時間40分掛け大海原へ。周りには一隻の船も見当らなかった。
                 一日中,30cm前後のサバに邪魔され,底へ落とすにも苦労する。

    スルメイカ,      アタリなし一投目で流す,
   
サバ用サビキ,   10−8―7本釣.丸海津15,底に着くと食いはよい。
                6本掛けを頭に3匹,4匹とサバが掛かる。間にアジも,
                クライマックスは55cmの
カガミダイを上げる。

   アジ,サバ用サビキ, 10本釣(船頭),底で30cmのムロアジとメバル数匹。
                サバの猛攻で,あっと云う間に仕掛けは祭った。 
   
沖メバル,サビキ,
      移動中,先程釣ったサバをメバルのエサにと短丹に切り,餌の数を揃える。
        赤のフラッシャー,タコベイトにサバの短丹を混ぜる。初の沖メバル釣り,仕掛けを落とす。

       一度は数がでる。着底してゆっくり動かすと,直ぐコッと弱いアタリがきた。
        アタッたと同時,宮腰氏から道糸を伸ばせと声が掛かる。またアタリ,伸ばせば,またアタる。
        アタリを数しながら道糸を送り込み,もう7〜8mは送っていた。

      時を見計らい竿を上げるが重過ぎ動かぬ竿。竿のしなりも止まった間々両手で支えるのみだった。
        電動が唸り時折道糸が止まる。そして手巻きを加えゆっくりゆっくり上げてゆく。

      海面に赤いメバルがつづらのよう浮いてきた。見事,形のよい5匹の
沖メバルを釣り上げた。重い筈だった。
        その繰り返しは時には7匹のメバルを掛ける。さすが電動だけでは動かず忍耐を要した。
        納竿時,周りを整理していたら最後のメバルも1匹付いていた。
                                          沖メバル24含めで45Lクーラー満杯

      ハリス5,エダス4×7本釣,ムツ15×6.4m,半ば乾いたサバを切り身にして,ぽっりぽっり釣る。

 
   釣り方オモリを底にそっと付けて置く感じで糸を張る.コッコッとアタリがきた。
       少し糸を出して待つ。又コッコッ来たら同じ事を繰り返す。そして5〜10分待つ。

       浅いあたりは3匹ともノドクロだった。変なアタリにアジが掛かる。
         サバは上から20mと15mでオモリを止めていた。
         如何に早く底へ落とすかに賭かっていた。底にもサバは居るが確実に沖メバルは付いた。

       
エサは赤ウィリーにサバの切身,タコベイト小が良い,ナマズ,イカ,メゴチ,
         食い悪い時はハリス6,エダス4,竿ヤリイカ鳥影240,オモリ150,

7月05日

タナゴ

末田用水,しらこばと(沼迎), 曇後晴,猛暑,                                  安井,山下,松村,
                                                  6:30〜9:30,


    田圃の中の沼からのホソへ, タナゴが産卵し小ブも多い。
      北越谷の田圃には,この10年見られなくなったタニシやドジョウが復活,黒メダカも群をなしている。

    釣り場は水田の中,
環境,良好,
      国道4号線,明神町を左折,末田用水を渡り,2つ目,コンビニの信号を右折する。
      そして1つ目の十字路を左折,林を抜け黒板会社手前を右折,細道を抜けると田圃にでる。

     沼迎へのメモ
    左下,横断は末田用水,
     左,直線県道は,北越谷〜浦和駅間,

   対面ホソ,右奥に沼あり,沼はブラックバス釣り,そのホソで釣る。
     水深50cm前後,底にエビ多く根掛かりのような重みがある。クチボソの群れにアタる中,半分は小ブがでた。

   手前ヘチにはタモで捕れそうな
生まれたばかりのオカメタナゴ稚魚が群がっていた。
     透き通るタナゴの群れ,一掻きで50は獲れそうだった。水田には一時姿を失ったタニシ,ドジョウが多く見られた。

    09:00〜11:00,アタリ多く型もよくなる。
    13:00〜15:00,全くアタリなし。
    15:00〜16:00,対岸に蒔き餌すけば大型10cmオカメがでた。

                             竿70から90cm,120良,イモグルテン良,玉虫アタリなし,新半月,

7月12日

ヤマベ

碓氷川, 前夜より雨,肌寒い釣りとなる。                                     若波釣友会



    九十九川,秋間川出合上流,橋〜射撃場,

      前回と異なり二股付近ではヤマベの群は見られず,型も小さい。
        初めは小ヤマベは放流していたが,50匹検量で小型混ざる。

      オス半分取るも型が小さ過ぎた。        
        (練り器,タモ,藪に落とす)藪下トロで
虹鱒1匹,・・雑魚日釣\1.000, 


   右俣メモ,

           T折原1385g,2干場,3田中英, ヤマベ(50匹検量)790g,14/32位,トータル順位5/6回,13/44位,

7月19日

イサキ

鵜原,まさえい丸, 曇,澄み,波1.5,南風,
                                                    折原,深野,関口,池田,松村,
                                   若潮,干潮7:19,順潮,右舷ミヨシ,

     前日は波浪注意報がでる。潮が変り海水は澄み切り,余りにもの透明度にイサキの食いは渋くなる。

   御宿沖.40分の航程,
       浅場,タナ20〜15mに船団見える。更に沖合30m前後にポイントを求めた。
         中サバ群の間をぬって,アタリの弱いイサキを狙う。
         誘い上げると水深29〜27mでアタリがでた。

   後半, 30mジャストで誘い続けるとアタリあり。トモで関口氏,置き竿でアタリ続けている。
         型,全体に良く,並及び大型が掛かる。 
           ハリス1.5×3本釣,ムツ9−2ヒロ半,一時,ひと流し事にハリス切られた。
           アタリの弱いのはウマズラ,強いのはサバ。                イサキ14,中サバ,

7月26日

デキハゼ

汐見運河,塩浜, 曇,                            (金谷,山田,久郷,)(沢田,折原,)藤本,紫関,松村,
                                                 5;00〜12:00,


   夜半より時折,激しく雨が降り,明け方4時半頃まで降り続いていた。
     正午頃から流れ雨,帰宅し晴れ上がる。
     
護岸工事は完成し対岸への橋も竣工,今までの土手の情緒は全く失う。
                                           中潮,満潮5:56,干潮12:22,

   朝の満潮に合わせて,まず1人で出掛けてみた。
     岸にびっしりハゼが付き,エサにハゼ集まり入れ食いになる。
    
 石上のハゼはやや大きく,竿6尺でも長過ぎ,後ずさりで釣る。

   釣りの仲間が交互に集まりだした。偶然にしても多過ぎる仲間達。
     竿が並び,各々が自分の腕を自慢し,静かな釣場が一機に賑やかさを増した。
     誰もが釣れている。故,口が又もや煩くなる。

   干潮が近づくにつれハゼは沖合に移動,型は7cmから6cmへと小さくなった。
     潮の引くスピードが激し過ぎ,立ち込む前に納竿する。如何に遠浅かが引いて分かる場所だった。竹9尺,

     
エサはジャリが最適,食い良くゴカイの必要はなかった。金袖4→3.5→サヨリ4良,
       ゴカイは底に着く前にハゼが寄るほど食いは良いが,何匹も守たず,食いよい時は外道になる。青イソがよい,

     青イソと比べると矢張り針掛かりが悪い,
つぶすと良いかも?
       
エサは最初から小さく切って置く方がよかった。
                         
車2台がパンクさせられた。,鳥忠へ,ハゼは水箱一杯で検量せず,

8月13日

タナゴ

北越谷,沼迎, 曇,                                                 (安井,斉木夫婦)
                                                 7;30〜9:00, 

   初めアタリが取れず,ウキ,糸ウキを小さく作り直す必要あり。

     仕掛け100m,イモグルテン,・・・タナゴ3,小ブは多い,練り,激ニンニクグルテン良,

   全滅していた
タニシ,ドジョウが復活,カエルはまだ先だが,田は肥えている。
     畔で
黒メダカ採り,タナゴ以外に飼育する。その後1年,共に産卵を迎え数を伸ばしていた。

8月14日

村田川,久保田川,地蔵掘, 曇後晴,                           若波会試釣,
                                                    山田,久郷,沢田,折原,松村,


   何処でも釣れると云う訳にはいかなかった。川とポイントで可なりの違いが見受けられた。
     立ち込みでは久保田川河口, 陸釣りでは地蔵堀赤橋が顕著な食いを見せていた。
     又,
木更津へ移動中に激しい雷雨に叩かれる。そして昼より強い陽射しに悩まされた。


                                      小潮,満潮9:12,干潮15:05, 5:30〜12:50,


村田川,



久保田川,




地蔵堀,
新村田橋,
右岸ヨット場,
貨物線下流,

貨物線真下,



上流左岸より立ち込む,竹9尺,深場,良形ハゼ17,
ハセ1匹,
アタリなし

間々アタリあり,
左岸,岩床.9時潮止まり,立ち込みで入れ掛かり。
  満潮からの下げで型よく心地良い引きを楽しむ。竹9尺,

 



烏川出合,


ヨット場,

赤橋(病院前)フェンス,


日鉄前のの橋,

10時,水深なく浮く仕掛けが必要,9尺,ヤマベ仕掛け,
  対岸で大型でる。潮引いてから型良いがあまり数はでず,

左岸より大型でる,竿2間半,シモリ,

対岸から立ち込みで竿9尺,2間,仕掛けのウキは小さく,

手前の藻を狙い食う。又は上水門がポイント,エサは
細めの青イソ,ゴカイ,

8月16日

デキハゼ

塩浜,汐見運河, 雨後晴,  
                                                     沢田,松村,(紫関)(安井)
                          長潮,干潮5:32,満潮12:22, 7:30〜11:30,


