川辺と海の釣り日誌\
                    2008年



                                                                                   2007年釣行日誌[
                                                                                   2009年釣行日誌]
    2008年(平成20年)

   フナ,  諦め状態の釣行が続く,今だポイントを掴めていない。
   ハゼ,  釣行の回数が増え楽しむが本会は休会する。町会ハゼ釣り大会は最悪の釣果になった。
   ヤマベ 最後まで欲と強い意志がなければ,再び歩きつ疲れるだけの釣行が続くだろう。

   船釣りは全く衰える。白ギスの
釣果伸びず,
   鵜原,まさえい丸は天候もあるが,その都度チャンスを逃し,再考の必要に迫られてる。
   御勅使川イワナ釣りは釣場と方針が変わり,今回をもって中止する。
   若波本会トータル順位はキス釣りで漸く一桁になるも,後の2度の休会が響き番付けは下段に落ちた。

   釣行と山行の調整が難しくなる。今年もまだ自分で日程を決められない辛さがある,
                                                                                        潮時は東京竹芝標準
1月03日 隅田川蔵前テラスと横網テラス, 快晴,
                                                      13:00〜15:30, 小一小潮,満潮10:51,



     駒田氏から誘いを受け,正月早々蔵前テラスへ出向く。日本海は大雪と言うも風なく,柔らかい日差しを真上から浴びた。
       釣人は疎ら以下,その中折原氏に出会う。

   左岸蔵前橋〜水道橋間


     
右岸蔵前テラス
   13時右蔵前階段下で竿をだすがアタリ0。2週間前のアオイソメは雨水に浸かり,ダレて食いが悪いのか?
     駒田氏は神田川寄りでアタリ0。折原氏も11時より竿をだし2本竿,2時間でアタリ0。
     蔵前橋真下の釣人は時間が分からないがハゼ6匹。諦めて納竿し,新しいエサを譲り受ける。

      左岸横網テラス
   14時,駒田氏と初めて対岸墨田区側の水道橋付近を探索する。陽が西へ傾き左岸でも午後の暖かい日差しを受けた。
     2本竿をだすと間もなく17cm,16cmが各々1匹ずつ竿を揺さぶった。

   散策で立ち寄る人から今日は食い悪く0〜3匹と聞き,来て15分で2匹。釣れると思うい期待するも後続かず。
     ダボハゼのみ。沖合でよくダボが掛かる。駒田氏はダボのオンパレードで,その中15時にとうとうハゼ1匹を釣り上げた。

   対岸蔵前橋寄りに移動した折原氏はハゼ1匹と一荷,3匹を上げ納竿。
     私達も型を見ただけで16時前に帰宅する。仕掛け70cm×流線×2,オモリ25,
     東日本橋テラスでは1/1にハゼ4匹,1/2は0匹,1/3は1匹。

1月20日 平成20年度第2回フナ釣り本会,潮来前川と福島水路周辺, 晴,
                                                              帽釣,若波釣友会合同




      潮来ICより前川橋から潮音橋を渡り,バス終着地点,県道101号,潮来佐原線の市立アヤメ駐車場に着く。
        ここで半分近い釣人が降りる。

   @,県道を挟んだ対面には福島水路が横切っている。右側先上流は福島水路のドン詰まり,北利根川沿いの機場。
      斉藤,折原,清水氏等7人が出向き飽和状態で釣果は0.
      (機場は金網あり,福島水路口はポイントなし。北利根川側は小ブ,機場の対面中央がポイント)。

   
A,対面橋の直ぐ右側上流がやや深く今日のポイント。野沢氏が探った後,神谷氏は橋1つ上流側間を狙い探り当てる。
      3本針,上鈎グルテンでキジと
赤虫を付けフナ3匹,350gをゲットし2位に。

   B,橋の直ぐ下流側は水深あり,深いも犬の遠吠えで初竿できず。この辺,県道側は桜並木になっている。


   左側が県道101,突き当りからホソに。


   C,更に下流側,信号2ッ目(道路標識,飯島内科右折),手前ホソ出合で幡谷氏が陣取るがフナのアタリなし。
      よいポイントに思えるが,ここまでは2cm程のモロッコが赤虫で続けさまに釣れていた。
      水深があっても板オモリを軽くしよろよろ落ちる重さにする。後半,幡谷氏は前川橋まで歩む。

   D,信号手前,ホソとの出合,ここは水路が大きなトンネルになっている入口。 
       山崎氏と目指した日ノ出機場Gはフナのアタリがなく,戻り竿をだした場所になる。

     9時半〜10時半,水深50cm,9尺竿,ウキ仕掛け,袖4〜5×2,
アルファー21と竿7.5尺,シモリ×2,赤虫,
       クチボソのアタリすらなし。暖かくなり再び日ノ出機場に戻ってみた。

   
E,この信号の先より福島水路はホソとなり,幅は極端にまたげる狭さになる。
       小橋上流側はブッシュが酷く,先の橋穴で山崎氏が納竿30分前にフナ6寸を含む2匹,390gでトップに。竿8尺
赤虫,
       12時20分,ここで再び山崎氏と出会うも,私は最後まで0が続いた。




   送電線に平行した水路
    機場にフナは居た。ただアタリが取れず。


   F,更に県道を潮来方面に歩き柵道を越える。ここで一度戻る時,他会の釣人が赤虫の誘い釣りで1匹を釣り上げている。
       私を仲間と勘違い歓喜の声を上げた。「釣れたぞ!」と。

   G,先右角には長島石油ガソリンスタンドがある。ト字路の交差点にでる。(この先はT字路の水郷道路),
       この信号を右折,300m程先をカーブすると今日の目的地,潮来
日ノ出7丁目機場にでた。
       明け方より迷い歩む,7時に如何にか到着した釣場だった。幅あり水深50cm弱,やや浅いが小ブの群が走っていた。

     7時〜9時,日の出を迎え陽が射しだすも,水面は半ば氷付いていた。
       3日前の残り雪が対岸北側の土手に,意外な多さで残っている。寒い筈である。
       釣り手袋をはめ,フナに竿をだす。「来い! 来い!」と。

     よく見ぬと氷った水面は仕掛けを落さずにいた。竿7尺と7.5尺,シモリ,中オモリ0.3,袖4×2,赤虫とアルファー21,
       時たまシモリウキを揺らし小さなクチボソのアタリはあるが本命のアタリなし。ただ
小ブはいた。

     偶々横切るフナがいる。赤虫を踊らし誘うも,浅く近寄るフナはいなかった。
       山崎氏は畦のホソに竿をだすが何の反応もない。


   11時〜12時,山崎氏とDへ移り,再び1人で戻るもアタリなし。陽射しが氷を溶かし程好い濁りになるも小ブの群は見えず。
       更に暖かい葦の浅場か? 何処かに潜っていると思われる。
       山崎製の仕掛けは
中オモリは03を,ゆっくり落す以外に,フナを驚かせぬ方法はなかった。

     最初は凄いクチボソの襲来でウキは停まることを知らず。上鈎をネリに替えるもフナのアタリはなし。
       フナらしき仕草はあるものの,フナの群れは去る。我慢して場所を変え釣るが,終りにはフナの形跡すらなくなった。
       クチボソのアタリも遠のく。市議選か? 西区出身の「云々・・」と連呼して機場脇を通った。

   Eに戻り山崎氏に出会う。フナ6寸と4寸2匹がだたと。集合場所まで他の釣り仲間にも会わず納竿した。




   検量場所,前川橋上
    下流この先に大洲水門があり延方水路へ続く


   前川本流を含め本会員の釣果は2神谷氏350gで1人のみ。T山崎氏390gゲストを含め型を見たのは2人だけ。
     前川本流はフナ0。40cm弱のニゴイがキジで数でる。

   27名は0を記録する。私の初会は昨年に続き,又もや0となった。29/29位,
     日ノ出機場は福島水路のお助け場的場所となっている。ただ残念な事に,この日はフナ留まるもアタリを取れなかった。


                                             第2回若波本会トータル順位1/2回,休会と0匹で27/27位,


    13日フナ泪川,T久郷3寸2,赤虫,3/14人が1匹,他は0,浅草釣遊会,
    当日20日フナ黒部川,T小ブ1匹,18/19人は0,浅草嬉釣会, フナ小見川〜黒部川,T1人1匹,他全員0,他会,大栄PAで,
    2月10日
クチボソ釣り福島水路,日ノ出7丁目機場1匹,更に下流100m道路沿いのドカン先陰で型よく110,山崎,

2月03日 川五目 北浦,居合〜鹿行, 風雨強し午後雪,
                                                                第3回本会若波釣友会




   春の暴れん坊低気圧が太平洋沿岸を東進し,東京は明け方より大雪3cmの積雪となる。
     東京は雪,北浦は雨で,朝方より北東の風が強く,昼頃より雪強くなる。

   27日のフナ試釣では霞ヶ浦木原,蓮田の水が抜かれ,タテホソも水深20cm程,氷張る。一ノ瀬ホソも水なし。
     梶無川→潮来→横利根を経て,フナのアタリ2,釣果0。クチボソは久郷8,斉藤11,坂森6,
     ぶっつけで北浦居合〜鹿行間,小ブ・タナゴ・モロッコ・クチボソの目方釣りを久し振り決行した。

   フナ釣れる河川が見付からず,水があると言うだけで北浦,居合〜鹿行間で行う。
     居合は昨年11月の小ブ釣りに,初めて会として釣行した場所だった。

   バスで鹿行大橋まで往復,山崎氏に別の釣場の案内を請うがポイントが判らず,前年の場所に戻る事になった。
     カッパにホンチョを被り,釣場は人家脇の風下に陣取る。



                
                                                        7:30〜10:10,

      居合
   山崎氏がアタリない中,クチボソ2匹をゲット,他の5名はアタリなし。小ブどころかクチボソのアタリすらなし。
     山崎氏は仕掛け
中通し0.3,流れには強いドボン釣り。

   タナゴ針に換え更に沈みウキで誘う。水深は昨年より深く1.4m。少しチョウチン気味の6寸竿仕掛けは誘いずらし。
     又
8尺竿浮力が大きいせいか流れる仕掛けの割りに,アタリが取れずにいた。

   手前タテホソ人家前でT干場氏が夜明け1時間で小ブ6匹,365gをゲット。
ソデ4×2,
     何ともない場所だが日下部氏が昨年大釣りした場所である。風雨強いさらしの場所,3野沢氏も2.5寸1匹を釣り上げる。

