川辺と海の釣り日誌U
                    1995年  1996年 



                                                                 1994年釣行日誌T
                                                                 
1997年釣行日誌V

   1995年(平成7年)鵜原船釣り,

  ハゼ, 辰巳汐見運河,墨田川,釣り始める。竹竿9尺を使い始める。
  
鵜原,漁船(まきえい丸),親潮の大陸棚沖釣り,年間通し釣り始める。鬼カサゴ,イサキ,スルメイカ,,
  矢作川水系,アマゴ釣り,
  平目,太刀魚,皮ハギ始める。
                                                                 潮時は東京竹芝標準

 1月03日

真鯵
カサゴ

京浜大津,まるまつ丸, 曇,時折晴れ間差す。
                                              中潮,満潮6:35,干潮12:09,
                               午前釣7:30〜12:00,右舷胴(12名),

    ボート釣から釣船へ。
      湾内でのボート釣りに出掛ける積りが,船宿に頼まれボート釣りからアジ乗合船へ,

    乗客が少なく,カッパから竿,竿掛け,仕掛け,全部を借りる。大型船での乗り心地は抜群だった。
      東京湾沖合にはアジはいるも食いは悪い,金谷沖で大サバを釣り納竿した。エサ含み含\5000,

   猿島沖,40m, アタリなし,
   走水沖,30m, 探知機に群れあるもアタリなし,濁り強く,アジ22cm,5匹,
        40m, カサゴ釣りに変更,カサゴ22cmを5匹,
   更に沖,金谷沖52m,全員にアジのアタリなく,一時大サバが群がる。
サバ32cm,2匹,
           船中,手釣りは3本釣が多いが,それでも10匹程で,アタリは極端に少ない。
             船は魚群を求め走り廻る。前半のみがアジ釣りとなる。
           タナ1.5ヒロ,通常は1ヒロとの事,
              ハリス2−2m,2本釣ムツ10,アンドンビシ120,手釣りは150,
           
小アジの場合,赤イカ丹,角切は出来るだけ小さく,丁寧に中心に付ける。

       *6日,マリンウェーブ,サロベッツト,\4.980,
       *舞泉グラス渓流竿1.5m\880(上)

 1月16日

太刀魚

浦安,吉野屋, 快晴,北風,波やや有り,澄む,
                              大潮,満潮5:32,干潮10:53, 7:30〜16:00,右舷ミヨシ,



    違った釣りを楽しもうと浦安「吉野屋」からタチウオ船に乗船する。
      浦安から走水沖まで片道1時間半,東京湾を縦断,長い旅の後,観音崎沖へ。
      もう太刀魚船が群団をつくり,湾口を埋め尽くしていた。

      走水沖〜観音崎沖,タチ80〜60m,T65mをキープ,中間ダレるが,平均的に釣れた。9:00〜14:40沖揚り,

   タチ65m, シャクリ上げアタッた後のタチウオの動きは凄い。強い引きの後,殆どに早い食い上げがある。
     海面に道糸が歪み浮く感じになり,この時ばかりは,目一杯リールを捲いた。そして張ると又引き戻しがある。

   1荷が掛かると小型の80cmでも引きが強い。一時,手動の手が重く動かなくなった。
     m級は更に凄い。浮き上がりの後,竿を引き込み,落ちそうになる。魚との力比べが始まった。

   そして
特厚のタチウオが船上に跳ね上がる。
     20cmの違いは,引きもそうだが,魚形は何倍の厚みをも持っていた。

   鏡が反射するような煌き輝く白銀の皮が,船上に飛び跳ね煌めき踊っている。
     新鮮そのもののタチウオの魚肌が鏡の光の如く舞った。
     それは直ぐクーラーに納められなかった。跳ね上げる力が強力過ぎ,押さえ収めるのに苦労した。

   シャクリにも馬力がいる。アタッてからの腕力は更に馬力を強いされていた。
     アタッた満足より,それから太刀魚との掛け引きが凄い。
     それが面白くもあるのだが,甲板に上げるまでは緊張が走り,上げてホットすると共に,最後に溜息がでる。

   太刀魚船の群団は膨らみを増し,保安船が航路の整理に付く。
     湾口に集まる船群団は航路をも埋め尽くして始めていた。
     船名を名指しで叫ぶスピカーがうるさいほどの船団をつくっている。その脇を大型船舶が悠然と通る。


   
後から思えば底釣りも試せば良かった。サバの切り身もあり,1人でも試す価値があった。
     後半,
大型クーラーはタチウオにみで満タンになる。

   帰港し船宿で,タチウオの捌き方の実習を受ける。私のクーラーから出したタチウオは立派だった。
     皮は添うよう取り,釣人達,皆で試食した。脂が乗り美味かった。

     シャクリは1mごと連続的に,
ワンテンポ遅れて大合わせ。
       竿,州ノ崎270,sls2000,テンビン,オモリ80,
       水中ランプ,又はケミホタル,なくとも影響はなかった。蛍光タコベイト,トリプルサルカン,
       ハリス8×3.5m×2本釣(
蛍光パイプ10cm,齒避けにもなる,タチウオ針M,スズキ16),

   サバの切り身ちょん掛け,
 
   短冊
 ちょん掛けエサは海中での回転が少なく,ハリスの絡みも少ない。
  しかし,端を噛まれ引っ張られると取れ易い欠点がある。
  そこで縫い刺しに。

 短冊を長方形に整え,身の厚さも5mm程に仕上げる。
  ハリ付けは片端の中心へ身側からハリを通して皮側に抜き,
  ハリ先を反転させ,1cm程離れた位置から今度は,
  皮側から身側へとハリ先を抜いた。










後半クーラー満杯で納竿,底釣り仕掛け持参も,

    タチウオ80〜110cm19本,外道なし,(船中16名,3〜22),\8000,

 2月12日

焼津, 晴後曇,水濁る,                                               若波釣友会,
                                        中潮,干潮9:30,満潮13:01,


      幹事
   突然,暮に若波釣友会,幹事会に呼ばれる。鰻屋「なかや」店主,高木氏に一杯呑まされ,幹事に推薦された。
     まだ入会して1年にも満たない。会員が大勢いる中,田中会長の下,幹事長の金谷氏も推薦してくれたらしい。

   我会の隠れた横綱,久郷氏は幹事になる以上,番付の上段に常に居座るよう励めと。
     幹事が確定したような言葉を吐く。

   私は快く承諾した。
     前回は別の釣行があり,若波の休会も多かった。ただこれからも鵜原の海釣りは外せない。
     釣行日の決定は若波より早く,仕立の漁船のメンバーに私も組み込まれている。


    初めての静岡の河川に興味を注ぎ,成案寺川に出向たが運には見放されていた。
      大型を落とし木屋川へ。共に出向いた澤田氏は今年度の超大型フナを引き揚げている。

  成案寺川  二股の前後に水門あり,水門とその前がポイント。
            水門下右岸淵, 唯一のアタリはハリスごと呑み込まれ取られる。
          仕掛けを沢田氏から譲り受け,ハリス留めに,その間々差したのが悪かった。それ程知識もなかった。
            
初めての尺ブナを上げて落す。ハリスを咥え逃げる大ブナの姿を見下ろす。
          6人中,1度のアタリ3人,
(沢田氏,大型1.5kを引き上げる。)
            橋上はハヤが多い,堀江氏は釣ったハヤを上野に放すと水箱へ。竿2間半,針ソデ7,8,
            タクシーを頼み全員で木屋川へ,藤本氏,堀江氏,沢田氏,そして私,

  木屋川    
桜並木, 橋寄り,昨年より大型混ざり,ぽつりぽつり釣れた。
                       12時,型良くなる,竿2間,鈎6, フナ8匹,
           公園横, 倍の川幅あるが水位変らず,釣れれば型は一回り大きい。
             コイ,ソウギョ多く1.5のハリスを悠然と切って行く。竿2間半,鈎7, フナ5匹24cm,
             キジ(
中央より房掛けにする),赤虫,
                                         フナ13匹,1.96k,14/34位,
          *16日,快翔インタースルー300−30\4.900(日)

2月19日

平目

鹿島,第二清栄丸,                       右舷ミヨシ2,仕立8人,\100.000,     小檜山,松村,他,



       鳥越釣友会,小檜山,に誘われるが冬型気象で風強くウネリ高い,又寒く酔う。中潮,満潮7:19,干潮1:08,

  
 酔う。出るものは全部吐き出す,中途半端な釣りとなる。
     気力もなし,黄色い胃液を吐き出した。

     タチ25−40m、波に関係なく,底より
リール2回位い上げる。
       流しそれぞれ1本目のアタリが多い。2度目はイカリ針が多かった。
     竿,快翔,sls2000,親針ヒラメ19,マダイ12,孫ハリ,オモリ60,
       鼻掛けの場合、生イワシは蛍光玉2と上アゴに掛ける。目に刺さる事が多く注意,
       トリプル6号,イカリは1本だけ刺す。
                  *27日,春渓,硬調アルチレングス53〜45ダイワ\9.000(日)
                 *5日,竿掛け,ライトラーク16,第一\8.800(三水)

3月19日

木屋川, 曇後一時晴れ間,水濁る,                                        浅草帽釣会,
                                  中潮,満潮6:16, 17日春一番,雨,18日雨,

    この数年,干潮時の松原橋で大釣りをし,常にトップを占めている。
      そのポイントを取り,金谷氏と動かず頑張るが,最後まで通す事がはできなかった。
      夜明けより干潮までは,余りにも時間が長過ぎた。

   松原橋上, 金谷氏と干潮まではと粘るが,待ち飽き食いなく移動する,
           
やはり,ここで12時,全員入れ食いとの事,会トップを独占していた。
            左岸橋下は根掛かり多く不向。竿3間,鈎7,・・フナ3匹,
   団地手前, 上流に良いポイントあると金谷氏と共に遡るが,川底は埋まっている。
            戻り,小フナの群れ見つけ釣る,竿2間,鈎4,・・フナ5匹,
                                     フナ8匹,(15検量),1.10k,23/32位,T,5k,

3月26日

清水,巴川, 朝方よりミゾレ,手がかじかむ,                                    若波釣友会,



      24日から2日間雨が降り続き,25日は気温が急に冬戻りする。かじかむ手での釣行になった。
        糸ミミズは凍り,御殿場周辺では帰路,残り雪を見た。

   神社前,平瀬, フカセ釣り,オモリ,カミツブシ程度,
            水深30cm程あるが流れが早い。軽き大きなウキでハリス長く,
              ハリ7(
6良),上流二股付近,小さいが乗っ込みあり。

      私はポイント分からず,皆決まった場所が既にあるようだった。
        仕掛けも木屋川と同じで,替えるよう云うが,助言はそこまで。何を如何替えるか分からずにいる。
        益々,フナ釣りが分からなくなった。釣れれば面白味も増すだろうが。
                                           フナ2匹,316g,
 
    左,下流,

4月04日

アマゴ

南信,矢作川(ヤハギ)水系羽根川, 小雨後晴,                            美濃羽,星野,石川,松村,



      遠征のアマゴ釣り
   渓流釣り,釣り掘と違った初めての渓流釣りを楽しむ。
     中央道を西進,諏訪湖では路肩にまだ残り雪を見ている。飯田ICを降り,昼神温泉手前,国道153を下る。
     前日,前々日は東京は雨で,今日は曇天,急に気温が上がりだしていた。


      アマゴ
   南信,矢作川水系,羽根川,黒川で竿をだす。
     東京より4時間半,よくここまで来たものである。道中は長かった。
     平瀬橋付近で竿をだす。肌寒いが小雨に渓流は洗われ,神秘的な朝モヤに被われていた。

   橋下は流れ強く,水量は前年より多いとの事。
     竿6.1虎珀,オモリ4Bで流れの穏やかな対岸寄りをさした。

   流れに沿い目印を追うと,流れの境目で引き込まれるよう沈んだ。流れ強いも初のアタリがでる。
     長竿が綺麗にしなり,待望の
アマゴが姿を現した。アマゴの初釣りである。
     山を越えて来た甲斐があり,初めて手に取る美しさ。ポイントは同じ所で,更に1匹を追加する。

   橋上,浅い荒瀬を流す。オモリ有るかないか程の軽さに替え。
     ハリスを踊らせ流すと,飛び跳ねるようハヤが掛かる。浅瀬ゆえ,なを更引きが良い。
     冷たい雨が留まることなく,まだ続いている。

   上流に良い落ち込み有り,環境は抜群だが,アタリ0,明け方が良かったようだ。
     (前日放流,明け方良く食ったとの事,)

   下流の大きなトロ,アタリ0,(ポイント,今日の放流場所とのこと,やはり朝方良く食う,)
     10時,渓流を歩み,見渡すも,全体にもう釣人殆ど居ず。イクラ,ブドウ虫,キジ(濁り時),

      イワナ
   暖かい陽差しに変わり, 羽根川支流枝沢,小川川でイワナを釣る。
     市瀬橋より上流は藪多く,川幅は狭く枝木が谷に被さっている。トロもなくアタリなし。
     上流から小5匹釣った人に出会う。オモリが軽く考慮する必要ありと。

   強い陽差しとなり,川沿いに
フキの頭が顔を出していた。
     昼神温泉の露天風呂に浸かり帰京。\1500,当日解禁\700,

4月16日

山女魚

箒川,那珂川水系, 霧雨,                                              美濃羽,松村,



   高速道,西那須野,塩原より国道400を遡る。草加より3時間半,
     解禁後の日曜日,釣り人多いが竿は全体に上がっていなかった。


   塩釜,塩湧橋,下流堰堤, 温泉街真中の堰, 
     解禁,初釣りと意気込むがアタリなし,丁寧に探るも一投目からウキの変化は見られなかった。
       釣人は多い。初竿から食わず,動き回る人ばかりとなる。イクラ,