     夜半より雨降るも,初竿と共に晴れ渡る。
       ウキ,シモリの練習の為竿9尺.2間を使った。アタリ弱く食いも渋い。

   ヘチに定めるも2.3匹釣れてはアタリ遠のく,沖目は全く食わず。
     早朝,安井氏,干潮前はよく食ったとの事。また
針忘れ譲り受ける。

   我慢の釣りが続く。今日は午後から町会消毒でハゼの天婦羅をだす積りでいる。
     それ故,コツコツでも我慢せねば。丹念に探ればハゼはいた。

8月23日

デキハゼ

塩浜,汐見運河, 曇後晴,                                          (干場,野沢,),松村,
                                  大潮,満潮5:12,干潮11:43, 5:10〜9:00,


   潮止まり,竿を出し入れ掛かり。
          大型を狙うも袖4,小さすぎスッポ抜ける。

   情けないが,前回と同じ
チョッキを忘れる。竿に付けた1本の釣を大事に使った
     少し長いが
竿2.1,ウキ仕掛け,道糸0.8で,また良く食った。

   7時半まで,満潮から2時間,釣りの手返しを楽しむ。
     9尺に換え沖目を狙う。少しアタリ遠のくも食いはよい。

   8時,高い足場で竿をだす,食い非常に悪く型小さくなった。
     フエンス入口でも,食い浅いが間々釣れた。青イソ,
                         帰りの際,干場氏に出会う。ハゼは水箱一杯で検量せず。

8月30日 第7回若波本会流会,
  ハゼ利根川,台風の襲来を受け流会する。

9月06日

本カツオ
メジマグロ

葉山,鐙摺港,隠居丸, 曇,濁り強し, 
                                                 折原,宮腰,深野,友江,増島,松村,
                    大潮,満潮4:18,干潮10:54,右舷胴,6;00〜14:00,



    月末に這うように北上して来た台風も去り,潮が変る。
      メジマグロ1k,本カツオ1〜3kを全員が数本も釣れるという日が続いていた。
      その後の最初の日曜日,船多く出るが,船団となり纏まることもなく,散々と分散する形になった。

   江の島沖〜茅ヶ崎沖,
          タナ20m,14−1本バラフグー2ヒロ,サバも来ず,ハモに変える。
             食い悪く餌(キビナゴ)付けに変える。10−1本―2ヒロ,
             不思議な程,巻き餌に集まる中サバが掛かりだす,水面では丸ソーダ,

          ヤリ竿で
活イワシ20cmセット,
            サバの後,浅いアタリが急に重みを増し,リールより道糸が引き出される。

          船頭がタマを持ち3k以上の大型カツオと走り廻るが,後の引きが弱くなった。
            最後に流されて,上げて見れば
でかいエイが掛かる。とんでもない大きさのエイだった。

          赤潮気味の時,エイよく見られるらしい。 
            活エサは小アジで食いが悪かった。船頭は中イワシが良いとの事,

    
     その後,サバと手ビシで本カツオを獲る。
            最後の流し,葉山寄りで増島氏が小型タチウオを取るが,他全員は後がなかった。
            海水面が如何にも汚く淀んでいた。

         今年は8月解禁と共にワカシが少なく,いきなりイナダになっている。
            イワシの群れが,平年より多く,より大きく成長した。

9月15日

木更津,小糸川, 曇,                                                  若波釣友会,
                                     長潮,干潮6:33,満潮14:38, 〜12:00,


   台風5の北上に伴い前線が刺激され,夜半激しい雨になった。
     運よく谷間の隙間の釣り場に恵まれ竿を出す頃,雨雲が切れだした。
     当日夜半は台風による豪雨,

       左岸,斎藤釣具上流,
   沢田氏と私,初めての場所,斎藤氏の案内で小糸川に出向くも途中で2人だけになる。
     左岸に出て立ち込む。
岸よりハゼ居るも根掛かり多く,幾度となく針を取られた。

   川の流れは右岸寄りで,その境.中央部はハゼの型が良い。
     食いは悪いが立ち込むと周りの釣人よりは平均的に掛かっていた。足元のビクに重みが増してくる。

   潮が満ちてき右岸に渡渉する為,移動した。
     荷を取りに20m程の距離,膝の水深で
ビク紛失,中盤までのハゼ全部を失う。

   距離も短く浅い故,探すも水面下,以外に分からず更に時間を費やした。
     冗談ではなく数では周りの釣人より釣り上げていた。沢田氏より勝る。

   諦め釣りだすも今度は根掛かりで,ハゼ踊るも竹竿9尺
の穂先が節より折れた。
     何時ものことだが釣れ出すと熱中し過ぎ,周りを見ない癖が現れた。
     情けない一言,気を付けても後で思うのみだった。

   後は同じ場所で潮が満ちるまで,ハゼ竿9尺から2間半に変える。
     渓流竿に変えポツリポツリ釣る。

   11時50分,対岸ヘチでキジに良型が掛かりだす。潮が上げ始め良いポイントとなった。
     右岸の岸,排水溝横ヘチで時間なくなり,20分程で納竿した。

   今回は立ち込みで一日中,入れ食いはないが平均的に釣れた。
     ただビクを紛失したのが残念だった。多分,小糸川ではトップと思われる。
     (地蔵掘.潮見付近,釣りとならず。
赤橋3人,トップを独占),

                       T折原2580g,2久郷,3坂森, ゴカイ2杯,キジ1/2杯,ハゼ460g,18/24位,

9月20日


メジマグロ

本カツオ
スルメイカ

鵜原,まさえい丸, 快晴,                                      折原,宮腰,深野,増島,松村,

                         大潮,満潮4:29,干潮11:18,右舷胴, 5:00〜12:00揚り,


        夏雲が陸地を冥一杯被っているが,何か秋が近づいて来たような兆しに早秋を思わせる。
         気温は30℃を越えるも湿気はなく,清々しさが伺えた。

   アジ,海中公園沖,活エサにはやや大きいアジがでるも,まずは数とサビキ釣り,30分程入れ掛かりする。
             10本釣,パーヘクトだが常に1匹は逃す。それでも釣れる数は凄い。

        三つ目通り質屋で買った,1番安い仕掛けである。@80,
          それでも綴られるアジ, 大型クーラーは見る見る埋まる。

        群れが小さくなり流す。1投目はスズなりだが,2投目より1匹,2匹になる。
          手ビシ,メジに変えるがアタリなし。水澄むが底地での根掛かりが多い。

         豊浜沖,大アジ狙うも魚探反応なし,
          再び浅場20mへ, 水濁るも,ここでも入れ掛かりが続いた。オモリ50,

   
カツオ,沖合50分,タナ30m,手ビシのカツオ釣り,ジグ釣り50〜60オンス,
          ハリス14−2ヒロ,全員アタリなし。

   
スルメ,同じ場所,水深200〜180m,流れ強くオモリ130から150へ,底より立ち直すと底着かず。 

                                  結局アジのみ300匹,他は工夫して釣るも釣果はなかった。

    (
地蔵掘,赤橋,ハゼ,前回に続きハゼ入れ食い,上位独占する,帽釣会),
    (勝浦,明治丸,スルメイカ18〜26杯),

9月23日

小鮒

末田用水. 曇,                                                7:30〜9:30,


   沼迎,     減水の上,土砂で半ば埋められた。ホソの水は他から流れ込む。
             クチボソのみ,20分程竿をだした。メダカ,

   公園前水門, 台風の為,全ての水門が閉められ底が見える。
             少し深場にはフナよじるが,タナゴのアタリなし。

   神明町手前, 小ブいず,漸く4cmのフナを釣り納竿した。
                                   全部で正味40分の釣りだった。

9月27日

塩浜,汐見運河, 雨,                                            7:30〜11:00,
                                             小潮,満潮8:35,


   岸辺のガレ場,   ハゼ居ず,竿を2間,2間半と変えても,2,3匹釣上げてはアタリが止まる。
                橋下,護岸に上がっても同じ感じで食いは悪かった。
   満潮20分前,ヘチ,  アタリあり,6尺に換え型よく入れ食いとなる。
                ただ潮止まりが食い止まり,最初からヘチを狙えば大釣したかも。
   本流に近い深場, 竿2間半で探るもアタリなし。 
   手前角,       浅いカケアガリでハゼ湧き,デキハゼは入れ食いとなる。
                                      キスヒネリ,金袖5,アオイソ,ハゼ121,

10月04日

小鮒

八日市場,大利根用水, 快晴,                                          若波釣友会,


     2日前まで長雨が続き,9月は殆ど日差しを見ず時期を終えた。
       今日は汗ばむ暑さ。濁り水で水量が少なくビクに入れ替えても,フナは何匹も死んでしまった。
       水深は殆どなし
,

   バスPより下流2本目の橋っ土管, 藤本氏と(昨年ここで優勝)
     朝方.1時間半,
中フナの入れ食い。竿1.5で2本釣キツネ2.5,
       土管ヘチで心地よい釣りを味わうが,ペースは上がらなかった。
        ビクのみ膨らんでいく。目方ばかり増えるも小ブがでない。水深がなく寝かすようビクを降ろした。

     小ブに変りる。竿1.2,タナゴ仕掛け,針は新型,
       針,竿を替え,考えが正しいように小ブ掛かる。ただ,中フナが掛かりハリス3度も切られるが。

   対岸少し上流,水深20cm,小ブに豆,クチボソ混ざる。
       ここでも針のバランスが悪く,よくハリスが切れた。時折,中ブナが掛かる。
         釣るポイントが悪かった。ここも中ブナに小ブが混ざった。

       もう少し早く移動すれば釣果は伸びたと思われる。
         数釣り,小ブナには適さなかった,目方では良い線をキープしたが。

                     T久郷584,2栗原519,3馬場450, 竿2.1,三腰(100匹),小ブナ250匹,14/32位,

10月10日

小鮒

越谷,末田用水, 快晴,


  公園前水門,    水少なく濁り強い。クチボソばかりでタナゴのアタリなし。
                明け方より四ッ手でタナゴを採る人がいる。

  県道手前の水門, クチボソと小ブがヒレを打つ。  
                クチボソは入れ食い,3回に1回の割で小ブが掛かる。
                竿9尺,2時間で50匹,非常に浅い。赤虫串刺し,
                    (11日,南越谷.流通センター裏,釣人探すもいず。)

