川辺と海の釣り日誌Z
                     2006年



                                                                       2005年釣行日誌Y
                                                                       2007年釣行日誌[   

    2006年(平成18年)

     鵜原,中止が多くヤリイカとの巡り合せは相変わらず悪い。根魚も振るわず,スルメイカは船中では良かった。
     フナ前半,4回釣行し計4匹,前2回は0を記録する最悪の事態になる。フナ釣りに不信を抱き,アタリの感覚も失った。
     ヤマベ,釣果より先にポイントに恵まれなかった。最後に如何にか形となるが,早目の納竿も初めて経験する。
     ハゼ,個人と会の差が今年も激し過ぎた。ハゼの繁殖は例年になく悪く,子安・第三小派川と大貫・岩瀬川が顕著な釣場になる。
     皮ハギ,久し振りの釣行で3位となる。数出ぬが後半の伸びが嬉しかった。
     暮れ,中型だが再び石鰈で大釣り。
     若波釣友会,初めて皆勤賞となる筈が,納会釣行は町会の隅田川ハゼ大会と重なり逃す。
                                                                                 潮時は東京竹芝標準
1月03日 隅田川,蔵前右岸テラス, 晴,
                                                大一中潮,満潮7:50, 10:20〜11:20,


   風もなく暖かい陽差しに釣人は私一人だった。流れが強くオモリ30が止まらずにいる。
     2投目でアタリあり,テンビンの上のアオイソメが取られた。

   アタリがでた事で竿を追加するも,そこ後の食いはなかった。再びテンビンの上のみエサを取られる。
     テンビン下,3本針,

8日 ヤマベ 伊豆下賀茂,青野川, 快晴,                                                   浅草釣遊会




    この数日,日本列島は高度5000m,−40℃の大寒波に襲われ,伊豆の山も雪に被われた。
      バスは雪の天城を越え,凍りついた路面を超スローのスピードで下田へ抜ける。

    下田では雨になるも下賀茂に入り6時,−2℃,アスファルトも全面霜に被われていた。
      久し振り,肌寒さを超し芯から凍える寒さになった。後半西風に少しあおられる。
      
7日9時,8日9時の天気図

                                                小一小潮,満潮10:46, 6:30〜11:30,
   本流右岸,旅館
河内屋前,
  下流九条橋,川面に朝モヤが湧く




  朝焼けの上流来ノ宮橋,Y,S両氏

      ヤマベ居ず
   アスファルト道路はまだ霜柱が立ち,足踏む響きにバリバリ音が聞こえてくる。全てが霜の世界,川面には湯気が立つ。
     宿の排湯場付近を5人で初竿した。

   水量は夏に比べ随分減水するも,ここは60cmと澄んだ深場となり緩やかに流れている。
     6時半,かじかむ手で挑むも1時間,アタリは全員0だった。竿2間半,シモリ,赤虫鈎4,紅サシ,


   一条川
  上流側S氏,10時まで陽は陰り厳寒が続く


   右岸沿いの径を遡り出合より
1本目の橋上,昨年夏の護岸工事現場で竿をだす。
     左岸から覗むと対岸ヘチの深みにコイが群がっている。その周りには小魚が回遊していた。

      笑う膝
   8時半,6cmの小ヤマベが初めて姿を現した。小さくとも手に乗った初めてのヤマベ。
     2時間半経ち初めて見るヤマベは嬉しいものである。
     竿2間半,針を
秋田狐金2.5に換え,エサの紅サシも1匹ちょん掛けとする。

   少し引き戻すよう誘うと流れに乗り,ポツリポツリ食いだした。それも疎らな超スローペースで。
     0が続く中,このポイントはよかった。ただ快晴の蒼空の下,谷は陰となり寒さが身に凍みる。

   タイツにズボン,カッパ,胸までのバカを履くも,動かぬ体に膝が笑いだしていた。
     凍える手は上着のポケットに突っ込み,不精な我慢の釣りが続いた。この日の最高気温15時,5℃,


   10時半,50m程上流で陽が差し出した。咄嗟の移動,対岸はまだ陰っている。
     ウキが流れに馴染み,誘う少しのアクションで10cm程のヤマベが食いだした。よい感じの誘いが続き,良型が増してくる。
     針を
赤虫鈎3.5に換え,紅サシ2匹掛けで7,8匹を釣り上げた。オスも1匹含む。

   12時,橋真下の浅いトロからザラ瀬,巻き込むポイントで2匹を追加。
     よく見ると水深15cm程の浅瀬に小ヤマベがダンゴとなっている。ウキ下を伸ばし真上にエサを落とす。

   小ヤマベがデキハゼの如く紅サシに群れとなり突っ突いている。それでいてウキの引きは無いほど弱い。
     適当に誘い上げるも空振りが多かった。又群れに落とし2匹を釣り上げ納竿した。

     コマセはウニ入り+さなぎ粉+鮒のコマセ少々+焼酎,5:1:酒1弱,
     チューブでも練りの必要を感じた。既製品チューブ
味醂が良い。又昨年の藤原川経験から持参した小鈎がよく利いた。


   T後藤965g,2久郷32匹,520g,私と3人とも一条川,後藤氏は出合より40分上流,
     宮前橋下流は浅く,まだハゼが食うとの事。11cm程のハゼが数上がっていた。後日入賞バッチを頂いた。

                                    外道なしヤマベ39匹,6〜11cm,455g,(検量数40),3/14位,

     1月08日,カレー釣り鹿島,再び挑戦し幡谷氏1本竿41,早水他10名,
        9日,若波釣友会新年会,(御徒町茶寮28名),

1月22日 第2回若波本会流会,
  フナ黒部川,20日夜半より大雪,21日21時まで降る。東京は8年振りの大雪で積雪9cm,帽,若波合同,
    22日9時天気図,


    フナ釣り
 
,,1月03日,黒部川上流,型良く8寸前後24を栗原,藤本9,内田6,
   
,, 4日,与田浦試釣,学校裏は3cmの氷が張り橋下のみアタリ0,黒部川中央大橋0,上流で千村12,幡谷3,鈴木,
     18日,黒部川
赤橋付近有望,8寸以下で内田4,鈴木3,藤本0, 中央大橋下は0,
     26日,同じ場所で藤本0,
     29日,同じ場所で藤本16,栗原10,内田8,坂森1,久郷0,
     08日,藤本,内田,坂森氏,各3匹釣る。

2月05日 黒部川,小堀川, 快晴,                                                        若波釣友会
          明け方気温上がるも氷点下を割る。厳寒の中,陽が昇り小堀川では西風が強まった。




                                                   小一小潮,満潮8:52,
    黒部川本流
  溶け出した氷,下流に仲橋を臨む


   6時半,仲橋(通称赤い橋)左岸上流30mより竿をだす。濁り薄く流れは弱い。
     竿5.2m,ウキ仕掛け,マス6×2,ハリス1.2(25+15cm),ネリ,新ベラ底+アルファ21+イモグルテン。
     仲橋より福田,神谷,藤本,鈴木,私,坂森,干場,野沢,木内氏と間に入れぬ程並ぶ。

   小潮のせいかヘチタナは満潮でも水が被るか否かの感じだった。
     遠投できず道糸を20cm程伸ばし,別に1本,竿3間,シモリ,2本鈎で,上に赤虫,下にはキジで下り寄りに打つ。

   1時間経つもアタリは全員になかった。外道にペヘレが野沢氏に掛かるが,クチボソのアタリすらなし。
     8時半,陽が差しだすもまだ付近の誰もが,1度のアタリすらなかった。

   −4℃の気温は厳しい。防寒には気を付けれきたがネリは瞬時に凍り,ゴワゴワしたネリは新しく作るも悲惨な状態が続いた。
     割れる霜柱と氷,強張る手で振るえながらネリを打つ。


      小堀川
   9時半,小堀川に出向く。別会の釣人多く,公園には大型バス4台が駐車している。地元の釣人は早くもヘラ釣りを諦める。
     一昨日からの
低温でアタリなしと。めげずに竿3間をだすも濁り強く下げ潮が強過ぎている。
     釣場は左岸,右へ大きくカーブする地点。

   オモリ1→1.5に変えウキは沈み,道糸を張るも西風に竿が煽られた。
     朝方は黒部川より食いが良かったようだ。5,6人に1人が1枚持っていた。ただその後が続かず。
     風強くなり両手で持つ竿,シモリを試すもイメージは合わなかった。

   再び仲橋上流で久郷氏が赤虫で竿をだしていた。アタリ0。私も岸上より赤虫,キジで時間を潰す釣りをし納竿した。12時,
     外道を含め,釣行中全てにアタリはなかった。殆どの仲間は同じ感じを抱いていたと思う。



   公園脇,検量風景

   1折原,中央大橋下で竿2間半,不自由な姿勢でフナ6,(4〜5寸)1.04k,
   2内田,大橋,仲橋中間左岸(栗原氏の本命地点)フナ2匹,600g,茂木,阿玉水門で,幡谷,黒部大橋でアタリあり,0匹。
   小堀川,若波は私のみ。
上流は常に流れ弱く,小型だがフナ数でると。澤田氏,

        T折原1.040g,2内田600g,フナ0匹,22/24位,
22人が0を記録する。第3回若波本会,トータル2回,21/30位,0匹9名,


   ボラのギャング釣り4日,波崎港, イワシの荷揚げ中の釣り,波高く出船できず。
   石カレー釣り11日,鹿島, T幡谷,13枚,凪で釣り日和,
   フナ釣り12日,泪川, T斉藤,右岸小屋と
手前フナ40, 1.9k,3寸前後,4〜5寸3,外道コイ,ペヘラ各3, 4位以下は極端に落ちる。

   黒部川,先入るもバス3台となり,待つ間に釣場確保できず。釣果はフナ3匹が多くい,
赤虫, 浅草釣遊会18名参加,
     朝方は板オモリ,
道糸2,ハリス0.8,細ソデ6×3, 流れ出て中オモリ3,羽ウキ,3間と3間半,リール竿もよい。

2月26日 鵜原中止, 2ツ玉低気圧で波高3→5,

   S君と, 若波釣友会幹事会,「なかや」にて


3月05日 小見川, 阿玉ホソ,小堀川,黒部川,                                                 若波釣友会
             快晴,明け方1℃,陽が射すにつれ暖かくなり12℃となる。薄濁り,中一中潮,満潮7:33,




   フナ釣り26日,
黒部川,若波試釣, 側高水路0で黒部川へ,赤橋上流左岸ヘチは浸かる。
     大潮,10時干潮で2時間の釣果,栗原13坂森10,藤本,久郷,藤本,清水3,全員が型を見み決行へ。

   今回は足元が水に浸かるのを嫌い,小堀川用,仕掛けを作る。ハゼ仕掛けに目印として鳥の羽を付けた。
     道糸1.5,ヤマメ6,ハリス1.2×3,細袖7,ハリス0.8×3,(目印は
2個,中通しがよい。斉藤氏オモリ3),


   
阿玉水門下流側ホソ
   明け方の黒部大橋左岸




   阿玉のホソ,向かえは利根川
    三橋,村上,福重各氏

   バスで福田氏から黒部本流に誘われ悩んだ末,釣行として未知の下流,阿玉水門のホソに出向く。
     夜明けを待つもホソの水量は少なかった。ここは乗っ込みハタキ場である。
1ケ月早かったとの事。
     竿3間で本流を試すもポイントは分からず。後の4月05日,
阿玉ホソ大釣り,浅草釣遊会,