   上流ホソ(甘湯沢)出合,
     釣人居ず。出合は広い瀬となり,上流側から荒瀬が落ちている。
       目一杯,竿を出し,川中央を狙う。行き成り強い引きがきた。竿があおられ引き込まれる。

     型は大きな
大マスが掛かった。一度,手前に回り込み遡上しだした。
       竿は弓なりに張られ,道糸0.6切られた。今日,最初のアタリだった。ハリ8,
       美濃羽氏は橋上からその状況を見ていたらしい。焦るなと悟らされる。

      心は落ち込んだ。まだこれからと竿をだす。
       又もやきた。今度は固い手応えがある。ハヤが確実に食い竿を立てた。
       しかし手元で振れた途端,スッポ抜ける。
ヤマメ6,

   古町,警察署と一本松の間の瀬, 美濃羽氏と共に,まだ釣果は0。車で移動する。
      瀬を狙う,釣人は断然多くなく,皆ある程度の収穫は持っていた。

      適当に大きな沈み石が多い。その周辺を1つずつ丁寧に探る。
      待望のヤマメが石下で引き込み,漸くタモに入る。それからはリズムに乗る。
        ペースは遅いも確実に釣れだした。もう納竿している人も居る。その中を釣る。

 
                                            春渓ダイワ53, ニジマス2,ヤマメ6,
 

4月24日

与田浦周辺, 曇,20度,暖かい,28,29日小雨,            若波釣友会試釣11名,
                                              田中,藤本,堀江,横山,折原,干場,
                                              高木,坂森夫婦,清水,神戸,松村,


   毎年恒例の春の与田浦,フナ釣りに,総勢11名で試釣する。
     何処でもフナはいた。ただ大釣りが出来るかに,疑問が残る。

   六号水路,高速道−機場,墓場前右岸,平均水深50cm,幅10m以上,
              竿2間,1匹,バレ1,下流藻穴周辺,良,
   南水路,      竿2間,探り釣り,5匹,バレ2,
   矢良川新堀,機場手前,  竿2間,1匹,上流カーブの所は釣り人多い。
   南水路,止場口,       竿2間半,3匹,
9尺フナ初めてタモ使う。朝方は更にでた模様。
   (黒須新堀),         下流,水量なく濁り。上流,水なくやや澄み,
   (学校裏,大割排水路―新島中学),水なし,
   荒川水路,           釣人多く水深と流れあり,竿2間半,手前フチ,1匹,

     田植え時期のわり,水量少ない所多い。フナは所々ハネている。
       だが,フナ見受けられるも乗っ込みは終りとなる。例年より型は小さい,袖4,赤虫,キジ,
                          *17日,前フラッシャー\4.900,
                         *23日,渓石,渓流竿3.6,カーボン\4.000(日)

5月14日

ヤマベ
カワムツ

原野原川,太田川水系, 曇,前後日雨強し,                                    浅草帽釣会
                                              1:00出―20:00宅,
     袋井ICよりバイパスを戻り,原野を過ぎてポイントに入る。
       
田園,山河の環境が素晴らしい。終点,上流より開戸橋まで下ってみた。


   橋下右岸瀬の吹き留まり,左岸寄りより竿をだす。型小さいが数がでた。竿2間,
   深場の岩盤
トロ,      左岸より心地良い釣りを楽しむ。シモリが沈む間にカワムツが食い込んだ。
                     仕掛けが馴染む前に,向こうから口をだし,苦労することなく釣れる。
                    渓相は抜群だ。対岸には藤柳が被い,カジカが鳴いている。
                     何時まで居ても飽きない,渓谷美が続いていた。

   荒瀬,深み右岸〔高橋氏〕と中央の左岸吹き溜まり,竿2間での拾い釣り。長閑に沢を下る。
   
トロから瀬―平瀬,   竿2間半に変え,膝下の水深と浅くなる。
   大きな堰下右岸,   小ヤマベが堰下に群がっている。ここより上流が美渓, 
   原谷橋(計量場),    薄濁り,水量多く流れも早い,アタリ取れず。
                      針,秋田キツネ3.5−4、コマセ競技用,紅白サシ2,バカ,

       カワムツが全体量を示すが,下流へ下る程ヤマベ多くなる。
         試釣では水量少なく澄み,半分はヤマベ。

       カジカが鳴く中,見事な渓流美があった。山女魚が居そうな沢相だった。
      
  (ハヤベは尾が丸く,ヒレが黄色味を帯びている)
                                           ヤマベ,カワムツ2.915k,14/34位,

   下,下流,
    上流は素晴らしい美渓の流れが続く,釣りと下る歓びを味わう。

5月28日

ヤマベ

江川,鬼怒川水系, 曇,水濁り水量多い,                                     若波釣友会,
                                        2:00出一5:30〜12:30一16:00,


      鬼怒川とその支流, 田川との間を流れる小河川,
        一級河川だが川幅4mあまり,まだここでの大釣りは私にない。

   下江川より江川まで下る。川を知る為,早めに移動するが成果なし。
      下江川橋,下アタリ多い。
      牛小屋より小型入れ食い。
      上流,びわ橋より大型ポイント。
      上郷,ホソの好ポイント。
          20匹検量で満たぬ者多数,ヤマベ15匹220g,フナ2(20cm)
          竿2間半,針3.5
(3良),バクダン(ベニ,ウニ入り),バカ,

   下,下流, 2度目で沢全体を味わう。
                 *31日,カラマイン0.7〜0.9mm(3.6、1.5、5.3)各\1.500東作,

6月2  .
〜3日

イサキ

江見,茂丸, 薄曇り,波ややあり澄み,水温高い,                           両角,星野,松村,(素泊),
                                         5:30〜11:30,左舷トモ,


   午後少し早めに東京を発つ。明るい内に着いた船宿で1泊,明日に備えた。
     晩飯を食べに外へでる。食堂と居酒屋,奥がクラブのような不可解な店舗に入る。
     外人が居ると誘われるが,朝が早い。ひつこい誘いを逃れ,釣りに没頭する。
                                                中潮,満潮6:56,右舷トモ, 
   小型ではあるが釣果のでている中,昨日,今日は潮が悪いとこ事。
     無線連絡でイワシも居ないと船頭は嘆く。

   初め御徒町「日の丸」の主が制作したウィリー3本仕掛け,夜光カブラ2号で釣るも,1度もアタリはなかった。
     エサ釣りに変更する。タナ18m,ひと流し毎に1匹ずつ釣る。

   釣れぬ割りに1匹を待つと一荷,トリプルとなった。ただ後が続かず。
     アタリ弱く最後に一荷を逃がしたのが残念だった。

     竿,快翔インタースル300,sls2000,オモリ60,
 イサキ12(28cm),沖メジナ1(30cm),イワシ3,

     大トモ,25cm前後の
ウマズラ゙を専門に釣る。又,良く上がっていた。
       
サビキ釣り,アサリの缶詰をエサに良く上がっていた。

 6月11日


テナガエビ

佐原磯山ワンド周辺, 曇,                                              上野釣喜会



    まだテナガエビを釣った事がない。釣れる場所があると参加するが,釣果はなかった。
      ただ,近くでヘラが跳ね,ヘラの乗っ込みと出会う。

      フナ釣りで全員,市和田へ向かう中,私1人,手前十二橋でバスを捨てる。

  
テナガエビ, 
    ワイド前草林側,十二橋大橋下流1k,薄濁り,
      狙ったポイントには既に小森氏の釣会が入っていた。今回はテナガを狙うと云う。
        アタリなく,会員はバラバラに散る。やはりアタリがない。早々に私も移動する。
        水深1.9m,薄濁り, 竿2.1,オモリ0.5,エビ釣2,タナゴ釣,
                                        赤虫, テナガエビ1,キジ,タナゴ2,ダボ2,
      与田浦,中洲新掘は良型が釣れる。ただ水深があり,長めの竿2〜3m,玉ウキは見える範囲で小さく,
        オモリは重め0.5〜1,専用針以外ではタナゴ用の新半月,三腰,キジ,

  フナ, 

    ワイド,
ヘラのポイント(乗っ込み),竿2間半,2間,シモリ,
      後からヘラの釣人が集まってきた。コマセを捲き,ハラは脇の私にも寄ってくる。
        エサ釣りの為か,良型が食いだした。置き竿2本に交互にくる。

      7寸のヘラが竿を沈める。心地良いヘラの引きが続き,堪能する。
        一段と引き込みの強いのは
ワタカ,又ヘラがくる。

      ヘラは競技として良いのか?
        良く掛かるが,水箱で六号,墓場前まで生かしてもつか? 台車の必要を感じる。

      釣れて不安を感じる。粘って良いものだろうか? 初めて故,よく分からない。
        今,釣れている。六号,墓場まで歩くには距離があり,一度ビクより水箱に移してみた。
      そこそこに離れる。最後まで釣ればトップは間違いなかった。
        まだ特大は出なていい。
                                           袖4〜5,赤虫,
ワタカ1,ヘラブナ5(7寸),

    中州新堀(草林側)  水量なくアタリなし,
    南水路          六号水門でビクに収める。そして南水路へ,水少なく釣人いず。 
    北水路          水なし,
    六号水路,
高速下流コンクリート橋,濁り強く真茶色,
       ヘチを攻め魚道に当たる。強い濁りにもフナはいた。
         小ブだが,引きと,その探りが面白い。アタるにつれ魚道が分かった。
         狙いを定め,仕掛けを送るとフナがきた。小さくとも狙い道理で心も弾んむ。

       竿4.5,シモリ,鈎
4〜5,上針15cmハリス5cm,下針15cm,赤虫,
         (墓場前,型小さいが入れ掛かり,)                  フナ(3〜4寸)12,

  

   
今回はテナガを釣りたく外道に走るが,食いなく却ってヘラに恵まれる。
     アタリのないテナガに,ヘラの重い引き。1人だけで歩き回った事になる。
     この時期,ブクは必要,                            フナ1.060k(15匹検量),6/20位,

   
会として,何処でもフナ釣りでヘラブナよく,活エサだけでなく,練りも良い理由が私にはまだ分からなかった。
     当然,毛バリのみ禁止であるが。フナに練りが優位で,ヘラは活エサを禁止している。
     フナ釣りは何故良いか, 理屈を付ければ分からぬ釣りが,殆どの釣会で認められている。

 6月25日

ヤマベ

 
6月18日,ヤマベ釣り, 全員大釣り,若波釣友会休会, 竿9尺,針2.5がよかった。
             撒餌,生きエサの場合,青,赤ベラで,ネリの場合は,グルテン系が良い。

大幡川(大井川右岸沿え) 曇,                                         浅草釣寿会
                                                 11時半納竿,


    上流で大型が出ると聞き参加する。数は今一だが,面白い釣りを楽しむ。
      若波メンバー,沢田,高橋,私が上流より下ってみた。

 
   湯日川と大幡川,下流は下,
 大幡橋,下車,  
  上流二股で,朝を待ち釣るがアタリなし。
護岸工事完成,

 亀乃尻橋上流, 
  カーブ付近より上は護岸工事の為釣りとならず。

 堰毎に釣る,
  14匹,オス1/3
,オスは立派だが,メスも大きい,

 富士フイルム,  
  (右岸は入れ食い,左岸吐き出しも良い。入れず,)1匹,

 二股,      
  入れず,

 ふくずみ橋,   
  二股,型小さいが,入れ掛かり。入いれず,小1匹,

 下流,堰,     
  下流に入り,オスも型小さくなる。朝方,釣られたかも,4匹,

 
×曲がり地点から下流, 
  アタリなし,


     大型のヤマベ,その引きを味わう。

     大井川の放流で水位が増し,流れが強く釣りにならなかつた。
       数は出なかったが,上流はオス,メス共に型良く,若波メンバーが上位を占めた。
 
    数より型が上流を占めていた。瀬のみならず,ヤマベは皆の竿を大きく曲げさせていた。
       竿2間半,フカセ,ヤマベ針3.5,
(白サシにサラダ油を混ぜる.30分前),赤サシ,
                                          ヤマベ1.30k(30数検量),8/24位,

       *24日,皮ハギ竹竿1.8m二本繋ぎ,田中より譲受,

7月02日

皮ハギ

岩井小浦港,正木丸, 雨,(前日,一日中,雨),                                   浅草帽釣会,
                              中潮,満潮6:30,干潮13: 左舷ミヨシ(5人),6隻,


   初めて
皮ハギ釣りに参加する。
     朝方,波高い中,岩井小浦港を出船する。潮は濁り雨は甲板を激しく叩く,9時まで3枚,後は外道が続いた。

   飛沫を上げ,まず富岡沖へでた。カッパを被るも,もう内側のチョッキまで濡れている。
     アタリと誘い方が分からず,最初の1枚を確保した時はほっとするも,後が続かず。

   外道が多い,特にチンチンはよく釣れた。その中,以外に利き合わせがよく3枚を揚げている。
     殆どが上ハリ釣り,船が移動前に2枚を追加した。

   雨は相変わらず強い。岩井沖,何度も流すがアタリは取れなかった。0匹,
     外道,カサゴ(23cm),トラギス,チンチン多くベラ,ウミヘビも。 オモリ25,

     カワハギ竹竿1.8,ハリス3,3本鈎,丸セイゴ7,
ハギ釣5,カワハギ4,小さい,オモリ,鈎付き25,
     (
水管よりベロを通し.捻ながらワタへ出来るだけ小さくまとめる)アサリ@600×2,
                                       T原田16, カワハギ5(20〜23cm),11/27位,