      1匹のクチボソ
   9時,見聞に釣場を離れている間に赤虫は食われていた。クチボソがいると気を張り,流し込むと6尺竿にアタリがくる。
     誘うこと3度,引き込むアタリは浅いが4cmのクチボソを釣り上げる。後まだいるぞと思うも,その後のアタリは一度もでなかった。

   家陰に寄りそう形で風を避け誘うが,風雨は更に強くなり,我慢できず10時納竿した。
     会も13時が11時と繰り上げる。バスに乗り,みぞれは雪になる。激しい雪は見る見る大地を雪原化し始めている。
     2神谷230g,7山崎210g,

   タナゴ針×2,赤虫(20日のを使用),持参針はソデ3,アキタキツネ2,タナゴ針, コマセはクチボソすら近寄らず。グラス6尺竿購入,
     2神谷氏はクチボソ3,小ブ2で230g,3斉藤氏クチボソ9で225g,7山崎氏上流側ホソT字で小ブを含め7,
全員赤虫,

                 クチボソ1匹,195g(籠190g),8/21位,4/22人1匹,10/22人は0匹, 第3回若波本会トータル順位2/3回,18/27位,


   2月17日,
同釣場,釣魚総重量,T三橋イナッコ,310g,2鈴木270g小ブ1,クチボソ1〜6,タボハゼ,ドジョウ,6/16人0匹,浅草帽釣会,
          前回の
Tポイントは水流れず葦に垢が付き,交互に釣るもアタリなし。水門は更に浅し。
      21日,
小ブ,クチボソ北浦山田川〜武田川,水深50cm前後、T94, 2山崎82ドボン釣り,平均50,小ブ3/4,
          流れ左右にあり,網入らず,小ブはやや針大きめ玉虫より赤虫,神田釣友会,
     28日,フナ大割,学校裏,4名7寸2,1,0,0匹,ネリ山崎氏,

3月09日 鵜原中止, 欠員多く中止,芦安,御勅使川イワナ釣りへ,
  サビキ苦戦,スルメ交じり18〜37cm4〜16,1人7点掛けあり,大一大潮,真潮トロリで15.3℃,宏昌丸,

岩魚 芦安,釜無川水系御勅使川, 小雨後晴,
                                                                     星野,斉藤,松村,



       第5回南アルプス市芦安渓流釣祭り
   美濃羽氏が風邪の為,星野氏,斉藤氏と3名で出向く。天気は南高北低で南風が強く陽射しも強い。
     ただ11時まで陽の射さぬ谷間はまだほんの一握りの雪塊を残していた。2週間前に20cm積雪があり,その残り雪。

   コミニティー前の本部には焚火を囲んで,前に泊った民宿「みよし」の主人に迎えられる。酒,肴が用意され焚火の番を任された。
     今回は釣場を日中橋〜古屋敷橋間に狭め,放流量も少ない。入渓料@4.000,

      寝坊
   6時半の開催に何の因果か? 寝起きが全員共悪かった。理屈なしの呑み過ぎ寝坊である。
     焦り,昨夜確保してをいた昨年と殆ど同じ場所で初竿した。
     2間半竿,先糸1m,道糸0.8,目印毛糸×3,イクラ6,
ハリス0.6×25cm,中オモリ0.3+ガン玉小,小ヨリモドシ,イクラ×2,

      バラし
   川巾10mと広く中央には大きな浮石がある。流れはやや強く水量も多い。初めの40分が勝負,15分が過ぎている。
     食いは悪かった。先の釣人のアタリも疎ら。4投目の尻留めで食いがくる。ヘチヘ上げようとしてバラした。

   ハリスが切れ針を替えて流し,8投目で再び私にくるもタモの用意がなくが目に入らずバラす。2度とも型はよかった。
     周りが釣れぬ中,勿体無いと忠告を受けるが,ただ仲間も焦りタモの準備も疎かだった。
     大型が最初から続く発想はなかった。ただ1匹の型を見ようと焦っていた事が釣っているのに馬鹿をみる。

   3度目のアタリは強烈で潜りながらもニジマス38cmをタモに入れた。タモ,タモと星野氏の声が聞こえる。
     既に40分は過ぎている。気を揉むも後の祭り,その後ヤマメ,ニジマス,イワナ1匹ずつを釣り上げ前半を終えた。
     ずぼらな釣りとなる。イクラをまぶすのが精一杯で,準備の疎かさが更に釣果を悪くしていた。

      中盤
   バカも履かず上流を攻めた。
     
ズーム3間竿,先糸2m,道糸0.6,ヤマメ半スレ一番ヒネリ6.5,ハリス0.4×30cm,ガン玉4B,チチワ結び,イクラ小1。

   落ち込みから右岸に渦を巻き,左岸は浮石に当り水境を分けた左側は,やや浅く流れも弱くなっていた。
     渦から仕掛けを流し回転しながら右の境目に誘い,また渦に戻る所でイワナ20cm2をゲット。

   後は境目で一度アタリあるも取れず。じっくり構えての釣りになる。
     漸く境目を長く流し尻留めから左岸に回った所でイワナ20cmを釣り上げた。

      後半
   陽が射しだすと急に暖かさが増し大地を暖める。
     谷を囲む山々はまだ雪に覆われ,狭い谷間の空間から蒼空を仰ぐと,大きく翼を広げた1羽のトンビが,ゆっくり大空を旋回していた。

   肌に感じる風はない。釣れぬ釣人も,何にかのんびりした姿を見せていた。
     体は酒を挙止し,もう一度竿をだし,ひめっくりをしたいと思っている。

   川全体を見るも竿を上げるアタリは見られなくなる。悲惨な状況となる。ルァーは禁止となっているが使えば断突に釣果はよい。
     3時まで午後の釣果は0。斉藤氏が最後に良型を揚げ納竿する。3人で総匹数13匹と今までで最悪を記録した。
     魚の処置も簡単だった。川面に足を突っ込み天を仰ぐ。


      山渓園
   芦安観光協会主催の渓流釣は今回で終了する。次回は市観光協会に変わり下流塩沢渓谷の釣掘で行われる。
     山渓園で汗を流していると芦安の人が地元の祭もなくなり,独自で薦めてきた渓流釣祭もなくなると嘆いていた。

   村の合併で市に吸収され,芦安の行事が少しずつ失われだしていた。
     7年続いた渓流釣り,山も含め高校時代から通った芦安の集落, 別れを告げる時が来たのかも知れない。

   山渓園の管理人,小母さんとは顔馴染みになっていた。目が会い昨年の人だと笑い顔で迎えていただいた。
     昨年は火傷騒ぎ,一昨年は仲間が携帯を忘れ,ひと騒動を起こしている。今回は「何も起こしません!」と別れを告げた。


   山から下りる。一日中快晴で風がややでるも,陽炎のような霞が広く大地を覆っている。
     御勅使川を下り,まだ雪多い富士も奥秩父の山々も深い霞みの中,八ヶ岳の峰々は遠く望めないでいた。


    3月23日,フナ側高水路,水少なくセブンイレブン上右岸全滅,
下左岸食いが立つ,半分は0。
      27日,フナ大割学校裏
ホソ,T山崎,我慢してフナが回り込むのを待つ,

3月23日 鵜原中止, 欠員多く中止,勝浦沖ヤリイカ釣り, 奥多摩三頭山〜大羽根山へ,
  アジ,サバサビキで大サバでず。後半18℃と水温高く潮流れるも食は渋い。15〜38cm3〜8,大一大潮,真潮澄み,宏昌丸,
  
3月30日 土浦新川,境川, 曇,肌寒いが風はなし, 
                                                               第4回本会若波釣友会



    3月16日,フナ土浦境川,T千村4k,竿15〜18尺,2ッ目の橋上。上位は
境川に集中,
               新川上二股右1.5k,共に上鈎ネリ下鈎赤虫,浅草帽釣会,
 .     25日,フナ土浦
新川桜並木6〜8寸で全員10匹前後,引き強く竿流される,赤虫,藤本,真木,栗原。境川は0坂森,
    4月10日に水門開かれ乗っ込みに,

     この連日,関東地方は暖かい陽差しに恵まれる。東京は22日桜が開花,28日満開となり30日には散り始めている。
       1日遅れて土浦も
満開。新川では7,8寸が入れ掛かりとなった。
       試釣の26日はビクに入らぬ程の釣果となり,それが
29日昨日まで続く。フナ7寸〜1尺10〜30,


   29日彼岸も過ぎ季節外れの寒波が襲来,夜半気温も5℃に落ちる。関東周辺の三ッ峠では吹雪になった。
     釣場は新川と境川に別れ,16日の浅草帽釣会本会では境川で上位を独占した。

   私はまだ境川へ出向いた事はない。車中悩みの末,満開の桜並木下で釣ろうと,再び新川を選ぶ。
     水は冷たく陽差しも弱い。フナはいると思うも口を使わぬ釣行になった。


   私釣場下左岸のB氏

      食いなし
   羽毛の防寒具にタイツをはき明け方,左岸公民館前に釣場を設ける。対岸の葦は少ないが足元左右は葦で被われている。
     水深は30〜40cmと間々あり,水質も良さそうだった。

   竿12尺×2と9尺,ウキとシモリ×2,フナ6×2,ハリス0.8,共赤虫で中間にアルファー21を付ける。
     手元に2本,対岸に1本竿をだすがアタリはない。穏やかに上下する流れ,アタリがでそうなウキ。
     今か今かと待つがアタリはなかった。6時半に一度,9尺竿にアタリらしき気配があるも抜けて型を見ず。

   釣場を離れ二股先上流に向かうも水位なく,折原氏は奥の二股から,真木氏,三橋氏も戻ってきた。
     改めて元の釣場に戻る。もうここ以外ポイントはない。ネリをアルファー1に替え,赤虫を付け同じ動作を繰り返す。



   落ちたS氏

      人落ちる
   7時半隣りの釣座,新聞社前橋下で柴田氏が川に滑り落ちる。釣座台の端に寄り過ぎ腹上までスポット落ちた。
     彼とは隣りの釣座とは言え,やや離れ,葦の茂みで姿を見ることはできなかった。
     奇声を上げ何事かと近寄ると柴田氏は川の中にいた。自力では上がらずベルトを掴み,一気に引き上げる。

