朝日連峰Top

     朝日連峰・・45年前の山形からの朝日岳逆縦走を試みる
              泡滝ダムから以東岳から朝日岳へ南下して小寺鉱泉へ・・新たな会員バスと廃線の路線バス
                                                     2011年08月20〜24日,L松村,m見城,鈴木,松村,(滝島)




      21日,大鳥登山口=泡滝ダムから大鳥池トキタロウ山荘・・赤サンショウオ
      22日,大鳥池から狐穴小屋
      23日,狐穴小屋から朝日小屋
      24日,朝日小屋から古寺鉱泉=小国街道・・T氏の迎い車

    朝日連峰
     朝日連峰は越後山脈の北端に位置し,その東側には羽黒山,月山が聳え,更に東遠方には蔵王連峰を含む奥羽山脈が連なり,
   朝日連峰の南側には飯豊連峰,吾妻連峰と各連山が朝日連峰を囲むよう位置し,最上川,荒川の大河がそれらの山域とを隔てさせている。
   又西側日本海沿いの山地は朝日岳の背稜から幾つもの支尾根を延ばし日本有数のブナの樹林帯が広がっていた。

     南北に長い朝日連峰の核心北部,以東岳からは西側に延びる桝形山まで真北に延々と長く派生させていた。
   又荒沢湖西側には摩耶山が構え,尾根末端は庄内平野の鶴岡市内まで至っている。所謂長く連なる赤川大鳥川左岸尾根にあたる。
   今年の夏山はその大鳥川にアプローチを取り,過って入山した朝日連峰の逆縦走を試みることにした。

    庄内あさひ付近
   庄内バス,赤川大鳥川右岸を遡る

     現在はその東側面を流れる大鳥川沿いの長い林道は,昔延々と歩かされたが今回は,会員小型バスで奥深く入れるようなった。
   長大な連峰の割にはアプローチは大分短縮され,大鳥池経由のコースでも思いの外早く背稜に立つことができた。


     背稜南部に位置する朝日岳から南, 南西に延びる荒川の尾根を下れば五味沢の集落から小国街道,米沢線小国にでる。
   朝日の登山口であると共に一昨年入山した飯豊の石転び沢への登山口でもある。

     又,祝瓶山を隔てた南西の尾根を下れば葉山の広大なブナの樹林帯から米沢に下りられる。
   昔上杉景勝の家臣,直江義続によって開削され朝日軍道と呼ばれるのがこのルートにあたっていた。


    朝日軍道
     草岡から御影森山を越え,朝日の背稜に入り,三角峰(みすみ)から北上して尾根伝いに下ると,
   戸立山,茶畑山,芝倉山,葛城山,高安山,兜岩へと今回入山の折経由した荒川湖の東辺にある鱒淵に至る。

     この尾根は以東岳からの東大鳥川右岸尾根にあたり,現在は大鳥川に山道,東大鳥川沿いには林道が築かれていた。
   上流二股の泡滝ダムからは新たに右岸沿いに登山道が築かれている。
   昔大鳥池から下山した折はその沢沿い上部の山腹を巻く登山道で,今は廃道化されていた。

     主尾根も今は廃道,藪に被われている所が多く,所々に朝日軍道当時の面影は残されている。
   その思いを込め鶴岡から路線バス,繁岡からは会員バスを利用,45年前歩んだ12kmの林道を泡滝ダムに向っている。
   そして初めての大鳥川沿いの新道から当時の逆縦走を試みる。





    8月20日(sat)曇
        jr新宿上越線「快速ムーンライトえちご」青春18キップ(¥11.500+指定¥500),23:10
    8月21日(sun)小雨
        =4:51新潟,日新線快速:56=5:19新発田,羽越本線快速=5:25村上,羽越線:56=7:35鶴岡,大鳥行¥1.360,
        7:42=8:35大鳥登山口(会員バス¥1.200)9:00=9:30泡滝ダム(鶴岡駅よりタクシー¥15.000位),