7月09日

白ギス

鴨川(浜荻港)角佐丸, 凪,モヤのような霧雨,水濁る                               若波釣友会,
                                   若潮一中潮,干潮8:11,4隻8人乗り,右舷3, 


     次第にシロギス釣りが楽しくなる。湧く心を抑え鴨川浜荻港へ出向く。

   
初めて右舷。初めての3本釣×1m,今日よりキス1本に専念する。
     沖側より流れあり,船首を潮先に向けている為,仕掛けがトモへ流れる。

   ホツリポツリのアタリに焦る。その上秋田キツネ7がスッポ抜けける事が暫しあり,型良くキツネ8に変える。
     ただ外道も多い。アジのアタリが多く,納まると今度はフグが来襲,続けて仕掛けを切られた。

   隣りに釣座を取る山田氏に仕掛(
金玉入り)を譲り受け,変えると食いだした。
     1流しで8匹,入れ掛かりはないが,遅いが本格的にキス釣りが始まった。

  
秋田キツネ(田中氏使用)は大型には不向きのようだ。オモリ15,投げても仕掛けは船底ヘ。
     船底でもキスが食い出し,アタリは多くなる。私の釣り仲間,美濃羽氏に星野氏も参加,

   フグ5,カワハギ,ベラ,アジ,メゴチ(ジャリメ2杯弱)
                                               シロギス42匹1.815k,11/32位,

7月23日

デキハゼ

塩浜汐見運河, 曇後晴,薄濁り,若潮,干潮8:15,
                                          田中,藤本,金谷,山田,折原,久郷,沢田,松村,



   汐枝橋,下流,左岸,
     江東区の塩見運河,ここだけは護岸がない。暑ければ土手の木陰に身を休め,釣ることもできる。

   
東京で素晴らしい自然の環境が整っている。釣人が群がる事もない。
     初めての釣行,我が家の近くにもまだハゼの釣場はあった。


   8〜13cmのデキハゼが湧き上がっている。
     釣れなくなるとカラス貝を踏み潰せば又,寄ってくる。

   上潮の後,大型でるとのこと。折原氏が聞き込んだ場所は,素晴らしかった。

     少し斑があるも,何処でも釣れる。自然の景感がハゼを湧かせ,育てている。

   田中氏より竹竿9尺を譲り受け修理も終わり計¥20000を使い手に入れた。今回より末永く使う事となる。
     仕掛けの簡素化が必要,オモリ0.5,細地3.5
,金袖3,ハヤガケ7,
     キジ,アオイソメの食いは変らずアタリが取れた。
                                   
ハゼ120前後,10〜12cm,
  我家から20分,楽しめる場所となる。

    
土手には大木が小枝を広げ,東京にもまだ自然その間々の土手が残っている。
      ゴカイが獲れ,カラス貝がびっしり付き,4次のデキハゼ産卵まである。

    
1997年に土手は護岸され,しおかぜ橋が対岸に架かる。
      釣場も完成時には設けると謳っていたが柵で覆われコンクリートの護岸はハゼ繁殖を極端に鈍らせた。

7月30日

デキハゼ

塩浜汐見運河, 晴れ濁り強し,              中潮,満潮6:12,
                                       山田,折原,沢田,横山,干場,松村,(藤本,久郷,)


     場所は近く,各々が出向けば良いが,集まり集団で釣行する事になる。

   朝方地震あり,湧いているも,食いアタリとも弱かった。
     カーボン竿2間,オモリ1,金ソデ3.5,ハヤガケ7,アオイソ, ハゼ48匹8〜10cm,

   前日も不漁との事,
     ビール1本で宴会,納竿する。会費¥3000高く批判がでる。
                        *5日,ハゼ竿中通しカーボン,ミスズ@3.980(上)

 8月14日

外房沿岸, 快晴,朝より日差し強い,                    若波会試釣,
                                             金谷,山田,久郷,横山,折原,沢田,松村,


    ハゼ定例会を外房で試みようと出掛けるが,場所を絞れず,
      夷隅より利根川まで長い探りの釣行が続いた。

                             中潮,満潮,6:45,干潮,12:45, 2時出,
   夷隅川,和泉浦,         干潮では本流との間に砂盛りができ,魚の流れなし。
         右岸,          橋より河口までアタリなし,
         右岸橋上,       1時間半でデキハゼ,40匹前後,
         左岸ボート置き場   2本竿,9尺,ハヤガケ7, ハゼ5(9cm)
                         2間,ソデ5,
良型ハゼ4(16cm)
   南白亀川,観音堂橋,      全員アタリなし,
   波崎港,              干潮で水がなく沖合いが良い,2間,ハヤガケ7,型良く12cm,
   利根川,大利根旅館前,     沖合いまで濁り強くアタリなし, ハゼ1,
        川尻,           竿出す人居ず。鉄船付近で
シジミ採る,前年よりシジミも小さい,
                      ジャリメ1.5パック,
     夷隅より食い悪く南下,最後は利根川,川尻まで,長いドライブの後,海岸にでる。
                              (当日,一の宮川,間々釣れた。幡谷氏,)

8月20日

君津市,小糸川, 快晴.34℃,風なし,                                        若波釣友会,
                                         小潮,干潮6:45,満潮13:50,



    汐見運河と小糸漁港,
      

   汐見運河, 左岸船着き場, 明け方,探るもアタリなし,竿2間半,
   小糸漁港, 揚船場のカケアガリを利用して釣る。
明け方入れ食いとの事,
             金谷,山田両氏が波打ち際に座り込み,釣っていた。釣人は多い,
             奥寄りが良く,良型混ざりポツリポツリの釣り,9尺,オモリ1,金ソデ5,ジャリメ,
          満潮前後はハゼが斜面に付き釣れ,干潮前後は斜面先の水深30cm程度の所で釣れる。

   潮見水路, 出合,忘れる頃のアタリで1時間釣る。
             竿2間半,オモリ1,ゴカイ,イナ子多くキジが良い,
                            歩くのみ,ハゼに身離されていた。ハゼ0.485k,

8月27日

塩浜汐見運河, 快晴,36度,昼近く風出る                              折原(専務),沢田,松村,
                             大潮,満潮 6:21,干潮11:44, 6:30〜11:30,


     満潮前後に合わせ4時半に出掛けるが,待ち合わせを間違えたのか?
       仲間が集まらず,出発は6時になり,初竿からの入れ食いは食いの半分を逃す。

   前回より100m程上流,深場で竿をだす。
     6時半,コンスタントな釣りも,潮が底になると,アタリがなくなった。

   
ヘチにハゼが,びっしり付いている。竿が邪魔で糸釣りをする。
     面白い事に川底と違い,エサを10cm離すと側壁に留まるハゼは見向きもしなかった。

   しれが近づけるとエサとは云わずオモリにも,体当たりでアタリ,入れ掛かりになる。
     1時間程で,ヘチより底へとアタリが移った。,正味入れ食い2時間程。


   前回の下流,護岸の上(満潮時,入れ食い)は,あまりアタリがなかった。弱い。
     少し長靴で立ち込んでみた。2間竿,長めに投げてゆっくり誘うと意外にアタリあり。
     アタリ弱く,シモリを完全に引き込む事はないが面白い釣りを味わう。竿2間半良いかも,

   竹竿9尺,2間,,オモリ1〜1.5,ソデ5,金ソデ5 ,アオイソ,
     正味入れ食い2時間程, 前回よりやや大きくなるが,大型見ず, ハゼ224,
           (当日,
長浦,大型入れ食い,バス4台,藤本氏)

9月03日

塩浜,汐見運河, 晴,水澄み32度,                               折原(部長),松村,(干場,折原),


    折原氏の兄に誘われハゼ釣りに出向く。2人と思いきや,又会の仲間と出偶わした。

  小潮、満潮11:50, 満潮時,下流深場で,まあまあのアタリ,
      干潮16:38, 干潮前,上流堤より本流より角,入れ掛かり
              4時30分,入れ食いの中,納竿する,
                    竿9尺,2間半,金袖
4〜5,オモリ1.5〜2,アオイソ1/2, 型,先週と変らず,ハゼ150,

 9月10日
漁船釣り

ハゼ利根川,若波釣友会,休会,
  対岸,銚子で久郷氏2.6k,清水氏3位, 山口食堂前,2人で入れ食いコチでる。


平目
鬼カサゴ

鵜原,まさえい丸, 籐エム(пj0470−76−2088,
                                                   折原,宮腰,深野,友江,松村,
        曇後晴,凪,水澄む,右舷大トモ,


      鵜原への道
   折原氏のグループに誘われ,初めて鵜原,大陸棚での沖釣りを体験する。
     前年に若波釣友会に入会し,折原肇氏に出会う。そして兄を紹介され
大海原に出向く事とになった。
     仕掛けは折原,深野両氏に学び,沖釣りの道具は,殆ど宮腰氏より借用した。

   緊張と興奮の為か,港に着く前に久し振り車に酔う。食べ物は一切口に受け入れられず。
     夜明け前の鵜原港に着き,乗り物酔いを醒ます。

   呆れ顔が浮ぶ中,自分でも以外な事に沖釣りの期待が多かったのか? 船上では酔わなかった。
     乗合船ではなく漁船である。今釣れているものを釣り,釣れなければ釣魚そのものを変更する。

   出船前,船上から小アジの群れをタマですくい,沖ではアジ,ヒラメそして電動で鬼カサゴに挑む。
     何にするも楽しかった。見守る仲間と船頭の会話も楽しかった。

   その上,帰宅後,自慢できる鬼カサゴを確保した。
     贅沢にも私の釣ったグロテスクな鬼カサゴが家族全員に,1匹ずつ大皿に乗りことになる。

                                 大潮,満潮5:18,干潮11:36, 5:00〜12:00沖揚がり,

     鵜原港→勝場港
       港は,まだ夜半である。夜明けに沖で竿を出せるよう,船の照明に頼り準備した。
         出船前,港で
小アジ5cmの群れをタモですくう。

   アジ釣り,    鵜原沖,水深20m, コマセサビキ釣, 
              (小湊.入れ食い1〜2.5束,八幡丸),船中1匹のみ,
              竿,インタースルー,sls2000,幹糸4,ハリス2,サバ皮鈎9,オモリ50,
   ヒラメ釣り,    胴付き仕掛け100−80−80,エダス80,2本釣, 活アジでアタリなし。
              「まさえい丸」にアカイサキ入れ食いと無線が入るも,味が淡白だと希望者なし?


   
鬼カサゴ釣り, 水深130〜85m, ハリスの分だけ底を切り持竿で釣る。
               アタリりは明確でよく取った。電動が唸り,心地よい引きを何度も味わった。
               初めて見る魚達が,力強い引きを持ち,竿先に伝わってくる。

     ハリス8〜10,全長125−60cm,エダス30,2本釣,ムツ17,18,
     蛍光緑ビーズ,
タコベイト(半割り),オモリ100, ケミホタルは潮の濁りが強い時に使用,

     
アタリがでた場合,底よりハリス分だけ上げ,向こう合わせで引き込むのを待つ。
     先月,木更津で釣ったハゼを餌にすると,カサゴが大きな口を開け食った。
     
冷凍ハゼ,潮見ハゼ,サンマの短冊,イカの短冊,生ドジョウ,併用がよい,

   釣れなくなると,船頭の意見を取り入れ,釣場が変わり,また釣る種目も変る。
     仕掛けは近場の釣りでも,魚に合わせ,ごっつく,針も桁違いに大きかった。

   初めて作った仕掛けがカサゴの掛かけ,それにカサゴが掛かり重く電動が動いた。
     釣り道具は殆ど仲間より借りたが,これから鵜原へ通う事となろう。
     鵜原,道代丸
                                           
鬼カサゴ7,カンコ1,トンボ1,
     (ハゼ,江戸川放水路,小ハゼ入れ食いアサリ大量,送電線下,星野氏,)

9月23日


小鮒

外房,大原〜八日市場, 曇後晴,                            若波会試釣
                                                     金谷,山田,折原,高橋,松村,


     ハゼ,小ブの定例会の場所を求め,外房へ出向く。
                                 大潮,干潮10:10,満潮16:31, 3:00〜18:00,


  ハゼ,  塩田川(大原港北河口,深掘)  波高く底荒れ濁り強し,
              右岸公園横カケアガリを狙う。アタリ弱く少ないが
型は良い。
              竹竿9尺,オモリ2,ハヤガケ7,青イソ,
       一宮川上流    フナ場探すも水量少なく,底は岩盤でヤマベ向き,
  小ブナ, 東浪東(一宮)  
上潮がよい。上流水門はクチボソ多い。他は5〜6cmの平均的な小ブ上がる。
                    竿2.1,アキタキツネ1×2,
赤虫は真中を刺す。
                    撒き餌はイモニンニクグルテン,

 

 竿2.1m,2本釣,アキタキツネ1,赤虫,
 蒔き餌, ニンニク,イモニンニクくグルテン,























くねる東浪東の水路,

  フナ,   蓮沼10号水路 イナッ子多くアタリなし,
  小ブナ, 八日市場用水 水流れずヘドロ部分多い,幾らか澄んでいる所は3〜4cmの小ブが群れをなす。
                     竿1.5m,2本釣,アキタキツネ1が極小針,ここでは撒きに
ホワイトグルテン, 
                     タナゴ仕掛けがよい。