   昨年,猪俣氏が区釣連で上位を占めた場所でもある。今年4月9日,浅草釣遊会で大釣りをした。硬い鯉竿よい,



    
小堀川
   左岸,橋は県道44

   7時,1.5k上流小堀川に入る。バスは我ケ会1台のみ。他の釣会も居なければ,地元の釣人も居なかった。
     何時もの場所で澤田,斉藤両氏がフナのアタリなく0でいた。私は上流,県道手前の水門,左岸のボート置き場に陣取る。

   竿3間,初めの1投でシモリ仕掛けを根掛りで失う。2投目はヘラ仕掛け,流すも何故か
穂先が抜けた。
     ウキが浮き沈みし消えて行く。フナ掛かるか? 初めての事でなかなか理解できず運にも身離されていた。
     時間ばかり費やしアタリは0。練り,赤虫,キジと付けるも外道のアタリすらなかった。


      黒部川
   11時,黒部川本流に出向く。中央大橋に潜り幡谷,折原氏が中型を釣る中,場所を譲り受け11時半6寸1匹を確保した。
     竿の弾力を利用し横投げで,抜くには竿を畳まなければならない釣り方だった。竿2間半,
     練り釣りから赤虫の誘い釣りに変え,流れの変化にオモリ1→0.5→
紙潰しに変え,窮屈な格好で1匹をゲットした。

   第1回より0,0が続き今回最後にゲット,小さくとも検量する事ができた。まだ本会トータルでは最悪を記している。
     流水のある場合のウキとオモリのバランスが取れず,練りは針先に残るもアタリ0,食い込みはなかった。

   T木内3.735k,私を誘った
福田氏はTの隣り大型賞をゲット,上位を占め車内でいたぶられる。
     (赤橋上流,左岸石屋との間,竿2間半),

   数では幡谷,
大橋真下右岸でT,6寸前後18。続いて折原14,対岸で横山9,
                     第4回若波本会,T木内3.735g, フナ1(10匹検量),250g,22/25位, フナ1匹4名,0匹3名,

     フナ釣り04日,土浦新川,桜並木,
川鵜多くボラが遡り葦に潜る。フナではなくボラの大釣り。フナ6寸1,多くて4,
       今年は新川両岸の葦は水面まで綺麗に刈られていた。マルヤ商店で,

3月12日 岩魚
芦安,釜無川水系御勅使川, 小雨,                                           美濃羽,星野,松村,




   第3回南アルプス市芦安渓流釣祭り,
     今年の芦安は春が早い,町には残り雪も消えていた。夜叉神林道は昼間のみ通行が解除されている。

   2時,おぼろ月に迎えられ,今年も御勅使の河原に降り立つ。暖かく気温は3℃,昼には10℃になる。
     強い谷風は夜が明けるにつれ山風に変わった。予報では午前中晴とでたが天気は崩れだしている。

    日中橋下流,
   昨年のポイントを望み
    上流は夜叉神峠




   今回選んだポイント
    沈み石周りが深く良いと思われたが? 対岸は浅い,

   日中橋下流,昨年より3,4個セキ下で竿をだす。
     渓相は放流後の大雨でセキ下は土砂で埋まり,まだ流失せず浅いトロ状に渓全体を変えていた。
     その上減水が加わっている。ポイントらしきポイントは薄く,釣人だけは解禁で多い。

   竿2間半,道糸0.8,オモリ0.2中通しにガン玉,ヤマメ8,ハリス27cm
0.8,一種の通し仕掛けで初竿した。
     一投目より祭り最初から出鼻をくじきかされる。

   二投目は絡みながら虹鱒をゲット,星野氏が岩魚3を釣る中,漸く私にも姿を現した。
     型は小さい20cm,その上最初からアタリは弱く,食い渋りの釣りになる。

   渓の核心の流れはアタリでず,時間ばかり費やし釣果は鈍い。7時半,3時間が経ち岩魚,ヤマメ,虹鱒混ざりで5匹となる。
     何となく投げた手前ヘチで大マスが1発で食った。幸運か? 

   引き強く竿は弓なりとなりタモに入るも,賭け引きのない釣りに嬉しさは薄い。
     後は続かず場所を移動せざる得なかった。

   下流右岸が空き岩魚を追加,左岸セキ吐き出しから水流が幾らか淀み気味のポイントで,三投3匹を上げる。
     水流に遅れ気味に流し,溜まった所で弱く誘うとアタリがでる。今回は
ヤマメ籠を忘れた,ビニール袋に入れての釣り。
     ただ気は揚がるも後が続かなかった。



   谷風強く車を背にH,M両氏

   11時半,美濃羽氏は諦め気味。星野氏は火鉢とコンロに向かっている。摘みを作り彼も今日はよく呑んでいる。
     3人の釣果は最悪で11,7,私も11だった。酒宴後,再び空いた今までのポイントを攻める。3匹釣れば全員が通を抜ける。

   
根気は私にまだ残されていた。それも間違って作った道糸1.5で。人を見て魚が寄ってきたのだろうか?
     1時間で岩魚3を釣り上げ13時半納竿した。

   
今回のポイントとしては1つ下のセキ左岸がよかった。落ち込みは深く,流れ落ちる向かいは大岩に閉ざされ,
     手前ヘチへと流れている。そこに淀みがあり,朝方はよく食ったと思われる。

   又,本部前も左岸は大岩で囲まれ,幾人も入れぬ場所となっていた。
     落ち込みは浮石にぶつかり,先には大きなトロがある。岩魚1が残念であるが,朝方は釣れたと思われる。
     毎年大型のでる場所でもある。



   諦めの雑談?

   今回は食いが浅く,解らぬ呑み込みが多かった。
ヤマメ8でも小さいか? 疑問が残る。
     ハリスは初めはもっと短くても良さそうだ。道糸は関係なかった。後半0.6を使う予定が1.5を使い,短時間で3匹釣る。

   昨年のポイントは最後まで釣人が残っていた。後半禁止のルァーに独占される形となり,人が少なければ釣れる釣場を失った。
     又,先週フナ釣りで3間のズーム竿が損欠,持参できなかった事も悔いが残った。

   結果的に誰もが数釣れず,アタリも弱すぎた。それに呑み込みが多く,ブドウ虫はアタリ0となる。
イクラ,
     仲間ではトップとなるが今迄で最悪の釣果を記録した。
                                      岩魚7,山女魚1,虹鱒1(各20cm前後),大マス2(37と39cm),


   夜半,常連の番人は居なかった。地元の人は云わぬも,何かくすぶっていたようで明日は参加するとの事。
     街路灯が新しくなった。右岸にも点だが街路灯が2基備えられる。

   大会責任者の判断ミスか? 多くなった釣人のマナーも悪過ぎた。
     次回は如何にしたものか?

   例年通り「山渓園」¥350に入浴,鳳凰から下山した登山者に出会う。
     南御室小屋で幕営,今朝は吹雪で登頂できず,峠からは雨になった。
   帰路,今年も「小村」に寄りほうとうを食べ19時半帰宅した。入漁料,朝食含め¥4000,トータル¥15000,


   フナ釣り
  
,,3月12日,土浦新川, まだ1匹,0が多く型も小さい。Tは境川で久郷4で2.5k,坂森1,型良し。バス7台,浅草釣遊会,
     19日,黒部川, T栗原3,幡谷2大橋下5寸,藤本3,15/18は0,浅草帽釣会,
     19日,与田浦, 学校裏に入った釣人達は6寸数出る。
              昨年12月に私が入ったポイント付近で
キジ,赤虫が良い。山崎12で4/19が0,千代田釣会,
     26日,新川, 桜芽吹くも藤本,久郷,黒須,栗原,鈴木,5名で0,試釣, 境川は坂森2,尺含む,バス4台,やはり川鵜でボラ多し,
              29日,与田浦はたき出すも,4月2日の例会は前年通り桜開花も見込まれ決行する。干場,松村,

3月26日 鵜原中止, 今回は穏やかな釣り日和となるが,逆潮が22日より続き二枚潮強く24日に中止となる。底に着かず,サバも居ず。
        近海はイサキT8,小アジやや大きいのが釣れるのみ。新聞は無視と,

4月02日 土浦新川,境川, 曇, 
                                                              若波釣友会



        本曇,後半強風にあおられる。帰宅して雨,(二つ玉低気圧),

   土浦に入り桜川を渡ると車窓から10羽程の川鵜の群れに出会う。今年は試釣,他会でよく鵜を見た。
     先週も釣人が去るのを待つ鵜を見たと云う。

   逃げるイナっ子を追う鵜,フナは動かなくなる。フナのハタキにはまだ早い,新芽が燃えるには桜の開花に比べ遅かった。
     今回は境川がポイント,釣人は多いが釣れれば大型と。新川はまだ早く,試釣の0が半数近くを境川に向かわした。

    私は新川上流左俣,昨年のポイントに釣場を求めた。
   上流側,右上カラオケ店




   昨年のポイントから下流側

   カラオケ店手前,橋下150m,左岸より初竿する。
     竿2間,2間半,道糸2,シモリ仕掛け,2本針(ヤマメ6,金袖7)ハリス1.2と1)に赤虫とキジを付ける。

   手前には少し葦が茂りポイントとしてはよいが,薄濁りで色が悪く,水は全く動かず水位も低い。
     葦は下流から綺麗に刈られ,ポイントとしての場所は分かりずらかった。

   6時,初っ端はキジにブルーギルが掛かる。アタリは浅く,フナの食い込みに似ていた。

   川面に葦が揺らぐのを見て,10m程下流に移動。7時半に漸く7寸ブナが赤虫にきた。タモに入り0は抜ける。
     そして8時にも赤虫に6寸が。
     その後は上針に練りエサ(新ベラ底8,イモグルテン1,アルファー21,1)を付けるも効果は見られなかった。

   重い雲に風もなく,水も動かず留まっている。10時,漸く微々たる流れが現れ,流し誘うと5寸のフナがきた。
     その後が悪い。調子に乗り誘い釣りをする間に,置き竿に8寸が掛かる。

   根に入り込んだフナ,根掛かりと共にフナが付いている。斉藤氏にタモを頼むもバレ,穂先を折った。
     上流はズキ気味の仕掛けがよいが,昨年以上に確実に取れるフナを落としていた。

   痛恨の失態はまだ続く。急に流れだした川面に道糸は絡み,直して投入するも大ゴイが又もや仕掛けを祭らせる。
     風も出てきた。今度はあおられ対岸ヘチに投げられず。

   川を横切る電線には昨年絡ました私の仕掛けが残っていた。
     風を避け橋下よりに逃げたが釣果なし。11時45分納竿,



   桜並木,中央木橋より上流





   満開の下流側

   私は赤虫が良かったが,周りはキジの方が良かったようだ。検量は2匹が多く,境川が目方で上位を占める。
     フナ15匹検量でT久郷1.120g,2茂木,3斉藤,
                               フナ3匹,580g,9/27位,0は12名, 第5回若波本会,トータル4回,18/31位,


   下流は桜満開近い咲きを疎らに示していた。例年通り提灯が飾りたてられ,学校前では女学生が記念撮影を。

     フナ釣り,
 
,, 4月05日,の阿玉ホソで大釣り,大型のヘラが絡みながらもぐる。斉藤9位で尺ブナを含め32,10匹検量で4k続出する。
          大型は鈴木39.5cm,2間前後,シモリ,
硬々調が良くキジ, 側高は食わず。浅草釣遊会,

     09日,側高,黒部大橋,浅草釣遊会,
     23日,フナ49.00cm,澤田。翌日藤本,内田,同地に出向き33,34cmを上げる。

4月16日 鵜原
鵜原中止, ヤリイカ群がるも前日より大荒れ。波高4→3

29日 ヤリイカ 鵜原,まさえい丸, 本曇,波1,5
                                                左舷宮腰,松村, 右舷友江,折原,船頭,安部,