   寒さに震える彼。日陰となり釣り何処ろではなくなった。裸になり絞り着直すよう促す。
     その彼が11時フナ8寸を釣り上げる。見えぬ場所から「杓ってくれ!」と大声が聞こえた。
     又出向くことになる。



   右下,左岸がよいポイントだが釣果0

      マブナ
   私はまだブルーギルのみである。地元の人が,1人,橋上,水深80cmでフナ3匹を上げた。
     見習い軽いシモリ仕掛けに替え極端にオモリを減らし,
ファファー落ちる誘いでアタリを取るが,なかなか上手くはいかず。

   11時半,待望のフナ1匹を釣り上げる。ネリ,赤虫,混合,思考し幾度も替え現れた貴重な1匹になる。
     竿12尺にオモリを取り誘い続けた1匹でだった。小さくとも腹は張っている。12時10分納竿,

     T野沢2190g,2歩干場1580g,3千村,4澤田,5井上,全員が
境川,赤虫とネリ,混合竿15〜18尺,
     石田ホソ,水なく全滅, 新川2〜3匹,朝方私より下流で各1匹を確保,0は4名, 
     私下場で馬場,11時過ぎネリで9寸,尺ブナ確保, 私上場で柴田8寸1確保する,

                                      フナ7寸1, 425g,19/27位, 第4回若波本会トータル順位3/4回,17/30位,


    3月30日,フナ黒部川
阿玉水門下流ホソ,T山崎,タテ1本で4k,尺ブナ6,キジ,シモリ竿9尺,ネリは大ゴイで不向き,
       突き当たりT字で横倉尺ブナ3,赤虫, 下流よりT字で幡谷小ブナ20,区釣連大会,
    4月06日,フナ土浦新川,新聞社前で尺フナ10,ネリ,澤田,久郷, 二股上で山崎,

4月06日 鵜原中止, 欠員多く中止,勝浦沖ヤリイカ釣り,
  食い渋く苦戦,ヤリ中型中心でアカイカ,スルメ交ざる。イカ19〜50cm19〜41,大一大潮,真潮澄み,16℃,宏昌丸,
20日 鵜原中止, 波浪強く中止,若波会フナ釣りへ,
  勝浦沖でこの所ヤリイカ大漁が続が風強く他船9時半早揚がり。

北浦,蔵川〜武田川,小雨,
                                                                 帽釣,若波釣友会合同



   小雨に見舞われ肌寒い一日になった。霧雨が次第に衣服を濡らし,雨具の世話にならなければならなかった。
     前回のフナ釣場,居合を抜け,北浦大橋から対岸,蔵川にでる。半分以上の仲間が蔵川で下車,

   濁り強く他会の入渓を聞き大円寺川に出向く。
     やや澄むが濁りは強く,時折竿があおわれた。7人が降り,5人が上流,山田川へ。

    大円寺川
   釣場より上流側,右がポンプ,


      さかい橋
   6時,私と山崎氏は国道「さかい橋」直ぐ堰上に釣場を設けた。水深は40cm,私は対岸のアシ周辺手前よりをポイントとする。
     竿9尺,13尺,シモリ仕掛け道糸2,針は小さ目の×2,オモリ03,
キジは中央掛けで落とし時折誘う。

   よい感じで5寸フナが右竿13尺に掛かり,間を空けず左竿にもフナ4寸が一荷できた。
     時間にして30分。小釣りでも大物に勝り気を良くするも,雨足は早くなる。曇,雨30%の予報は外れていた。

   カッパを被り左竿中央よりで7時過ぎ,6寸2匹を追加したが型は小さい。
     彼が戻り私の右座で
対岸ヘチを狙い6寸2匹を上げる。
     やはり小さく誘わなければ食わず,それに寒さが加わり忍耐がいた。

      堰下
   8時,対岸の蓮畑収穫の為のポンプが私の竿の間から動きだした。彼が追加を続ける中,私の食いは落ちる。
     干場氏より下流は0が続いていると電話あり,後に馬場氏が彼と共に現われ,干場,野沢氏も顔をだす。

   ポンプが動いていても釣れると言う。
     堰下,水深20cm,落ちて流れは強い。「さかいく橋」下を釣る。朝方彼がニゴイに8寸フナをバラした場所だった。

   
シモリウキを目一杯オモリに下げ,停めては小さく誘いを繰り返しす。
     9時,10時とフナ1匹ずつ上げるも引きが強い割りに型は小さかった。

      橋下
   水門が閉まりフナが登れず,橋下右岸の最初の淀みに集まっていた。水深は20cmと浅く濁りは強い。
     ただその脇に落とし誘うとアタリがある。微妙なアタリだがここは活きエサでも
即竿を上げ,それも強く。

   食いがよいので強引にと彼は言うもバラシが多い。バレても同じ場所で食いが立つ。ここは1時間前に私が試したポイント。
     ただ釣り方が違っていた。アタリは間を空けると食わないと。強引に上げ胴に掛かるフナもいた。

   私に大きなニゴイをバラし,その後彼にもニゴイが。
     今回は赤虫も持参していた。ただ忘れた活きエサ,使えば違った感触を味わえたと思う。

   4日前水門は開かれ掃除されている。その後当分開かれないと言う,フナの遡上はない。
     12時,上流次ぎの堰まで試釣に出かけ13時前に納竿した。浅くアタリ0,

   武田川は希望者なく蔵川〜山田川間となる。
   蔵川,AT斉藤C折原大型39cm,三本目左ホソ, 大円寺川,T@茂木2090g,後半に良型キジ,F山崎, 山田川,TB千村,

                                     フナ7匹,850g, 総合10/32位, 第5回若波本会トータル順位4/5回,13/30位,

   4月20日,ヤリイカ日立,
水深35m,イカ50,友江, 27日,同じく水深35m,イカ16,宮腰,友江,

5月18日 ヤマベ いわき藤原川, 曇後晴,
                                                                帽釣,若波釣友会合同




   恵まれた試釣で始まった第6回ヤマベ釣りは最悪の条件になる。水位は極端に落ち食いは浅く薄い。
     特に上流の岩盤,河床はヤマベを求め求めての釣行になった。

   5月05日ヤマベ藤原川,薄濁りやや水量多し,何処でも珍しいほどの大型がでる。
     蟹打橋で全員良型を揃え,澤田橋は可笑しな濁り? そこのみがポイントとならず。
赤サシ,久郷,清水,澤田,栗原,斉藤,坪谷,試釣,
     いわきでは好天が続き,10日振りに25日半日,小雨が降り続くも水位は変わらなかった。11日,他会が入渓する。

   殆どの人が蟹打橋で下車すると思え遭え上流を選んでみる。
     試釣でセブンイレブン,新別所橋より上流は水位低く釣りとならずと言われた場所だった。
     試釣に望んだ栗原,斉藤両氏が上流に降りたのが,又安心をもとらしていた。


      新別所橋〜高速下
   水量は思いのほか少ない。瀬での流れも弱くトロ状の所は水溜りの感があり。
     高速道下の落ち込みも窪み化し,又岩盤ゆえ浅い水位で広がっていた。竿15尺,シモリ,ハヤベ3.5とソデ4,栗虫,久郷作,
     それでも初竿5投で12cm3匹を上げ,気をよくするも後は続かなかった。

   コマセをパラパラ捲くも丸っきり音沙汰はなく,昨年のポイントは岩さえ失い地形を変えている。
     ポイントには釣人が入り,早々に下って探る釣りとなる。ヤマベ1匹の後が続かず。

   緩いトロ状の所はアタリなく落ち込み場所での変化もない。
     少し水流のあるザラ瀬で1匹は確保するが,川底を歩むも上流では小ヤマベの走る仕草はなかった。


   下流より人家側トロ状入口

   ハワイアンズ脇のトロも流れがなさ過ぎていた。他会の釣人が長竿を振り込む。見ている間アタリすらなし。
     人家過ぎ左へ大きくカーブする大トロで日下部,栗原両氏に出会う。やはり栗原氏のコマセは違っていた。
     一握りのコマセが小ヤマベを集めた。竿9尺に替え小さなアタリを取る。ただ今回は私のコマセでは続かなかった。

   お助け場的場所である新別所橋ホソ出合は絶望的だった。1時間アタリ0で折原,木内,内田氏が竿をだしている。
     再びハワイアンズ前へ。釣人0.横山氏が下って来た。アタリなく共に下る。時間を持て余すようなる。




   堰下の浅場,中央上に釣人がいる。


   山崎,幡谷氏が間々食うと言う新別所橋下流の堰に出向く。ヤマベはいた。跳ね上がる小ヤマベ。
     ただ堰下の水位が20cmとなく,ジャリ山に膝ま付き竿をだす。誘わなければ釣れぬ釣り。

   3投目で10cmが引き込む。食いは浅い上,小ヤマベが多くアキタキツネ3.5に替え,栗虫から赤サシ,白サシと替えての誘い釣り。
     浅くともウキ下を長くするとアタリが判らず。蚤のようなヤマベがエサを突っつく。
     小ブが3匹連続で釣れ,最後に8cmヤマベを追加して納竿した。11時40分,

   澤田氏より何故,新別所橋下流の
藪川に入渓しなかったと。水はあると。一昨年私が大釣りした所。
     行く気はあったが諦めた場所でだった。答えは無言となる。籠底が臨め惨敗で閉める事になった。
     学校前〜鉄橋間はヤマベ研究会が入り,ネリで10束釣りを。驚く程テンポが速い。


   T栗原3260g,新別所橋〜ハワイアンズ上,2久郷,鉄橋下徒歩10分,
吐出し前,4坪谷2185g同,
   3澤田,蟹打橋〜
澤田橋堰下,途中川は堰き止められ田植えでポンプを。
     温泉堰は水量少なく熱すぎヤマベ居ず。学校前〜鉄橋間はヤマベ研究会に独占される。

                                       ヤマベ535g,総合16/28位,第6回若波本会トータル順位5/6回,14/30位,

5月25日 鵜原中止, 低気圧の影響で南西7,波3→2。予報で23日には中止となる。
        若波本会は再び藤原川ヤマベ釣りに決定,

  24日,朝から潮悪く中盤より好調に。アカイカ,スルメ交ざる20〜0cm22〜63,中一中潮,真潮澄み,21.4℃,
  26日,一日中ポツリポツリと好調に釣れる。40〜50cm38〜75,真潮澄み,20.8℃,まだ楽しめそう。宏昌丸,