  ハゼ,  汐見運河(辰巳)竹竿9尺,金袖5,型大きくなるがアタリ乏しい。
                     (ハゼ,23日,エビス第二対岸,三小派川,
小型3束,篠沢)
                     (ハゼ,8日,汐見,大潮で入れ食い。10日は不調,)

10月10日


ハタ
イサキ

鵜原,まさえい丸, 雲,東北東の風強くウネリ強し,左舷大トモ,
                                                折原,深野,宮腰,友江,関口,松村,



     鵜原も2度目となると仲間意識が生まれ,分からぬ事も聞き易くなる。
       まだ釣り道具は借り物が多いが,仕掛けはそれなりに全部作ってきた。

     前回より余裕は出るものの,好奇の目は留まる事を知らず。聞く事,なす事が楽しい,酔いもなく嬉しかった。
       また前回は帰路を運転し,道を間違える。次回は運転するなら仲間を寝かさずにいなければ。

      釣目
   船頭の前日の釣果で,釣り種類を決めているが,初めから近海釣りと決めても,
     当日の状況により,又無線の入電により,釣るものが変ってくる。
     守谷沖から鵜原沖に移動するも,今回は大釣りの報告はなかった。

   乗合船と違い,釣れるものを釣る主義のようだ。仕掛けは回数を重ねるにつれ大掛かりとなる。
     浅場から深場仕掛け,そして無ければ船頭が使えと出してくる。

   もう1つの中型クーラーは仕掛けで満杯になる。それを何時も持参する。
     竿もそうである。ただ他では味わえぬ釣りの醍醐味を,今回も楽しんだ。

      大キジ
   便について,小はミヨシ中央で出来るが,大をする所がない。
     宮腰氏が私の所に飛んできた。船の移動を利用して大を打つと云う。

   左舷,大ドモ角に小さな穴があった。
     そこは常に岩壁に着岸する折,クッションとする発泡ボールが置いていた。
   覗くと小さな穴から海面が見える。そこでキジを打つと云う。なる程と思うも嫌な話である。
     本人のみ,心地よい顔をしているが。


                                          大潮,満潮5:51,干潮11:45,
  アジ,   守谷沖,鵜原沖,  水深20〜15m,サビキ,
         20cm前後ムラ多いがアタリあり,  アジ35(ハタ釣り用,活エサ)
             竿,インタースルー,sls2000,オモリ50,

  ハタ,   活アシ,゙  洲崎270,荷80,sls2000,オモリ80,
          ハリス10,上1.3mで親子サルカン,0.6mでオモリと4.5mでムツ針14,(船頭作)
            海底より2m上げ釣る。又
活エサの場合はハリ小さめに,底より0.5〜1m上げ,2本釣,
            道糸―120cm−40(10),エダス(8)40〜60,親子サルカン(折原),

  カサゴ,  ウネリ,風強く沖カサゴ中止し一時ダウン。
          前日に宴会があり,30分程ダウン船上で寝る。目覚めはスッキリし,快調にイサキ釣りに挑む。

  イサキ,  水深40m,ウィリー3本釣,タナ15mで一荷一度のみ,  
          今日の潮は全体的に右舷ミヨシより左舷トモに流れ,アジにしろコマセは船底を流れた。
            洲崎270,荷80,sls2000,シャベル60,

10月15日

白ギス

鴨川,相生丸,(右舷三胴) 快晴,ナギ,澄み,                                   浅草帽釣会,
                                   中潮,満潮9:11,干潮14:15, 6:00〜13:00,


   朝方の入れ食い時,リール不調,取換えにロスする。ひと流しを失い,後半の釣果に影響した。
     後から悔いるが手入れと準備の不足が仇となる。

   竿2.1 8−15荷,オモリ15,キス1匹も取れず,アタリも分からず竿荷を変える。
        私には竿が強過ぎるようだった。何時もの柔らか目の竿が慣れており良い。

   竿2.1 6−12荷, 食い気が悪く,もたっとした感じを取り続ける。
        秋田キツネ8,キス競技用9(ビーズ付)3本釣,
        
(釣元に2cm程の蛍光パイプを付けると良い。
                         チンチン4,小アジ2,メゴチ1,ベラ1, シロギス2.71k(15〜20cm),13/32位,

        (ハゼ,子安,アタリ弱いが数でる。篠沢氏,)
        *18日,リール,シマノss500,\1380×2,
        *メターロック1(100m)\2.240,ナイロン2(50m)\650,日,

10月29日

越中,古石場川, 曇,
                                                中潮9:08,納竿8時20分,


    越谷に住んでいる両親に,今日の晩飯にと,材料確保に出掛けてみた。
       釣る時間が余りにも短か過ぎたが,型と数は天婦羅にするには十分過ぎた。

   商船大学東,調練橋と釣船橋の間,北側より攻める。

   
初めての場所である。越中島付近で秋に良型が釣れると数年前より聞いてはいたが場所が分からないでいた。
     先日,改めて耳し,釣場を探す釣行をした。キーポイントは地元の人から越中島,そして運河と聞くのみ。

   地形図から一番小さな運河を探し,古石場川を見付けだす。
     この運河は高い壁に囲まれよく分からない場所だった。2度も回り込み対岸に入口を見い出した。

   左岸古石場,福島通運前で釣る。6:50〜7:20,
     係留された船は以外に多い。朝方の静かな川面,動かずポツリポツリ釣る。
     心地良い引きと静かな
1人釣りを楽しむ。型はこの辺では見たことがない程良型だった。


   釣りだして20分,釣宿の船頭が禁止を告げに来た。
     理由は子供が真似して溺れ。町会から管理を委託されている故と。

   昔よりハゼの釣船を出している宿,船釣りより釣れるのを僻んでいる。
     煙草1本の余裕を貰い,語りながらハゼ5匹を釣る。
ずば抜けたハゼがいた。ハゼ12cm23,

   船頭から船宿の桟橋で釣るよう最後に言われた。
     後日,地元の人に承諾を受ける。出船後,竿を出せば問題ないと。

   釣船橋, 桟橋より釣船の間を狙う。アタリのない姿をハゼ船の釣人が見ている。
     馬鹿にされたようで早々に竿を下ろした。小ハゼ4,

   石浜橋は流れ強くアタリ取れず,汐見運河に廻るがハゼ1匹,竿2間,袖6,ジャリメで,アタリなく越谷へ,

11月05日

ヤマベ

葉梨川(焼津、朝比奈川) 快晴,                                       若波釣友会,
                                                6:00〜12:00,


 

   抜戸橋下流左岸吐き出し,   
       堰下を高橋氏と釣るが鮒,特に鯉が多い。初めより仕掛け取られる。
         蒔きエサ(ウニ)で鯉を集め,合間にヤマベを釣る。
                         水深20〜30cm,秋田キツネ3.5→
2.5→袖3,で1本釣,
       吐き出し下では,金谷氏が,両足を川に突っ込み,腰を据え竿をだしていた。
         小型だが食いは良い。

     白サシ(アタリが弱い時,意外と赤ヌキ良し)
     
流れの強い場合,オモリを上げるか,ハリスを長くする。
        最後に途中,残りの捲きエサを捲いたら,ヤマベガ大軍をなし群がった。
                                              ヤマベ1.55k,11/28位,

11月12日

白ギス

鴨川港,治平丸, 晴,ベタ凪,                                            鳥越釣友会,
                           中潮,満潮 8:06,干潮13:23,左舷トモ,2隻, 6:30〜13:00,


   大型船一艘,潮の流れきつくオモリ15が船底に戻る。
     9時前,入れ食いあり,移動後もポツリポツリのアタリを取る。

   後半は焦りもあってアタリが取れず,ムダな時間を過ごした。
        2本竿,名古屋テンビン20,(
竿入船,穂先折る),中通しテンビン15,
                    シロギス2.28k, 11/29位,(前日は風,波高く1時間で納竿)
                    大型賞,
コロコロ(地元ではカスコ,45cm)

   朝方はトラブルでバスが時間通り着かず。蘇我で車を乗り換え,結局3台を乗り換え,鴨川港へでる。
     バス待ちと昼食時間の長さ,宴会のような時が過ぎ,帰宅は大分遅れ,8時半にずれ込む。

     鴨川港
           〔ハゼ,小石場を澤田氏に教え,時間をずらし1束でる,折原,沢田,両氏〕

11月19日

小鮒

外房大布川, 晴,初霜で体の震え止まらず。                                  釣喜釣友会,
                                               中潮,干潮8:10,


      大布川橋下流
   2っ目の橋まで下るもアタリなし。当日は晴,初霜で朝方は体の震え止まらなかった。
     
戻り1っ目の橋下,左岸カーブの深みで初竿する。対岸は葦が茂り下流では一番のポイントになる。

   初霜のせいかジットしていると体が振えだす。朝方,入れ食いあり,フナの体も冷たかった。
     竿2.1,2本釣,赤虫で小ブナでは3cmと大き目だが,その分引きはよい。

   周りをよそに良く竿が動く。タナ研の横綱,成田氏がハリを貰いにきた。
     その脇で釣らせる愉快さ。周辺10人,トップを維持する。
                                     竿2.1,2本釣,赤虫2
   岸辺に日が差し出しアタリが鈍くなる。日陰,対岸を狙うも今一つ。
     竿3.3で釣るが長過ぎる兆候あり。


   20m下流で鯉,大フナ集まりだした。更に30m下流,10cm前後のフナが小ブとは違い釣れだす。

     長竿で数釣りとは云えないが心地よい引きを楽しむ。
     
竿3.3良
蒔き餌,イモグルテン+アルファー21がよく利いていた。

   浅場,水深50cmの捲き場がフナで群がるのが分かる。数より竿の弓なりが楽しくなっていた。
     前半の全てが1匹の重量,それが20匹。会を忘れ楽しく釣る。

   下流6m先で置き竿,人居ず大フナ掛かる。それが流れて私のポイントを攻めだした。
     見る間に散り出したフナ,釣り全てを終える事になった。 



   (大布川橋より上流30分,橋4〜5本目,養豚場上で10時,) 
     養豚場附近で暖かくなってから小ブナ3〜4cmが入れ食いで上位独占する。T402匹,金谷氏,
     又河口寄り右岸ホソで折原氏178匹,
                                            フナ117匹,10/20位,〔下流では4位〕,

    左が北側
     *22日,防寒具Riet雨具クラレ\20.000(日)

11月23日



スルメイカ
沖カサゴ

鵜原,まさえい丸, 曇,朝方風ありウネリ強し,大潮,                  右舷,胴,
                                                折原,宮腰,友江,関口,阿部,松村,


      荷物
   鵜原に来る都度,仕掛けの種類は多くなるなり,専用のバックが必要となる。
     極端に違う浅場と深場の仕掛け,そしてイカ釣りは独特のサビキが必要である。
     竿も又異なる。荷負40から150の竿が必要となる。それ故,竿の本数も多くなる。

   今回は釣場が広範囲に及んだ。
     守谷沖の浅場で小アジに混ざりカマスが入れ掛かりとなり80を超え,ウネリある沖合へ出る。
   ここでも水深200mでサバの入れ食いが続いた。更にスルメイカに変り大型が出たところで底釣りへと。
     鬼カサゴ,ノドクロの型を見たところで,潮の凄い流れとなった。道糸は230mを超え,底立がとれなく納竿する。

   クーラーも小さくとも45リッターが必要となる。それに電動,バッテリーが付く。
     入れ掛かりとなるとクーラーは重い。1人では抱きかかえられぬ重さとなる。
   車はハンドルが軽くなり,馬力が酷く落ちた。
     半年後,仕掛け入れは,中型クーラーから化粧ケースに変った。


   アジ釣,  守谷沖,水深40m,コマセ, 
            小アジの後,ひと船流して,形良く入れ食いとなる。
              コマセ入れずに落とし込む。中アジに
カマスが混ざった。
              カマスにエダス幾度か切れられるが,両トモに集中する。
                         サビキ3―1.5―14本(金袖8),東京湾用, アジ80,
         
   サビキ,明け方はサバ皮,明るくなりスキンが良い。
              (関口氏,ミヨシで活アジにイナダでる)
   サバ,    ウネリ高い中,沖へ出る。水深200m,  
             タチ75mでサバ入れ食い。フラッシャーサビキ赤布,オモリ150,
   スルメイカ,  ハリス8,エダス6,プラズノ5本(18cm),1m間隔,
             エダス10cm(船) オモリ150,     大型1杯,
ブルー泡入り,
   沖カサゴ,  水深150m,底潮の流れが速く,一度タルミを直すと20〜30m道糸が伸びる。
            一度は230m,再び落として底が取れなかつた。ハゼ,
サバの短冊,
                                       鬼カサゴ1,ノドクロ1,
          (
カワハギ,岩井,小型入れ食い84匹,藤本氏,)

11月26日

墨田川,蔵前テラス, 曇時折小雨,                                          藤本,松村,
                                   中潮,満潮8:07, 8:00〜10:00,

    蔵前橋〜両国橋, 右岸テラス蔵前寄り,流れ強くアタリ弱い。
       深川より釣船入いる。やや両国寄りが良い。和船が現れ橋の間を流しだした。
       流れ強く,アタリは弱かった。桜橋,蔵前橋上では入れ掛かり。
                                  竿3mリール,オモリ15,ハゼとセイゴ,

12月10日

ヤマベ

萩間川森下橋,下流右岸(西萩間上)                                   浅草帽釣会納会,



   横山氏と萩間上へ遡る。左岸の土手は4mと高く降りえず,綱を使用,渡渉し対岸カ-ブ地点へ。
     樹海に被われ向いは壁。岩盤の川底は中央にやや大きな溝があった。

   隠れたポイント,



















民家とも離れ径みなく対岸は壁となり,環境は抜群によい。

00年,護岸工事,
 川幅を広げ,全くく渓相が変わり釣場は,失われた。

   そこを狙い右岸より釣る。
     ナマズが川中央縦ミゾに黒く集まり,その上を中フナと型の良いヤマベが群がる。

   
景観は抜群,又釣りのポイントとしても云う事はない。釣り易さがある。
     足場は川底からカケアガリの砂地,竿を振る広さは十分だった。
     澄んだ清らかな水が流れ,ポイントは樹木に被われていた。

   ナマズ,コイを避け,その都度ポイントを変え狙う。飛び付くヤマベは引きが良く,型も良い。
     横山氏と交互に釣る。樹間から漏れる陽差しも暖かく心地よい。川面に煌く光線も絵になっていた。
                  竿2間,シモリ,
サシ釣3.5, 朝方赤サシ,白サシ,サラダ油漬け赤サシ,ネリ,

   全体的に水量が乏しかった管谷川は全滅。
      久保田橋より上流は小ヤマベの数釣りとなる(T,3.5k,4位まで),2/3下車,
                                          ヤマベ1.735k(若波T), 5/23位,

     (4日,ハゼ,本牧ダルマ船,あまり動かず70匹,小檜山氏,)

12月17日

皮ハギ

岩井,高崎港,正木丸, 快晴,凪,                                   東京皮はぎ同好会納会,
                                  若潮,干潮5:30,満潮12:00,右舷2,


     東京皮はぎ同好会の皮ハギ釣りに参加する。竿は田中氏より譲り受けた。
       皮ハギ釣りの面白い事は分かるも,竿を出してみない事には?