   昨年父が亡くなり,今年に入ってから鵜原は荒天が続き10ケ月振りの釣行になった。
     今週明けの大釣りに反して状況は悪い。昨日,商業船は10時前に帰港してしまったとの事。
     (実質的には月に2度程度が純益を上げるらしい。),荒れ始めた曇天の海,今日も商業船は少ない。

   出船前に船頭より今日はイカ10杯を上げれば良いと変なお墨付きを頂いた。
     4時15分出船,重くたれ込んだ海原は荒天の兆しを示している。南風に変わり風強く,ウネリは1.5だが小刻みに波立った。

   どす黒い水平線が大きな丸味を帯び,1点の濃い紅色が日の出と崩れる事をを示していた。
     予想の釣果は潮,共々悪い。ただ久振りの船上で心は踊っていた。
                                        中一大一大潮,満潮5:02,水温16℃,濁り真潮少し,

     御宿沖75〜90m,
   初竿5時, 3000Hシマノ,PE5,
竿玄人調子255,中オモリ1.5,クッションゴム,玉数珠ツノ,淡色×6+赤白スッテ(5+3),オモリ150,
     底着と殆ど同時,即のアタリが続く。サバの邪魔も少ない。

   中型1杯の後,弱いアタリで船頭が上げろてみろと忠告を受ける。20cmのメスがでた。
     その後は一荷,共に底より1〜2m上である。他の誰も釣れぬ中,数を伸ばす。

   順調に滑りだすも,それからトラブルが続き最悪の事態となった。
     皆が祭りだす中,今までの中で一番重い引きに
道糸が切れる。65mでPE5が切れた。傷か,全てを失う。

   6時,
半分透明色ツノ×6+赤白スッテ(5+3)に替え,再び皮ハギ釣りの要領で誘うと竿とよく馴染んで入れ掛かりした。
     古い竿だが宮腰氏の
先調子は,私には初めての持つ感触だった。硬い竿でアタリがよく分かる。

   ただクッションを忘れるとバレる。トリプルもきた。そして又もやトラブルが発生した。
     道糸に繋いだ
スナップサルカンが伸びた。不注意に新しくも小さ過ぎた。
     再び乗るツノ,仕掛け全てを失う。そこには呆れ見詰める船頭の顔があった。



   酔いから復活した49歳のAチャン
   貴重なイカを落とした瞬間

   その後の流しは魚型ツノ×5で1杯ずつ上げるも祭りが多くなる。中層の潮が更に悪くなり,3人が常に祭りだす。
     大々潮と二枚潮,釣果は悪かった。他船は2,3杯と嘆き早々に底釣りに変えた船もでる。


     大原沖(岩船沖)75m,
   10時,大原沖で釣果ありと無線が入り,船頭は気を使い向うも遅過ぎた。
     ここでも苦戦,30分でメス1杯を強引に掛け11:15納竿した。早朝に出向けば少しは違ったかも。

   帰路イワシを狙う物凄いオオミズナドリ(背面は茶又は黒褐色,腹面は白い)の群れを突っ切るよう鵜原へ戻った。12:45帰港,

                                          Tヤリイカ20〜48cm16, 外道サバ,カタクチイワシ,小カンコ,

   今回初めてイワシをよく掛けた。
イワシがサバに劣らずイカ釣りに邪魔していた。
     私の仕掛けはよかった。地底ではアタリなし。
底立ち1〜4mがポイント。短く強引に誘い上げると重いアタリがでた。

   仕掛け6,7本の上部のみにアタリがでる。ツノは青,紫,青混ざりの赤が乗りがよかった。
     道糸は5,6年前,アジ釣りでリールから抜けた事がある。2度目で備品として
針金は必要と思われる。

   最近,鵜原の浜でもトンビに餌をあげる人が増え,友江氏の弁当が狙われた。
     「藤えむ」では先日酒を交じわしたRHC先輩,見城氏の話題が弾む。今年も夏出向くらしい。
     竿玄人調子255を宮腰氏より譲受,


   当日鹿島,石カレー, 当日港よりрり,朝方食い悪く全体に型は悪かった。幡谷26,マゴカレー6,早水23,
   5月14日,フナ釣り, 土浦
新川,T後藤15匹7k,斉藤,坂森4.8k入れ掛かり,多くは境川に出向き1,2匹。浅草釣遊会16名,

5月21日 鵜原ヤリイカ, RHC総会で不参加,潮具合悪く釣果悪し,

28日 ヤマベ いわき藤原川, 一日中雨,
                                                            帽釣,若波釣友会合同




   前日朝より雨降り続く,予報どうり9時過ぎには強雨となり,本流は濁流化した。
     増水は河原を一杯に溢れさせ,チョコレート色に染まる河川は早々に早上がりした。
     21日藤原川試釣,増水で本流荒れるも,淀みでヤマベの型をみる。ポイントは澤田橋〜学校前,

   東京1時,4時には薄暗い雨降る中,藤原川にでる。
     今回は新別所橋より上流で釣る事を試みるが,福重氏より昨年のポイントに共に入る事を薦められた。
     車中悩むも大半は下流で下車する。今回は増水あるも葦は出ており,試釣より明け方が条件がよかった。

      新別所橋下二股
   日の出前の下車が,私の考えを鈍らせる。葦が立ちはっきりポイントは示していた。それが後まで尾を引いた。
     濁りは土色,チョコレート色となり,食いが華々しく悪い。朝方入渓した途端後悔させられた。淀むポイントも食いは悪い。

   竿15尺,シモリ,アキタキツネ3.5にちょっと練りを栗虫に付け誘う。二股の渦は仕掛けを上流へと運んでいく。
     振る回数の割りにアタリなし。稀なアタリは大きくともヤマベ10cm程だった。
     5時,足立区の釣人が来ては逃げていく。私も逃げる場所が浮かばないでいた。

   右岸沿いに上流へ。途中で山口氏に偶然出会す。釣果は0。3人居て1人が7cmのヤマベを釣り上げていた。
     彼は脱会して利根川ハゼ釣りで出会い,98年2月の沼川フナ釣りいらいの再会だった。今は北区で釣会を引っ張っている。
     その上では山田氏が木陰で竿をだしていた。



   下流,常磐ハワイ橋,7時
   川幅は何時もの倍。その後,更に強雨と濁流へ,

      ハワイアンズ前
   常磐ハワイアンズへ出向く。橋下では斉藤氏,更に上の吐き出しでは折原氏が間のよい釣りをしていた。
     対岸左岸に戻り,淀みのある写真左上へ。竿だすも濁り強くアタリは遠い〜。型悪く5匹,

   新別所橋,二股に戻るも運は尽きていた。
澄んだホソが再び濁る。澤田氏の入れ掛かりが一瞬で終わる。
     来るのが遅いと言われるも,タイミングがずれ過ぎていた。竿12尺,

   早くも釣りを諦め
8時半納竿。雷鳴が轟く中,福重氏と竹の子狩りに出向く。
     左岸を下り発電所先,土手と水田を挟む竹薮で根が畦道を這っている。15cm程の竹の子が伸び,点々と頭を出していた。

   蟹打橋に下る。会は13時集合を強雨と濁流で
10時に繰り上げる。
     車中の人となり,澤田氏に再び問われた。澤田氏は二股の後,ハワイアンズへ。私と入れ違いに食いよくなったと。

   我慢しなかった私を馴染む。彼とは全く反対の行動が運の悪さを示していた。
     釣果は0に等しい。T久郷,2栗原1590g,3澤田,
     天気図27日9時,28日9時,
                                    ヤマベ17匹,340g,26/28位, 第6回若波本会,トータル5回,17/31位,


   4日,
アユ釣り, 大北川,例年どうり食いよく,15cm前後各一束を超え釣る。ヤマベ仕掛けで沖アミ,エビ,斉藤,鈴木,岡部,紫関,

6月11日 鴨川白ギス釣り, RHC同期会,那須山行で不参加,
   型間々よいが食い酷く悪い。1隻が上位独占,Tは坂森,藤本で26と35匹,1.66k,強雨で10時半揚り? 15名,浅草帽釣会,
   クーラー36リッターをキャスティングで購入,

18日 ヤマベ いわき藤原川,小雨後曇,  
                                                          若波,浅草釣遊会合同,



  6月04日,萩間川ヤマベ釣り若波試釣, 水量少なく釣りとならず,次回18日は再び藤原川と決定。
      昨年の試釣で第3週後は沢に水入ると分かり,18日に釣行を延期するも無駄となる。久郷,藤本,澤田,坂森,干場,横山,

     16日,いわき市,風雨強く市内は洪水になる。
     17日,晴,気温上がり25℃を記録するも19時半,大雨,雷,洪水注意報発令。
     18日,当日は釣行時間に限り雨は途切れた。曇,水位も戻り水やや澄む。


 
   右が下流,
は先月の釣場

      ハワイアンズ橋(1),
   濁れば再び新別所橋二股ホソ,前回,前々回の場所に挑戦する積りでいたが,上流ハワイアン橋下に釣場を求めた。
     一投目の期待は大きい。誰もが同じ気持ちでいるだろうが,今年はフナ0,0,が続き1匹の後,前回はブービー手前まで落ちた。

   その期待も大きかったが食いは更に酷かった。竿15尺,シモリ(ウキ2),アキタキツネ4×2,→×1,
     栗虫使用,一荷2度あるも型は15cmから縮まるばかり,ペースも落ちる。

   1時間で諦めた時,栗原氏より一握りの
コマセを頂く。型は小さく10cmとなるも食いはよくなった。
     小さ過ぎて
紅サシの方が食う。竿12尺,コマセ分で40分,8時まで数釣りを楽しむが目方にはならず。



   左岸,右は住宅街

   沢を下るとポイントと思われる場所は多くあるも,何処も食いは悪い。仲間も他会の釣人も移動を繰り返していた。



   (2),手前に私の釣ったポイントがある。

   新別所橋手前,左岸で仲間が
ヒフナ17cmを釣り上げる。金魚の原種,明るい赤い魚体はフナそのものだった。
     その下流右岸,カーブ沿いのトロで小ヤマベの入れ掛かりに遇う。竿15尺,赤虫3.5,紅サシで流れの緩んだ浅場を流す。

   小さなヤマベでも引きの感触は素晴らしい。
     手前流れの頭上高くには樹葉が被さり,景観も抜群だった。



   新別所上流,最初のカーブ地点,上流側より

   更に下,右岸吐き出しは怒涛の如く水は流れ入れず。
     三橋氏が朝より15cm程のヤマベを釣り上げている。滝上流に投げ込むと滝口を回り込むよう緩やかに流れる。
     その時アタリがでた。私も1匹を願い竿を差すが食いはなかった。

   9時半,新別所橋下二股,右岸より本流手前,渦との境目を流す。狙いよく3投目まではよかったが後が続かず。
     知らずして対岸出合に三橋氏,先月の私のポイントには栗原氏が竿をだしていた。(3),



   上流を見る,この先に新別所橋がある。

     
藪の大トロ(4),
   10時二人の勢いに負け下流へ。瀬で2匹,後のアタリは0。竹藪に被われた広いトロ状の渓に入り込む。人は居ない。
     膝上の水流は以外と強く,走るヤマベも深いトロにアタリはでなかった。浅い足場を探し,藪枝を避け竿をだす。

   10時30分,左岸に車道が顔をだす藪切れ手前でポイントを見い出した。水深40cm浅い場所でアタリ多く型もよい。
     ただオスを含め15cm前後,今回大型は見られなかった。渓一杯に流れる水,葦あるものの竹藪が両岸から被っている。