    青春キップ
     飯豊山に続き新宿発「ムーンライトえちご」に乗る。今回は羽越線坂田より更に北上し鶴岡にでる。新潟から鶴岡まで運賃は¥2500,
   青春キップでは1枚分切符が不足していた。車内で清算すると車掌は新たに高崎までの切符を切る。

     運賃は¥1890. 0時過ぎて初めて停車する駅は午前1時到着の高崎駅になる。高崎まで1人分購入する事により¥610の徳になった。
   なるほど知恵比べか? 青春キップ利用法の本が出版されているのが頷けた。

    登山口の登山ルート図  
                 
   朝日連峰概略図                                        東大鳥川泡滝ダム,左が登山口

    羽越本線
     今日は日曜日と重なり何か行事があるのか? 羽越線は鉄道マニアで溢れていた。
   誰もが大きなカメラを構え,海岸線の左ボックスをひとり1人が陣取り独占していた。雨上がりの海岸線は重い雲が垂れ込んでいる。
   山側は荒れた藪山が線路に平行するかのよう被い茂る。坂田を過ぎると何処も人を寄せつけぬ自然の間々の荒い起伏が続いていた。

    アプローチ
     以外と質素な鶴岡駅前で路線バスを拾う。始発のバスの乗客は我々を含め4名,彼も終点まで行くようだ。
   駅舎を外れると碁盤の目の商店街を抜ける。そして広い庄内平野を北上した。一直線に赤川大鳥川沿いの街並を抜けて行く。

     庄内あさひに入って湯ノ沢岳登山口のバス停をみる。その先に「大鳥池38km」の道標があった。
   緩やかに緩やかに登る先への道,下る事はない。倉沢口あたりで,前方を走る小型マイクロバスに追い付いた。

     そして荒沢湖右岸沿いから大鳥川二股にでれば終点大鳥にでる。前を走っていたバスはこの先泡滝ダムに向かう会員制バスだった。
   宿泊者は登山口まで送迎, あさひ交通,7/16〜8/21日間で会員バス運行,


    逆縦走
     バス停前の旅館「朝日屋」で会員切符を購入。昔歩んだ林道で今日この会員バスの最終日になっていた。
   西大鳥川沿いから朝日スーパー林道への道を分け,同じ4名が東大鳥川沿いに入り込む。ここからは泡滝ダムまで細い林道になる。
   直ぐ対岸に発電所があり,泡滝ダムから引かれた導水路がここで落ちていた。

     裸土の林道はワラビ田の河原を過ぎると美しい雑木の森に入る。そして右岸沿いの道は狭まり道幅2m強になる。
   ガレ場で護岸工事が行われていた。車体幅に迫る林道が続き,右縁の崖下は谷底に落ちている。
   胆を冷やされながら昔下山したゴウラ沢出合を過ぎると泡滝ダムにでた。


     アプローチは入山も下山も年と共に変貌していた。下山ルートの古寺温泉からは今は宮宿経由ではなく少し迂回する国道を通っている。
   昔は山辺町と朝日町の間では車の擦れ違いがなかなかできず,冬期は又厳しい所だった。

     山交バスの運賃を負けさせた山形駅からの川辺街道ルートは,鳥海山付近に隧道ができ立派に改修されるも路線バスは廃線となり,
   山辺町営バスも途中までで通う車は少なくなっていた。

     今回も飯豊山行の時と同じようにT氏の迎い車が企画された。嬉しい事である。
   好意に甘え温泉回りで左沢で入浴,再びR287を小国街道へ,飯豊連峰に入山した時の街道である。それから新潟経由で関越道へ抜けた。