6月01日 ヤマベ いわき藤原川, 晴,
                                                                若波,浅草釣遊会合同




   第7回ヤマベ本会は18日のヤマベ本会から2週間しかなく,25日の鵜原は荒天の為中止なるも試釣できず。再び藤原川へ。
     前回は鉄橋下流が上位を占め,今回は改めて県道が藤原川を渡る所まで釣場範囲を広げた。

   薄濁りで前回より水位は上がっていた。再び高速道下から同じコースを試みる。
     上流に出向いた横山氏は右岸堰と吐出し地点,神谷氏は高速道下から次のの橋の間を攻め,私は川を下る。

   高速下の半トロは水で溢れ,上流の左岸堰下もヤマベの型を見るのみ。栗原氏の薦める温泉吐出しも数はでず。
     
ハワイアンズ橋のトロはアタリすらない。後に山崎氏がここで入れ掛かりになった。私は人家裏のザラ瀬で4匹と一番良かった。

   県道に出て新別所橋下流堰3つ目へ。前回山崎氏が食った場所である。水深ありウキ釣りがよいがアタリは遠いい。
     右岸沿いで三橋,岡部両氏が間を空ける釣りで数を伸ばしている。左岸のホソを臨み込むが水なく反応はなかった。



   堰上藪沢口,ここでメガネ紛失


     
藪沢
   籠の底は見え過ぎ0に近い。9時過ぎ上流に戻り藪沢,最後のポイントへ。
     幅広く大らかに流れる沢沿いに入り込む。ここは相変わらず左右から藪枝が空を被う。

   膝上の入口で今日始めて食いだした。9〜13cmのヤマベが平均的に揃いだす。コマセが利き心地よい引きを味わう。
     50匹検量にはまだ程遠く数を釣られば。焦らずコマセを捲き竿15尺の先端でアタリを取った。

   藪を分け更にに入り込む。走るヤマベは少ない。水深は腿を越し這うよう進む。
     ポイントは流れの強い中にある。仕掛けを1組絡め,更に奥へ。一昨年のポイントから20m程上流でゲットする。
     真上に枝が伸び,左の空間に斜めに釣り上げるよう注意するが,釣れる焦りか,左枝に絡み,竿自体でも絡む。

   沢中央に50cm移動できれば良いのだが,底が深く落ち不安定で動けずに居る。
     又目の角度が川面に近く,ウキを見るのも見ずらくなった。それでいてコマセは利き,時には13cmを超えた。

   絡む時間が勿体無く,又何故早くここに入渓しなかったか悔やんだ。
     小技ざみにコマセを捲き,栗虫がなくなると白サシを。食いが落ちると紅サシも付ける。間は空くも食いはある。
     11時過ぎ,とうに頭の計算では50を超えた。検量を試みる為藪を抜ける。

     
メガネ
   数は超えるも上流で釣った小ヤマベが多過ぎる。その上藪に体が絡みメガネとエサ箱を紛失した。
     一度集合場所に戻り,メガネを探しに再び戻る。水深70cm,上半身は肌着になり川底を探る。

   下流側より顔をそっと水面に近ずけると濁りの中,底が臨める。丁寧に焦らず底との睨めっこが続く。
     少し動くと土塵が巻き上がり視界を閉ざした。絶対「見つけるぞ!」と思うも10分も経つと不安が募りだす。

   諦めるな。有ると探すが流れが緩いとは言え濁りもあり,気を集中させるのが大変だった。
     20分経ち諦めが出始めた時,腰を立てると煌くものが目に入る。そっと掴んだメガネがそこにあった。
     探し出し驚く仲間に,ほっとする私。

   釣果はもう如何でもよかった。ただ今回も焦らず最後まで釣りに
集中すれば,もう少し上位に付けた筈である。
     仕掛け4組を無駄にし14位。最後が良ければ全てが良いと思うことにした。



   帰宅の車内

   15尺竿,シモリ仕掛け(久郷氏),袖4×1,コマセ(生ウニ混ざり,さなぎ粉,青ベラ,
よせアミH,ウィキョー,)ぬか,栗虫,白サシ,紅サシ,
     
澤田1660g,2坪谷,3日下部,斉藤(鉄橋下),4井上,5山崎(ハワイアン付近),6栗原,7久郷(中流),11横山,

                                  ヤマベ50検量,965g,総14/26位, 第7回若波本会トータル順位6/7回,12/30位,

6月08日 鵜原中止, 代車なく中止となる。折原氏修理,私車は木曽へ,兎も角出船せねばと思うもだれ過ぎている。
15日 テナガエビ 江戸川左岸,北越紙業上流〜里見テトラ, 曇後晴,




   先日8日は山崎氏とタイミングが遭わず多摩川でのテナガエビ釣りを逃す。来週は奥白根登山が待っている。
     今回も彼とは弾ける形で1人,江戸川に出向く。昨年の釣場,北越紙業下流側へ。

   5時半家をでて徒歩でJR浅草橋から市川へ。始発のバスまで時間があり大州三丁目まで歩き土手の上に立つ。
     川沿いのヘチは既に予想を越える
低い水位を示していた。若一中潮,干潮8:51,

   昨年は見られなかったテトラが大きく顔を出し遠浅が続いている。1時間前から竿を出していた釣人の釣果は0。
     諦め夕方又来ると竿を納めていた。釣人は多い。コイにウナギ,テナガと。ただ型を見る釣人は殆ど居なかった。

   市川橋下で釣り上げている人が居ると聞き上流へ。エサは赤虫,白サシが多いが聞くもアタリすらなし。
     JR,国道橋間で漸く型を見る。竿4本を並べ小さなテナガが掛かった。毎年釣れなくなると嘆く。水は更に乏しくなる。

   釣れていた対岸は護岸の為,大石を沈め,テナガの巣を壊し釣人は今年居なくなっていた。
     又左岸の膨らみ地点には裂石の塊が護岸用に敷き占められている。

   慣例9時の水上スキーは松戸付近が禁止となったため下流に集中し,ここでも7時には滑り始めている。
     そこを下流からモーターパラグライダーがエンジンの轟音と共に登ってきた。


    歩んで来た下流を望む
   高層化が進む市川市街地と京成本線橋




   左岸の里見公園

   結局,京成本線橋を潜り里見のテトラまで歩み,8時半まで見聞し
竿を出さずにして帰宅した。
     赤潮で翌日も全滅,

   テナガエビ
    6/07日,中一中潮,満潮6:10, 多摩川ダボハゼ多くテナガはまだ早い。
    6/08日,中一中潮,満潮6:58, 江戸川左岸北越紙業上流,雨で11時間半でテナガ27,
    
6/15日,JR浅草橋=市川¥210,京成国府台=上野¥310,赤潮で竿ださず。
    
6/16日,江戸川左岸北越紙業上流,テナガ0。3人で2,テナガ浮き赤潮? 当分駄目との事。山崎,
    多摩川,東急新丸子付近,テナガ170,山崎,
    7/13日,長一若潮,干潮7:25, 荒川放水路扇大橋左岸,釣人多しデキハゼ居ずダボのみ,13時までテナガ90。山崎,
    
7/21日,多摩川,東急新丸子付近テナガ197, 27日同10時半まで1人277。山崎,
    8/10日,平井270,山崎,
    8/14日,平井テナガ20cm80,山崎,


    シロギス
6/15日,飯岡隆正丸,底荒れ後の釣行と思われる。水深25m,オモリ30届かず。若一中潮,満潮8:54,
      T茂木1850g,30弱,2藤本1430g20強,
殆どが一桁,外道はホウボウ20〜40cm数でる,メゴチ,幼アナゴ,イイダコ,
    フナ6/
06日,土浦境川釣りとならず。10日,新川尺フナ級9。18日新川尺フナ級9。坂森,

6月29日 鵜原中止, 佐藤氏葬儀,
7月06日 白ギス 鴨川浜荻港,半七丸, 霧,ベタナギ,薄濁り,
                                                                    帽釣,若波会合同




             中一中潮,満潮06:16,左舷野沢,高寺,松村,小島, 右舷菅野,斉藤,星野,真木,

   ガスが切れた鴨川海岸,NとT氏


   港沖は酷い
濃霧に被われた。2日前東京湾で濃霧による追突事故が何件も起きている。
     今回は半七丸,新進丸,実丸の3隻に分乗, 海上は僚船も見えぬ状況が9時過ぎまで続いた。

   遊漁船は少なく他は鴨川港の2隻のみ。平日だと漁船が出船し視界は閉ざされば,海はこの上もな危険だと船頭は言う。
     ベタ凪の濃霧,中潮で潮は動かず。奇妙な濁りだと船頭は語り,先への不安を募らさていた。

      竹竿
   1時半東京を発ち5時出船と余裕のある船出になる。出船して10分,港先水深13mで初竿した。
     竹竿早水作1.6,道糸1.5,先糸ナイロン2+1ヒロ,ハリス0.8,ハヤカケ8×3×75cm,金玉2,オモリ15,細過ぎる
ジャリメ,@500×3,
     常に持参するハリガネは太すぎガイドに全部通せず。

   ここ5,6年はダイワ竿の柔らかい「入舟」を常に使っていた。H氏に竹竿の使用を薦められ,
初めて竹竿シロギス釣りを試みる。
     ただカワハギ竿とは違い底釣り,肝心の竹竿の使い方を教わらずにいる。

   アタリを取るのに苦労する。沖より誘っての引き釣りは,間々アタリあるも取り込みができず,強い跳ねがキスをバラす。
     
誘い上げての釣りは好調で我慢を強いられ,竿の慣らし釣りが続いた。竹竿の場合は向う合わせで軽くリールを捲く。



   右舷のHとM氏


      釣果
   15cmのホウボウから釣りが始まった。2投目は小さいながらキスの一荷で安心するもホウボウの襲来に驚かされる。
     船を流すも前半はホウボウが続き,稚ハナダイにベラと外道が先行しキスの伸びは低かった。

   4流しでポイントに入る。キス15〜20cm前後が船中全員に掛かりだす。ただ長くは続かず。次の流しが今日の山場となった。
     空振りのない食いが続く。船頭は7時45分ですとマイクを流すが,意味が判らず。キス8匹を確保。