   空を閉ざし沢幅は15m前後,故竿15尺で遠投はできない。仕掛けが絡まぬようポイントに入れ込むのに苦労する。
     納竿時間11時半, 釣れる中,時間が刻一刻と進む。先月とは全く反対で時間が尊く思われた。

   竿の長さと空間を計算するも,食い続ける焦りが道糸を絡ませる。
     場所がら横から振う事ができず,下流に流すには竿15尺を必要とした。
     斜め前方,足元近くに下から差しだすよう落す。すると流れに乗り最後手前で必ずアタった。その先にも枝木はある。

   ウキに夢中になると天が疎かになり,とうとう時間内に3度仕掛けを絡ました。
     その都度仕掛けの撤収と新しい仕掛けの替えに時間をロスする。それでもアタリ続けた。総重量1kをゆうに超えた。

   釣果は裾から中へ抜けただろう。後30分の延長が欲しい。型よく最後に面白い釣りが続いた。
     餌は栗虫よりジャンボ白サシの方が食った。紅サシはなし,



   蟹打橋,検量風景

   
紅サシ1袋で不足する。栗虫,白サシは大分残る。
     コマセは最初は多目に撒く方がよく,全体的に撒く量が少な過ぎた。

   Tは3kを超すも全体的に食いは悪かった。故,中から上位に伸し上がる。
     今回は他会の含み横綱8人が揃う。浅草釣遊会の後藤,井上,福重氏,浅草帽釣会の栗原,幡谷,真木氏,
     そして若波の澤田,久郷氏と。毎週の如く出向くメンバーを尻目に上位を占めた。

     T福重3.45k(温泉の堰,独占),2栗原2.81k,(高速→新別所),3澤田2.7k(澤田橋→新別所),4真木,5井上,
     6後藤,(ハワイアンより上流),7幡谷1.350k,
                                  ヤマベ1.320k,総合8/23位,第7回若波本会5/23位,トータル6回,17/32位,

6月25日 斤目
ヤリ,スルメ
鵜原,まさえい丸, 本曇,波凪→1,5
                                                  左舷宮腰, 右舷友江,折原,松村,安部,



     ヤリイカ終盤を迎え,今年も運に見放された。出船日数の不足と当たらぬ大釣り。
       2週に1度,荒れる前の大釣りは潮と北風との関係もあり,希望に沿わぬ釣行になる。
       妥協の近海,イサキ釣りも今年は恵まれず,船頭は釣船の多さと乱獲が全ての魚に云えると言う。

     久振り大陸棚の根魚釣りに挑む。朝方は勝浦沖14マイル,キンメ,ムツ,メダイを求め3時出船した。
       又,昨夜は睦会会合があり,睡眠不足とまだ少し酔いが残る,長い一日が始まった。


   航路は1時間20分,日の出に竿をだす。真っ暗闇の低い層雲に被われたベタ凪の海原を横切った。
     まだ今年2度目の釣行だった。キンメの欲だけは皆持っていた。
                                                  中一大一大潮,満潮3:29,干潮10:45,


   ダンゴとなる仕掛けに悩むA氏

      底釣り
   5時半,トモより投入,最悪の潮に船頭はサバが掛かっても強引に底へ落せと怒鳴る。
     全員の仕掛けがダンゴになる確率は高かった。
     7年目の木枠,20mは超すパラパラ仕掛け,幹糸12,ハリス8,フラッシャー,タコベイト,ムツ15×14,オモリ180,

   水深は270mと浅いが底立ちが取れず。一昨日追加した
道糸380mでも底着せず。アタリは分からない。
     一瞬の違和感を感じたのはゴマサバ1匹のみ。トモの安部氏はサバの連呼となる。

   2投目,強い潮に重さが増し,リールは唸りなかなか上がらずにいた。竿を支える腰にも力がこもる。
     釣人5人が同時に船の電力をフル使用した為,電力不足で
電源が切れた。
     リールの表示は水深0を示し,後は残り120mの手巻きが待っていた。手動の釣果はアタリも分からず大サバ7匹が絡んだ。

   3投目,道糸が海面で隣りと交差するも以外と祭りはなかった。釣果は0.ミヨシ友江氏にメダイが掛かるのみ。
     4投を終えてキンメ,ムツのアタリはなかった。北東風3,海温22.1℃,船中メダイ1匹のみとなる。



   ヤリイカからスルメの流し

      イカ釣り
   1投が30分。4投で勝浦沖近海へ戻りイカ釣りへ。水深120mがリールは210mを示す。底立ちすると道糸は延々と伸びた。
     ヤリ,スルメイカの判断ができず,仕掛けは泡入り玉数珠(濃い色),
ツノ14cm×7,オモリ150,

   1投で底着しイカ掛かるも,水深50mでサバに落とされた。祭りも多い。2投はドン底で
濃い青いツノに掛かる。
     小さなメスヤリイカだが,1杯は1杯である。

   不思議に4投目に一瞬潮が止まった。又濃い青にきた。足のみ掛かり落ちる。逃げるイカを船頭が確認する。
     船中,ここまで4杯の釣果,


      アジ釣り
   9時,やや波1.5が立つも凪の如き。アジ,サビキ釣りに変更する。タナ60〜90m,やはりサバの邪魔は多い。
     初めのみでアジいるも掛かりは悪かった。マアジ3,ムロアジ2,
     アジ,沖メバル用フラッシャーサビキ,幹糸6,間隔1m,ハリス4(15cm),丸海津w胴打針13×7,オモリ150,


      再びイカ釣り
   スルメが釣れだす。船頭は久振りの釣行で釣らせようと時間を延長した。
     底と底上2m,そして水深70mで道糸が止まり,3杯を追加し11時20分納竿した。
     帰港は12時, 9時間も船上に居座った割りに釣果でず。釣りの楽しさのみが残った。

   「藤えむ」でアジの塩焼きとウニ,サザエの混ぜご飯をご馳走になり帰京した。
     千葉への道,何時もの休憩所としている丘,竹薮で竹の子を採る。晩の摘みにと。

7月02日 白ギス 鴨川,実丸, 本曇,ナギから波2,
                                                              帽釣,若波会合同



   6月11日,鴨川,T2人26と35匹,1.66k,強雨で10時半揚り,浅草帽釣会,
    
,,25日,飯岡シロギス釣り,塩焼きサイズの連荘で3〜5k,長老の岡部,真木氏が4k超す,皮ハギ同好会,
    
.,25日,富岡シロギス釣り,数でるが型ちいさく2k強,藤本氏,
     この所,東京湾,相模湾でも大型が混じり束釣りが続く。

                                     中一小潮,満潮8:15, 5:00〜12:00,左舷2(10人),3隻,

   前日12時の予報では明け方3時より弱雨が続き,波高2→2.5, 9時頃から南西5と。小船にとって南風は最悪の状態となる。
     21時予報,午前中弱雨,波1.5→3,南西の風強く9時には風力6を超す。
     更に悪い予報がよい方に傾く。船頭は早揚がりを考え乗船と同時に出船した。前線が南下し7時半現在,雨降らず凪。


   ミヨシのM氏とI氏

   最初の流しは水深20m前後,昨年購入した
キス用ルァー竿で試釣した。だがアタリがあるも取れず。
     ハヤカケ8×3×65cm,(金玉,赤ビーズ),オモリ15,一流しで竿をダイワ入舟に替えアタリを取る。

   二流し,私の右,ミヨシには三橋氏,胴には茂木氏が心地よい引きを楽しんでいる。私は中型16cm前後を見るもペースでず。
     遠投しても戻る仕掛け,船底のみの誘いとなった。



   M氏とトモ,浜荻港

   
三流しで船底でリズムを掴む。チョイ先に投げて船底へ。2,3の誘いが真下でアタリだした。
     リズムに乗ると絡みもない。この流しは1本取った。だが幾らか挽回するも後が続かず。

   
茂木氏の釣り方を見ていると,遠投の誘いと竿が私と異なっている事に気付く。
     リズムよく誘い竿をあおっては道糸を巻く。底を引き摺るような誘いではない。先調子の強い竿,

   ひと流しに費やす時間の割りに掛かりは悪い。それが最後まで続く。特にラストの流しで,アタリの取り方が分からなくなる。
     両隣りでキス釣るも,外道のオンパレードになった。

   外道の続くラストは3本鈎も下針にフグが掛かるのみ。焦りか? 硬く外れずハリスを切り2本鈎に。 
     更にメゴチが内アゴを絡めて掛かった。時間なく1本鈎で最後のキス1匹を狙うも,そのアタリはなかった。

   引きの分からぬメゴチから,アイナメのよう踊るメゴチ,重い引きにショウサイフグ,誘い上げて掛かる小ホウボウも多い。
     ホウボウの仲間,赤いカナガシラが断トツで,外道がキスの1/3を超えた。

   11時,南風強くウネリも加わった。時には船底を叩くようなる。
     今回はアタリ以前に食い悪し,
最後の追い込みもなく誘いの悪さで納竿した。
     二流しより流線8×3×65cm,70cm,オモリ15,(茂木,三橋20,),ジャリメ2杯強,@500,

   釣果の悪さは私だけではなかった。型も中型が平均するも全体的に悪し。
     半七丸が全体的に釣果を伸ばした。T茂木3.050k,2真木2.62k,3澤田2.510,4藤本2.470k,
     星野氏は船酔いを秘めての出船だったが,見事克服し釣果は6位と上位を占めた。

                    外道,カナガシラ,メゴチ,ショウサイフグ,ホウボウ,ハオコゼ,カタクチイワシ, 
                    シロギス(16〜20cm),2.380k,総合5/26位,第8回若波本会5位,トータル7回,11/32位,

7月08日 手長エビ 荒川放水路,扇大橋, 高曇,
                                                  中一大潮,干潮9:24, 5:20〜8:30,(宮腰),



   前日は連合ラジオ体操会合があり,寝坊して起きた時は明るくなっていた。
     宮腰氏に遅れ,6時過ぎ扇橋下流のゴーロ状で竿をだす。初っ端,竿3.3mの穂先,リリアンが抜けた。
     竿2.3mにナツメ2,ガン玉大,エビバリ2,(ハリス0.4×6cm),中オモリ1にキジを付ける。竿2.1mとの2本竿,

    左岸本流
   下流を望む,M氏

   水深35cm,初竿30分はアタリも少なかった。6cm前後の小エビが乗り,大きくて8cmとなかなか数でず。
     7時,貨物船の航行が始まり,大波を受けバケツも吹っ飛んだ。エビは逃げ釣果0,それに長竿の仕掛けも失う。
     運悪く予備の仕掛けも忘れていた。

   竿1.5を追加してゴーロ先で食いだした。頻繁にアタるも食いは今一。先に来た宮腰氏は結構数を稼いでいる。
     出駄しからトラブルが多過ぎた。短竿は不調和,
9尺がよい。

   手元に誘うがアタると穂先の跳ね上がり,バレが以外と多かった。
     まだ20匹程度である。潮の引きが顕著となり砂地ではマハゼが食いだした。



    
溜池
   溜池排水口

   7時50分,排水口,水深55cmのカケアガリに竿をだす。直ぐ13cmのアタリがきた。
     ここは大型もをり,釣るには面白いがアタってからの食い付きが悪い。
     流れがない為か,エビの
動作がゆっくりに思える。アタリは顕著だが,沈むウキは潜在万別にでている。

   引き込んだウキが巣へと移動,横へ動く。そして止まった。10秒程待ち,さぁー上げるぞと期待するも,又動きだす。
     そこで上げるとバレた。我慢の釣りとなる。それでいて待ち続けるとエサを取られた。