    初竿,一投目で両軸リール動かず,換えてから,ぽっりほっりのアタり。
      船釣りの都度,両軸がよく絡む。もっと下準備が必要に思えた。

    隣り藤本氏の指導を受け,1つ1つ学ぶ釣り。丁寧に真似るとよく釣れた。
      形を変え真似ること数回,指導よく飽きる間もなく釣れる。引きも万別で面白い。

    11時,全く釣れなくなり,エサばかり取られた。集中力が足りないと聞くも,上げるとエサがない。
      先程の釣りが嘘のようにエサばかり取られる。それも綺麗に3針共である。

   
針先は常に上を向いているよう修正取れた。無理に上げ今度はバレる。
      気を取り直し,常に藤本氏を真似る。アタリが又分かりだし皮ハギが乗った。
      そして型が小さくなる中,今度は突き上げた皮ハギを釣る。

      カワハギ竹竿1.8,がまかつチヌ(カワハギ)小,ハゲ4,丸セイゴ8〜9,

   クーラーは皮ハギの山,
    楽しく帰港,終わって看れば船中3位,私にも賞金¥3000がでた。

                                 船中3位, 皮ハギ中25枚,外道にベラ,トラギス,
    
大きいアサリは,ベロ等分に切る,又は水管を取りまとめて上釣に刺す。
       部外者は私1人,納会で朝食がで,賞金を頂いた上,昼は大名定食を御馳走になる。
      (洲崎,皮ハギ釣り,場慣れなし大40匹,山田氏)

                                       若波釣友会,トータル順位,7/10回,26/46位,
1995年Top,



 1996年
(平成8年)

  ハゼ,塩浜,汐見運河,護岸工事始まる。
  鵜原, ヤリイカ,目鯛,ムツ,トコットメバル始める。
  相模湾,カッタクリ釣り始める。又,墨イカ,真蛸始める。
  大原, ショウサイフグ,花ダイをも。
  アジ, 手ビシ始める。

 

 

   * 7日,sls電動丸3.000(宮越),充電器(折原),バッテリー4.000(多)
   *15日,35Lクラー@4.000(ジャ)

1月21日


スルメイカ

鵜原,まさえい丸,                                     折原,深野,友江,増島,関口,松村, 

                          大潮,満潮6:11,干潮11:31,左舷胴,5:30〜12:00沖揚がり,


      夜明け
   今日も船上で夜明けを迎える。母港,鵜原港で船を照らしていた灯りも,沖合に向うに従い落ちた。
     闇の海上は,おぼろな境が夜明けの兆しを知らせていた。空はまだ闇の中だが。

   水平線に白味掛かり境ができる。それは刻一刻と明るさを増し,周りをも明らめていた。
     船上の灯かりも落ちた。船はその境に波を切り進む,空は明かるさを急激に増した。

   1月としては暖かい朝,光1点の煌きが日の出を呼び込んでいる。
     朝焼けと共に竿を持つ。初竿は何時も湧き上がる太公望だ。

   波1.5m,沖合い50分,既に凄い船団が群を作っていた。
      勝浦沖,外房でもこんなに船が群がるとは。海水温は高い。

     大サバ,  〜7時,水深190m,フラッシャーサビキ5本,オモリ120,
150,
            
10―8―10本(フラッシャー赤のみ)間隔30,エダス10,下45,
             丸セイゴ13,ムツ14〜16,〔船頭〕
                               ゴマサバ11,マサバ3,オノアカドム(ムロアジ科)2,
     スルメイカ, 水深210m,ツノ18cm5本,オモリ120
150,
             増島氏,朝から底を狙いアラ2kでる。サバとイカの短冊,右舷トモ,
                                          スルメイカ12,ヤリイカ2逃がす,

1月28日

真蛸
墨イカ

  

鴨居,栄吉丸, 快晴,凪,水澄む,                                        折原,関根,松村,

                     小潮〔29日長潮〕,満潮9:56,左舷ミヨシ,4:30出―7:00〜14:00沖揚り,



     タコと墨イカ2本立て,前半はタコ釣り,冬の陽差しを一杯に浴び,長閑な船上の釣りを楽しむ。
       反面,イカ釣りは無残に終わる。潮が強く流れ海は荒れだした。底立ち取れず早揚りする。

      タコ
   鴨居沖〜観音崎沖を流すがアタリなし。水深30〜40m,
     快晴,無風,波なく素晴らしい日となるが,タコとは縁がなく一杯も掛からず。
     澄み切った空と暖かい陽差し,単調な探りにアタリなく,眠気を誘われた。

   10時,掛かった。船中,初の重みは軽過ぎた。小さいと思ったが足に掛かっていた。
中型1杯を上げる。
     折原氏はタコ壷仕掛けを上げた。船頭は中を見ずに下ろせと言う。
     海上でも何処かに監視の目があると。

     道糸テトロン20,先糸ナイロン18,タコベイト,マダコテンヤ50と赤のビニール巻き,
     船頭仕掛けは先糸に中通しオモリ15前後あり。サンマ半切,(イシカニ,ワタリガニ),










これのみ一杯,
  仕立て\35.000,
          昼までに各々1杯ずつ上げる。憎らしい事に船頭は5杯,腕の差か,

      墨イカ
   正午過ぎ, スミイカに換えるも船頭含め全員アタリなし,
     底を取り直す都度,2m前後,送り続ける。船底の流れは強く,道糸を張るのが難しかった。

   風が出て,流れ速く道糸を張るのが難しい。ウネリと共に早揚がりする。 

     スミイカ,新素材4,先糸5〜6,親子サルカンより4〜5m、15cmスッテ,50cmスミイカテンヤ20,シャコ,

   船宿,今日でマダコ釣り,スミイカ釣り終わりとの事。これからは五目タイ釣りになる,
     帰航時,港で
トンビの物凄い群れに出会う。頭上を重なり会うよう旋回し,100をも超える。
     対岸の洗岩には
カモメが対抗するよう群れをなしていた。

     観音崎沖,湾口にはタチウオ漁の船団が群をなし昨年と同じ凄い風景に見えた。
     猿島沖,アジ,カサゴの船団あり,
     フナ釣り,T2.6k,0匹多数,浅草帽釣会,

2月25日

ショウサイフグ

大原,山正丸                                          折原,宮越,友江,阿部,松村,
                               小潮,満潮8:24,干潮10:27,左舷ミヨシ寄り,


     夜半,暖かったが明け方より気温が下がる。今にも降りそうな重い雲に気温は,ぐんぐん下がっていた。
       10時頃には足先は震え指はかじかみ,エサが付けずらくなる。
                                          
   大東沖より大原沖,海岸沿いに御宿沖(網代湾)まで,探るがアタリなし。
     乗合船14人, T12,最低0,外道にマダコ,ホウボウ,ヒタヒラメで,胴でヒラメ釣り0,
     カットウ釣, 竿,マイティーマスター2.1,竿弱い。ナイロン10,中通しオモリ25,両(蛍光ビース)
             上,丸海津17,8〜9cm大型イカリバリ,

   
緩やかに小さくシャクる(30cm幅)大きくシャクルと反って逃げる。
     上鈎,
アオヤギ,イカ,アオイソメ, 中通し赤オモリ25,鴨川の場合は15,
                               フグ5匹,アオヤギ,エサ付き\9.000,
     上鈎仕掛け,ハリス10,間隔50cm,エダス10cm,親子,丸セイゴ×2, 
             (2月15日,ショウサイフグ大原, 小潮,平均して大型35〜45,折原,宮腰,深野,増島,)

3月03日

イサキ
メバル

鵜原,まさえい丸 快晴,                                   折原,宮腰,深野,増島,関口,松村,
                        大潮,満潮4:14,干潮10:18, 右舷胴トモ寄り,



    近海釣り,食わないのか,居ないのか,反応は全くなし。
      辛い釣行となる。ただ空だけは何処までも深く蒼かった。

  イサキ,      勝浦沖, 6時〜 北風,ナギ,澄む, 
                 魚探反応あるも潮流れずアタリなし.
                 あっと言う間に船団に囲まれるが,アタリ皆なし,
                 水温12℃,オキアミで35cm1匹,ビシ60号,

  
トコットメバル,   御宿沖, 8時〜8時半,仕掛けはイサキ釣りと同じ,澄み,
                   白波立つ,船中,宮越氏の赤イサキ1匹のみ,底でカサゴを上げた。
                 カサゴ仕掛けに換え,
ユメカサゴ1匹釣る,アタリは弱し,90号,アオヤキ,゙

            勝浦沖, アタリは相変わらずないものの,潮が少し流れたと無線が入リ,戻る。
                  紅イカ丹でイサキ33cm2匹,
                  ハリス2―3本釣,イサキ5,(ウィリーの場合,細地ムツ9〜10),
      4,5日, 3日に続き潮流れず,不漁となる。

3月09日
   10日

    *ムツ針丸型15(カサゴ)、イサキ針5金,白、3号(小アジ)、三崎針4
      各100個 イカツノ(浅場用)              \2.500(竹芝)
      アンドンビシ5mm60@1.520、両軸マイターホ     @2.000(キスリン)
    *親子サルカン5×6(100)@2.000、イサキサビキ,            (質)
    *ニューシャフト8,1000m@1.040、パワーハンター5,100m@1.850
      NFTパワースウパーループ船270(40〜60)      @5.200 (浅草)
    *ダイワ,島影ヤリイカ240,                 @1.000 (宮越)

3月17日

真鮒

 

   

新川,備前川〔土浦〕 雨,南風暖かし,                         若波会試釣,
                                                  山田,清水,干場,折原,松村,


     新川手前,ホソより初竿するが,本流,備前川と食いは薄かった。

   新川,桜並木下,

   新川, 河口ホソ.アタリなし,新川橋下流左岸ヘラ仕掛け3間半,
       常陽新聞社前,満開の桜が散り,釣りずらいほど,桜の花が川面を被う。
       ズキ釣り2間半,桜並木上右岸13cm,釣4,


    新川上流,メモ,

   備前川, 国道,橋下右岸,ブルーギル,ハヤ,コイと外道多く,フナの姿は見ず。
        下流,桜川への二股と水門,赤虫,
   何処も全員がフナ釣れず,期待にそえず納竿した。5:00一14:00,下谷神社,


  下流,霞ヶ浦吐き出し〜JR鉄橋付近,
 
3月上旬よりフナが入り始める。
  波状的に何回も乗っ込むのが普通,

 A,ドック側は護岸壁のため釣場は高く,4.5m以上の長竿が有利,又柔らかいリール竿で軽く投げても釣果あり。
   浄化センター側は護岸ヘリに降りられ釣り易い。水門から霞ヶ浦寄りに起伏のある底がありポイントとなっている。
   沖目が狙いい。

 B,新港橋直ぐかみ手の舟着場周辺,抗や竹が散立しヘチより沖目まで。
   ここから天王橋までは圧倒的に右岸の方がポイントが多い。反対側はCのスクール前,

 C,護岸に降りられヘチを重点的に探る。

 D,E,右岸となるが枯れアシにサボがあり,舟着場,沈船と非常にポイントが多い。

 F,天王橋上部左岸,機場までは変化があり狙う価値は十二分にある。竿3〜4m,
   エサは赤虫は探り用に,キジは数本竿を並べて置く。新川不調の折は境川へ。


3月24日

真鮒
クチボソ

   

与田浦, 曇,日中肌寒し,                                              若波釣友会,
                                                 13時半納竿,


      この所,他会でも釣果は悪く,釣りにはならなかった。
        フナ居ず,バスの中で,田中会長の一言でクチボソ含めての五目釣りとなる。

   六号水路,墓地前    
      水位落ち,クチボソ以外はアタリ乏しい,釣れても小ブや小ゴイのみ。
        クチボソは赤虫を針に通し差すると良いと聞くも,中々難しい。赤虫,キジ,

      地元の人の話では前日,水を抜いたとの事。撒きエサの効果もなし,
        何か詰らない競技となる。

      クチボソ,釣2,
赤虫は丁寧に1匹を中通し,針出す, 
         フナ,釣5(
4良),(練り,ブドウ糖入りグルテンが良い。) 
                                       小ブ,クチボソ350g,20/41位,

4月28日
〜29日

ヤリイカ

   

鵜原,まさえい丸 快晴,                                  折原,宮腰,深野,友江,関口,松村,

                         若潮,干潮8:09,満潮13:38,左舷胴,3:30〜13:00,



   この所,ヤリイカ不調でイサキを予定でいたが,船頭より前日,急にイカ釣りの連絡があり。
     初めて見た。
50cm級の厚みあるヤリイカを釣る。

   又,今回初めて釣りの後,船頭の経営する民宿「藤えむ」に宿る。
     夜は魚ずくし美酒に酔い,朝方は海岸を散策して,勝浦の朝市に回り帰宅した。

      船団
   凄いイカ船団の中に入る。外房の沿岸各港から乗合船が集まり,その中に漁船も手釣りを行っている。
     網では取れぬヤリイカ, 海を埋め尽くす船団を見て,それ程イカが居るのだろうか?