    泡滝ダム一大鳥池
      9:30泡滝ダム:45一10:20ブナ小:35一11:25七滝沢吊橋:35一12:55大鳥池,タキタロウ山荘(旧大鳥小屋)hc1,
  
   大鳥川右岸の径

    入山
     大鳥川出合,右岸の新しい道は確りして道幅もよい,歩き易い径だった。
   昔は冷水沢から沢を高巻きしつつ山側の枝尾根を越え,横松峠から黒淵小沢出合に下り林道にでている。

     東大鳥川本流まで大鳥川右岸をトラバースしつつ下った山腹は径幅が狭く足場は斜めに傾斜し,谷へ落ちる滑り易い径が続いていた。
   雪解けで濡れた斜面をボンボン下った思いがある。

     林道は長かった。泡滝ダムまで4時間,全て橋は落ち,藪漕ぎを強いられ,又林道を3時間掛け二股の繁岡(大鳥)まで歩んでいる。
   それが泡滝ダムまで車が入り,3時間程の登りで今は大鳥池にでられた。





    ブナの広い森が続く
   初めの1歩からブナ林の径

     最初からブナ林を綴っての登りになる。ガスが湧き対岸は望めぬ視界だが霧雨が心地よい。
   ましてブナの深い森,森雫の溜まる樹葉に霧粒が乗り青々しい緑。盛夏を過ぎても瑞々しさが溢れている。
   ここには焼けた樹葉の色合いを示す蒸す暑さはなかった。





   右岸の枝沢を渡る,11:00





   確りした径が続いていた





   冷水沢吊橋を渡って1本,バナナが傷み全食する,11:20





   ブナの巨木林の幹も曲る

    小屋番
     途中で「タキタロウ山荘」の管理人,清隆氏に出会う。40日目の下山だと言っていた。
   上品で体はか細く小屋番と思えぬ語りの優しい人だった。

     山荘には堰堤脇に小さな水力発電所があり,庭先にはソーラーパネルが設置され,併せてトイレの電気は通年使用可能との事。
   換気扇は点けぱなしで,電灯は不必要な時は節電するよう促された。
   そして火の注意と最後に宿泊料1人¥1.500をお願いしますと頼まれる。





  





   七滝沢源流を覆う小ブナ林





     七曲り上の絵地図付き道標               

   七ッ滝沢からの急登,七曲りで一汗掻けば大鳥池の湖畔にでる。途中で面白い絵地図付きの道標があった。珍しく1枚撮る。

    大鳥池・・タキタロウ伝説
     大鳥池は以東岳の北西麓にあり,水深66m,山形県内で一番大きい。岩魚や幻の魚「タキタロウ伝説」があり,それを狙う釣人も多い。
   ・・禁漁期間10/末〜5/末,

     九十九頭の竜神がこの湖の主であると云われている。古くは女人禁制の地であり,里のものが近ずくと雨が降るという言い伝えがある。
   伝説の巨大魚「タキタロウ」もまた,大鳥池の謎の1つ。「池の中に怪魚が棲み,その大なるは五尺,口は兎に似て,味は鯨の如し」と
   伝えられてきた。・・旅館「朝日屋」パンフレットより,

     昭和53年朝日村が企画した以東岳登山のグループが直登尾根,標高1250m地点で湖面を泳ぐ大型の魚群を発見した。
   背面は黒くぬれて光って見え,10匹前後は行動してをり,魚野頭部と尾部を入れて2m前後あると推定された。

     これが切っ掛けになり昭和58年に大鳥池の淡水魚育成環境調査が朝日村と民間学者グループとで行われた。
   残念ながらタキタロウは発見されなかったが今でも神秘の湖,大鳥池に棲んでいるだろう。・・鶴岡市朝日地域登山ガイドマップ,





    大鳥池々畔
   「タキタロウ山荘」玄関前から

    大鳥池々畔
     昔来た時は今より大分小さな大鳥小屋だった。余りにも汚く少し離れた湖畔にテントを張っている。
   当時はまだ一面の残雪に覆われていた。早い到着にホットケーキを食べ,湖上でボート釣りをした覚えがある。
   ただ餌がなく,何を餌にしたか覚えてはいない。糸と針を持参,手釣りの岩魚釣り,釣果は0だったと思ふ。