   アタリは頻繁にある。竿2.1と1.5を並べるが以外と忙しい。エビとの賭け引きが続いた。中オモリ0.5〜1,
     納竿時,上潮を狙い,続々と釣人が現れる。




             2人の釣果,

    帰路,朝顔市で根岸混雑,山岸宅に寄りラジオ体操買出しへ。手長エビ6〜15cm,外道はマハゼ(3.5〜4.5cm),
    7日,ゴアの雨具購入,旧@27500を@18000,湯島片桐,


   9日ハゼ釣り,利根川, 波崎公園祭りで入れず,
漁港内20cm10でる。山口左岸,上潮で釣るがデキハゼ6cm,澤田氏,

7月15日 手長エビ 荒川放水路,扇大橋, 快晴,
                                               中一中潮,満潮7:11, 4:10〜7:00,(宮腰),




   上潮がよいと出向くも最初からアタリは少なかった。途中,根岸で宮腰氏に出会う。
     彼は対岸,右岸より試みるがゴミとデキハゼで釣果でず。再び前回と同じ左岸のポイントで竿をだすが食いは悪かった。

   5時過ぎ,私も前回のポイント,本流で竿2.7m,2.3mを両手で振るうもアタリは薄い。
     満ちる岩淵で時折,デキハゼが掛かる。

   溜池と正面排水口




   排水口

   6時前,溜池へ逃げる。幾らかアタリがでた。相変わらずここは難しい釣りとなる。
     ウキがさ迷うよう動き巣が分からないのか?又動く。ウキを見ず,間を空け交互に誘い上げる方がアタリが取れた。

   上潮が利きだし排水口に水が溢れ,水位が急激に上昇した。それに伴い食いは悪くなる。陽射しは強し。

   6時半,再び本流,杭打ち場に入るも型はよいが数でず納竿した。7時,
     全く釣りとならず。多い人で20,下げ潮がよいと各論もでる。今回はテナガを取り込んでからの
失態が多かった。
     エビを確り掴まない為,ハリを外してからバレた。釣れぬと気も抜け,数匹が私の手元から逃げている。

                                           外道,マハゼ,ダボハゼ, 手長エビ6〜12cm15,
7月15日 鵜原中止, 不手際から釣行予定日を間違え中止。尾瀬へ,

30日 奈良輪→村田川, 曇後高曇,
                                                           澤田,清水,神谷,松村,



   大型ハゼを求め, いわき藤原川と夏井川の河口,海岸と平行して走る横川へ釣行する積りで企画した。が,
     出発直前に欠席が2名, 4名での行動となり袖ケ浦,奈良輪に変更する。ここは2週間前,良型ハゼがでた場所。
     人数に溢れ参加できなかった久郷,幡谷氏は落胆し,釣行としては不本意な内容になる。

   夜半,内房は雨が降ったらしい。路肩は濡れ清々しい夜明けを迎えた。
     そして関東は梅雨明けとなり,強い陽射しに変わった。終中潮,満潮7:15,干潮13:46,

     奈良輪
   橙色,02年07月の釣行,
赤色,今回の釣行,
×印,13日のポイント,
桃色,西岸は釣り禁止区域,


   2002年以来2度目の釣行となる。前回のドックの西側,溜池付近の南岸より初竿した。
     2週間前はここで15cm以上の良型ハゼが20を超えた。今日も潮位はほぼ同じ,朝方
満潮から下げになる。




   水路より東側を望む,水深70cm

   澤田氏に導かれ,13日のポイントを狙うもアタリは全く乏しかった。大型どころかデキハゼのアタリすらない。
     地元の人によると
6月中は良型が大いに釣れたが,7月に入り青潮で魚が浮き,川鵜の襲来で環境が変わったと。
     下げ潮まで我慢できずドックへ逃げる。竿2間半,シモリ,金袖8,山女魚6×2,オモリ1, ハゼ14cm以上5,



    
ドック
   ドック南西部,根掛かりやや少なくポイント

   ドックは漁港としては廃止となっていた。数多かった小舟は全く見られず。
     正面の向かい(南側)右肩がポイントとなる。水深50cm,以外に1発で12cmハゼがでた。

   貝殻の根掛かり多く竿2間半,金袖7×1で対応する。平均的に型よく,飽きる前に竿の方が弓なりを示した。
     ただ狭い場所での探り釣り。下げ潮が利き,裏門が開くまでポツリポツリの釣りになる。7時〜9時半,



    
椎津川
   ハゼ居ず悩むS,K両氏





   姉ヶ崎駅手前,上流二股,昨年は大釣りした

   朝食後,昨年試釣したポイント,二股付近で立ち込むもハゼ見られず。
     アタリは2度。最初はバレ,2度目はダボハゼ。これが澤田,神谷氏,私,3人の釣果だった。
     清水氏は鉄橋付近に出向くもアタリはなかった。竹竿7尺,金袖7×2,オモリ1,

   浅草釣遊会のメンバーと出会う。木更津,自衛隊基地付近×。潮見,市役所前河口で間々の型を見る。良型は竿3間半,
     共に姉ケ崎公園前に出向く。水乏しいうえ水質悪く,白頭山へ。

   こんぴら橋付近は干し上がり立ち込みできず。R16,前川橋下は立ち込める。
     上げ潮の時間待ち,焼肉屋「白頭山」に入り昼食を摂る。


    
村田川
   下流,新村田橋




   藻多いも砂地の川底,内房線鉄橋

   新村田橋,左岸にずらりと釣人が並ぶ。やはり釣人多い所は釣れていた。
     この時期,間々の型,7〜9cmが乗っている。立ち込みで少し誘うとアタリがでた。上げが利き次第にアタリ多くなる。

   外道はセイゴの稚魚, ドックで多かったものの,それに輪を掛け釣れだした。
     誘うとアタリもハゼと同じ仕草を示し,まるで魚の道があるようだった。

   ハゼの取り込みの難しさを痛感する。誘いでアタリがでるも乗らない。ノリは稀に近くなった。
     間を空ければ小ハゼが強引に引き込みバラす。餌は垂らせねば乗らず。ちょっと長いと悪戯ばかりする。

   アタリの多い割りに口は悪過ぎた。一度アタリがでてほっとき,間を置いてからゆっくり上げると一荷がきた。
     まぐれと思うも続けて又一苛となる。変だと同じ動作で又一苛がきた。食い気があるのか,ないのか分からなくなる。

   ただ全員とも
アタリの割り食い込みは悪かった。13時半〜15時半納竿,
     竹竿9尺,金袖7×2,赤ハゼ8×2,オモリ1,アオイソメ,  
                                           外道セイゴ,ダボ,ウタンウタイ, マハゼ8〜16cm,1.5束,

     8月6日,ハゼ村田川,朝方潮悪いが深場で8cm1束,立ち込まず。久郷,清水,干場,坂森各氏,
         
,,ハゼ横十間川,15時より2時間型良く50,ただ05年のダイオシキン事故により釣人いず。駒田氏,

8月14日 子安,入江川第三小派川, 晴,水濁る,                                         岩久保,緒方肇,松村,
                   終中潮,満潮8:00,干潮14:01, 6:00〜11:00,




   今回は町会衛生部,会合の会話から,岩久保氏と緒方君の子供,肇君が同行する。

    港興行ドック
   初竿の太公望達


   6時初竿,9尺竹竿,中オモリ0.5,金袖7〜
8×2, 台船への渡り橋下,上流側カケアガリ,
     ハゼ型よく9〜12cm,間々の釣り,飽る事なく掛かる。ただモタレの合わせは今一,
     ハゼが引き込んでから,少し間を空け取り込むと乗りはよい。

   走るハゼに岩久保氏は驚き悦びで満ちていた。竿9尺と水箱を貸し,そこに埋まるハゼ。
     初めての良型と数で,満足感に浸り竿をだしている。

   潮が更に満だしだし渡り橋下でも食いだした。
     ただ道糸をピーンと張っていないと踊るハゼは根掛かりを起こす。ここは浅場がポイントとなった。
     又時折掛かるウタウタイ16cmは,引きより重い重量感のみが竿に伝わっていた。



   下げの利いた西ドック


   潮止まり,岩久保氏の強い要望で早めに西ドックに立ち込む。8時半,まだ下げ潮が利かぬも,前半より食いだした。
     走るハゼは一昨年と同じ,竿を弓なりにさせている。型は更によく12〜14cm,2人を呼び3人で立ち込んだ。

   今回はサンダル用靴を買い込んだ。長靴と違い心地よく,短パンの下には腰用サポーターも付けシャリっとしたスタイルで竿をだした。
     ただ刺し傷は小さいが,ブヨは以外と多い。

   ドックでは工員達が船底の貝殻を取り除いた後,ペンキ塗り作業をしている。
     1時間で70リッター消耗する船,燃料は2ノットの差が石油の大幅な値上げに伴い大きな差を生むと。
     2年を待たずに同じ船がドックに入る。

   昨日の釣人は下手か? 釣果が悪かったと云う。
     今年は台風もなく久し振り青潮の被害も少ない。ハゼはいる筈だと。確かにハゼはいる。

   ただ食いに一発のアタリはない。。入れ掛かりも少し誘ってのアタリ。間を空けずに釣れるが誘いは必要だった。
     それでいて針はダンゴに絡まり,ダレたアオイソメでも食い続けている。

   肇君には川底からオモリを離さぬよう動かし止めろと教え込む。ハゼが掛かると要領が大分分かってきた。
     時間掛かるも自分の釣りを見付けたようだ。釣れる毎,我々に得意顔で見せ笑っている。

   水際に立ち,手前のハゼを釣る。下げ潮に合わせ一歩ずつ前進すれば食いは立ち続けた。
     テンポよい釣りに水箱にふたをせねば,ハゼを加えても飛び跳ね逃げて行く。
     大釣りの中,エサ少なく11時納竿した。3/4杯使用,

   外道はウタウタイ,ハゼもどき,セイゴ,それにダボハゼが少々掛かった。
     今回は殆どがマハゼか? それも平均12cmとなるが,
ハゼもどきとの判断が分からないハゼも多い。
                                                        ハゼ10〜14cm,2.3束,
     朝8時,
旧江戸川でクレーン船が送電線を損傷させ,首都圏で126万所帯が停電する。

9月03日 木更津,小糸川, 晴,                                                      若波釣友会
                                                   長潮一若潮,干潮6:55,



      鉄橋
   3時集合,その後40分ロス。底が7時と潮も悪くアタリの遠いい小糸川のハゼ釣りが始まった。
     その上,
携帯電話を一投目の根掛かりで浸けてしまった。チョッキの左ポケットで「ジージィ」と放電し画像がなくなった。

   6時半,内房線,鉄橋下に初めて立ち込むも,アタリが最初から遠過ぎた。水は以外と冷たい。
     ハゼ1匹を釣るのが大変だった。そんな釣りが続く。竹9尺,中オモリ0.3〜1,金袖6×2,アオイソメ,

   誘い誘いの釣り。8時人見堰右岸の魚道下,緩いカケアガリでアタリが少しでる。竿2間,9尺の二丁銃で冥一杯に投げ込む。
     手前には少し深い窪みで隔てられていた。交互にアタリ,今日の2/3を取る。

   潮は満ちだすも食い渋りとアタリは薄く9時,朝食を摂る。上野釣友会,7軒町釣友会,区釣連と釣人は多い。
     知った顔が何人も姿を現した。見ていても食いは思いのほか悪かった。揚がらぬ竿,

   諦め掛けた時,潮が利き一時入れ掛になる。竿2本を交互に揚げればハゼはいた。ただ入れ食いタイムは余りにも短過ぎた。
     釣人は多い,だが私が早朝より離れるまで顕著に竿を揚げる人は少なかった。