   何故この時ここだけが良場となったか判断できず。船頭は衛星を使い同じ所を何度も探るも,後の食いは薄かった。
     モヤが海面を這い,湧き上がる霞みは更にその濃さを増していた。

   キスより外道のオンパレードになる。
ソゲが掛かり竹竿と先糸ナイロン2,ハリス0.8で苦労する。
     竿が極端に弓をなし,ソゲが引けば竿先を下げ我慢し時を掛けてタモに。又23cmを超えるカワハギがきた。
     そして久し振り,型のよいイチモチは塩焼きにと釣り上げる。

   船頭は最近キスの漁獲量が減少し,時期的には秋9月頃が一番だと語る。
     後半は水深23m前後,硬い竿でオモリ20に替えてみるが効果はない。船底に専念し誘い上げメゴチが多くなる。
     ハナダイにベラも数を増した。キスのみが形を見なくなった。

   置き竿でキスが掛かり,それにソゲが再び食う。ゆっくり上げるも古いリールにしなる竿。目の前でハリスを切られた。
     後半の盛り上がりもなく,最近のキス釣りでは最悪の釣果になった。それは会全体的にも云えるが。
     
潮の流れぬ状況では竿の選択が悪かった。結果的にカーボン竿「入舟」の方が良かったと思われる。




   12時沖揚がり浜荻港へ





   同僚船も集結


   会費¥11.000(船代¥6.500,)+ジャリメ¥1.500,
     今年より船代が¥500上がり¥7.000に。急の値上げに干物のお土産が付く。(プラス¥500会持ち,)
     何時も残るジャリメを今回は初めからふんだんに使用。頭を取りその都度変えるも細字で数多く,1杯弱を残す。

   帰港後,半七丸船頭と来年7月第一日曜日,キス釣り船3隻を
若波会として予約する。
     道路は木更津北,
房総横断道路が整備され鴨川へ出向くには便利になった。
     7日ソゲは煮付け,キスは玉葱と天婦羅に,味濃いホウボウは味噌汁にと。8日カワハギの煮付けとソゲの煮こごり。

    総合T幡谷2.490g新進丸, 2茂木,実丸, 3斉藤1.730g, 4星野, 5菅野, 6早水1.550g, 7/25藤本,松村1.530g,
    若波4位,第8回若波本会トータル順位,7/8回,9/30位,


  ハゼ
    7/上旬,椎津境橋で今年は早くも食いでる,久郷友,
    7/06日,興津港左20cm級16,
に良しノベ竿。折原,神谷,
      右は
08年正月落葉下水深20cm強でハゼ20cmが群をなす。奥の港では小鯵サビキ釣り,釣具近し。澤田,
    7/20日,木更津地蔵堀
5号橋,大型は少ないが2人で4束弱,この数年トカン付近は落ちる。金谷,澤田,
    7/27日,奈良輪と手前,デキハゼ多く放流,一握り量,福重,三橋,

    8/10日,
岩瀬川まだ時期早く,木更津地蔵堀で数を釣る。型はまだ小さい。帰路椎津境橋左岸土手上で久郷,澤田,清水,6名,
    8/14日,椎津境橋,澤田,松村,中流全般,大潮干潮9:38,
赤柱付近,
    8/16日,椎津境橋,14日のポイントで再挑戦するが食い悪し,R16橋下水深20cmハゼすねず入れ掛かり。澤田,
    8/17日,
烏田川上流ホソ,小ハゼ入れ掛かり1時間半,潮引き椎津境橋,夜半の大雨食い悪し。久郷,
    8/24日,木更津青堀〜烏田川試釣,後
椎津境橋へ。一日中入れ掛かり,小潮満潮10:29,
    8/31日,区釣連,濁り強く大潮干潮11:18,T蔵波川1.7k,2,3,4位は境橋100g差,山崎1.2k,
R16橋間を橋上より, 
           久郷0.6k上流椎津橋付近まで遡るが浅く釣りにならず。Tは蔵波川
4k?他は0.6k前後, 2位1.5k台3名,
           椎津境橋は7月上旬〜8月下旬までが釣期,
         横浜石川町,中村川消防署前で大型入れ掛かり,18尺竿以上。栗原,

    9/07日,地蔵堀
5号橋下流,若波本会,
    
9/11日,地蔵堀5号橋で山崎1.2k,矢那川鉄橋付近で幡谷2本竿で水箱流し前回の半分。都釣連,
    9/13日,地蔵堀,全く水なく釣りにならず。中→大潮,満潮3:11,干潮9:52,内田,
    9/14日,T後藤
矢那川河口立ち込み5k,2久郷3.4k地蔵堀5号橋,大一大潮,満潮3:51,
         烏田川,セブンイレブン上流,ホソ角,夜明け前より8時まで入れ掛かり清水2.4k,金谷2.3k,浅草釣遊会,
    9/15日,子安
第三小派川,大潮一大潮で下げと上げ一時で2.4k,
    9/21日,藤原川,T1.8k,2福重1.4k,数でぬが大型あり大型22cm,T18cm,2福重17cm,
         烏田川左岸堰上,降りられて15尺,ウキでなく
脈釣り2.9k,山崎,幡谷その上橋下。中一小潮,満潮9:12,
         地蔵堀5号橋で久郷3k,烏田川,浅草帽釣会,
    9/23日,地蔵堀5号橋,型小さいが入れ掛り,14時型よくなる。小一小潮,満潮14:48,山崎,
    9/25日,烏田川左岸堰,長一若潮,干潮6:42,T山崎1.7k,

   .10/05日,館山,平久里川出合,干潮時ハゼ9から1cmアタリ少な過ぎ。
   .10/10日,地蔵堀6号橋,白石橋左岸角,入れ掛かり。
今年は地蔵でまだハゼが釣れる。
         
矢那川鉄橋上,川中央中州がポイント15時良型入れ掛かり。その上上潮で小型入れ掛かり。若一中潮満潮15.02, 2.5k
  . 10/12日,小名浜藤原川鉄橋付近左岸,大型数でぬも平均13cm,T三橋3.852k,浅草釣遊会,
         利根川下流右岸舟溜,食い全くなくハゼ4人で二桁でず。山崎,
  . 10/16日,矢那川鉄橋上,川中央浅場がポイント,T山崎1.8k,
ハリス15cmガン玉とオモリ1,
  . 10/19日,矢那川鉄橋上,川中央浅場がポイント,竿6m,ハゼ20cm級1.5束,山崎,中一中潮,満潮8:17,
         藤原川上流右俣橋先,朝方大型入れ掛かり水位高位し,下流県道先14時よりヨシ刈場がポイント,リールも好し久郷,
  . 10/23日,矢那川鉄橋上,潮悪く食い悪い。13時掛かりだすが雨で納竿。先橋右岸降りてと左岸竿3.5間,山崎,
  . 10/26日,矢那川鉄橋付近,前日の大雨と潮悪く食い悪し。型は15cm主体,
大正橋間がポイント,中一中潮,干潮8:20,
  . 10/30日,
烏田川,大型ハゼ,数共よし,例会外し山崎,

  . 11/02日,烏田川堰上の
橋上よりリール竿5で大型数釣る,墨田の仲間,山崎,
  . 11/09日,藤原川,T平野4.6k〜4坂森4.1k,26名スソ1.3k,大型23.5cm,初めての場所がポイント。浅草釣遊会,
  . 11/23日,木更津貯木場→
地蔵堀5橋侭の釣り→烏田川→塩見ヨットハーバー浅場はデキハゼ,深場で20,山崎兄弟,

  . 12/07日,隅田川蔵前右岸テラス,3,4人に1匹,ハゼ14〜20cm平均17cm,セイゴは多く20cm,
         
藤原川,隅田川と同じで型悪く数もでず最悪となる。平均1,2匹T12匹,若,帽釣合同,
   .12/12日,隅田川左岸鉄橋,7:30〜13:00,大潮,満潮5:07,ハゼ13,山崎,
   .12/00日,横浜割引川,竿4間で小ハゼ60,山崎,
   .12/14日,隅田川左岸鉄橋,7:30〜14:30,大潮,満潮6:40,ハゼ18cm20,山崎,

8月14日 袖ヶ浦,市原, 高曇,
                                                                      澤田,松村,



       椎津境橋→蔵波川→椎津川今津川, 大一大潮,満潮2:29,干潮9:38,

   先日10日の釣行で久郷氏の友達から午前中にハゼ14cmの大釣りを聞き,澤田氏と出向く。
     10日午後地蔵堀の帰路立ち寄ると,潮は澄み満ちて食いが立っていた。小一長潮,干潮5:05,満潮13:36,

   1人でハゼ釣りに出掛ける澤田氏に便乗,内房のハゼ釣りに出向く。潮は最悪だった。それでも釣れると言う澤田氏。
     R16に入り椎津入口先,久保田川手前にある河川に出向く。市原と袖ヶ浦市境河川でもあり,椎津境橋にある。
     着いたのが5時少し前,夜明けを迎え潮位は既に底の状況だった。薄濁り下流左岸より竿をだす。

    椎津境橋
   朝日を迎えた河口,貨物橋下


   R16の2本橋を含め7本の橋が並ぶ。下流側5本の内,一番下は送菅橋,2本目が貨物橋。
     10日は貨物橋下で水が満ち,ヘチより大釣りしたが,今回はボートが3隻駐留し釣りとならず。

   中央には送菅橋,右に東京電力,ベンゼン管とあり,その中央の
赤柱周辺を最初は半バカで狙う。
     右,上流側は根掛かりが多い。夜明けより13cm前後のハゼが掛かるも時間と伴に小さくなりだしていた。
     エサの
アオイソメは盆の為か,新鮮味が薄れ,細いのは直ぐしぼみ融け始めている。針への付け難し。

   間々のアタリだが数は増しだしている。次第に川中央に立ち,赤柱裏がやや深くアタリも取れ易かった。
     R16橋上ではネズミ取りをしている。サイレンが暫し聞こえ,うるさい事この上もない。
     
竿12尺,シモリ,袖5,オモリ0.5→1,澤田氏は0.8,アオイソメ,半バカ。遠浅で9尺はやや不向き。



   上流側奥がR16橋

   9時半,昼食後右岸に回り込む。干潮で半バカでも
如何にか渡れた。対岸側が深場となっている。
     ここで追加する筈の釣果は根掛かりと仕掛け作りでロスを生む。
     R16橋手前の橋下,右岸より竿12尺で入れ掛かりあり。10時半蔵波川へ。