   過去にタチウオ釣りで,東京湾河口の凄い船団に出会っている。その時は警備艇もでた。
     今回は,それを何回りも上まった桁違いの軍団が,大海原を占めていた。



   御宿沖,芝田, 水深は浅い90m,朝方乗り好調,
特上の大型ヤリイカに初めて出会う。
              浜卸で1杯,¥1000の高値が付いている。町の魚屋には出ない代物である。
              1杯釣るも1荷の重み,50cm級の厚みある見事なヤリに電動は唸り,微笑が自然とでる。
                  ハリス6,エダス4,ツノ5本11cm,オモリ120,(大型の場合
ツノ14が良)

   大原沖,     水深110m,海上ナギ潮トロトロ,乗り悪くメス30cm2杯,
             
 船頭仕掛け,ハリス4,エダス4か4−3蛍光紫は必ず加える事〕
                                         ヤリイカ13,
甲イカ1,釣りと宿,\18.000,

5月19日

ヤマベ

平塚,花水川支流金目川, 晴,                            若波会試釣
                                                  折原,山田,成田,高橋,沢田,


       厚木,小田原幹線道路,平塚インター下車,金目川平塚橋の上流へ,
         沢は全体的に,やや流れが速くザラ瀬が多い。

       深いトロ場はないが,トロ状の所は何処にもあり,ヤマベのアタリがある。
         又,この川は
漁業権がなく,ザラ瀬に出て,投網で鮎を取っていた。ヤマベに鮎が以外と混ざる。

   上流,座禅川, 浅過ぎ,釣りとならず,

   
水道橋付近, 浅いが左岸がトロ状で,型良く入れ掛かり。竿2間半,釣2〜3.5(ヤマメ4〜5,サシ3),バカ,
              ハリス13〜15cm(ラーチ,マイテー0.2,色付き\650),

            
流れの速い場合,張り気味に少し遅めに流し,一時タルませる。
              その時アタリがある(追い食い)
必ず1本釣,
              竿2間半,針2〜2.5,ねり,栗虫,バカ必要,6:00〜16:30宅,

  金目川,
   左が下流, 漁業権なく洪水防止の為,渓相はその都度変る,年3度,

6月02日

ヤリイカ
スルメイカ
カサゴ

鵜原,まさえい丸, 雲後晴,                                    折原,宮腰,深野,友江,松村,
                          大潮,満潮4:28, 3:30〜12:00沖揚がり,左舷トモ,



      この時期,勝浦は主力となる魚は居ないが,海水温が低い為,ヤリイカが釣れるかも?

   ヤリイカ,   勝浦沖,水温18.9℃,水深90m.潮流れずノリ渋る。
                       ツノ11―6本,オモリ120,ヤリ0杯,
   スルメイカ, 水深180m,二枚潮でお祭多い。
                       その上サバ20cmで仕掛け降りず,釣りとならなかった。
         190m降りた所でスクリューにからまり道糸を
切断する。
                       後は又,50mで仕掛け止まり,振り切って道糸を降ろした。
                 1杯は掛かるもり,祭で絡み落とす。1荷3回,
                       ツノ18―6本,オモリ150,       スルメイカ17杯,
   鬼カサゴ, 浅場のメバル狙うも反応がなく,カサゴに変更する。
                       水深80m、3本針80cm,オモリ100,
                       
鴨川(冷凍キス,腹腸なし)とタコベイト,中鈎にカンコ35cm,
        根魚の場合,タックした後,最低15mは手捲きする。特に大型はバレ易い。
        
予備の竿は必要,出切れば電動も。
                         *8日,セチュリー,ヤリイカ240オリン@6.580(上)
                         *14日,アサヒレンボーV@3.000(日)

6月16日

白ギス

鴨川,浜荻港,半七丸(左舷胴2,), 曇後晴                                    若波釣友会,
                               大潮,満潮4:28,干潮11:06, 5;00〜12:00揚,


   釣行中,アタリは少なかった。朝方と揚がり1時間前後が食いだし勝負になる。
     キスは以外とピンキスがでず,18cmと中型が多かった。

   前回,穂先を折ってしまったせいか,糸が絡み多く平服した。手返しが鈍くなる。
     ヤスリで丁寧に丸みを付けなければ,又,
同じ事を繰り返すだろう

   一昨年のヒラメに続きソゲを落とした。
     今回はフグは少なく仕掛けを切られずに済む。ただメゴチが多い。
     キスに関しては飽きる事はない。塵も積ればの形で釣れている。

   
糸を切り,暫らくその間々で釣るが,アタリ取れず。不精は大敵だった。
     酒を呑みながら直すも,やはりアタリの違いを知る。
     その後,荒食いはなくとも,そこそこの釣りを楽しんだ。ジャリメ1匹掛け3杯,

   隣りの幡谷氏より,もっと
真面目に釣るよう忠告を受ける。
     船中,動き回らず。酒は釣りながら呑めと。竿を離している時間が長過ぎると。

   初めて釣行した沢田氏は元気,それに比べ横山氏は船酔いでダウン。
     坂森氏は釣れぬと嘆き,私が模範を示した。釣れるぞと。
     竿入船2.1m,
新素材1,秋田キツネ6,7,秋田ソデ9,ピンク玉,蛍光緑チューブ,

                外道はメゴチ,小アジ,シジミ(下ヒゲ2本,黄色),フグ,
                                         シロギス2.175k,13/31位,

 6月23日

ヤリイカ
スルメイカ

目鯛

   

鵜原,まさえい丸, 霧雨,                                      折原,深野;山崎,友江,松村,


      靄かかり霧雨,潮流れず,濁りあり,西北西の風,海水温は浅場で18℃,
                                   小潮,干潮3:03,満潮8:53,左舷,胴,

  ヤリイカ,  御宿沖70m,朝方,入れ掛かり,初っぱな3杯掛かるが後,続かず。
                   知らぬ間に周りに居座っていた釣船,漁船の船団は姿を消していた。
                   オモリ120,メスイカのみ10杯, 

  スルメイカ, 120−100m,型にはムラが多いが,落とすも確実に一杯は掛かる,
                   又,スルメイカに幹糸切られた。オモリ150,
                  
細かいアタリはイカ掛かり,一度振るってから上げる。)

 
 メダイ,  120m,    根魚カサゴ仕掛け,3本釣ムツ18,イカ短冊に換えた時,
                    友江氏,山崎氏のイカツノにメダイのアタリあり,
                    カサゴの餌にもメゴチ(鴨川)も良い。
        早速,船頭から仕掛けを借り,釣り直す。イカ短冊は出来るだけ長く,
          底より5m上げ待った。程好く強いアタリの引き,43cm.1kを釣り上げる。

        エサは今,釣り上げたばかりのスルメを用いたが,本来は冷凍の方が柔らかくよいとのこと。
          ハリス8,エダス8,160cm+230間隔+210,親子サルカン,ムツ14×3,(船頭作)
          一般的には置き竿,
                                 *6日,ヒップ,ウエダー@4.950(上)

7月07日

ヤマベ

金目川, 曇,                                                     若波釣友会,
                                            2:00一12:00納竿,


     鉄砲水のような増水の金目川, 前回,試釣で来た時とは渓相は,全く違っていた。
       川中央に堆積していたゴーロは崩れ,ヨシをなぎ倒している。
       川底は藻を磨き剥ぎ取ってしまっていた。一度荒れた河川が,ここまで変るとは。

   水澄む土屋橋上流堰2っ目まで遡る。
     浅いトロ状と瀬,オスも小さい。
          竿2間半,秋田キツネ3.5,紅サシ,
練り(良),アユの投網多し,
                                     ヤマベ400g,16/26位,

  下流,

 7月14日

デキハゼ

塩浜汐見運河, 薄日,                                     折原,沢田,松村,(金谷,山田,)
         ぽちぽち何処でも平均的に釣れた。

                                      大潮、満潮3:34,干潮10:14,

  
 竹竿 水深のある場合,目印を2ケ所付け,竹の弾力を利用して穂先で釣る。
       浅い場合は道糸を水面と平行的感覚で張り,穂先の弾力で釣る。
                     竹9尺,金袖3, 1本釣,オモリ1,(沢田氏ハヤガケ7),アオイソ,ゴカイ,
       アタリは多い,ハゼが小さ過ぎるせいか,却って鈎先を目立つ程出した方が掛かりがよかった。
                                            ハゼ6〜8cm,2束前後,
       *19日,シブイト24番,200m@2.800,

 7月20日

真鯵

走水,高司丸, 薄曇,潮濁り強し,                                       宮腰,深野,松村,

             中潮,干潮13:15,
(手ビシ釣り)午後船,右舷トモ,10:00−(13:00〜17:00)−21:00宅,


      手ビシのアジ
   初めてシブイトで手ビシ用,道糸を作る。宮腰氏の助言を受け,色電線を利用しメーターを付けた。
     竿に比べると,道糸はかなり太い。ダイレクトとは云え,これでアタリが取れようか?

      午後船,右舷トモ,
   走水沖,カカリ釣り, 水深70m,上層流れ強く,大きく2度の底立ちを取る。
     流れ強く斜めになるシブイト, アタリ少ない中,右舷側では釣竿で平均的にぽつりぽつり上げていた。
     特に大ドモは,底より3m,置き竿で間々釣れている。

   水深があり過ぎ私にはアタリあるのか? 取れず,弱いアタリでも取れる筈だが。
     ダイレクトのアタリがない。潮強く食い悪い時は新素材の方が良さそうだった。   
                                                    アジ4匹,25cm,


   
観音崎沖,流し釣り, 流れあるも浅場に移動する。水深40m,沖揚がり前1時間,深野氏と共に並んで食いだした。
     底よりタナ2m,交互に1匹ずつ確実に掛かり,納竿の時間だけが迫っていた。

   船中,アタリが切れた終盤で釣れだす。浅場と竿以上のアタリが腕に,直接伝わってくる。

     底着から1m上げ,コマセを振る事2回,そして1m上げると,待つ間もなくコツンコツンとアタる。

   「来た!」, 納竿が迫り,舷正面に体を向け,両手を交互に出してシブイトを上げる。
     斑なく上げればスピードは関係がなかった。
     手返しも竿より早い。雑に思える手さばきに,スピードも桁違いに早かった。

   アジの場合,口が弱いので平均的にゆっくり上げろと云うが,船ベリに当て,ガンガン上げる。
     それでいてアジは落ちない。時間がなくなり,食いと共になを更早くなる。

   他の釣客をよそに船上は2人の独占場となる。
     底まで落しコマセを撒き上げれば,ひと呼吸をアジを引き込んだ。
     早く思えた納糸
,手ビシの感触と手返しの良さを堪能する。
                                      小メバル,小サバ,イワシ,トラギス,アジ10匹,

     ハリス2(1.5)−2m―3本釣ムツ金10,クッション1.5x20(30)
     アンドンビシ120,イワシミンチ,赤タン,指ゴム(3個,イナダ4個)

     
(シブイトの基準)#24×100m, 白1m,11〜34, 赤5m,5〜45, 黄色10m,10〜40,
                長い赤50m, 赤+黄色60m,

   その後,1ケ月に2度,ここ走水と鴨居でアジ釣りを楽しみ,鵜原も手ビシに変る。
     高司丸, http://www.marines-net.co.jp/cgi-bin/search_4.cgi
     健洋丸, http://www2.odn.ne.jp/about/kenyoumaru.htm

7月28日

デキハゼ

塩浜汐見運河, 晴,                                             沢田,松村,(深野),
                               中潮,満潮2:02,干潮9:09, 4:30〜12:30,


     前回より食いは悪い。5時半,12時に入れ掛かりあり。
       一日中,イナッ子の群れが回遊する。 
       深野氏,ヤリイカの刺身を持参。ビールのツマミにと。
                                 
サヨリ釣4,(細地で良い)ハゼ8cm前後,

8月04日

真鯵

走水,高司丸, 風なく薄日差す,濁り強く24℃,
                                                  折原,宮腰,深野,松村,(谷本),


    前回の手ビシの感触が忘れられず,再びアジ釣りに出向く。今回は前回以上のアタリを取ろと。
      潮早く竿釣りとなるが,初めから竿は全員持参しなかった。
      飽きらめず船宿の竿を借りたが,悲惨なアジ釣りになる。帰港時,宿よりアナゴの差し入れあり。