10月25日

与田浦, 快晴,                               若波試釣,
                                           馬場,藤本,折原,金谷,坪谷,清水,横山,松村,


      20℃,全体的に水門が開き水量多い。又ヨシが多く,入り込めぬ所も多かった。

徳島水路,
矢良川,
市和田,北水路入口,
六号水路,墓場前,
        雁州,
中洲,
中学校浦,大割排水路,
1mを越す深場あり,水門付近有望かも(会) 竿2間半,
人家付近を釣場とする。クチボソのみ(会) 2間半,
アタリなし2間半,
アタリなし2間半,  どん詰まり,クチボソ,竿2間,
クチボソ2間,
釣人多いがアタリなし(会入る), 2間,
アタリなし,2間,
                          (蒔きエサ,さなぎ粉を混ぜると良い)赤虫\200,

11月08日

静岡,沼川, 快晴,                                                若波釣友会納会,



   大塚団地下車,橋上20m茂木氏10,橋下左岸,干場氏3,
          下流,1ッ目の橋手前,私8,澤田氏3, 橋下左岸,斎藤氏13,

   昭和第一水路,満潮に重なり食い乏しい。
          二水路,大型でる,ねりの場合.オモリ重く流れを止める。
          高橋川,小型3匹でアタリなし。
          T馬場,沼川下流,洗い場先で2.55k,2澤田,3干場, フナ1.540k,8/31位,


   大塚団地より下流側,



   同年02月は左水路,
         海へ,

    平成10年度トータル順位,T久郷,2澤田,3折原, 大型鮒31cm藤本,大重水路, 8/9回,10/47位,皆勤8名,

11月23日

古石場川, 快晴,
                                      中潮,満潮7:35,干潮0:46, 10:30〜14:00,


   久し振りのハゼ釣りで気は踊るもアタリでず,ハゼ1匹の型を見た時は,ほっとした。
     探し釣りで,ゆっくりした感覚で1匹ずつ釣り上げていく。型は15cmと良い。

   下流,昨年来た場所でアタリだすが2匹も釣ると食いが止まる。不安この上もない。
     上げ潮が利き出してからは2本竿(幡谷氏,仕掛け)に替え交互にアタリだした。     15pハゼ50,

11月29日


スルメイカ

鵜原,まさえい丸, 曇, 
                                              折原,深野,増島,松村,友江(他一名),


      荒れた海
   
   千葉の丘の上では,満天の星が望めるも,海岸にでると,空は一面の層雲に被われていた。
     少し荒れ目の出船は潮目を渡り,急に波が変わる。小波の中.大波が打ち寄せウネ,その上を船が乗る。

   横を走る船は,ひと波毎にマストまで見えなくなり,波高は3mを越し,船は激しくバンドした。
     全員がトモに座っていても,手で体を確保せねば皆飛ばされる。

   仰ぐに暗く厚い雲が空に被さるよう覆い,夜明けの兆しを閉ざしている。
     今まで経験しなかった大波が押し寄せていた。

   船頭より何を釣れば良いか分からず,各々,違った釣りをするよう助言を受けている。
     増島氏は底のみ狙い,友江氏はイカ仕掛け。深野氏と私はバラバラ仕掛けで底魚と大サバを狙うがアタリなし。

   赤フラッシャーに変え,アジ,サバが食いだした。イカ仕掛けに変えては型を見るのみ。
     荒れた海は11月の終わりとは考えられぬ,高海水温,表面25℃で釣果に繋がらなかった。


     朝方,友江氏一人が
イカの入れ掛かり,
       バラバラ仕掛けで底魚と大サバを狙うが失敗する。(切身エサ,一切食わず(深野氏,私,)

    
フラッシャーに変え頭飾りでも釣れず。
      
結局,船頭にアジ仕掛けを譲り受け,あっと云う間にサバ,アジが釣れだした。
      
赤のフラッシャーが良い。
     中盤,スルメに変え3杯とるのみ(深野氏2,折原氏1)
       11月の終わりとは考えられぬ海水温,表面25度, 親潮の影響だろう。

12月13日


イサキ
トコットメバル

鵜原,まさえい丸, 凪,水澄み潮の流れ強し,                               折原,深野,友江,松村,
                                                左舷トモ,

  川津沖〜部原沖
アジ,
イサキ.

赤イサキ,
20〜15m,
45m,
45m,
サビキ仕掛け,3匹,(アタリなく船中最高),
1.5−3本釣―3ヒロ,7匹,
(友江氏,右舷トモ
置き竿で入れ食い。)
電動,カブラサビキ仕掛け,最初のみ一荷, 赤イサキ4,トコットメバル1,
    竿,パフャーフルスーパー船60一270は柔らか過ぎ胴に掛かり過ぎた。
                                          アジ3,イサキ7,赤イサキ4,トコットメバル1,

12月27日

皮ハギ

南房洲崎港,六平丸,快晴,                                  上野釣友会,
                                                       金谷,山田,他合計10名,


     朝方北風,やや波立つが納竿頃はナギになる。初釣りは藤本氏より竹竿を借用した。

   顕著なアタリで一荷と重く上げるが,藤本氏借用の竹竿ガイド2本が外れる。
   後,水深45m,ヤリイカ竿(改良)に変えた。流れやや強いタチウオのような食い上げのカワハギや,
             引きぱなしのウマズラ,型は良い。
 
           ひと流しに1匹は掛かるが,後半アタリ分からなくなった。
             全体的にはミヨシ寄り,左舷が釣り易くよく食った。

        小魚白,銀色ミラー,丸セイゴ8(釣を上に向け3本)オモリ25〜30,
        (アサリ1k\1.000不足 
塩漬けアサリ,アオヤギでも食う) 

   
小型の場合,上の仕掛けを取る。曇天,濁りのある場合,ケミホタルを,
                                  皮ハギ20cm16, ウマズラ3,小ホウボウ2,トラギス1,ネンブツダイ1,



   暮より正月に掛け,タナゴ用,仕掛け枠を作る。
    

                                          若波釣友会8/9回,トータル順位10/47位,
1998年Top




 
1999年(平成11年)

   白ギス, 竿頭を随時取るようなる。鴨川で1位と帽釣会で3位,
   タナゴ, 初めて竿頭に, 飼育クーラー90,30リッターに1.5束,
   鵜原,  赤イカ始める。
   鯊,   推津川,2位, 
   鮒,   与田浦で2位,
   後半,父入院,午前ハゼ釣りのみに,

 1月15日

タナゴ

水元公園,三郷,高洲・小合溜, 曇,                          安井氏と待ち会わせしたが会えず。


    ヘラ釣場を背に小屋周辺がポイント,昔の間々の河岸が残っている,のんびり竿をだした。

     水元公園
8時半頃より釣人が集まりだす。2本釣の場合は玉虫を,
  水深120cm,竿60cm,撒き餌,赤ベラ+ウィキョー+メダカのエサ,
  水面下30cmを安井氏仕掛け50cmで狙い30を釣る。

   隣りに来たナマイ商店のメンバーに指導を受ける。仕掛けの調整し針を替えた。
     コマセもあるがなかなか釣れず。昼食,留守番を兼ね釣りのトレーニングをする。
     漸く掛かりだした。

   ハリスはナイロンがよい。(木綿は水分を吸うと重くなる),
     
ハリス止めとオモリは必ず一体とする。

   釣った後のタナゴの受皿は,水少ない方がよいとのこと。
     水槽に入れる前,病気予防の為,薬水に一時入れる事。中型オカメ,
     ナマイ商店に通う釣人達はタナゴ復活の活動を展開している。
              02年12月,一束釣れる,水深30cm,黄味ネリ,再放流,

 2月07日

静岡,沼川, 晴,                                                     若波釣友会,
                                                中潮,満潮8:38,

   前回と同じ大塚,原団地に降りる。
      ポイントで釣るもアタリは全くなし,9時を過ぎて2匹。

   対岸に入られ,エサ,ボッタでぽつりぽつり上げられてしまった。
     キジでは,まだ水が冷た過ぎ2時間程たたないと釣りとならないとの事。

   早々に移動する。それが結果的には失敗となった。
         練りエサ,グルテン5(
グルが少し残るぐらい軽く混ぜる)久郷氏,イモグルテン,藤本氏,
                             T栗原2505g,2茂木,3久郷, 15匹検量フナ4匹.280g,26/37位,
   11年度役員改正があり,会長に馬場孝氏選出される。

3月07日 第2回若波本会休会,
  フナ沼川,T坂森3015g,2干場,3清水,

14日

タナゴ

北浦下田舟溜, 快晴,                                           池田,安井,福井,松村,
           日中,北風が強く寒いが日差しが嬉しかった。一4℃,



   朝方,徳島舟溜より回って看る。徳島中を過ぎ。
     コの字ドック, 釣人多い長竿でブルーギルを釣り,タナゴの型見ず。
     三角ドック,  会が入り,ここでも長竿で攻めている。
     観音下,   良いとの事で,出向くが人影なく,アタリ全員なし。
     下田へ,   霜柱を踏みながら,薄っすら氷の張ったドックに竿をだす。

   食い弱くアタリ分からず。
極小ウキ,75cm仕掛けを安井氏より借りる。
     時折,寒さを車中で防ぎ,手のかじかみを取っては釣りに挑んだ。

   何匹釣れるか?, 昼飯抜きで,アタリがでてきた。振えながら楽しさを実感する。
     どうにか
50匹を越しトップ
                          玉虫,イモグルテンで後半食い出す。(安井氏溺酔)

   後日,池田氏より,いい加減にタナゴ竿購入するよう助言を受ける。
     私には,まだ小ブナ竿でよいと思える。
鯨,ミンクのシゲ,皮ハギ用を頂く。

3月28日

河豚

大原,晃進丸,現地で中止,                                        折原,深野,松村,他2名,


   3時出発,大原港に着き天気の回復を待つが,風はうねり,じっとしていると車体が揺れる。
     港に来て
中止した。釣行して初めての経験になる。

   勝浦の朝市・鴨川をみて鵜原で早い昼食を摂る。食後,勝浦沖にイサキの船団が集まりだすも,帰宅した。

      28日タナゴ,北浦下田舟溜,風なく暖かい,2時まで2人4束,安井氏,) 
      28日フナ,若波休会,沼川,大塚上,T金谷氏.)