    干し上がった蔵波川
   R16蔵波橋より上流を

     蔵波川
   干潮で干し上がり釣りとならず。大コイとイナッコの群あり,内房線長浦駅の直ぐ西である。
     水あれば大釣りできるらしい。浅草釣遊会では何度か,ここで本会を開催されていた。

   ヘチの土手は高く竿は15尺以上。流れは強くオモリ2でも流れる。エサは
1匹掛け
     釣りは蔵波川公園Pより左岸及びR16橋上まで。釣人は居ず,水さえあればお助け川となる。
竿ださず,


     椎津川
今津川左岸
   Pは右岸,澤田氏と様子を見る。左岸は刈り取られていない
雑草が背丈を越え蒸す暑さ。間を長く空けハゼ12cmが掛かる。
     色はやや黒ずみ,まだ上潮が聞き始めてのところ。エサのアオイソは垂れ崩れ始めていた。

   上流,松の木寄りヘチで漸くアタるも,3投目で根掛かり,弱いアタリでハゼいる事を知る。
     澤田氏より
小キジを譲り受け,真ん中から1匹掛けをする。下流側ドラム缶付近で1投目よりアタリ11cmが掛かった。

   ただ誘わなねれば釣れぬ釣り。濁り強く一番上のウキを見て誘い上げ,落とす誘いでアタリを取る。
     誘うこと6,7回で引くハゼ。食いは悪いがハゼはいる。アタリ始めて集まるも間々のアタリ。
     10〜12cm12を釣り上げ納竿した。
                                               12:30〜13:20,澤田2束,松村1.3束, ハゼ9〜12cm1.1k,

8月24日 木更津青堀〜椎津境橋, 雨曇,                              若波試釣
                                                   久郷,(友),坪谷,澤田,折原,横山,神谷,野沢,松村,



   今にも雨の雫がが落ちそうな霧雨の中,潮も悪い。小一小潮,干潮3:40,満潮10:29,
     地蔵堀には水がないだろう。2週間後の本会に潮を合わせ試釣に出向いてみた。
     水位なく久郷,(友),坪谷氏は椎津境橋へ。我々は小糸川から竿をだす。

   小糸川右岸壁岸
     5:50〜6:30,上流側に神谷氏と半バカで立ち込む。
釣人は0,奇妙な濁りでアタリも遠いい。10分で一度のアタリ,それも浅い。
     誘いに誘いハゼ10cm3のみ,神谷氏5。壁岸周辺はダボハゼのみだった。遠浅で竿15尺,シモリ,袖5,オモリ0.5,アオイソメ,

   
青堀,市民ふれあい公園
     新富橋を間違え青堀へ。ホソ吐き出しの土管付近には2cmのデキハゼが群がっている。
     ただ竿をだすも舟着場やホソ出合,何処もアタリは全員なし。

   
富津水路新富橋,電力水路右岸
     水深あり水質もよいが3人で竿だすもアタリ0。オモリ1,

     途中地蔵堀では釣会が入るも,まだ水不足で竿を上げている姿見ず。又釣人は少な過ぎた。

   烏田川左岸堰上
   下流を望む,K氏




   上流側,上は釣場なし

   烏田川で合流,釣人は多い。ただ食いは悪いようだ。上潮なるも利かぬ潮,汚い水色だった。
     右岸ホソはドブ化し大鯉がうねり白くヘドロを撒いている。ホソの前に住む婦人は珍しいと嘆いていた。

   堰上は釣人居ず。やや澄み澤田氏の薦めるポイントは大鯉が群がる。
     水深あり竿を17尺(仕掛け15尺)に替えてハゼ11cm2,大ゴイ,セイゴ1.でアタリは薄い。
     その上の川巾が狭まった所がよかった。浅いが誘い集まったハゼ,11cm8を上げる。8:00〜9:30,



   
椎津境橋上
   対岸が内房線,S氏,


   左岸岩壁から釣る場所がなく,貨物橋(中央では久郷氏)を渡り右岸奥,R16橋上流から立ち込む。
     前半1時間は9cm前後のハゼ,型は地蔵堀と変わらず。ハリを袖4に替えアタリも遠いい中,間々食いだした。竿12尺,オモリ1,

   遠浅で半バカのギリギリで竿をだす。場所を探っては竿をだし,広い砂地で宝ものを探しだす。
     
ハゼ14cmの太ったハゼが続いて2匹掛かり,それからが独壇場の釣りとなる。エサは房掛けに変えた。

   ハゼは一度底に引き込み,立ち込みならではの醍醐味を暫し味わった。
     釣れているので袖4を通す。今日の釣果は殆どがこの場所になる。外道フグ1, 10:30〜13:30納竿,
     澤田氏の仕掛け,針とオモリの間に4cm程の
ビニールパイプが付けてあり,絡みとエサ付けに便利。
                                                              ハゼ8〜14cm,1.2k,
   当日葛飾の釣会入る,T小糸川君津大橋左岸下バカで2.5k,2地蔵堀今川橋5〜6橋間で2.2k,

9月07日 木更津,矢那川〜小糸川, 曇後晴,小一小潮,干潮2:13,満潮9:52,
                                                                第9回本会若波釣友会




  

   夜明けも大分遅くなった釣場には木更津烏田川,矢那川,地蔵堀新日鉄ホソ,5号橋と小糸川旧道の5地点をポイントに降ろしてゆく。
     試釣の釣果は潮悪く今回は当てにならず,矢那川と地蔵堀との選択に悩んでいた。

   舟留の潮見川出合側で小ハゼが入れ掛かりなるも,今一つ。
     昨年の大会では地蔵堀5号橋上流側に立ち込み,久郷,坪谷両氏と山崎氏が大釣りをしている。

   5〜6号橋間に立ち込み狙う計画を立てるも,現地に着くまで矢那川に出向くか悩んでいだ。
     小糸川は自分のポリシーで。地蔵堀の試釣はなく,矢那川がポイントと多くの釣人が出向く。ただ釣果は上流以外が悪過ぎた。



    地蔵堀5号橋
   仲良く並ぶKとK両氏


   5号橋上流ヨシ脇の細流で久郷,松村,山崎,金谷,柴田各氏が深場を狙い竿をだす。竹竿9尺,シモリ,袖5×1,オモリ0.5,アオイソメ,
     4つの会が入渓している筈だが釣人はまだ少ない。小潮で干し上がる水路で待つ釣りをする。

   この辺では一番の水深60cm,小さいが間々のアタリがあり,我慢の釣りをした。久郷氏は
水深80cm,
     8cm前後,土管付近より釣れているようだ。6〜7時半,

   下流側扇状に広がる河川がしぼむあたりで再び竿をだす。対岸へ誘っては誘い漸く掛かるハゼ。
     小さなアタリでシマイサキばかり掛かった。

   9時
入れ掛かりとなる。それは突然現われた。
     竿12尺から竹竿に替え,この時ばかりは煙草を吸う暇もなく竿をだす。型は10cmに伸び,対岸から流心中央になる。

   アオイソの頭で固定し,針軸奥までエサを伸ばし食いを誘った。
     誘う前にアタる食いが30分。軽く誘っての食いが30分。エサを舐めて落ちるハゼもいる。上潮と止まりがピークとなった。
     食い止まりも突然現われた。全てを忘れ去れたようなアタリになる。


   11時,山崎氏の言葉を聞き,
対岸左岸吐き出しで竿をだしてみる。土管があり水深1mと深いカケアガリ。
     アタリが少なく釣りにならなかった。ただ後から思うに
干潮時はベストかも知れない。竿12尺,ソデ5,オモリ1,

   戻ると
下げ潮が利いていた。皆が下げを待ち釣っている。待たずに移動したのは私だけだった。
     足元右岸がポイント,竿12尺をその間々使用。食いがでても短竿に替えず竿をだす。

   誘ってのアタリ,
ヘチで上下に誘うことを繰り返す。型は11〜9cmと小さくなる。
     間は空きだしたが誘えばまだアタり,今回初めての祭りで納竿した。12時20分,


   烏田川は濁りがまだ治まらず。矢那川は河口市場側は鎖有り,奥に縄があれば大型がでてポイントになったかも。澤田氏,
     
上流鉄橋下は7,8人入るも食いよく長竿で幡谷氏2位をキープ。その上堰もポイント。

   山崎氏によると
竿15尺のポイントもあるそうだ。横綱の福重,栗原,澤田各氏は中流下で0.6〜1k台。
     小糸川は旧道左岸斉藤釣具付近のヘチ,4斉藤氏。

       今回の最大のポイントは地蔵堀5号橋上流となる。T久郷氏3300g,3山崎氏,5松村,
                                                     ハゼ8〜12cm,2.150g,総合5/26位,若波4位,

   帰宅して珍しい組み合わせの釣り仲間,猪田,高寺,栗原,幡谷各氏と「鮒忠」で一席もつ。

9月15日 子安,第三小派川と第二派川, 曇,
                                            大一大潮,満潮4:30,干潮11:00, 辻山,駒田,岩久保,(星),松村,



     第三小派川出合,左岸台船

   大潮満潮下げを狙い子安に出向く。最近の傾向は9月中旬の大潮をもって,ここ子安の大釣りは終わっている。
     今年は8月旧盆の潮が悪い。町会の釣り仲間と慣例になって3年目,延期した釣行になる。


   左岸岩壁と台船間

   5時半,もう夜は明けていた。造船所の主に今年もお邪魔しますと挨拶。笑い顔で頑張れと返してくださった。
     ドックはよく入ったと思われる程の大型船が入船し,期待の立ち込みはできなかった。

   竹9尺,シモリ,ソデ5×1,オモリ0.5,アオイソメで台船の渡り橋下から左岸岩壁沿いの
台船脇で初竿する。
     幅約2m,水深は20〜40cmのカケアガリ,初っ端から入れ掛かりになる。10cmを超すべっ甲色のハゼが姿を現した。
     浅場で走るハゼに竹竿は大きく弧を描きしなる。竿より伝わる引きと手元の溜めが心地よい。テンポよく水箱は埋まっていく。