                                            中潮,干潮13:46,午後釣り,
   走水沖,  大アジ,大サバ狙うもアタリなし。
           潮の流れ強く手ビシできず,
竿釣になる。竿は船宿より無料で借りられた。
   第三海保, 小カサゴ,小メバル,シコイワシの一荷。トリプルとくるがアジのアタリなし。
   観音崎沖, ラスト30分食いだす。
           リールのフラッシュ・トラブルでチャンスを逃がした。
                                   前回より一回り大きい中アジ5匹,
          イワシミンチに
イカ丹0,アオイソメ1,イワシの肝4匹,
         *14日,胴突リール,トライマスター船70リョウビ@5.000

,

8月17日

真鯵

鴨居(大室港),五郎丸, 薄曇り,潮薄濁り,                                  宮腰,深野,松村,
                         中潮,満潮6:22,干潮13:12,右舷とも寄り,両船同じ釣座,
                                                  4:30〜20:30(宅)

     手ビシ,アジ釣りを狙うが,船宿で潮強く断られる。今回は竿を全員持参した。

   午前船, 
      8:30−12:00,観音崎沖,
大サバ2でる,メバル1,
               走水沖,アタリ少ない中,終了直前,入れ食い,それ故午後船へ,
   午後船, 
      13;00−16:00,走水沖,入れ食い。スミイカ〔稚〕,道糸からみ5m切断,
                観音崎沖,間々釣れる,
     潮,流れ速く
竿釣りになる。ヤリイカ2.7,オモリ130(手釣りは150),
     イワシもミンチは荒く,アンドン荒めが良い。赤丹で食う。3本釣2m,金ムツ10
,ハリス1.5(良)
                        水深45〜30m,午前\4.800,午後\2.500通,

9月01日

イナダ
真鯖

鐙摺港,隠居丸, 曇,台風14号のうねり若干あり,北風,凪,
                                                折原,宮腰,深野,友江,関口,松村,



     潮,澄まず濁らず,少し淀む雲,それでいて鐙摺港は蒸す暑さ。
       時折熊蜂が舞う。港,堤防脇,古い定置網の山に熊蜂の巣があった。
       気を付けるも出船前,何時もの太公望が心を躍らしていた。

                      大―中潮,満潮7:04,干潮13: カカリ釣のカッタクリ,6:30〜12:30,
      メジマグロ
   港でメジマグロが今朝,出たと,鎌倉沖に直行するが,目指すメジマグロはでず。
     タナ20〜5mでイナダと云うより,平均的に小ぶりなワカシ大がでた。
     外道は丸アジ,丸ソーダ, 僚船は竿仕掛けウィリー,深めでアタリが多かったとの事。

     
マサバ
   変りにマサバの群に突き当たる。
   今日は良型のマサバが釣れるとクーラー2個を持参した。それが見事当たる。

   イナダの仕掛け,手ビシの腕が海面に引き込まれる。アタる引きと,更に落ち込む一荷の引き。
     食いは仕掛けを落して直ぐきた。サバの一荷が連続する。
     脂の乗った中サバである。怒る人は今日ばかりは誰も居なかった。

   黙々と釣り上げるサバ,旨いサバがクーラーを満杯にしていく。掴むサバも水温も生暖い。
     氷の塊が見る見る溶ける。サバが満杯となり,帰宅まで持ちようもなかった。

   氷の為,一旦帰港し出直をす事にする。
     それ程,旨いサバである。全員が満足し頷き港に戻った。

      イナダ
   一度,港まで戻り,時間がなく葉山沖合に留まったのが,又良かった。
     タナ20〜10mでイナダが1時間の入れ掛かりに入る。11;00〜12:00,

   今度はイナダの群に入り込んむ。コマセで更に集まるイナダに群は大きさを増した。
     ここでも5mでサバ群がるも,イナダに押されていた。

   イナダのアタリはサバに比べ,ダイレクトに伝わった。その上,縦走りが強い。
     一度,掛かると外れる事はないが,一荷の力は強い。
     走る言葉はイナダの為にあるようだ。強い引きに,一荷は必ず腕まで引き込まれる。 

   タナ5mのアタリ, 誰でも落とせば釣れる釣りになる。ただ動作の連携には経験がいた。
     船元までイナダの引きは強い。
一荷の場合,最初の1匹はバケツに入れ。残りは甲板に。
     跳ね上げるイナダを頭の方から握ると手の傷が少なくすむ。そして血抜きをする。

   又もや大型クーラーは,一荷の連続で満杯となった。正味1時間を費やしただろうか。
     早揚り,もうイナダを納める余地がなくなっていた。
     クーラー満杯で片付け,誰もが満足感に満ちていた。

   その折,トモの折原氏より声が掛かる。
     まだクーラーは2/3だと。満杯まで釣ってくれと要望があり,再び全員でカッタクる。

   中型が多くなるが,よく掛かる時は掛かるものだった。早揚り,¥8000,

     帰りの車は私が運転するが,重い事この上もなかった。

     テンビン50cm太目,(大きい方が絡まず,太く確りしたもの),
     鉄仮面50(アミのミンチ)アジカブラ10〜12,
     ハリス8−1ヒロ,30cm−1ヒロ半,2本釣,竿の場合イカ竿,
     
バケはハモ,バラフグ,バラとハモはサバに良い,ナマズは悪かった。
     ウィリーの場合, プラスハリ9,小さ目(白,薄いピンク,ブルー),ハリス5, 

                               イナダ40,マサバ28,マルアジ3,(クーラー2個満杯}),

9月08日


イサキ

鵜原,まさえい丸, 曇,北風弱く凪,潮並,24.5℃,                     折原,宮腰,深野,友江,関口,松村,

                            若潮,干潮8:05逆潮,5;00〜12:00揚,左舷大トモ,


   アジ,  鵜原沖,30m, 手ビシを入れた途端,入れ掛かり。
                中アジがパーヘクトに列をなすが,流す最初のみ。後は続かなかった。
                置き竿,2本釣,活アジでアタリでず。
        御宿沖, 廻るが群れなく戻る。

   イサキ,  勝浦沖, 浅場タナ22mでアタリは少ない。
アンドン合わず,目が大き過ぎた。
                 鉄仮面の置き竿がよい。ツンツンと感じるのはウマズラ,
                右舷ミヨシ5本釣ムツ9(1ヒロ半)5匹掛け入れ食い,
         
生きエサの場合, 1本釣,道糸に直結,親子サルカンにオモリ,
                     ハリス70cmグレ10,
                     2本釣,1ヒロ半を等分,エダス30cm,グレ10,
         
小アジのサビキ,イサキ針5,                 イサキ,丸ソーダ,ゴマサバ,メジナ,
   

9月15日

花鯛五目


大原,山正丸, 快晴,                                              宮腰,深野,松村,
         南東寄りの風,ウナリあり,濁り強く波高2.5,
                                      4:30〜12:00揚,左舷トモ,片側5人,
                                      中潮,満潮6:15,干潮12:18,沖アミ付き\9.000,

      花鯛五目
   面白い釣りを味わう。本当の五目釣り,それぞれ型も良い。水深は深いと云え知れていた。
     それぞれが食い,引きが異なり,姿を見てからの楽しみをも増ましていた。
     又型が良く,浅場故,引き味をも堪能した。


   前々日より大シケで夜半も荒れてた。船宿に寝転び誰も準備せぬが,船頭の一言で出船する。
     波と風は徐々に納まるが浅く水深18m前後,入れ食いポイントは底荒れで入れずにいる。
     海面は強く茶褐色に濁り,何時もより更に深い沖合へ。

   快晴,南東寄りの風,ウナリあり,濁り強く波高2.5,
     パラシュートカカリ釣り, それでも港より25分程,水深28mにポイントを求めた。
     フライアンカーを入れ,入れ食いになる。

   まず底釣りで
アジがきた。数釣れぬが五目釣りが始まる。
     ポイントの流しによりアタリが変るが平均的に小,中アジが,ウイリーに食う。その中,赤がよかった。

   
花ダイの初竿が私にきた。船頭は左舷で型の良い花ダイがでた。「頑張りましょう!」とマイクを握る。
     周りは小さな花ダイの連荘が続く,その中,釣り座が良いのか,運が良いのか数より型がでる。

     殆ど這うような底釣り,
小ダイ多く,中型は中々でなかった。その中,大型2匹がエサのオキアミに食い付いた。

   外道のトップには
ウマズラが姿を現わした。小さいアタリは体に合わず,引きより重さになる。
     更に食い込みよく大きな
皮ハギ,ハタが。どれも1匹ずつ姿を見るのが面白い。

   花ダイと違った30cmを超す
真ダイは凄い。3段引きて姿を現し,引き込みもより強い。
     ミヨシより数人が姿を見ただけだった。

   そして走る
ワカシもきた。アタってから海面まで突っ込むよう走り続けていた。
     最後にワカシとは正反対の動作を示す,いちばん大人しい,
ショウサイフグが現れる。


     
餌のオキアミは,食い悪く頭と尾を取り皮を剥く,アオイソは大ドモ,宮腰氏に食うが,他はアタリなし。
       ハリス4,エダス3,60cm間隔5本釣(丸海津),エダス23cm,ソフト蛍光ビーズ,
       竿(カワハギ竿,スミイカ竿,) オモリ30,

   ウマズラとショウサイフグは25cm弱だが,他は十分超した型となる。
     夕飯にはテーブルに四品の刺身が贅沢に並べられた。
     子供もちゃんと分かっている。マダイから皮ハギ,ハナダイ,ワカシとなくなっていく。

   埋まり出すクーラー,
   
五目釣果,ハナダイ,マダイ,ハタ,イナダ,皮ハギ,{各25cm以上} アジ,ウマズラ,フグ,{各20cm以上
                     http://www.offshore.or.jp/yamasho/express/index.html
                  義丸,http://www.dango.ne.jp/yosimaru/

 9月22日

内房,村田川, 台風で一日中風雨強し,                                     若波釣友会,
                                  長潮,干潮6:18,満潮13:15, 5:50〜8:00,


     17号台風は伊豆沖を北上中,バス便を中止できぬと釣りを強行する。午後,高速道通行止, 
        房総は午前中に暴風圏内に入り早上がり。流れに濁り強く釣りにならず,危険も多かった。

 
  上流より河口,貨物鉄橋,
    上流より立ち込み鉄橋まで

   新村田橋上で1匹(河口まで30分),左岸ボート溜艇場で1匹,貨物線鉄橋下で2匹,
     次第に風雨強くなり,竿はあおられる。危険を感じ,全員が鉄橋周辺に集まった。

   体もびしょびしょとなり,カッパの下は肌着まで濡れている。
     釣りとならず2時間程で8時納会とした。検量は目方から数に。
                            9尺カーボン竿,金袖5,オモリ1.5,

   参加者の釣果は悪い。検量は目方から引数とし,バスに飛び込む。
     前日の予報で参加者も少なかった。 
                         T10匹, アオイソ3匹,キジ1匹,使用,ハセ4匹,7/19位,

   (9月15日,河口,立ち込みハゼ小型入れ食い,)
     村田川のハゼは,ヤマベの金目川と同じ,型,量とも豊富だが早い時期は潰れる恐れあり。
     流れが弱く,アタリが遠のいている場合,フナ仕掛けも。
     天気図,21日9時,22日9時,

   汐見運河塩浜, ハゼ釣りでアタリが取れなかった者多く,東京に戻り汐見に出向く。7名,
                                        10:10〜11:10, 
   ここでも初めのみでアタリは続かなかった。竹9尺,ソデ5,オモリ1,ハゼ14,
     会も後の釣行も釣果は薄く,全員頭をガックリ垂らすのみ。
                      *23日,バラフグ\1.700{大井,龍谷屋}
                      *5日,シマノ小船GT1000, \6.392,
                      *サンライト4×200m\1.600{ジャ}

 10月06日

小鮒

八日市場,大利根用水, 曇,                                              若波釣友会,
                                               6:00〜13:00,


   昨年,試釣の折,釣れた大利根用水,
焼肉屋前に7,8人が陣取った。
     水溜りのような浅い水路,その深みを狙った。水深は40cmもない。
     朝方から小ブの群れが回遊し,快い釣りを楽しむ。


   大勢が並んで竿をだす。隣りには成田氏,リズムに乗り,見ているも手返しが気持良い。
     私はポツリポツリの釣り。

   仕掛けのバランスが悪いと,成田氏が今使用している仕掛けを譲り受け,釣りの指導を受けた。
     瞬く間に釣れだした。クチボソも多いが,小ブは確実に水箱に増していた。

   中盤,弛むも11時入れ食いになる。強いウキの沈みが見られぬ反面,不規則な動きを示す。
     少し待てば一荷の釣りが続いた。
     小さな小さなフナは2cm,針を外す折,指でつぶしてしまいそうに小さい。

   針は成田氏が砥いだタナゴ針,理由は分からないが,砥ぎがよいのだろう良く掛かる。
     後で聞くに@1500だと。驚くと同時,小ブ釣りの味わい深さを知らされる。

   流れが止まっても,コマセ,グルテンの白い固まりに,小ブが黒く群がっている。
     あっと云う間に時間が過ぎた。納竿が勿体無い気持を抱かされていた。



     対岸ヘチ寄り, 7〜8cm,竿2.1(9尺良い),赤虫,
     本流,     4〜6cm,ホワイトグルテン,ある程度サラサラ状に,
     入れ食い時, 2〜3cm,
小ブは必ず底を切る事,
           (上流は橋の所『ドカン有り』朝方入れ食い,折原)
           (駐車場より下流2本目の橋ドカン,一日中入れ食い,藤本氏)
     