4月04日

真鯵

新安浦,村上釣船店(千代吉丸) 曇,風なく,凪,                                   深野,松村,
                                      4:30出―7:30〜11:50揚―15:30宅,


        アジとカサゴ,
     久し振り手ビシ,アジ釣り午前船に出掛ける。
       潮の流れが釣座を顕著に変えていた。トモはアジの入れ食いが続く。

     手ビシはミヨシに集められカサゴが掛かる。タナを上げても,それに付いてくる。
       それは両舷,釣座の順番の如くミヨリに近い程,よく掛けた。

                         中潮,満潮6:18,干潮12;49,左舷大トモ(40人乗り8名)

   航程は10分程,猿島周り,ダチ20〜25m,
     
アジ船だが初手ビシよりメバルの入れ食い。底より3m,もっと上げ4mでもメバルのみ,一荷も掛かる。

   深野氏はメバルの方が多いも,時折アジを掛けている。底過ぎるのではと忠告を受けるも,底より4m上である。
     更に50cm揚げるも小さなメバルが掛かった。

   8匹目で待望のアジ15cmが掛かる。
     船を回るとミヨシではメバル1匹も釣れぬとの事。一荷一荷でアジを釣り上げている。

   右舷トモも私と同じくメバルのみだった。今日は釣座が全てを示していた。
     コマセはミヨシに流れ,潮先ではエサ食いのメバルが掛かる。

   漸く一時,アジ食いだした。アタリは手ビシでオモリ150のせいか,ファーと浮くような感じで取りずらい。
     竿はオモリ120,
        手ビシ,アンドン150,ハリス2−エダス25−3本,釣ムツ10−1ヒロ,
        (ハリス1.5−エダス20−3本,釣ムツ10,間60cm−1ヒロ半,船宿),午前船\5.000,

   アジ15〜22cm19,メバル17,オゴゼ1,

              http://www.xnet.ne.jp/fish/funaya/hd1070.htm
              西山釣具店、http://www1.ocn.ne.jp/~fish/

4月11日

         

          

与田浦, 雨時折強し,                                                 若波釣友会,
          東風強く一日中,竿あおられる。もろに体が立てぬ風,それに雨が伴っている。


     荒れた釣場とフナの乗っ込み

      嫌いなフナ釣り
   昔のフナをを想うと,小学生の頃,釣りと云うが信州の小川で囲い摘まんでいた小ブしか概念はなかった。
     94年4月,若波釣友会に入会し,川釣りを学ぶ。

   釣れれば面白いフナ釣りだが,5年が経ち,まだその良さが分からないでいた。
     よく試釣を含め釣行はするも,出向く張り合いは難しい。

      荒れる与田浦
   聞けばよく教えてくれる仲間達がいる。仕掛けも,随分頂いた。それでも気が進まぬフナ釣り。
     釣場に行ねば,各々のポイントがあり,よいと思い入ると,私の場所だと出される事もある。
     今回は折原氏より隣りで釣るよう誘われた。その言葉が嬉しかった。

      六号水路,どん詰まりより
   前2年度,上位の釣果を占領した水門に,今回はフナのアタリなく,川ダボが10匹掛かるのみ。
     1時間であえなく移動した。気象条件は悪いのか?


   カッパの上にポンチョ
を被り,南水路に向かうもアタリなし,8時まで仲間は小ブ1,2匹を上げていた。
     早々に奈良川へ。風は相変わらず強い。唸る風と雨雫が頬を打ち,久し振り痛い風を感じていた。
     体が風にあおられ,立つだけでも難しい。歩む人もいなかった。



      北水路
   
ズキで釣り上げているのを見て竿をだす。土手下,強い西風も竿先はあおられが体は遮られる。
     風を避けると凄く暖かみを覚えた。
     竿をだす折,釣人は退散した。私は2つのカッパ着るも既に下着まで雨が沁み込んでいる。

   水深30cm,
乗っ込みのフナは居た。川中央,どん詰り葦の穴に仕掛けが上手く入いる。途端引き込んだ。
     竿2間半に
尺ブナが掛かり葦の間から姿を現す。上手く葦を抜け口を開け手元へと引き込んだ。

   初めての尺ブナである。笑いこぼれる引き,全てが上手くいく。ただ玉がなかった。
     玉の用意がなく浮き上げヘチへ運ぶも,手元でバレた。それと同時,飲み込みでいたハリス2本が切られる。
     ズキ釣りでは針1本,又玉は事前に用意を。忘れる時程,魚は大きかった。


   竿3本出す。体は土手下で風に守られるが,竿は常にあおられる。
     西風強く竿2間半をポイントへ入れるのに苦労した。それでも時折,型の良いフナが掛かる。

   今回,尺ブナを逃すも諦めはなかった。1人でのポイント,まだフナがいると確信していた。
     その脇で8寸が掛かる。これからは確実にフナを取る。ビクを備え確実さは増していた。

   中半,手前,道路寄りに少し深みのポイントを見付ける。短竿を足し,型小さいが立て続けに上げた。
     15cm程の小ブが交互にアタッる。大きさだけではなく乗っ込みのポイントを見つけ出した。

   荒れる天候はまだ続いている。深い土手下以外は釣りは無理であろう。トップになりそうでだった。
     我慢の釣りが続いた。寒く振るえるも耐えれば釣果がでる。

   疲れと振え,ここでは飲み物も取れない。ただ竿を出すのみ。0匹の横山氏が訪れ場所を譲り共に釣る。
     もう釣れるも寒さと
我慢が切れた。空腹でバスに避難する。

   戻り歩くも風で体あおられ,強い風は先にも進めずいた。

     バスには以外に多くのメンバーが戻っている。

      六号水路
   朝の場所,目の前でフナが跳ね上げている。アタリなく馬鹿にされた感じ。
     帽子でキャッチできそうな跳ね方だった。メンバーが集まり騒ぐも,誰も1匹も釣れなかった。
     これこそ見えるフナは釣れずだった。12時半納竿,バスで朝食を摂る。


   残念な事に上には上がいた。前会長,馬場氏が1人,高速道下に入りダントツ4kでトップに立つ。 
     私は驚かれる中,2/29位, 当日,区釣連があり,途中サービスエリアで表彰するも,トップは私を下回っていた。

     天気図,11日9時,
                         T馬場4000g,3茂木, 赤虫\200不足,フナ1.935k, 2/29位,

 4月18日

アカイカ

鵜原,まさえい丸, 曇,
                                                折原,宮腰,深野,友江,増島,松村,
                            中潮,満潮5:55,干潮00:10,右舷ミヨシ,



         風はないがウネリあり,納竿とともに待ってましたと雨が降りだした。

   大沢沖,50m, 出船4時半,珍しくアカイカ船団の仲間入りをする。
              アタリ少なく漸く乗ったと思うもお祭りで(50号)2度バレる。 
              足のみ掛かり,食べて美味い。  
                 ブルースッテ(プラ)上より2番目,濃緑スッテ(布)1番下,

   鵜原手前,   入れ掛かりする船あり,(
蛍光ビーズ付けている
              寄るもアタリ全員なし,

   鵜原沖,65〜35m, 9時〜10時,掛かり良くなる。中イカ8杯,
            同じ根を繰り返し廻り,11時半納竿した。
              大トモよく,折原氏.
濃緑スッテ.布とヤリイカ11cmケイムラで大釣り,
              終盤,左舷ミヨシ.胴で
ケイムラ掛かる。
              タイ胴竿330(30〜50号),オモリ80,竿少し柔らか過ぎた。電動,

4月29日

       

アカイカ

鵜原,まさえい丸, 小雨,                                   折原,宮腰,深野,友江,増島,松村,
                                  大潮,満潮4:09,干潮10:30,左舷トモ,


       風とウネリあり船中は肌寒かった。
         前夜より急に気温が下がり,東京に強風注意報がでる。

   興津沖〜鵜原沖,60〜50m, 
         マルイカ仕掛け5本釣,初めトリプル,
         寒い中,今日一日楽しめると思うも,後続かず惨敗する。
           
勝浦ではスッテは小さい程よい(赤と緑,又横縞,赤と緑と黄色縞,赤と白)

   鵜原沖, イサキ釣り,タナ30m,
           イサキ竿270,電動,オモリ80,イサキ8匹,

5月05日

タナゴ

北越谷,末田用水,   

        連休中,風強く海は大シケ,前日も低気圧の影響で一日中,雨で荒れていた。
          今日も用水は激流化し,強く濁りで風も半端でない強さになった。


   公園前,水門,  安井氏と並んで右岸ヘチに竿80cmをだすが,流れは異常なまでに強い。
               又ウキが風によって渦をまき,アタリ取れず。
   水門,      幾らかか淀んでいる場所へ入れ誘う。竿120,
               竿出すも朝の入れ食いは終り,小ブを釣って納竿する。
   濁流時は朝方, タモでヘチを漁ると大中ブナ, 型良いオカメも群れとなって塊り獲るのを見る。
   沼迎,      水かさが増し,畔は濁流で釣りとならず。  
   神明町,手前,  同じ,

5月16日

ヤマベ

上三川町,江川, 曇,                                                  若波釣友会,
           一日中,肌寒い。一時,霧雨ポンチョを被る。