     赤い斑点を持つ小さなサンショウオが川辺には何処でもいた。最後の一泊と云う事で食糧を総ザラいし食べている。
   湖畔は雪の埋もれ何処でもテントが張れたが山荘から見る限り,それらしき場所は見当たらなかった。
   当時はブナの巨木林のみで,灌木の全てが小さく雪に埋もれていた。




      
           霞む以東岳のダイレクト尾根
   右肩は小法師山へ
    対岸の東沢と中ノ沢に挟まれた尾根

    タキタロウ山荘
     新しい山荘の収容人数は100名,2階建てでほぼ正方形の大きな山小屋だった。湖畔に向かい玄関があり土間も広い。
   二重扉を開けると正面中央に幅広い階段がある。その裏側の一階は左側に管理人室があり,他は広い寝床になっている。
   一面にアルミシートが敷かれていた。

     その広い空間の正面奥が流し場,蛇口の数も多い。外にでず直接利用でき,左脇から奥に入ると綺麗な水洗トイレが並んでいた。
   北ア,三俣蓮華山荘や八の硫黄小屋で見たような,山の中とは思えぬ洋式のトイレだった。トイレットペーパーの備えもある。

     2階は階段を上がると板の間が左右に横切って,ステンレス調理台等が棚に整然と並ばれていた。
   右に折れると小部屋が1つあった。小部屋と云っても16畳程あり広い。我々はそこに陣取り,まず寝床を作る。
   広いと隅に集まるのは人の習性か? ここは玄関の右上にあたる。そして柱を除けた少し離れた中央に調理台を2つ並べ炊事場とした。





    広い小部屋の一角を占拠
   「タキタロウ山荘」2F,18:23

    独占した山荘
     今日は先程お会いした小屋番も山を下り,我々3人だけの小屋になる。ウィスキーをチビチビやりながら広間の中央に集まりゴロゴロする。
   外は次第に薄暗くなった。ヘッツドランプを頭に付けるようなる。照らされた食膳に,ローソクを忘れてきた事をくいた。
   誰もが忘れ,ローソクの炎を見詰め語るすでを失っていた。無人の避難小屋, 大事な夜の風情が1つ失われたよう思えた。

     ライトに照らされた無洗米のカレーライスを摂る。生味噌も美味かった。体が温まる。
   ローソク1本があれば又違った山小屋生活を楽しめただろう。

    底冷え
     夜が更けるに従い着替えしても肌寒くなる。一昨日東京では今年初めての最高気温36℃を記録し,熱帯夜になっている。
   今まで電力不足で我慢していた体も冷房が入らねば寝られなくなっていた。

     そして昨日前線が太平洋沿岸に南下,北東の風が冷気を運び20℃近くになる。それ故体の慣れぬまま今日を迎えた。
   無人小屋で人気もなく,室内の気温は落ちてきた。その上寒気を伴った雨が夜半うなり,屋根を叩きだす。

     シュラフカバーのみの寝床,床下から上がる冷気に2度,3度と目を覚ます。体を丸く縮こませ,大きな部屋の片隅で3人が夜を過ごした。
   起きていた方が暖かったかも知れない。ただ我慢し暫し時計を見た。

     明日,明後日も冷雨に叩かれ続けるだろう。高度も上がる。今回は厳しい山行が夜になると訪れる。Sがももしきを忘れたとぼやく。
   我々も甘くみた。私はフリース類を持参しなかった。半ズボンに雨具,行動中はまだよいが寝る事が苦になりだしていた。


     21日,大鳥登山口=泡滝ダム〜大鳥池タキタロウ山荘
     22日,大鳥池〜狐穴小屋
     23日,狐穴小屋〜朝日小屋
     24日,朝日小屋〜古寺鉱泉=小国街道・・T氏の迎い車