深がない場合,ハリス8cmエダ2〜3cm(成田),アキタキツネ1か2,
     竿2.1,(9尺良い).赤虫,ホワイトグルテン(ある程度サラサラ状に),必ず底を切る。
                                               小ブナ240匹,10/31位,

 
    上流,橋の所,ドカンあり,朝方入れ食い。折原氏,
    駐車場より下流,2本目の橋,ドカン,一日中,入れ食い。T藤本氏,

10月10日

アジ
イサキ
カンパチ

鵜原,まさえい丸,                                     折原,宮腰,深野,友江,関口,松村,
                    中潮,満潮3:37,干潮9:42,逆潮,5:30〜12:00揚,左舷ミヨシ,



     沖合は,二枚潮で食い悪く,再び浅場へ戻る。

  アジ,  鵜原沖,  餌になる程,小さなアジで釣れぬ中,小アジに混ざり中アジ大混ざる。
                浅場はコマセ捲かず。外道にサバ2匹,適当な釣り方になる。

  イサキ,  鵜原沖〜勝浦沖〜鵜原沖 タチ18〜15m,
              置き竿,3本釣,鉄仮面50,イカ丹,
                 潮の流れに任している為,コマセは常に半分近く残る。
                後半型良くななった。
イサキ21,ハタ1,タカベ1,

  カンパチ,     カッタク釣,タイ,ハモの2本釣,8号,鉄仮面50,
                 カンパチを求めるがアタリなし。生エサでは小アジで船中でイナダ1,
            イサキ仕掛けに換え最後にイサキが食う。

10月13日

イナダ

葉山,鐙摺港,隠居丸, 曇,潮澄み,凪,                             折原,宮腰,友江,深野,松村,
                              水深38m,タナ35〜10, 6:30〜13:00,



   予約の行き違いで木造小型船になる。大型船に曳かれながら沖合へ。
     前回の釣行と違い一人,釣りのチャンスを失う。タイミングが悪いのか,何故か分からず。

   宮腰氏が気を使い,船頭も釣らそうと見詰めるもアタリでず。
     疑似餌をみ,誘いを見詰めても頷くのみ。全ての運を逃したようだ。見ていて釣れる筈だと云うが?

    バケ(タイ一バラフグ,ナマズバラフグ,ハモ一ナマズ)を使うもアタリなし。
                10―2本釣―1ヒロ半,
    船中タイとナマズの白味が良くアタった。右舷胴,
    先船はウィリーがアタルとの事で使用するが丸ソーダの連釣。
                8―1ヒロ−直結60cmピンク−1ヒロ若草プラスハリ船頭,
        メジマグロ,カンパチはリンゲけん付き1号(ルァー用),

10月20日

ムツ
スルメイカ
カサゴ

鵜原,まさえい丸, 雨後曇,潮澄み,                            折原,宮腰,深野,友江,関口,松村,

                   小潮,干潮4:08,満潮11:48, 4:15〜12:00揚(13:30帰港),左舷ミヨシ,


      港より1時間半,5:50〜8:00まで走る,ここ2日間,漁していぬとのこと,期待したが実らず。

  ムツ,    雨降る中,港より2時間近く沖合に向かい船は走る。潮目を抜けると海は更に荒れた。
          ここ2日間は漁せぬとの事。荒れ続いた海で期待するも,まだ何を獲るか分からないでいた。
          波2.5,は木の葉の如く踊る中,ムツの底釣りを試みる。

        この大海原に1隻, 四方見渡す限り,水平線が広がり陸地は望めない。
          その上空を如何にも重い雲が覆っていた。8本の鈎にサバの短冊を付けるがムツのアタリはなかった。

        唸るはずの電動はサバに錯乱させられた。仕掛け絡むサバを釣り,サバの身で釣るもサバが掛かる。
          船中共食い状態が続いた。


         メジマグロ
        エサを確認し,再び仕掛けを落とした。水深230m,逆電動が50mで止まり,緩んだ道糸に又サバだと諦める。
          その途端一瞬,浮いた仕掛けが一直線に引き込まれ,流れだした。ドラグが利き道糸が流れだす。
          大物の引きが現れた。

        竿を立て直し竿が弓なりになるのを支える。浅場での食いに引きは一段と強い。
          ドラッグが止まると同時,魚との賭け引きが始まった。リールを巻くも再び走り潜る。

        アタリの感覚からメダイではない。引きぱなしのサメでもない。イナダにしては大き過ぎる引き,分からぬ魚がいる。
          道糸はミヨシを越え横に長く流された。

        そして少しずつ魚との距離が縮まった。電動が唸り見詰める仲間,もう仲間はタモを持っていた。
          竿は弓なりの間々青物が海面に跳ねた。荒れた海に
メジマグロが浮く,そしてタモが待ち構えていた。

        10―10―5本釣ムツ15,1ヒロ間隔,エダス60船頭, ハリスの補強は蛍光パイプ4cmタコベイト,
          親子サル,フラッシャ赤,白,エサ(カツオ,イカの短冊)


  スルメイカ, 185〜170m, 高速で上げても仕掛けを4回切られる。型特大重い,
         ハリス6×6,では弱過ぎ,この時期無理のよう思われる。掛かって落ちるもどかしさがあり。
                      
三角ツノが最良,

  鬼カサゴ, (10:40〜12:00) イカ場で底釣りをする。2匹,
         ミヨシ寄り カサゴ1.5k前後 3匹,
         胴,トモ,      
メダイ1k強,1匹,
              
上釣を付けカサゴと兼用にすれば良い,
                上釣,赤白タコベイトとサバの切り身,下釣,草色タコベイトとメゴチ,

   帰航時,戻りカツオの大群に出遭う。船頭の流し釣りに掛からず。
     ハリスの補強にゴム管とタコベイト,ムツ仕掛け,
                     *22日,アジ,タイ,イサキ用カーボン胴調子300(30〜50)日,
                     *8日,スミイカ竿250,関東作(浅),

 11月03日

長島新掘周辺, 小雨後曇,                                         若波釣友会納会,



      大型バス(運転手が違い)の為,クロス曲がれず,矢良川の予定を長島新掘に釣り場を変更する。
                                              4:00〜13:00,

   先週試釣, 北,南水路水なし。 六号水路,墓場前コブの数釣り。   
          矢良川,小型ながら数がでる。中州ヨコ掘,釣人少なく数でる。
          学校前,大型3匹。 荒川タテ,釣り人多く数でる。
          大割水路,型良く,じっくり粘れば?

   八島橋,   殆ど降りる中,終点,中洲橋を渡り,ガソリンスタンド前で降りる。
                        小森氏,沢田氏,横山氏,
   中洲ヨコ,新州橋,下, 今日の成果4匹。アタリ弱く誘いの釣りになる。
   荒川タテ掘,      クチボソ多く釣りにならず。


      朝方の釣果が今日の勝負となつた。2間半,袖4,赤虫,
      
ねりの場合, イモグルテン1/2,グルテンマッシュ1/2,白玉おかゆ1/4,
                                         
フナ240g,19/28位,

11月04日

   

隅田川,浅草橋テラス,鉄橋上流, 薄日,                                  折原,深野,松村,
                                       小潮11:45, 13:00〜15:00,


     テラスでテンビンを作りながら竿をだす。

   右岸テトラ,蔵前〜浅草橋,

     15時頃より食い良くなるとの事。
      アタリ少なくテンビンを作りながら釣る。ただ,作るのは深野氏,

     釣れぬ間々,私が彼に注文する。ヘチ用にオモリを3から5,10へと。
      漸く釣れるも型は小さかった。
                     ヘチ竿テトラプロ2−1〜5号,
キス竿7―本流10(良),

10月10日

  

鵜原, 南西の風強く,深場と共にウネリ強く中止,

墨田川,浅草橋テラス,鉄橋上流,                                   折原,深野,秋山,松村,
                                           11:00〜14:00,


      大潮,干潮10:21, 11時半.流れ速く釣りとならず。

   アッと云う間に上流に流される。今日は投げ竿持たず,ヘチを狙った。
     ヘチ竿,名古屋テンビン7, ヘチ,中沖,共に疎らなアタリだが,来れば引きが良い。

   下流で堤防工事の為,上潮は濁り,下げにアタリ多し。キジ良い,
     キス竿,オモリ15,                             ハゼ18cm16匹,

11月17日

墨イカ

鴨居,純丸, 11時頃まで快晴,無風,ベタナギ,                         深野,関根,谷本,駒木,松村,
                              小潮,満潮10:02,干潮15:19,左舷ミヨシ,



      昼頃,西側にレンズ雲が現れると,南西の突風が吹き,早揚がりとなる。
                                          8:00〜13:30,
       鴨居沖〜久里浜沖,
   朝方,久里浜沖で,たて続けに2杯(大.中)上げたのみ。
     でだし良く気合いが入るものの,後が続かず。外道も形を見ずに終わった。
       満潮前9時半,
白テンヤ,外道タコ,フグ,
       初竿で関東作スミイカ竿折れ返品する。

      テンヤ
   テンヤバリとオモリ,古い竹も揃い,テンヤ15組を作る。ポイントはオモリに全体が乗るようした。
     シャコはタコ糸で固定するようにする。夜光塗料はピンク,ブルー,グリーン,赤,白と。
     下地に白を塗ったピンク,グリーン,赤は斑になるが,後に特長がでて,以外に掛かりが良い。

     (ハゼ,第三小派川,干場,馬場,折原,120〜150匹)

11月24日

ムツ
スルメイカ
カサゴ

鵜原,まさえい丸, 曇,港に立つと突風に吹かれる,                      深野,宮腰,関口,松村,(折原),
                               大潮,満潮4:39,干潮10:14,右舷トモ,



     今日は荒れると思われたが徐々に納まる。海水温は暖かい。
                                      5:15〜11:00沖揚り,

   ムツ,  230m,前回と同じ場所でムツを狙う。
               ムツ15で5本釣飾りなし。上3釣はイカ,下はサバの短冊,
               小さいキンメが下釣に掛った後,別のキンメを目の前で落とす。
               後はまま型の良いサバの入れ掛かり。

   スルメ, 160m,スルメを狙うがアタリなし,
               ツノにサバが掛かる,それをスルメが足を絡ましていた。当然だが見ている前で落とす。

   カサゴ, 前回,大型カサゴを釣った場所,
               左舷,ミヨシ胴と釣り上げるがアタリなし,
               小さなノドクロと小型のサバ,
                  8割がゴマサバ, 80cm2本釣テンビン上メダイ用3本釣,

       サバの短冊,サバが小型の場合,切り身を斜めにカットする。
       3枚におろした後,身を上にして削ぐように切り落としてから短冊にする。

12月15日

墨イカ

大貫,榎本丸, 曇,                                            折原,宮腰,深野,松村,
                                       中潮,満潮8:45,干潮14:07,


    薄日差すが,風が東より北へ移つり,一日中寒かった。8:30〜15:00,

   潮と風で釣座はミヨシがよい事になり,2艘に分かれ各々のミヨシを取った。
     埠頭に並ぶ2つの船,榎本丸には右ミヨシ,深野で左,ミヨシに松村が。
     伝三郎丸には右ミヨシに折原, 左,ミヨシを宮越が陣取った。釣果が面白い。

   浅場30m,アタリなし,白テンヤ,
   深場40m,船中,ぽつりぽつりのアタリあり,皮ハギがよく掛かる。
           11時半.初めて530gを掛かる。後は2時まで520g,500gと上げた。

         一日中,下げ潮.北風の場合。左舷にアタリ多かつた。
テンヤ草色,
        
東風の場合,右舷がよい,
                  (榎本丸0−6,トモ小型。伝三郎丸0−4),\8.500,
        今年は,まだ水温が高く,イカが散らばってポイント掴めぬとの事。墨イカ3でTop,

12月22日

イサキ
スルメイカ
カサゴ

鵜原,まさえい丸, 晴,風なく,午後北より南風となる。                        折原,宮腰,深野,関口,

                              中潮,満潮3:55,干潮9:11, 6:00〜11:30揚,



   イサキ, 鵜原沖〜勝浦沖,33〜30m,朝方.魚探に映るもアタリなし,
              白タン(沖アミ良)に1匹(1匹逃がす),

   スルメ, 190m前後,掛かり悪い中,5杯,型はよい。

   カサゴ,        オマツリで道糸30m切断する。
          (宮腰,深野氏は,カサゴ,メダイ2本釣仕掛け)
          今年は時期が遅れているのではなく,魚,イカ共に居ないとの事(船頭),

12月23日

古石場川,
        アタリなくハゼのシーズンは終わる。7時,早々に汐見廻りで帰宅した。
                       *28日,スミイカ竿270,リョウビ@12.500(ジャ)

   29日

隅田川,浅草橋テラス,鉄橋上流, 快晴.暖かく風なし,                         深野,秋山,鈴木,松村,

                         中潮,干潮13:21,満潮18:56,日ノ入16:30, 15:30〜17:30,


   2本竿,2本釣,ハヤガケ8,オモリ20, 2本竿,アオイソ,
                       平均的間隔で釣れる。ハゼ20cm11匹,

12月30日

隅田川,同上, 快晴,暖かく風なし,                                        同一メンバー,

                                中潮,干潮13:55,満潮19:34, 15:00〜17:30,
   ハゼ10,
     日没と共にアタリが出始めた。オモリ重いが一気に捲き込む。

                                                             波釣友会,トータル順位,7/10回,20/46位,
1996年Top,


                                                                       1997年釣行日誌V