   南上郷橋,      県道に入って病院を過ぎ,スーパーの所で降りた。
                 上流堰手前で竿をだすも3匹の後はアタリなし,
   
橋下左岸排き出し, 日中,釣る。
                 境目を流すと小型ながらアタリだす。
                   食いが止まるとクリ,練り,サシと変えメダカのようなヤマベを釣る。
                   練りが一番良かった。竿2間半シモリ(2間でも良)金袖2,
               
(ハリス,寒バエをのぞき,9cm前後が良い)ヤマハエ3,

     今年は,昨年10月〜3月にかけて鵜が2千羽以上渡来する。初めて江川,中,下流に入った。
       鬼怒川でアユの稚魚を守る為,花火を打ち上げている。

   大型は橋2っ上流へ,T栗原1760g,2澤田1185g,3田中,  ヤマベ,数釣るが700g,10/25位,

           *後日10日,紫関氏よりヤマベ籠,譲受する。

5月23日

,ハヤ

湯元,早川支流須雲川, 快晴,水澄み,                                       竹町連合睦会,


      ヤマベがアユに
   宿,天成園前,須雲川の堰でヤマベを釣ろうと竿をだす。上流寄り左岸,堰で朝食前の釣り。
     よいポイントの堰だった。流れに強弱があり,中央に淀む石が程よくある。又場所が広い。

   竿携帯用2間,ヤマベ仕掛けで,ヘチのやっか絡みに身を寄せるよう投げた。
     落ち込みの淀む所で1投目より強い引き,下駄でバランスを崩しそうになる。

   引き込みを耐えるよう上げ,ヤマベ,ハヤを狙い
アユが釣れた。なる程手に取るとほのかにスイカの香りがある。
     以外と高い堰だがアユは遡っていた。1投目より続いて3匹,15cmを栗虫で釣る。

   隠れて釣るも睦の後輩達が土手で騒ぎ,横山氏も顔をだした。
     アユが釣れと驚くものの,その後は
ハヤばかり掛かる。銀色に煌き引きは更に強く快い。 
     銀光りするハヤと黄色かかつた
アブラパッヤがいる。

   心地よい釣りに堪能するも横山氏に竿を取られ,1時間ばかりで風呂に飛び込んだ。
     久し振りカジカの鳴く声も聞く。強い陽差しに変わり,この時期の渓流は素晴らしい。ただヤマベは姿みず。

   清々し過ぎる澄んだ空と燃える若葉,川面は煌き踊っている。立ち込む人はいず,贅沢な釣りを楽しんだ。
     宿の真ん前には大きな広い堰があり,ポイントだが目立ち過ぎた。
     睦会全員100名が望める場所である。

                                竿2間,ヤマベ仕掛け,ヤマハエ3,栗虫,アユ,6月01日解禁,

 6月06日

白ギス

浜荻港,庄次郎丸,左舷ミヨシ,                                             若波釣友会,
                                          快晴,凪,澄み,日差し強い,



       船の移動は一回のみ,港近く水深25m前後,
         珍しく船の移動は少ない,その分釣りを楽しむ事ができた。

   前半,投げと共に船下へ,初竿より平均的に釣れる。遠投の必要はない。
        仕掛けが絡まないよう落し,アタリを探れば1匹,2匹と引いてくる。
              1−3本釣ハヤガケ8
,赤ビニール,パイプ−75cm,(フグ釣れた場合,青ビニール)

   中盤,潮に対し船が前後に動き不安定,道糸がトモへミヨシへと移動する。
        釣りずらく,隣り山田氏が怒るも船頭が悪い。時を置くと山田氏の道糸が私を越え横切った。

   船頭はポイントの底を流し戻るのではなく,その間々エンジンで修正し真上を維持しようとしている。
        船下がポイント,置竿でも一荷2度あり。
               
0.8−ハヤガケ8と流線8×3一75cm,

   後半,食い悪く仕掛けを変える。長さは同じ,針数だけを変えた。そして執念でアタリを取る。
        食い落ちるとマゴチ30cmが食った。同じ場所で又,マゴチがくる。
        殆ど真下を狙い,仕掛けを落していた。それを釣り,安心したのかキスが又,掛かりだす。
               0.8―流線8蛍光玉.赤・金×3−75cm,

   終盤,10時半より30分に10匹のペースになる。
        11時45分お祭りで納竿した。ダイワ,キス竿2.1,オモリ15,ジャリメ×3,(2杯使用), 2星野,3澤田,4茂木,

   帰港して宮腰氏より頼まれたメザシを魚屋で購入,
        マゴチは塩焼きにし,メゴチの天婦羅も以外と味濃く美味かった。


   シロギス80,
マゴチ2,メゴチ10,フグ1,サバ1,

        2星野2065g,3澤田1985g,4茂木1975g,5飯田1865g, シロキス2235g,1/32位,
                                             5回トータル順位4/5回,7/45位,

6月13日


スルメイカ
底釣り

鵜原,まさえい丸, 快晴,波なし日差し強い,    
                                                    折原,宮腰,深野,友江,松村,

                   大潮,満潮3:44,干潮10:29,左舷トモ(右舷流れ), 3:30−11:30揚,


   イカ釣り,銚子沖(片道2時間強),2時40分出船の予定で12時20分に東京を発つ。
     だが海は荒れていた。風あり波高く勝浦沖へ,船頭の好意を変更する。

   40分沖合,水深140m,前半はサバ入れ掛かりでイカのアタリ取れず。(卵あり,油味なし),
                 後半,底でアジが続けさまに掛かる。(6時半,クーラー6分目)
                    切がないのでスルメイカ釣りに変更,18cmツノ5本
,3杯沖干し,

   30分移動,スルメイカ,ムギ丸イカ仕掛け,掛かりなし,
      移動,底釣りでノドクロ(小) 計7匹,オモリ150,11時半沖揚がり,

7月04日

        

白ギス

鴨川,実丸右舷2, 曇後晴,                                              浅草帽釣会,
         朝,南西の風強くウネリあり,時が過ぎると共に治まった。
                                           中潮,満潮7:31,干潮2:08,

6:30,
9:00,
10:00,

10:30,
  

11:30,
水深20m前後,初めは潮の影響でオモリ15を投げても船底へ着かず,20に変える。
先月に続き,型やはり小さい,ポツリポツリの釣りとなる。中ダルミ,
今回一番の食い込み,ただ入れ食いとならず。
  エサ不足気味(3杯)少し大事に使う。
リール廻らなくなる。(ハンドルのツメ甘いか?)
  皮ハギと違う重いアタリあり。
ソゲがキスに食い付いた。タモへ。 
  鴨川に通い,漸く待望のソゲがきた。後は食い悪くメゴチばかり続く。
リールを変え,最後のキスを数匹釣り上げ納竿した。

     釣り座は右舷2,隣りの高寺氏と交互に競うような釣りとなる。
       竿は極端に違う。彼は硬調,穂先で1匹づつ釣り上げている。
       私は胴に入る柔らかい竿,待つ釣りで1荷を狙っていた。


     彼がコンスタントに1匹を上げれば,その間を抜いて私は1荷を続けた。
       上げる毎,互いに釣れたと認め合い,又投げ込んだ。
                   T三橋3.6k,2高寺, シロギス3.295k,3/30位,外道はソゲ1,皮ハギ1,小アジ2,メゴチ10,

      高寺松次氏,ダイワ竿2.1.
穂先が柔らか過ぎ,硬ければ3割増すとの事。
       
蛍光ビニールは固定しない方がよく,針は流線ヒネリ,スーパーキス,湘南キス(小),

      後日7月7日
,穂先はグラス製のキス竿と31日にはテンビン8譲り受ける,
      7月10日,紫閑氏よりヤマベ籠を贈受,

7月11日

ヤマベ

福島,藤原川, 曇,一日中,今にも降りそうで重い,                                 若波釣友会,



   藤原川上流より,

    藤原川上流,新別所橋,下車し遡上する。
      前半,型小さかったが結果的に競技としては大きかった。
      アタリ少なく型も小さい。1人ポイントを探し川中を遡る。走るヤマベはいず。

    籠の中は,まだビビたるものだった。笑い顔の金谷氏に出会う。数は満たしている。
      ポイントを教わった。上流の浅い堰崩れで小型だが数がでた。

           竿2間半,2間,シモリ,ハヤベ3,金袖3, 栗虫が主で練り,最後は紅サシ,
                            T久郷1140k,2山田,3澤田, ヤマベ50匹検量,835g,9/33位,

7月18日

デキハセ

塩浜,汐見運河, 曇,
                                                   (折原,坪谷),(沢田),(横山),
                           中潮,満潮7:45,干潮2:08, 5:00−12:30,


     竿をだす前に驚く。川岸にハゼ群がるどころか何処にも居なかった。
       7月中旬のハゼ釣りである。まして今シーズン初めての釣り,気を取り戻しまずは竿をだす。


   ガレ場,ゴロ石の間に竿1.5,タナゴ仕掛け,金袖3で試す。デキハゼは集まる事なく誘いの釣りになる。
     ポツリポツリ掛かるがハゼは少ない。間ばかり空きデキハゼの対象とはならず。デキ8cm,

   6時,護岸に上がり竹竿9尺,ウキ仕掛けで探る。型8cmと大きくなるも食いは今一。
     護岸沿いにポイントを探り続け,とうとう突き当たり
橋桁まで辿った。その間,2時間半を要する。

   下げが利き今日のポイントは橋下となる。幾らか窪んだヘチ,1m前後で食いだした。
     やや良型が潮に合わせて,入れ掛かりとなる。竹竿のひなりが心地よい。
     浅くなりウキが横走りするも,よく掛かった。

   少し淀んでいる所,倍ペースで釣るが,今度は引潮との競争が始まった。
     良いポイントを見付け終盤を飾る事ができたが,全体的にアタリは少ない。
     酒席となり13時半帰宅する。
                                     デキハゼ5〜8cm2束,アオイソ(1.5cm)町会消毒へ,

7月25日

デキハゼ

浦安,塩浜, 快晴,猛暑34℃,                                       折原,沢田,駒田,松村,
                                     中潮,干潮9:08, 4:00出−13:00,


     田中会長より先日,浦安マリーナで良型が入れ掛かりになったと聞き出向く。
       だが水は泥水の如く強く,濁り最悪の状態となっていた。

   浦安マリーナ,    京葉道路に入り込み1時間半ロス。
                6時半,先週釣れたポイントは泥濁り強く釣りとならず。竿ださず。
   見明川,      伝平橋,上流右岸,泥濁り,竿2間アタリ一回,全員型見ず。
   境川,       今川橋下流左岸,船着場,濁り9尺竿,アタリまれで苦労した。
                (
河口,入船橋右岸は立ち込みアサリの殻あり一番のポイント
   塩浜,汐見運河, 潮止まりで移動する。薄濁り,竿9尺,2間,
             上潮のわりにハゼ見ず,せめて川岸まで水が満たされていれば?