   仲間を呼び狭い場所で釣堀状態の釣りをする。駒田氏と笑いが止まらぬ岩久保氏。
     フナと違い傍で釣るよう促した。遠慮した辻山氏も入り,食い止まりになる。

   7時半干し上がりだした岸辺に浅場の少ない造船所。釣場を求め難渋する。
     ドックは錆取のエァーガンが轟き,錆の粉塵を巻き上げている。ドックに入れず,アタリを求め,各々が台船上を探し回る。
     岩久保氏のテニス仲間,星氏が今日の話を聞き参加。潮止まりで第二派川に移動した。



    常陸橋両岸
   対岸は子安漁港

   各々竿13尺,オモリ0.4→1,に替え左岸より探るも食いは疎らだった。ペースは極端に落ちる。
     10時昼食後,対岸にハゼでるも,ハゼもどきのオンパレードになる。馬鹿でかいヒレハゼを放流した。

   戻ると橋下,
坂上がり角で地元の人が長竿をだしていた。
     広いカケアガリで食いはよい。橋上から覗くとハゼの群が見える。



    再び西ドック
   ドックを埋める浮き台,錆落し作業


   正午下げ潮と造船所の昼休みを見定めドックに戻る。
     乏しいアタリで周りを見渡しているとドック上流側の事務所テラスに
カワセミの姿を見る。
     ハゼを狙い飛び込むカワセミ。長い間を空け,飛び込む姿はハゼの少ない事を示している。

   12時40分,ドック口右端,午前中の渡り橋反対側の
,カケアガリの浅場でハゼが食いだした。上潮が利きだし群をなし集まるハゼ。
     超浅場で良型13cmが掛かりだす。辻山氏が小さな浮き台に乗り,1人陣取っているが取り込みが悪い。
     我慢できず竿が増えてゆく。それより増えるハゼの群。沖合いから上がってきたハゼが黒い塊になりだした。

   群がる割りに即食わぬハゼ。だが誰かの竿には掛かり,再び釣堀状態が続く。
     辻山氏に釣らせようと思うも,引き込み走るハゼに魅了され,3m四方の角地に竿がでる。それも一方向から。

   ハゼは掛かればどれも元気だった。その動きは気敏で他の仕掛けに絡まないのが不思議な程だった。
     間が少し空きだした折,「ここ釣場に粉塵が舞う!」と所員の声を聞き,14時15分納竿した。

                                                                ハゼ9〜15cm,2.4k,
9月21日 鵜原中止, 台風13が長い間宮古島付近に止まるも東進,18日船頭から早くも中止に。
10月05日 若波釣友会清明川小ブナ釣り,若波20周年行事, 鵜原沖釣りと共に休会,町会旅行南総館山とハゼ釣り,

  28日試釣は技研やや,島津と木原全滅,清明〜舟子入れ掛かり。29名,
  清明川T斉藤176, 9日下部100,(他会T400, 6神谷280,)
  舟子170台,2茂木,3澤田,4久郷は1,2匹の差。ここも他会入り釣人はやや半々に別れる。旅行仕様キューダスジャンバー支給,

南総館山,平久里川出合,晴,                                                町会似日帰り旅行




   館山夕日海岸ホテルで昼食の間,ハゼ釣りを試みる。JR鉄橋脇がポイントと聞くも,時間がなく河口の平久里橋から竿をだす。
     リール竿,赤ハゼ7×2,オモリ8,アオイソメ, 中一小潮,干潮13:37,

   まず桧山氏が小さなハゼ9cmを上げた。アタリは薄い。
     8cmハゼにシマイサキ,ショウサイフグが続いて掛かるも稚魚のみ。潮止まりの河口のせいか。

   左岸寄りに移り11cmハゼを上げるも後が続かず。バラバラになった釣人も見学者も散るのみになる。
     野次る人も居ず,時間もなく,40分程で納竿した。  


           
   平久里橋より

10月12日 小名浜藤原川, 曇後晴,薄濁り肌寒し,                                              浅草釣遊会
                                                               中一大潮,干潮8:34,



   藤原川ハゼ釣は今まで何度か訪れている。常に上流の二俣へ出向いていた。
     今回は下流鉄橋(福島臨海鉄道)付近でと悩むが再び上流へ。ここは常に少人数の釣場だった。
     今回は澤田氏が欠席,独擅場となる筈が食いは渋かった。

   下潮が利くも乏しいアタリに浅いアタリ。竿12尺,シモリ,袖8×2,オモリ1.5,アオイソメ, 
     エサ1匹を半分に分け,針を完全に出すもスッポ抜けるアタリが2本続いた。

   19cm以上のハゼの底へと引きこむ力は異常に強い。走ってば竿を弓なりにさせて,スッポ抜けが続いていた。
     そして12〜13cmハゼに対し餌の垂れの長過ぎか? 川面まで揚がり落ちる事多く,能率が悪い。
     斉藤氏がイワナ,マス針を使用すると言っていた事を思いだす。袖10も持参せず。

   シモリの見釣りを諦め,脈釣りの要領で,やや張り細かく誘って止めるとアタリがやや多くなる。
     間を1つ空け,ヨシ下のハゼを獲る。


   二俣でF氏

   福重氏は広い川原で袖8,オモリ0.5で仕掛けを流しながら誘う方法で竿をだしている。上潮に変って脈に変えた。
     私は15尺の2本竿で誘うが入れ掛はほんの一時だけだった。潮止まり,まだ大した釣果を得ていなかった。



   左岸より二俣右俣

   オモリを1に替え探り釣りをするもアタリは薄過ぎた。上流
右俣橋先で5,6人の釣人が動かず竿をだしている。
     間々の良型が左岸よりで釣れている。ただ大型はでず。

   釣人の誘われ福重氏と交代する形を取るも,アタリは2人とも0。中央のヨシ下もアタリはなくなった。
     (翌週19日,久郷氏ここの上潮で大釣りるす。水深あり,二俣は食い薄い。)
     上潮がやや利き水位は増すも食いは今だ薄かった。その上,右足を川底の障害物に引っ掛け水箱を転がす。

   初めて鉄橋まで探索した。何処も食いは浅くスッポ抜けが多い。その中このポイントで仲間達は上位を独占した。
     
鉄橋と次の地方幹線道芳川橋(小名浜=四倉線)先,左岸ヨシ場がポイントになる。



   坪谷氏の加工したハゼ


     ヨシ上流側,鉄橋脇で2丹下氏が短竿で右岸より立ち込み3.2k,大型ハゼ10.
     ヨシ中央では三橋氏が陸釣りで3.852k,トップに立つ。
     ヨシ下流側端では3平賀氏が陸釣りで3.2k。風強く短竿でヘチを狙い,朝方より8時までがよかった。
       潮止まり後は10時よりポツリポツリの釣り。大型5を確保。
     4鉄橋上流側では山田氏が2.8kで4位になっている。

   11時半,上流県道二ッ橋上に戻ると三橋氏がテンポよく竿をでしている。もう
中州は潮が満ち見えなくなっていた。
     彼に合わせ私も竿15尺でテンポよく釣る。ここでも「動かなければ!」と三橋氏に悟らされた。
     大型を含め初めて数を伸ばした。12時半,久郷氏より納竿の声を聞き,最後の最後に大型20cmを追加した。

     袖8は小さ過ぎた。
ヤマメ針が有効,
     アオイソメは¥1300購入し半分使用。試釣では大型大釣りでエサ3杯を必要としている。
     バカは前日右足甲付近を修理するも,漏れだす。まだ小さな傷があるようだ。

                                        ハゼ1.560k,10〜20cm,大型ハゼ2,平均13cm,外道なし,15/22位,

   10/19日,岩井皮ハギ釣り,T幡谷22,26cm3,平均22cm,2位16,
10月26日 木更津矢那川上流, 曇,濁り,
                                                   中一中潮,干潮8:20,満潮15:19, 山崎,駒田,松村,




   JR木更津駅直ぐ南に矢那川が流れ,鉄橋付近が今日の釣場となる。鉄橋上流側左岸より6時半初竿した。
     竿18尺,シモリ,ヤマメ7.5細針,ハリス0.6+15cm,針先にガン玉,オモリ1,アオイソメ.


    矢那川上流鉄橋付近略図
  

   今にも降りだしそうな重い雲の中,上潮はかなり進んでいた。対岸には大きな干潟が望まれる。
     竿3間半がよく,3間では冥一杯の投げ,対岸の浅いカケアガリへ落とし込む。張らねば判らぬアタリ。
     ウキが大き過ぎたのだろうか? アタリを中々取れず。

   一昨日夜半より今朝まで雨が降り続いていた。偶のアタリはバレが多く,小ハゼは垂れたエサを舐め,姿を現しては落ちる。
     山崎氏にポイントを教わるも,何処も食う前のアタリが薄過ぎていた。




   下流より左脇が木更津駅
    ここは対岸へ竿3.5間,水位が上がってから,

   線路を渡り鉄橋下流側で竿をだしてみる。水位が落ち過ぎ左岸手前にハゼはいるのか? 食わず。
     橋凌から瀬に掛けて,バレた後に17cmを確保。戻るも食いは進まずにいる。
     駒田氏は鉄橋脇で良型3匹を追加していた。干潮を迎え全員で下流へ移動する。

   栄橋と2本目の下流,翠橋の間を左岸から探り釣りを試みる。
     干潟に掛かるカケアガリで1匹,2匹。ポイントと云える階段下はアタリすらなかった。翠橋を渡り右岸上流へ。

   山崎氏が深場の流れで間を空けた誘いと張りで時折形を見せている。私は栄橋端の岩陰で大型をゲット。
     同橋上脇では駒田氏が数を上げていた。14,15cmの良型を取る。何処でも1,2匹の私。ハゼ釣りにならず。


   11時昼食で再び鉄橋上へ。干潟は隠れ,水位は上がり上潮が利きだしている筈だった。朝方の干潟ポイントは形がでず。
     又駒田氏は朝方のポイント(川巾一杯の浅場),鉄橋脇で黙々と竿をだしている。

   山崎氏より細ウキ,数珠型の仕掛けを譲り受ける。
ヤマメ太針5,ハリス0.8+15cm,針先に割ビシ。小さな針だった。
     私が昨日結んだチヌ1,マス6,ヤマメ7.5とは比べるもなく小さい。ソデ7が大きく見えた。