      人見橋
   諦め下流に移動する。陽差しは強くなってきた。10時,旧道人見橋下左岸テラスで会長の竿を見る。
     30分でハゼ1匹と,ここでもアゴをでしていた。

   対岸,左岸橋下に移り,沈没した廃船の小舟を背に立ち込む。ここはアタリは蟹ばかり。釣れる事,釣れる事,蟹ばかりとなる。
     根掛かり多く,昨日考えた小テンビン下にハリス分強の長さにオモリを付け誘う。又しても蟹がきた。
     12cm2匹を追加,12時20分納竿,釣れず暑く辛い釣行だった。


   前中盤はアタリが薄く,後半は気が抜けて惰性の釣りになる。500gで中位,終わってから,もう少し頑張れはよかったと思ふ。
     ポイントは旧道上流,右へ
カーブしている神社付近,上位は左岸より立ち込む。(20日,藤本,久郷,栗原,澤田試釣),
     また人見橋右岸下流50m程,桟橋付近,
手前2m程の浅場,朝食わぬも先週(折原,神谷,栗原,)に続き数がでる。


   T久郷1.310k,カーブから旧道前後,2福重1.25k,3栗原,4斉藤, 6清水645g地蔵堀,鳥田川手前本流,
     外道はセイゴ,ショウサイフグ,                        第9回若波本会,ハゼ505g,11/23位,トータル8回,10/32位,

9月09日 釣り巡行, 曇,                                                        岩久保,松村,
         旧中川,汐見運河,
京浜運河,天王洲運河,




     潮はよく大一大潮,満潮6:32。一昨年の釣行より釣果は上がると思い出掛けるが悲惨なものになる。
       中央公園以外は何処も釣人は数える程,走り廻った末,9時帰宅した。

   旧中川,吾嬬第ポンプ場前,
     浅場の棚は岩が土で被り,ハゼは疎ら過ぎた。浮石を叩くと1,2匹(10cm)が走るが餌追わず。深場はアタリ0.
     今年は
が群をなし襲来する。1度に1羽2kを食い,繰り返すとの事。

   
汐見運河,塩浜,
     ハゼのアタリ0。ボラの稚魚「おぼこ」が一面に群がり,道糸といわずウキをも激しく動かした。
     釣人と擦れ違う,彼は釣場を辰巳へ求めていた。

   
京浜運河,城南大橋,
     台場より第二航路海底トンネル,臨海トンネルを抜け城南島へ。
     水量多く釣りにならず。橋下はボラが跳ね,大きなセイゴが群をなしヒレを打っている。茶褐色に強く濁る,

   
京浜運河,城南緑化公園,
     昨日,今日0匹,アタリなし。ぞくぞく釣人現れるが,隣りの釣人は江戸川へ帰ると。
盆までがシーズン,


   
京浜運河,中央海浜公園,
   夕やけなぎさ
    家族連れを含み釣人は多い。ただ竿揚がらず。携帯電話,楽々フォンに,

   天王洲運河,天王洲橋下,
     深く水深あり,茶褐色に濁り,幾らか悪臭? アタリ0,竹9尺,中オモリ0.5→1,金袖6×2,アオイソメ,


   ハゼ,
大貫岩瀬川,
     
8月27日,天婦羅サイズで数でる。川相は短く広い。住宅地の中,川沿いは歩きずらい。干潮とともに立ち込みが賢明。
            4,5束は釣れる。浅草釣遊会試釣,

     
9月03日,若潮,干潮6:57他会入り根こそぎ釣られる。大釣り,
      
,,10日,中潮,満潮6:17,浅草釣遊会本会,サイズはよいが数でず。T久郷2k,2福重60g差,
            11月まで,ハゼが海から遡るらしい。今回で地域的に終わりと思われるが?
            川をさらい過ぎた気配あり,来年度は大分繁殖が鈍るかも? 近隣より苦情でる。

      
,,10日,利根川試釣,全滅で帽釣会本会は17日,小糸川に決定,
      
.,10日,月島朝汐運河,墨田川側で食いよく数でる。創美,
      
,,17日,小糸川,長潮,干潮7:25,薄い中ポイントは鉄橋左岸,長竿で。1進藤1.62k,6真木,
            前回の
人見橋右岸下流50m程から下流次の橋まで沖より寄りで,2澤田1.33k,5坪谷。9時まで,
            地蔵も釣りにならぬが5ッ目,上の橋に戻り,11時より入れ掛かり,3清水,

9月24日 鵜原中止, 台風14が関東沖に接近,波浪で中止となる。
        有難い事に折原氏よりハゼ小糸川,久郷氏よりフナ与田浦の誘いあり。リホーム引渡しで断念。
        側高水路,フナ数出るも小さく本会は長島新堀周辺へ,

10月01日 与田浦,長島新堀周辺, 高曇,                                              若波釣友会,




      釣目を小ブナからフナ釣りに変更,今秋も悲惨なフナの釣行から始まった。
        全体的に間々釣果がでる中,残念ながら下位に留まった。

    大割排水路,学校裏,
   対岸でH氏,食いなし
   ここも昔は釣れた場所である。




   学校裏,自転車置き場前,S氏

   バス数台入るも学校前は釣人いず。昔のポイント,橋右下学校側に入り込む。
     紅に燃える日の出を迎えた。水位よく釣れそうな雰囲気を持つも,余りよい濁りとは云えなかった。

   初竿からクチボソが暫し突っ付く。竿2.5間,2間×2,シモリとウキ,
金袖7×2で誘うも魚形はブルーギルのみだった。
     7時半,漸く初掛かりした。だが厚い針と
太いキジの為か,掛かり悪く型を見て落とす。
     8時,5寸ブナが掛かる。遅いが,その後も又もやブルーギルが掛かり続けた。

   50m先で斉藤氏が1人朝より入れ掛かりをしている。彼より
袖4を,野沢氏からはネリを譲り受ける。
     アタリは更に多くなるもフナのアタリはなかった。



    
橋左,西側に移る
   朝方7時の橋西側




   橋より50m先,10時,並ぶ仲間達

   9時半移動,ネリにキジを付け対岸ヘチへ。
     干場氏は8時に移動,私が来るまでに7匹をゲット。シモリ,キジで
型もよく笑いが止まらないようだ。7,8寸,

   15分程で8寸が私にきた。気を改めネリを打つ。
     7寸程のフナが姿を現すも手元で落ちた。漸く連荘かと思うも溜息だけがでる。

   又直後にウキが食い上がり,強引に引き上げるも空中で落ちた。
     そして10時半,小さなフナ4寸を取る。3匹目となるが後は続かずにいる。

   今年も秋らしく赤トンボが竿先に止まる。釣れていれば長閑に気分になろう。
     目先は私と同じようウキを見詰めているように思えた。早く当たれと。


   11時,全くアタリが停まる。クチボソのアタリすらなくなった。
     今回も早い移動がよい事と痛感させられた。私の左右に先陣していた野沢7,干場4の間に釣場を求めるも遅すぎた。

   今日は全体的に9時までに勝負が付いた模様である。納竿12時半,
     エサは
キジがトップ,次にネリ,赤虫は外道にアタリを取られ,手間のみ掛かった。赤虫使用せず。
     T茂木,2神谷,大割水路機場,

   若波に入会して10年,初めて今年は皆勤を記録している。ただ釣果は悪い。特にフナは参加するのみの状態が続いた。
     納竿後,干場氏がエビス顔で釣果を連絡していた。そして松村は何処かへ逃げたと。隣りに居るのに。

     第10回若波本会,T茂木3630g,2神谷2795g,3久郷2055g, 5干場1540g,6斉藤1530g,13野沢,大型幡谷32.5cm,

                                         フナ3, 530g,25/29位, トータル順位9/10回,11/32位,

     10月01日,
テナガエビ千住新橋右岸,1時間半で60,型は大小,宮腰,
        08日,ハゼ新山下埠頭,大一大潮,干潮11:32,上げで型よく3匹,釣人居ず。創美,
        09日,ハゼ子安,ハゼ居ず。野沢,
        09日,ハゼ大貫岩瀬川,中潮,型17cm,各1束前後,
キジ,竿2間半,久郷,澤田,神谷,坪谷,清水,坂森,
        15日,ハゼ大貫岩瀬川,小一小潮,干潮6:16,−,潮悪く23匹,折原,紫関,栗原,
        15日,ハゼ横浜堀川,釣果悪し。福重,
        15日,フナ
福島水路,6,7寸数でる。T藤本3.1k,浅草帽釣会,
        21日,ハゼ
大貫岩瀬川,大一大潮,満潮4:29, 紫閑,秋谷2組入るも数全くでず。計0と6,会が入渓苦情も,
        22日,ハゼ大貫岩瀬川,潮に合わせ移動,T久郷58〜5,10名で平均20,今年最後と思われる。

10月22日 スルメイカ 鵜原,まさえい丸, 本曇,波2,北東風4,ウネリ東,
                                                左舷栗原,松村, 右舷宮腰,折原,船頭,友江,



   戻りカツオが入り,キンメの漁場まで引き釣りを楽しんだ後,昼までスルメイカ釣りをする予定でいた。
     そして前日船頭より,近場にスルメイカが入ったと連絡を受けた。

   それ故,5時45分日の出, 遅い5時の出船となる。今回は陸地が遠ざかるも霞の如く大地が見える。
     近海釣り,勝浦の灯台が3秒と12秒の周期で灯を放していた。
                                         大一大一大潮,満潮5:02,干潮10:57,

   久し振りの勝浦沖,海のウネリを切り,「まさえい丸」は走る。疎らな遊漁船に四方明るさが増し,夜が明けだした。
     その明るい水平線を囲むよう頭上にはドス黒い雲が大きく覆っている。
     気温はそれ程下がらず,空だけが晩秋の兆しを示していた。


   一度,波の治まった船上風景
    船頭はドラムの職漁仕掛けを赤ヒラツノから譲り受けた
玉ツノに替える。斑あるも掛かりはマァーマァー。


   今日の釣座は大トモである。電池切れの電動は折原氏に借りた。
     夜明けと同時,竿をだす。仕掛けは
色の濃い18cmツノ×6,オモリ150,

      サバ
   最初の1時間,凄いサバの群に当たる。60m,30mで道糸は止まり,揚げれば更にサバが付いた。
     釣りにならず30cm程の中サバを6,7匹クーラーに収め,後は船頭のツナ用に添える。
     3投目,又もや80mで停まり揚げれば連なるサバ。その間のツノにスルメが初めて顔をだした。


      スルメイカ
   強引に下へ落す。抜ければ掛かりはよい。締まった厚みあるイカである。1杯でも重いイカは穂先が海中に潜る。
     1荷は船のヘチに支えを求め,トリプルは両手で支えなければならなかった。電動は唸り一瞬停まる事多い。

   電動のメーターが狂い,水深160mで底110mを示した。その上,電動止めが
水深0mにセットされていた。
     リールの締まり具合が誤差を呼び,空身と掛け揚がりの差に苦労する。

   私のリールは余裕を持ち6mで止めているが,底タナ10〜20mで必ず掛かるもトラブル多い。
     よい仕掛けを飛ばされた。昨夜作ったヘラ型ツノは1杯獲得しただけで,祭り再び消失した。

   8時半,2流しで10杯,船頭より
玉型ツノ×6を借り水深180m沖合へ。
     周りが掛かり悪い中,確実に1杯ずつ揚げる。運がよければ120m付近でも落とし込みで掛かった。ただメーターは利かず。
     50cmを超えるイカは1杯でも重い。強烈な引きに揚げるには馬力がいる。