       今日は何処も釣れず。境川で数見るも惨敗した釣行になる。

  8月01日

デキハゼ

塩浜汐見運河, 快晴,濁り強い,                                       横山,松村,(福井),
                                        中潮,満潮6:43, 5:00−9:30,   


     潮ぐわいから絶好の釣り日和りと思うも,食い悪く浅い。先週より潮は良いが。
       ハゼの食いが悪いのか,疎らなのか,拾い釣りが続く。


   先に来ていたタナゴの名人,福井氏は全く数を揃えていなかった。
     短竿しか持たぬ彼,越谷から来た。もう4時間経つと云うが釣果は薄い。

   後から来た私の方がハゼの数は持っていた。
     諦めた彼を送るに偲びず,彼の納竿時にハゼを譲る。

   護岸の崩れたガレ場,竿1.5で差すも釣果でず。
     終盤,青イソから
ゴカイ(福井氏より)に変え,やや取り戻す。

   入れ食いとはならないが遊べた。食いはヘチより深場,食い悪い時は,やはりゴカイがよい。
     護岸上9尺竿,金袖4,ヒネリ使用,                                デキハゼ90,

 8月13日

ヒレ鯊

白子,南白亀川, 薄曇,                                     製本組合白子荘,4:30−6:30,
                                          中潮,満潮5:33,


     妻と九十九里,白子で2泊の旅にでる。
       南白亀河口右岸の釣具店,海の家の話を聞いて,翌朝,朝飯前に早速ハゼ釣りに出掛けてみた。


   南白亀川,虎橋下流,第一機場を中心に竿を出してみるがアタリなし.
             旭橋で数人がハゼ釣りするも型みず。
   
河口左岸奥,修景池,
       居るはずのハゼが余りにも薄く,河口に出向いてみた。

         
浮き橋とアシの間.周りはカイズ釣り。多くの人が陸側でチンチンを上げている。

       海側はアシが浅くうまく茂りよいポイントになっていた。
         ハゼの釣人はいず,その脇にそっと置くよう放り込む。

       2投目でアタリがきた。アタリは弱いが引きは強い。その上,丸々太ったハゼが口を開け,アシから姿を現した。
         竿が心地よくひなる。1匹の重量感が腕へと伝わっていた。

       ハゼは9月下旬頃,型も大きくなり遡るとのこと。2間半,袖5(小),18cm4匹(40分),ゴカイ\400,
         納竿後,朝食をとり妻と一松海岸で地引網を見学,メーンはイワシ,


8月15日

塩浜汐見運河,天王洲運河, 曇後快晴,                                    駒田,松村,(池田),

                   中潮,満潮 6:49,干潮13:18,前日,一日中豪雨,東京に大雨洪水注意報でる,


     潮利くも濁りのせいかハゼの食いが悪い。偶然,池田氏に出会い,共に釣場を模索する。
        昔を想いワイドに出向くも埋め立てられ,久し振り高浜水路へとハゼを求めた。

   汐見運河,塩浜,濁り強し, 
       7:00;〜9:00,濁り強いが,残りのゴカイによるか? 間々釣れた。
         下潮のわりに食い続かず,池田氏と出会いワイドへ。9尺,金袖4,ハゼ44,
   飛行ワイド,
       御台場が開発されて初めて出向く,
         埋めたてられたグランド。水辺は全て失われていた。(後日,先で釣れるとの事),池田氏も同行,

   天王洲運河,天王洲橋前後,濁り,
       10:00〜13:00,
高浜水路右岸は前回97年に来て以来の所が全て護岸されていた。
         川底のポイント全てを失う。立ち込めず,浅いカケアガリも深く掘り起こさせていた。
         天王洲橋横,日東倉庫Pを教わる。

     橋下流側左岸テラス角, 急なカケアガリで,ヘチよりのポイントは狭い。
                   ただ,そこに放り込めばアタリは間々ある。型は汐見より1回り大きかった。
                    竹竿9尺,金袖5×2,アオイソ,
     橋上流側左岸, 潮が引き川底が出て移動する。底はぬかるみが酷く立ち込みはバカなければ無理,
                 下げ潮でも潮が動いていれば,食い浅いがアタリはある。

     12時,品川
船清の船着場が潮が利き,ハゼの掛かり良くなる。ただ木の下で釣りずらい。
                  ハゼ,汐見よりひと回り大きくヒレ3,ハゼ36匹,

   鮫洲の運河を見て帰宅した。
     (
月島川,今朝,ハゼ浮く,前日は食い良く3.5k,長竿で勝鬨橋側,丘よりで池田氏,)


8月22日

市原椎津川,久保田川, 快晴,無風暑し,                     若波試釣,
                                                 折原,横山,久郷,沢田,坪谷,松村,


       国道,焼肉白頭山先,税関横,市民プール奥,先週,上野釣喜会の大釣りで試釣する。
                                               中潮,満潮―,干潮7:50,

   下潮,   椎津川,干潮まで左岸公園橋側深めにポイントあり,竿2間竿,
           公園橋から右岸よりを誘う,やや型良し, 竿9尺,

   潮止まり, 長浦,久保田川はアタリなし,
           アサリ,橋下業者10k,\2.500で納入との事。上流,中洲で素人も,

   上潮,   椎津に戻り,下流推津橋付近アタリ少なくハゼ5,
           鉄橋付近、型はダントツに良いが数でず

   戻り,   今津川合流点,アタリ間々多く型良くなる。,対岸角,先週の優勝場所,
           全体的に水があれば平均的に釣れたと思う。
下げが良い。

          干潮になってからが釣りのポイントとなる。
           
キジは真中に掛け一匹,ジャリメも良く食うが,アオイソを含め大き目に。

8月29日

市原椎津川, 曇後晴,                                                若波釣友会,
                                            中潮,満潮5:57,干潮0:13,


   椎津川右岸,今津川出合 
      日ノ出前,感を頼りにエサを付け10匹程釣る。先週よりアタリ少なく型も小さかった。
      焦る中,高橋氏に誘われた。

   
今津川左岸,
   椎津川と今津川,

   100mも離れていない場所で食い良く型も良かった。ハゼ13cm以上が初めより入れ食いとなる。
     その上,明け方は,もう一回り大きかったとの事。

   
9時,竹竿9尺で入れ掛かりが続いた穂先がひなりノリが面白い程よく分かる。
     ブルブルの引く感触は殆どなかった。穂先を見詰めての釣り,

   変化がでて竿を上げれば,ハゼの重みが伝わり弧を描く。水深もあり引きの弓なりは申し分ない。

     下げ潮が十分利きだした。型も変らずゴロ石の脇に落とすと心地い引きが待っていた。

   ゴカイ,アオイソ共に食うが,垂らしは長めに取る。ポイントさえ間違えなければ掛かるハゼ。
     ヘチより1m先がポイント,竿の長さも合っている。

   10時,潮の流れ強くなり,コツコツの探り釣となる。それでもノリが良く分かる。
     この時間になってもブルを感じる釣りは殆どない。小さな水箱は暫し埋まり爽快な釣りが続いた。

   椎津川出合より最初の深みで,澤田氏が再び入れ食いとなる。底が現れだし隣りに誘われた。
     ポイントは川中央先,竿を2間に変え,垂らしは小さめにした。
     少し小さく10cmのハゼ,又もや入れ食いが始まった。何度入れ替えたか水箱が,又もや埋まっていく。

   11時半納竿,小さなクーラー,氷を入れずとも満杯となる。竹竿9尺,2間,
     (ゴカイ2杯\400,アオイソ1, ゴカイは今津で最初から使えば不足しただろう。)
     秋田キツネ6,蛍光パイプ付き金袖6(澤田氏スーパーキス6),

           T久郷5.165k,2澤田4.910k,3福重4.120k,5黒須,6高橋,
 ハゼ3.690k,総合4/28位,本会3位,

9月05日

ワラサ
本カツオ

葉山鐙摺港,隠居丸, 快晴,凪,澄み,
                                                深野,友江,折原,宮腰,増島,松村,
                  若潮,干潮5:24,満潮14:50,右舷ミヨシ, 3:30出―14:00宅,



     今年は,ワカシが入るや否やイナダに変り,メジマグロが入るや本カツオと魚の移りが早い。
       そして先週は珍しく
ワラサの大釣り(8,9年振りに8/30〜9/2)が続いた。
       今年も鵜原のメンバーが,まずワラサだと相模湾に出向く。

      ワラサ
   早朝のカメギ根周辺沖は,既に多くのワラサ船が締めき合っていた。
     凪の海は次第に明るさを増し,それにつれ船団は更に膨らんだ。

   水深69m。エサの沖アミ2匹をイカで抱き合わせ,底より4〜5m上げて止める。
     そしてアミコマセを蒔きなが1mずつ上げた。底より9〜10mで置き竿へ。これがワラサ釣りのパターンになる。