   大正橋手前ガードレールの切れ目で私も今日のポイントを見い出した。
     竿を冥一杯振り,少し手前に誘い両手で竿を支えるとカケアガリの落ちた所でアタリだす。型はよい。
     引き込みの良さが大型を示している。川中央がデルタ状に高く,上潮のポイントになっていた。

   対岸左のカケアガリでは山崎氏が竿3.5間で誘い,じっくり張り止める方法で数を伸ばしていた。
     大正橋上中央より両流がよいと言うもアタリなし。上流左岸より干潮時ヨシを狙うと大型がでる。
竿3.5間が良,

   今回は最悪の釣果でハゼが釣れぬ割に,時間の流れは早かった。
     改めてハゼ釣りの難しさを悟り,又竿の短さと仕掛けの違いを悟らされた。15時半納竿,
     10月を過ぎると竿3.5間は必要,場所により竿先バカも。

                              ハゼ山崎107,駒田20,大型21cm, ハゼ13〜19cm,主体15cm35,大型19cm,

11月02日 第11回若波本会,長島周辺フナ釣り納会, 休会丹沢山塊縦断へ,

  10/26日,土浦清明川,小ブ試釣で決定するも長島フナ釣りに変更。納会ではあるが釣果なしが出る雰囲気であり。
  10/30日,文京の会,長島,学校裏を試釣釣果悪し。山崎氏木更津烏田川ハゼへ,
  本会はT折原1460g,2内田健,(学校裏分岐橋),3斉藤(学校裏),全てキジ,0は5/30名,
                                   若波釣友会8/11回,トータル順位17/34位,皆勤3名,

11月16日 イサキ 鵜原,まさえい丸, 曇,時折小雨,南風微風,凪,
                                        中一中潮満潮7:28, 左舷,松村宮腰,折原, 右舷友江さんの友2,友江,




   久し振りと言うより,今年最初で最後の船釣りになる。沖合を願い2度連絡を取るも沖釣りは適わず,近海イサキ釣りになる。
     イサキはウィンボーが含まれるが釣れ始めていた。又スルメイカも釣果よく,サバも脂が乗り始めている。
     先月折原氏はダウンしたらしい。船頭はイカとイサキのリレーを考えたが,万一沖で船酔いをした場合を考え,近海を選んだとの事。


   海中公園沖馬の背で

      イサキ
   協定の6時半に勝浦海中公園沖の馬の背で初竿する。ヤリイカ改良竿1.9m,リョウビアダベンチャー電動XS600,テンビン40cm,
     クッションゴム1.5mm×50cm,サニーカゴ60,幹糸ハリス1.5×3m,エダス25cm,ムツ9×3,青蛍光パイプ,

   この馬の背は水深25〜50mのカケアガリ台地でよい漁礁となっている。5年振りのイサキ釣り。
     仕掛け2005年作で風邪を強いていないか問題が残るが試みる。タナ30mで1投目よりアタリあり,良型を初っ端から逃した。
     「今日は釣れるぞ!」と気をよくし一荷を狙ったのが,誘うタイミングを崩し浅い掛になっていた。

   2,3投はウィンボー。ポロポロのコマセワークがアタリを導いている。ガゴは下は全閉,上は1/3弱を開けた。
     一流しに1匹,時には2匹でよいリズムで釣れだした。

   3針とも全て
白イカ丹だが,中針に少々長めに切りエサを付けると中針ばかり食う。
     コマセワークは丁度よいタイミングのようだ。3m下から捲きを2回振り戻す基本的なパターン。
     良型30cmも姿を現した。時折コマセに誘われタナは25mまで上がっていた。

   1時間に通抜けのペース,至極ご機嫌が良かった。ただ
仕掛けの古さもあり糸切れも多い。仕掛けの元で切れるものもあった。
     フグではないので糸の風邪だろう。それでもトリプルもきた。

   前半はミヨシがよく釣れたが,8時を過ぎると私だけ外道のオンパレードになる。タナはイサキと同じ。
     ハナダイ27cmが3匹,降ろす水深18mでサバ。オハクロベラ5にササノベラ2の後38cmのメジナも連続してピットする。
     細かい流しに1匹,2匹の外道がきた。イサキは何処へ。ただイサキの確保と共に私には食を考えれば嬉しい外道達だった。


   後半は馬の背でもタナ25mが中心となる。指定されたタナでアタリがない場合は
60cm程ゆっくり誘い停めて又戻す。
     その時アタリが多くなる。又一時潮の流れが強くなるが治まればイカ丹を食うアタリが判りだした。

   口元に確り掛けイサキに合わせて竿を動かし,ゆっくり巻くと重みを増し一荷となる。3度あった。
     一荷の判る釣りが自分でも頼もしく思われた。ウィンボーも再び多くなる。

   アタリがやや薄れ中型が掛かる中,極小さなアタリもでた。9cmのカタクチイワシのアタリだった。
     再び中型1匹を上げ11時20分納竿した。¥9000+¥2500,
                                                    イサキ16〜30cm21,ハナダイ3,メジナ38cm,サバ,

     7日はメジナの刺身(白く蛋白で確りした締まった身),イサキの塩焼き,サバは絞める,
     8日はハナダイの炊き込みご飯は美味い。ベラの煮付け,夕食にはイサキの刺身で後は半干しにする。


   11/16日,岩井皮ハギ釣り,浅草帽釣会,
     T早水,茂木36枚,3進藤27枚,20枚前後が多く型よく腹もパンパン。
富浦で荒食い

   11/20日,徳島水路モロッコ,クチボソ,小ブ釣り,
新機場ホソのヨシやブルキ塵ありT山崎330,玉虫残り皮だけも,対岸コンクリートは×。
     発酵イモグルテンで小ブ50前後,2位205,神田親釣会,

12月07日 平成21年度第1回藤原川ハゼ釣り本会は4丁目町会隅田川ハゼ釣り大会で休会,若波,帽釣会合同,

  11/9浅草釣遊会ハゼの大釣りからフナ釣りを変更する。地元の釣人も12月中は釣れるとの事。
  隅田川と同じで型悪く数もでず
最悪となる。T神谷455g,2坂森8匹,3斉藤,(T帽釣会),久郷2,長潮,満潮11:49,

隅田川,蔵前右岸テラス, 第8回ハゼ釣り大会,
                                                            台東四町目町会,協賛台東区




     快晴,北風微風,
       前日の寒冷前線通過に伴い急激に気温が下がり,今年一番の冷え込みとなる。最低4.2℃,最高10.3℃,

     当日は西高東低の冬型になり,日本海沿岸に大雪をもたらすがテラスの風は穏やかで暖かい陽差しを浴びた。
       ただ今回も好天に恵まれが釣果は厳しいものになる。参加者48(55)名,


   6時集合,開催前の準備中


   11/30日快晴,視察(蔵前橋⇔清澄公園)で蔵前テラスはルァーとハゼ釣り各1人0匹,東日本橋テラス0,
         新大橋両テラスはセイゴ20cmが多い,清州橋テラスはハゼ1,2匹にセイゴ,桜橋12匹でる,
         水温が異常に高くハゼまだ落ち込まず。

   7時より1時間,大会前の試釣をする。小一長潮,干潮4:58,満潮11:49,
     
胴突きテンビン仕掛け金袖7×4,オモリ20と3を軽く投げ初竿した。周りは20cm前後のセイゴが立て続けに掛かる。

   水温は先週より大分下がり,魚体も冷たく,全員に1匹のハゼ確保はさせるには難しいようだ。
     ハゼ16cmが早くも顔をだすも先が思いやられる。まだ隅田川にハゼ落ちず,難しい一日になりそうだった。

   今年は
作業船が左岸から移り蔵前橋寄りの送菅橋の補強工事を行っている。釣場が狭まり祭り多くオモリ20に統一する。
     2本針仕掛けに替えハゼ17cmを上げた。釣れれば大型ハゼだが上潮で条件も悪くなっている。

   昼間,置竿釣りでの釣果は殆どなくなっていた。昨年と異なり釣人0が続く,何年振りだろうか?
     ハゼよりセイゴの方が手前で多く釣れ,外道は他にダボハゼ6〜7cmのみ。朝方の食いだけが勝負になる。
     暖冬が拡がり木更津でもまだ港にハゼは落ちていなかった。

   置竿に変え我慢の釣りとなるが陽差しだけは強く,レクレイションとして和やかな雰囲気だけはかもち出していた。
     昨年78匹を釣った山崎氏は今回ハゼ5となる。私は朝方の2匹のみ。
3〜4人に1匹が釣れた計算になった。
     ハゼ14〜20cm平均17cm,セイゴ20cm,区本部はエサ520個で125匹,



    暖かい陽差しを浴び
   送菅橋と蔵前橋

   四丁目の開催を聞き我が家の前,奥村さんの隣りに住んでいた石井さんが訪れる。
     久し振りでかい図体の顔を見て懐かしさがほころびだした。子供と一緒に阿部君も来訪。
  
5:45,
9:00,
10:30,
12:00,
13:30,
13:30,

役員集合,
餌アオイソメ,飲物,
もつ煮,木村氏
よし卯海鮮掻き揚げ丼,49個@480,
賞発表,ハゼ大型賞20cm,金子龍一, 小型賞14cm,岩久保桂司, 外道大型賞セイゴ21.5cm中村満明,
終了,



    最後まで残った全員の顔


    発泡酒3ケース,酒5本,焼酎2,,茶24,ジュース類90,=飲物¥34.678,もつ鍋¥15.000,食事¥34.527,景品¥9.450,
    エサ,仕掛け¥3.197,菓子¥10.171,コップ,皿,雑貨¥5.400,写真¥5.000,名簿等打合せ¥13.540,
      寄付は氷,酒2,現金¥21.000(次期道具類繰越金),仕掛け,
      会費大人\200×48=¥8.200+町会出費¥130.000=¥138.200,残金¥4.738,

    陽差し強く暖かくなるにつれビールがなくなる。酒はお燗あり追加購入,焼酎1,ジュース類
25,残。
      缶酒,缶焼酎は止め
大瓶のみとする。

    豚モツは生5k使用,牛の場合は3倍の費用が掛かるとの事,又生の場合量が縮む。ナベは上野氏から借用,調理は木村氏,
    リール破損多く
検討が必要,

    役員は中島,駒田,戸倉,緒方,岩久保,本山,辻山,木村,松村,

2009年釣行日誌]Top 



 川辺と釣行Top