   中盤は久し振り1荷でるも上層で2度,道糸を切られた。ツノに足が掛かり道糸を抱いたせいだろう。
     その後の流しで,今日初めて0を記録した。中弛み,竿を振るう気力を失う。バテた。

   
魚型ツノ×6に替え,ラストの釣果がでた。1荷を狙うも掛かり悪く1杯が底近くから続いた。
     揚げる間が長く感じられ,入れれば又1杯が掛かる。
     釣座と仕掛けが幸運を呼び,他の仲間を大きく抜き竿頭となる。11時20分納竿, 
                                    スルメイカ25〜55cm34杯,サバ7,35Lクーラーは満杯に,

      「藤えむ」
   宿では最近常に混ぜご飯にアジの干物が定食だが,珍しい「タカナワダイ」の味噌汁と「渡辺さん」の刺身をご馳走になる。
     「
渡辺さん」は初めて口にする。平ソーダーの一種でエラ脇に3点印があり,渡辺さんの家紋に似ている故だそうだ。
     メジマグロに味は似て少し脂身が多く感じられた。旨い刺身であ。

11月05日 第11回若波本会納会,休会,
  小ブ釣り木原,舟子が10位まで独占,清明は没落。T久郷160,浅場でネリ,2澤田80, 3金谷,1/3が一桁を占め0も。27名,
    若波入会以来,初めて
皆勤賞を頂ける予定でいたが,例年より早い墨田川ハゼ釣り大会で断念。

  若波釣友会年間トータル順位,T久郷,2澤田,3幡谷,4栗原, 大型鮒35cm福田,黒部川,
    第2回鮒釣本会は雪の為流会, 10/11回,13/32位,皆勤4名,
 
05日 隅田川,蔵前右岸テラス, 第6回ハゼ釣り大会,
                                                      四町目町会,協賛北竹睦,台東区,




    10月07日,第1回会合,募集チラシを作成,
       18日,理事会でハゼ不調を報告し,決行する事になる。
       20日現在,参加者46名となり例年通り今年は50名を超すと思われた。

    11月03日,蔵前テラス両端で2と4匹,釣人殆ど居ず。
       04日,妻とペコを連れ散策,釣人1人5〜8時まで0, 午後買出しへ,

     ハゼ釣りも晩秋の風物詩となも夜半の冷え込みが全くなく,ハゼ居ず。

              
   陽が差し出した蔵前テラス

   高曇, 予報は天高く強い陽差しを示したが雲なかなか切れず。生暖かい風を受け,冷たい飲物は大受けとなった。
         ハゼ釣り6回を迎え,今年も好天に恵まれ楽しい一時を過ごす。
                                          大−大潮,満潮4:39,干潮10:29,水澄み生温かい。



   私とM君のハゼ各2匹


   5時半集合,6時半竿をだし試釣する。投げ竿2間半,道糸ナイロン5,ハリス2×50cm,針はテンビン上×1,下に4,オモリ30,
     中央よりずっと手前を誘う。下げが利き流れは強くオモリ30が飛んで行く。

   1投目は根掛かり,道糸10mを含めた仕掛けに,絡んだ臭い藻の固まりを拾う。
     2投目は水を含んだビニール袋が重く上がってきた。そして3投目に12cm程のセイゴが引く。
     4投で待望のマハゼが寄る。11cm強で小ぶりだが,再びハゼが掛かった。

   遠方より手前のカケアガリで食いだした。今年も遠投の必要はない。意外と子供の方が釣れるかも。
     エサのアオイソはハゼが小ぶりの為,3〜4cm垂らし,
潮が動きが止まる10時半頃までが勝負になる。


   今回も参加者の出だしは鈍い,9:00〜14:00までに申込40,当日5,計45名(大人38,子供7)が集う。
     今年は昨年に勝る暖冬で水温もまだ温む。生温いハゼは12cm前後と小さく昨年より釣果は悪かった。
     外道はセイゴのみ,型も悪し。活きよいよく引き跳ねるセイゴはいなかった。

   8時過ぎ娘が彼氏と現れた。楽しみにしていたと云うハゼ釣り,上手く釣れればよいが。
     妻も参加,今年は飛び入りでの奥さん連中が多い。よい事だ。層が若換えり始めている。

   駐車違反? 今年から交通規制が厳しくなる中,蔵前警察員が我が町会の行事を視察にくる。
     ホットする中,説明に回った。

5:30,
9:00,
10:30,
12:00,
13:30,
13:30,

役員集合,
餌,飲み物,仕掛け,
オデン,(木村家),
ホカホカ亭弁当,3種類,¥500,
ハゼ大物賞,高徳氏16.0cm, 小物賞,茂木氏12.0cm, 外道大物賞,岩久保氏セイゴ24.0cm,
終了,

 雨天の場合は北竹会館使用,


   投げ釣りを指導

   朝方,高徳氏の孫,竜介君に釣り方をman to manで教え込む。その成果が実り,目の前で良型ハゼを揚げる。
     それが大型賞に輝く,茂木氏は体に似合わず小型賞を獲得した。



   テラスの壁に貼られた案内と成績発表




   O町会長より賞品を受けるM氏





  
    飲んべの大人を引き目に子供の奇声も暫し聞こえた。
      常連の顔ぶれが多い中,親戚,社員の参加が今年も益々増える。


    ビール3ケース,酒4本,焼酎2,ワンカップ焼酎類24,ジュース類80, (寄付,酒1,ビール半ダース,現金¥23.000.)
      賞品¥2.500×3, 会費大人\200×39=¥7.800+寄付+町会出費=125.700,残金¥4.100,

    予想より陽差し伸びず。酒類,ジュース24,酒1,焼酎1残る。仕掛け配給せず。
      
町会投竿1本穂先損失,


   北竹会館反省会
    役員,木村,岩久保,峯岸,緒方,駒田,戸倉,松村,
11月19日 鵜原スルメ,サバ釣り不参加,
皮ハギ 岩井,作太夫丸, 重曇に小雨,
                                                                  浅草帽釣会



      高曇,重い雲が垂れ下がり,時折雨が舞う。
                                     中一大潮,干潮9:54,左舷ミヨシ1(6人),6時出船,12時沖揚がり,

   初竿は富浦沖,最悪のシグナルが始まった。水深は何処も20m前後と浅い。ただ今年も深い根掛かりから始まった。
     アタる前,一投目から根掛かり,竿を庇い道糸を探るも,玉珠仕掛け,小アジ×3はサルカンを残し切れていた。
     あがく皮ハギ釣り,皆を尻目に鼻から挫けだしている。

   一流しを終え二投目,集魚板ミラー・魚型銀に換え古い仕掛けでカバーするもベラ,キスの猛攻を受け,再び根に仕掛けを絡ます。
     二流しまでアタリ多いも皮ハギの
アタリ0。右舷ミヨリの原田氏はコツコツ釣果を伸ばしている。
     隣り坂森氏は2枚。船中0は私だけのようだ。後輩の彼から「焦るでしょう。」と優越に満ちた声が聞こえた。

   集魚板ミラー銀2仕掛け,ハゲ鈎×3から初魚,遅く型をみ漸く仲間入りした。
     仕掛けは少し古い錆びた直結で,一流しに1枚の侘しい我慢の釣りになる。


   左舷胴のS君とトモのO氏

   中盤,小岩沖へ徐々に近ずく。小雨が舞うよう降りだした。一流し3枚と戻し気味になるが外道は相変わらず多い。
     キス,ベラ,ネンブツダイが交互にアタる中,海鳥が多くなる。憂に25cmを超えるクサフグが現れた。

   皮ハギの釣れる兆候は薄い。アタリ,即く巻き上げが,エサ鈎3に対し残りのアサリは完全に残っている。
     今までの皮ハギ釣果は5枚,坂森氏に茶化され続けている。

   岩井沖でも水深は浅く20m,全体的に食いは悪い。暫し絡む底藻に潮止まりで食いだした。
     一流しで1枚が誘いで1枚,叩きで2枚,タルマセは0を通し,追う立場が少しずつ仲間に近ずきだした。

   9時半,ザブトンが掛かる。根掛かりの如く重い負は,浮くと同時に動いた。キス釣りと違いガッチリ掛かれば取れる魚。
     ゲソか? 中々揚がらず竿は弓なりを深く示している。小さなリールがぎこちなく巻かれた。
     上がるにつれタモを頼んだ途端,バレた。跳ね返る体に魚の正体は分らず。



   同僚船「和栄丸」

   中盤も終わりに近ずくと誘いでキスとベラの違いが分かりだす。
     鋭い小さなアタリはトラギス。ベラは皮ハギと似ているが誘い揚げると大人しくなる。

   20cmを超えるキタマクラは型を見るまで分からなかった。
     皮ハギのアタリが顕著に分かりだすも針掛かりせず。タイミングを遅く,又は早く試すも皮ハギの掛かりは悪い。


   後半,ショウサイフグやキュウセンは掛からぬものの,相変わらず外道が多い。もうキスもベラも各10匹は超えている。
     底で叩くアタリが分かりだした。岩井沖正面に入り,潮の流れは更に強くなる。

   
叩き釣りを倍増する反面,叩く回数を極端に少なく2,3回で止めた。それが幸した事か,一流し3枚と稀の釣果になった。
     一流し1枚,最後11時半の流し,オモリ30に換え叩きに専念する。

   アサリを取られだした後半は全ての動作を早く短くし,誘い揚げをゆっくりと。2度の動作で同じアタリを示し型を見る。
     3度目も狙い通りきた。今,確実に皮ハギを取れるスタイルが固まり,皮ハギ釣りとして初めて
後半の伸びを示していた。
     たが,船頭は冷酷にも納竿を告げる。



    鴨川,高崎港内
   揚がり13時を1時間繰り上げ帰港




   3隻が揃う高崎港,下船

   一流し,二流し0,船中0は私1人が,最後は3位になる。船3隻18名。余りにも釣れぬ釣行が私にはプラスとなった。
    初めて後半での伸びを示した。結果を聞き何故と聞き返す私。私以上に釣れずあげく仲間が居た。

    竿Gメダリスト・
カワハギ攻180,シマノ両軸1000,玉珠仕掛け,小アジ×3とハゲ4×3,ミラー仕掛け,カワハギ×3,丸セイゴ×2,
    
アタリがキスと分かっている時は竿を揚げない事。まして他の鈎にアサリが残っている時は。
    外道が多く流れが強い為,仕掛けは集魚板
3〜4がよかったかも。アサリ@1500,一艘¥29000,会費¥11000,

                   T原田22枚,2幡谷14枚,4進藤13枚,R1枚, 皮ハギ13,ワッペン15〜22cm,半分は20cm以上,3/18位,


  11月19日,フナ巴川,河口以外釣れず,
ヤマベ群をなす。ヤマベは酒屋付近,神社前0,赤虫・赤サシ,浅草釣遊会,
     23日,フナ長島新堀,大割排水路,学校裏,福島水路,久郷,藤本,内田,坂森,4名でフナ0, 若波試釣,
     25日,フナ
泪川,7寸前後11〜48, 3名で70。側高水路0,斉藤,
     26日,ヤマベ巴川,二股付近群がるが土手からでは澄み逃げ掛かりずらい。神社前は×,そこから酒屋付近までがポイント。
          コマセで
白サシ,型は斑あり,赤虫は型よいが食い悪し。久郷,澤田,坂森,若波試釣,

12月03日 ヤマベ 清水,巴川, 快晴,
                                                           若波,浅草帽釣会合同,