   大船団に放り込まれたような小船の隠居丸, 周りの船と共に竿はしならなかった。
     アタリは船中,サバが1匹掛かるのみ,1時間強でワラサのアタリは誰にもこなかった。

     その間に見る見る大船団となる。

   8時半,無線からワラサが1本上がったと流れるのみ。居ないワラサを追い無線が飛び通っている。
     どの船も我慢しているようだ。私達は早々,ワラサ釣りを断念した。

     竿アルファー洲崎グラス80−2.7m,8−4ヒロ, 1cm補強ハリス5,グリーンパイプ,オモリ80,
     釣,プロタイ11(チヌ5より船頭),カットグレー13,蛍光玉(赤,緑),


   カツオ,葉山東沖寄り 釣れたカツオ,

      本カツオ
   ここは城ヶ島近く。カツオのポイント,江ノ島沖までは遠く航路45分を費やす。
     往復を考えると船は走るばかりで,釣る時間がなくなる為,周辺でカツオの群を探す事にした。

   イワシの群れを探す。三浦半島は霞んで見えるも,大海原で我が船1隻のみ。全員で遠く海鳥の群を探す。
     若干のウネリが眩い陽射しを浴び,海原を煌き映している。

   海面が大きくもじれば,船首を向け突進した。鳥の山を見付けては進むが,海鳥は群で休んでいたりする。
     迂回,前進を繰り返し,3度目の山でイワシの大群を見付けだす。下にはカツオがいる。

   葉山東沖寄り,1隻でカッタクる本カツオ,
     船頭は釣るよりコマセを捲けと指導する。カツオを散らすな集めろと。手を抜けばカツオは散る。
     そしてカツオが船に付き,1時間あまり入れ掛かりが続いた。

   一気に上げるが,なかなか横走り強くバラしも多い。よそ見でもするものなら腕ごと引き込まれる。
     腕が竿となり豪快な釣りが続いた。

   船中をカツオが飛び跳ね,あっちこっちで飛沫を上げている。コマセが利き外道は居ない。
     ダチ13〜6m,小さくて1k,重い引きに気を抜けばバレた。
     イナダの引きは海下に走り落ちバレも少ないが,カツオは突進した。

     ハリス10―2本釣(バラフグ+ハノナマズ,(ナマズ)切られ(13号),
     アミコマセ50,葉山西沖に軍団あり,
                                            ダチ13〜6m,0.8〜1.5k,9本,


   カツオはよく掛かり数を伸ばした。メジを釣ろうと移動する折,船頭から仲間に譲りたいと希望があり。
     それ故,僚船が来るまでコマセを捲き,カツオが散らぬよう努力した。

   連絡は勿論,無線ではなく携帯である。他船に知られれば無駄となる。
     僚船が現れた時,釣人の期待と感謝の顔がよく滲んでいた。この時ばかりは手を振り,「頑張るよう」怒鳴る。


      メジマグロ, 
   葉山沖,水深10.000m以上,潮の境をポイントとする。
     30mよりカッタクるも小サバの猛攻を受け,釣りにならず。小さくとも引きだけは強く1荷がくる。

   深め50mへと落としても同じだった。メジマグロ前にサバのアタリがくる。
     我慢に我慢して仕掛けを落とすが,又もや小サバが掛かった。11時半沖揚りした。

9月12日

第8回若波本会休会,
  ハゼ釣り推津川, 今津川,朝方は満潮で食い悪い,引潮と共に型良く上位占める。50匹検量,久郷930g,2澤田,3斉藤,

天王洲運河, 快晴,澄み,                                                駒田,松村,
                                     中潮,満潮6:00,干潮12:19, 5:00一12:00,


     午前中の釣り,午後は義父の看病に,
       久振り高浜水路を訪れてから1ケ月が経つ,ハゼの成長を見極めるため出向いてみた。

   天王洲橋下左岸,
      ポツリポツリの釣り,潮止まりと共にアタリが途切れる。
   船宿船清,
      船宿内,潮引き始めて1時間,
   天王洲橋上,
      ポツリポツリの釣り,潮止まりと共にアタリが途切れる。
   船宿船清,
      船宿内,潮引き始めて1時間,
ヘチの護岸,岩で日向ほっ子する大型ハゼの群を見る。
        本流とはふた回りも違う大きなハゼがいた。

      最初は直ぐ食い竿を弓なりにするが,少し経つとハゼは飛びつかなくなった。
        直ぐ場慣れしたのか,食いがそれ程ないのか,ハゼの前に落としても目を反らす。
        場所を変えても1匹のみで後が来ない。だまし釣り,その賭け引きが続き面白い。

      石隠のハゼは直ぐ飛び付き食うが,見えるハゼは難しい。次第にエサを嫌いだす。
        そして下げ潮との競争が始まった。

      後はポツリポツリの釣りとなる。竹竿9尺,
         11時納竿,上流左岸,干潮と共に干潟が現れる。ジャリメ,ハゼ60,

         (姉ヶ崎境川,ヒレ20cm,20〜50匹,澤田氏)
         (横十間川,数楽しめる,キジ)

9月26日

横十間川,栗原―天神橋, 快晴,                                           駒田,松村,
                                          大潮,満潮5:09, 5:20〜9:15,


      亀戸に住む木村,保木両氏の薦めで横十間川へ出向いてみた。
        両氏ともここから5,6分の所に住んでいる。故,確実性はあるもののハゼの食いは乏しかった。

   栗原橋下,ポイントのようだがアタリなし。橋より深場で約1.5mあり,
     朝方,食い型も間々良かった。

   1ヶ所で数匹は難なく釣れた。浅場のゴーロ帯を探り以外と浅場は20cm前後と大きい。
     上手く釣れると3,4匹釣れるが逃がすと食いは遠のいた。

   同じ場所で3,4匹がせいぜいで斑な感じを受ける。

     アオイソメより
キジ
がよく食った。水位はこの辺は殆ど変わらず。竿2間,

     汐見,横十間川より曙北水路,砂潮橋下が遅くまでよく釣れるとの事。
     
汐見運河,しおかぜ歩道橋脇,北側護岸より竿2間。8:00〜12:00,71匹,

10月03日

第7回若波本会休会,
  小ブナ玉造周辺, T澤田354,2栗原,3幡谷, 若波トータル順位,6/9回,12/47位,

短巡行, 曇,風強く,竿あおられ釣りずらかった。                             1ヶ所20分程,
                                        小潮,干潮5:00, 5:40−9:40,



   夢の島より月島突端まで,

     先週,横十間川で曙北運河を薦められたが,上潮が利くも食い悪くハゼを求めて長い釣行になった。
       釣果は悲惨である。最後に月島川で良型見て,納竿できたのが幸いした。

   曙北運河,砂潮橋右岸, 水深1.5m,河口を思わす良い環境,
                     潮が悪いのかアタリ少なくハゼの型は小さい。
   東雲北運河,       暁橋下右岸1.8m,船下を釣るがアタリ乏しく,小さい。
   汐見運河,         塩浜,ヘチ水なく奥で数匹,前日ヘチ群がる。
   古石場川,         2m,アタリなし,
   新月島橋,水産庁桟橋, 1mアタリ1回のみ銀杏採る。
   新月島橋,新島橋,    隅田川寄り40cm,生サクラエビ背掛けで結構,釣り上げている。
                      型も良く仲間に入れてもらい数匹釣り上げた。2間半が良,

            竿2間,秋田キツネ6パイプ付き,ナスオモリ,ハリス4cm,ジャリメ,
                               (3日,ハゼ館山,平久里川で大釣り,浅草釣友会)

10月10日

ハゼ釣巡行, 快晴,澄み,潮も良く,                                            駒田,松村,
                                     大潮,満潮4:41,干潮10:47, 4:50−12:40, 


    前2週が悪過ぎた。休む間もなく少し遠出し市原へ出向く。
      椎津川を除き釣人は多いが釣りとならず。又しても天気,潮と良い条件が揃うも釣れない釣行になる。
      弛みを越え,ハゼから遠ざけられた心境の日々が続く。

    市原インターより推津川
椎津川,今津川,
境川,鉄橋前後,
今津川,
久保田川,
江戸川放水路,
浦安,今井川,
東雲北運河,砂潮橋,
曙運河,
汐見運河,
明け方を待ち釣るがハゼ0, セイゴ1,竿2間,
各ポイントで型見るのみ型はよい,
アタリなし,竿2間半,
リールによる釣人のみ
(行徳橋) 凄い釣人だが,アタリなし。エサ,アサリが多い,
人のみ多く投げ釣りで上げる人なし,
投げ釣りアタリなし,
同じ,
塩浜,漸く探るハゼのアタリ,ジャリメ,

    今津川以外は何処も釣人で賑わっていた。何処も竿上がらず見学のみの場所も多かった。
       結局,戻り汐見に落ち付いた。

10月17日

枝川,汐見運河, 小潮,満潮10:24,
                                                       5:50〜8:50,


      曇,ようやく秋の到来で肌寒くなる。最低,最高気温が5度も下がった。長袖へ,

   しおかぜ歩道橋を渡り対岸で釣る。釣人は居ない水深2m,
     探り当てて漸く対岸,塩浜よりで一回り大きなハゼが掛かる。

   延べ竿よりリールで置き竿の方が確率はよかった。
     小さいながら,その都度ハゼは掛かつていた。竿2間と投げ竿,青イソ,ハゼ18,

10月24日

入江川第三,エビス宝運河, 快晴,                                          駒田,松村,
         明け方肌寒かったが小春日和となる。
                                 大潮,満潮4:19,干潮10:29, 5:15−14:20宅,