     前日2日は今年一番の小春日和となる。今朝,清水で6時,4℃の予報がでるも暖かい陽差しに恵まれた。

   神社前より右岸ヘチを下り,上土橋1つ下流の橋,下の墓場前で竿をだす。
     竿2間半,ウキ3(
2),アキタキツネ4×2,赤サシと白サシ,コマセはウニ入りコマセ5+サラシ粉1+酒1(焼酎),  

   右岸でO,S両氏




   対岸で釣る三M,N両氏

      墓場前
   隣り斉藤氏は対岸吐き出し前で朝から入れ掛かり。周りとはダントツの勢いで釣り上げている。
     10m上流の私にも時折ヤマベが掛かるが今一。アタリは弱くツンツンの後の引きがなく,取れぬ釣りが続いた。

      一握りのコマセ
   9時,対岸斜め下流に栗原氏が入る。食い悪い私を見て,コマセを一握り蒔いて頂いた。ほんの一握り,それが幸いをなす。
     タナを10cm下げ,針は
赤虫3.5,ハリス9cmを赤サシ通しに替える。時を空けず食いだした。

   食いは今までと同じで浅い。アタリを溜めての引きでヤマベ8〜12cmが掛かりだす。それも極端な入れ掛となった。
     一流し半ばでアタリ90%を取る。竿2間半が
長くまだろしく思えた。栗原氏のコマセは凄い。

   一握りで数分後はヤマベを集めた。私はヤマベを散らせぬよう自分のコマセを蒔く。何故か私一人の入れ掛が続いた。
     隣りの斉藤氏を抜き,手元に煌くヤマベが乗る。今回は一刻の流れが尊く,飲食を慎みウキ下に目を配った。
     見る見るビクにヤマベは積まれ1kを超した。

      白サシ
   背で私の入れ食いを見て坪谷氏が隣りに入り込む。
膝まつく私に立ち寄る彼,ヤマベが散り始めた。
     「這って来い!」と怒鳴るも,入れ掛は20分程で失われ,彼は隣りに釣座を設ける事になる。
     同時に対面には藤本氏が竿を出し始めていた。

   自分の蒔きエサでヤマベを留ませるも散るヤマベ。栗虫食わず,
白サシに替え再び食いだした。
     ペースは落ちるも周りより順調に釣り上げた。焦らず後半の釣りを楽しむ。浅い食いの中,通し差しが利いているようだ。
     型は12cmを超え引き込むヤマベを堪能する。

   前半,釣果悪いも追い込む形となる。ビク半分は超えた。
     ラストは竿を冥一杯遠投し,川中央よりで心地よい引きを楽しむ。
     張っているせいか掛かりはよく,潜り込む良型ヤマベを竿を立て釣り上げた。外道は大ゴイ,11:30納竿,



    釣場順位表
  

   今回は2本目の橋から新巴川橋の間がポイントとなった。4,12,21は吐き出し地点,
     19年度第一回若波本会ヤマベ, T栗原2665g,2久郷2390g,3黒須1930g共に奥二股,4幡谷,5澤田1805g,

                                                ヤマベ1760k,総合6/30位,若波5/24位,


   巴川市場前で,景品会風景

12月16日 附洲,泪川, 曇, 曇天で生暖かい夜明けを迎え,日中も穏やかな釣行となる。                斉藤,鈴木,岡田,松村,




     12月に入り事業の廃業を決める。それも今年中にと。忙しない中,誘われる間々にフナ釣りに出向いてみた。

   「ビク」のいるフナ釣りを堪能しようと斉藤氏に誘われた。側高を越え
小見川大橋を渡り,泪川まで迂回の道を取る。
     利根川を離れると光々と照明が煌く泪川機場は砦のよう思えた。矢良川新掘から泪川右岸の釣場へ。
     ビニールハウス前,対岸斜め前には沈舟があり,水はくさ濁り。

   右岸,下流側のO氏

   初竿6時半,竿3間,2本,シモリ仕掛け,金袖6×2,ハリスは25cmと15cm,キジのチョン掛け。
     左隣りは前回のヤマベ釣り同様,斉藤氏が3間半と3間竿で,シモリ,袖6×3,キス仕掛けで竿をだした。
     上流側竿3間でフナ5寸前後を入れ掛かりする。前回のポイントらしい。上はネリ,下はキジを付け。

   グルテン1を付け遅れる事30分,漸く私にも上流側,3間竿にフナ5寸が掛かる。ほっとすると同時,アタリは弱い。
     クチボソらしきアタリが続いた。ヘラ師はワタカを上げ続けている。

   斉藤氏は置き竿でも連続して上げ,エラでも掛かる。彼が10を超える頃,9時で私は3匹。
     流れが強くなり,左の竿を
キス仕掛け,袖6×3,オモリ1→1.5,粘りの強いグルテン5に替え食いだした。

   30分にフナ1匹のペース。何故か全てが上流側の竿のみに掛かる。10時半で7匹,右隣り岡部氏は2匹のフナを揚げている。
     鈴木氏は25m下流,材木置き場手前でシモリの3間半竿,赤虫で流しながら小ブナの数釣りを楽しんでいた。



   一時の陽差し,上流側附洲大橋

   水門から汲み上げ,流れが更に強くなりアタリが分からなくなった。キジを暫し取られるがアタリは分からない。
     針にウロコが2度付いている。キス仕掛けを10cm詰め,更に上針にネリを付ける。
     流れが強い場合,シモリの工夫が必要。数を多くするか,大き目に。

   沖目,3間半の竿で両側の友がアタリだす。私の竿は届かず。イモグルテンに替え,キジで再び上流側の竿にきた。
     そして1時間の間を空け最後の最後に右の竿にもきた。

   鈴木氏は午後グルテン5のネリ1本に替え,今日最大のフナ8寸を揚げ納竿。13時半,
     流れがあると面白みが失われる。
竿3間半は必要,椅子とネリにバケツが便利だった。



    泪川概略図
  

   水門は周年開いているので魚の交流はすこぶるよい。機場付近は川幅広く水深3m,竿5尺で1.5m,
     乗っ込み期は外浪逆浦からヘラブナが大挙して入ってくる。特に雨後が好漁,


   前回,11月25日は流れが治まり,中フナの入れ掛かりが続いた。
     2週間前,12月03日は釣り人全員が40の大釣りをしている。昨日は流れあり食いは悪かった。

   地元の釣人は殆どが年金暮らし,毎日通い続けている人が多いと聞く。
     明日は選挙,市議会候補者が立ち代り最後のお願いを連呼していた。釣場周りを回り,釣人にも呼び掛けている。
     手を振ると「ありかとうございます」の言葉が返ってきた。

   外道はネリで18cm前後のワタリが多い。コイはいず。
     私は卵を抱いた腹の大きなクチボソを。ビクの必要はなくフナ4〜7寸を9匹,


     17日,フナ釣り九十九里,
新川,鉄橋先国道干潟大橋脇前後,左岸下がポイント,水深60cm,橋を挟み対岸も。
       T久郷21,尺ブナがビクは入り切れず竿3間。内田17,フナ35.5cmを含む。竿3間半,ネリ,リール可,引き強く置き竿注意。
       
澤田,坂森,藤本,若一中潮,干潮8:37,潮はあまり関係なかった。

12月24日 石鰈 鹿島新港,豊丸, 快晴,ウネリあるも風なく澄む,
                                                   右舷,大ドモ松村から早水,幡谷,




   今年も暮れは最後を鹿島新港で迎えた。メンバーは昨年と同様,幡谷,早水氏である。やや風は強い。
     昨年より風力発電の風車が港近くにも増え,港口を含め10基を超えた。

   一昨日が冬至,遅い夜明けに風は増し,港口を望むと海原はうねっている。
     7時出船,波2.5に葉波が被いバンウンドする「豊丸」。大型船の故,トモの上下は激しかった。
     冬型は崩れるもまだ高い波,底荒れが治まればと期待が募る。

                                          中一中潮,満潮8:07,干潮13:24,
   港に1つの灯り釣座板,am3:30




   出船前,イカ船を代用する

   7時半,昨年の大漁を想い初竿する。カワハギ竿,両軸1000シマノ,小型テンビン,幹糸7,小松葉サルカン,25cm+25cm+25cm,
     ハリス4,丸セイゴ15×3,上と中ハリス15cm,下25cm,オモリ40,上下はアオイソの房掛け,中は支給されたホッケ貝,
     水深は28〜29m,根掛かりはないが,踊る船に道糸は1mを越す上下運動を繰り返す。

      中針
   小型だが入れ掛かり,25cm唐揚げサイズがきた。昨年の大釣りが期待できそうだ。
     投入すれば掛かるカレイ。ただサイズはどれも小さい。昨年の小型サイズが平均的な大きさとなる。

   今回も昨年と同じスタイルでエサを組む。今年は
ホッケ貝の食いがダントツによい。中針によく掛かる。
     (幡谷氏は中針,アオイソでよく食った)。前半の下針での釣果は薄かった。

   二流し目,竹竿の継ぎ目が緩み,弱点を見せ始めた。小型でも道糸を掴みカレイを取る込む。
     船頭はテンビンを掴めとアナンスするがトモの上下運動では取り込めずにいる。
     その上,カレイを取り込む折,道糸に仕掛けが絡みだした。潮止まり,釣り人各々が絡みだしている。



    治まりつつある鹿島沖
          
    右舷トモのH,H両氏

   中盤,たまに中型35cm前後がでるも型は小さい。中ダルミで下針がアオイソで食いだした。
     絡みが更に多くなる中,小型の一荷が2度,数はでる。テンビンが悪いのか?
サルカンが大き過ぎるのか?

   大ドモで大型船ゆえ上下運動が激しく,久し振り酔う。絡みが多くお祭りも起きた。波は気にならなぬも体が不調を訴えていた。
     ただペースは落ちるも数は伸びる。好調なら半束で納竿を手にいれられたかも。

   後半,最後の追い込みで仕掛けが絡まぬよう道糸を張って上下する。その
落し込みで食いが立つ。下針,アオイソが多い。
     釣り方,エサを工夫し平均的に食う。ニッパのみならず理鋏が重宝したが,以外と
割バシがよい。12時納竿,

   継ぎ目の持たなくなった竿,替えようと竿を揚げた途端,一荷が掛かり,継ぎ目より折る。
     又もや幡谷氏の世話にならなければならない。大魚の後,最後まで昨年と同じような状況になってしまった。
     昨年以来の竿,前年カレイ釣りで無理をしたかも? 



 
    ホッケ貝付き@10000,アオイソメ@1000,
     1本竿のためか共に残る,
外道ショウサイフグ30cm1, 石カレイ22〜34cm40



   豊丸はアイナメ五目,カレイ,ヒラメとフグ,各船を出す。前日のアイナメカレイ釣り船はカレイ1本となる。
     アイナメ船は満杯,カレイ船は15名,(右舷満杯),ヒラメは7〜8人。

   アイナメ仕掛けはカレイ仕掛けで
応用できるが,できるだけ短目に60cm。
     テンビン仕掛け,幹糸7〜8,丸セイゴ16×2,サルカン+40中オモリ+ゴム管+サルカン,上針ハリス7〜8cm,下針25cm,

   塩釜港,丸洋丸, カレイ仕掛け,パイプテンビン,オモリ40,幹糸4,丸セイゴ12×3,(15cm+25+20),エダス3で10cm,
     又は片テンビン20cm,幹糸5,丸セイゴ11〜12×3,(15cm+30+30),エダス3で6cm,(カレー各種フィシング4/11),

     ショウサイフグはしゃぶしゃぶに。カレイは刺身と煮魚で,後は全部生干しにする。

 06年Top


                                                                         2007年釣行日誌[
                                                                          川辺と釣行Top