 第三小派川,6時



     8時〜中央
     10時〜沖合


     11時〜岸より
       エビス運河
     12時,

 第二小派川
 宝運河布袋橋上流


   13時45分納竿


右側,数年前のカケアガリで初竿する。水深3m,
  
水深あるも下げ潮が利きビックリする程の大型が誘うと良く掛かる。
  あっと云う間に水箱の底が見えなくなった。


やや型小さくなるが大型混じる,引きが心地よい。

アタリ乏しくなり,浅場の船底を這うように動かすと間々アタリあり。
  流れ強くなりオモリ1から3に変えるも流された。

アタリ乏しいが浅場の船底を這うよう誘うと間々アタリあり。
エビス本流寄りはアタリなし,9尺,リール不向き,

納竿,

マツダ研究所回り込めず。

左岸台船上.水深3.5〜4m,釣人多いが殆どがリールを使用,
  前回より造船所を含め型がよい。
  少し沖目のカケアガリに寄せると,9尺竹竿でもアタリが取れた。
正味1時間,15匹, 
  金袖6,秋田キツネ6,
ハヤガケ6×2本釣,
                              ハゼ2人,12cm上3k強,
     (24日,ハゼ,藤原川河口5k, 横十間川,小名木川と前後の橋,半日50匹,)

10月31日

入江川第三,エビス宝運河, 重曇り,明け方風強く,宝運河釣りとなず。
                                                     駒田,松村,(折原,沢田),
                        小潮一小潮,満潮10:33,水位115, 4:40−14:00宅,


   
第三小派川,アタリが遠く探し回る事1時間,上流よりを探るが食いは悪かった。
            台船中央より先週よりやや本流よりで,よいポイントを見付ける。

      今日の穴場,型良く14cmハセが入れ食いに。ここは型もよく引きがよい。一荷,一荷が続いた。
        台船の隙間幅50cm,小型船一隻分の狭い場所だった。

      仕掛けを入れれば掛かるハゼ,水深4m強からの引きは乙なものである。
        掛かった途端,深い底でハゼが走る。それは穴の下,見えているよう手元に伝わった。

      足元の穴場,竿9尺では手間が掛かり勿体無い。道糸を掴み上げる間が掛かり過ぎる。
        竿2間半で少し下がれば穂先が少し出て釣り易かった。

      竿を上げれば手元にハゼが乗る。振り子の如く落しては駒田氏と一束近くを釣る。
        大きさにビックリし折原氏も加わった。3人で釣堀状態が続いた。

   宝運河,潮止まりで移動,満潮で竿2間半の穂先が潜る,アタリが取れずらくなる。
         
9尺竹竿に変えるがアタリも乏しくなった。
          リール竿,11時頃まで結構食うが,ハゼはひと回り小さい。水箱の底がみえなくなった所で納竿する。

            2本釣ハヤガケ6,オモリ1,アオイソメ,                        計,ハゼ3k,
           (横浜,山下ダルマ船, 昼まで48匹,大型)

11月07日

入江川第三小派川, 霧雨後曇,                                            駒田,松村,
                                 大潮,満潮4:34,干潮10:20, 4:50−15:10宅,


      2週間,型が良く入れ掛が続いた。欲をかき三度子安を訪れる。

    5:20, 真暗な中,エレキを頼りに釣る,期待するも台船上はアタリがないに等しい。
           誘い誘いの我慢の釣りが続いた。 

        丹念に台船の端まで探り,本流より浅いカケアガリで10匹程取る。
           ハヤガケ7でもハゼはよくスッポ抜けた。

    10:20, 潮止りアタリなくる,エビス本流台船真中で入れ掛りとなる。
          何故,ここだけ釣れるのか分からない。細長い30cm程の穴,水深4m底で絡めば祭る。

        型はダントツによく。アタリも明確だった。ただ手ビシの如く両手で道糸を引き上げねばならない。
          注意する事は台船のヘチに絡めないよう。当たればハゼはバレる。
          能率よく型と数がでた。引きの強さが心地よい。

   11:20, 食い止まり.1度小派川へ戻るがアタリなし。

   13:30, 9尺竿.水深4.5m,
          再び駒田氏と本流台船へ,小さな穴に投げ込むと底に着くか否かでアタリがでる。

        仕掛けを落とすのが大変だが駒田氏も長竿で奮闘する。
          アタリを取り道糸を掴み,ツルベ式に道糸を上げた。掴む道糸の動きが凄い。走るハゼを上げる。

         
型良く15m級のハゼ, スーパーキス7は10〜20cm釣り上げるもスッポ抜けた。
          袖7に変えハゼを確実に32匹をシャクリ上げる。

  
 14:00, 脇上で台船の隙間を狙い入れ食に。
          ここはロープが交差するも竿を出すには楽だった。3mと浅くカケアガリになっている。

        竿2間半が上手い具合に通る。幾らか小さくなったハゼ,投げて引けばアタリがでた。
          予定より30分延ばし納竿する。
                                              ハゼ15cm級まとまり115匹,
        〔ハゼ,本牧.アタリなし,宝運河3時より,台船下21cm6匹,木村氏,〕
        (*22日,遊遊山,硬調540宇崎日新@5.600(日)

11月23日

子安周辺, 曇り,肌寒い,                                               駒田,松村


     子安でもう1度と期待するも今年のハゼシーズンは終っていた。久振りエビス運河周辺を探索する。

    第三小派川, 全くアタリなし。ハヤガケ7,新ハゼ7,
       本流側, 船道,型,まとまるがアタリ乏しい。竿9尺,3間,リール,2人で23匹,
    第二,      アタリ0,
    恵比寿橋,   釣人いるが上がらず,21日,型良く60匹,
    宝運河,    アタリ0,エビス出合側,リール3本ややアタリあり,

11月28日

沼川,第一昭和水路, 快晴,                                           若波釣友会納会,



       肌寒く薄日は差すが,次第に風強くなる。馬場会長の薦めで初めて第一放水路へ。
         何度も来た事のある沼川ではあるが,初めて冬富士の秀麗な姿が望められた。
                                                  中潮,満潮9:09,

   バイパス相原橋下流, ヘラブナ釣場,竿を出し直ぐ大きなアタリあり。30cmのナマズ,
           私の隣に陣取っていた会長が水を汲もうと川に落ちる。
            救い上げ,我慢して着替えをしない馬場氏を説得する。

          バスに戻らない為,上半身を裸にし,肌着を絞り私のシャツ,コートを貸す。釣りは二の次になった。
            動かぬ会長に衣類全部を絞り干した。靴下さえ何度も言わないと脱がなかった。
            私の方が風邪を引きそうだった。

   その後,アタリなく移動した。
           バイパスを潜り高橋氏に会うもアタリ0。更に上流へ。

   上流水門, アタリなし。後で栗原氏,置き竿で数匹を釣る。
       ホソ, 何処もアタリが少ない。移動するもないに等しいアタリ,
            潮が引き始めて今日初めて小ブ7を釣る。中型1匹にもならないが。

           干して置いたた会長の衣類が乾きだした。私より熱中して釣っている会長。
            私はまだ肌寒い。衣類が乾いた事で漸く自分の衣類を取り返た。
            釣るも時間は迫っていた。栗原氏に馬鹿にされる中,納竿。全てを終える。

        この放水路は,朝9時の満潮〔中潮.満潮9:03〕は釣りとならず。
         
小潮で明け方,満潮から下げが最高,

       ヘチの深みに大ブナが入り込み大釣りができる。
         幅広い川で満潮時はフナ散り釣りとならい。ラーメン屋前が常に平均的に釣れていた
         竿3間,2間半,フナ釣7.6.5.(
今回は5良),セイゴ8,良い,キジ,

富士市内から駿河湾に掘られたのが昭和水路。
  川幅は約30m,立木が多い。

満潮前後には浅場で食い立つ事も。
  干潮時は少しでも深い場所を狙う。



  下,海,

   10回沼川,T金谷2990g,2山田,3干場, 20匹検量フナ7,595g,26/30位,

   平成11年度若波釣友会トータル順位,T久郷,2澤田,3紫閑,大型鮒30cm真木,沼川, 7/10回,15/47位,皆勤4名,

12月12日

清水巴川, 快晴,                                                浅草帽釣会納会,


     分からぬ巴川,まして私の嫌うフナ釣りである。坂森君の誘いで参加する。
       1週間雨降らず水量は少ない。その上,左岸は陽が差さず条件悪く,肌寒い釣行になる。
                                               中潮,満潮7:49,干潮0:57,
   坂森君の案内で斎藤氏と共に酒屋下流,左岸に下る。
     ポイントは対岸に柳の木あり,藻多く根掛かり多いが。明け方フナひねる。

   そのわり水量も少なく誘い釣りとなった。竿3間,丸セイゴ9,キジ通し掛け,
                                     ボッタ10匹通した後捲く,フナ8匹,1.550k,

12月19日

横浜,石川町周辺, 快晴,                                                駒田,松村,
                                       (京浜)黄金町7:40−13:39JR根岸,


     先週,フナ釣りの帰り,三橋氏より中村川でハゼ釣れていると聞き,出向く。
       車は置けずないとの事,久振り電車を利用するも悲惨な釣行になった。

     自宅6:30=品川=黄金町7:40一根岸13:29=14:40自宅,
                                長一中潮,干潮7:45,満潮13:50,

   中村川,水深3m,  アタリなし,11月中は4時間で20cm30〜40匹,
   掘割川出合,    アタリなし,9〜10月型よく数でる。ポイントは中央,
竿3間は必要,
                 釣人かなり集まるが成果0〜1匹,殆どがリールを使用,
   中村橋より右岸へ,下流にポイントあるもアタリなし。途中のバス停下は良いポイント,
   根岸,八幡橋右岸, セイゴのみ,竿3間,アオイソ,

      この時期,ハゼ釣りは全て終り,わざわざ出向く場所ではなかった。
        早い時は良いと云われているが。(10月,大岡川に会入る,当日19日アタリなし,)

                                                       若波釣友会,7/10回,トータル順位15/48位,
 1999年Top


                                                                      2000年釣り日誌W
                                                                       川辺と釣行Top